OPPO Reno7 A (OPPO) とRedmi Note 11 Pro 5G (Xiaomi) の違いを比較

OPPO Reno7 Aのレビュー

オウガジャパンは、2022年6月23日 (木) にSIMフリーの5Gスマートフォン「OPPO Reno7 A」を発売することを発表しました。薄型軽量ボディに大画面の有機ELディスプレイを搭載し、防水/防塵やおサイフケータイにも対応したミドルハイモデル。シャオミの5Gスマートフォン「Redmi Note 11 Pro 5G」とではどのように違うのか比較します。

スペックを比較

OPPO Reno7 A (オッポ リノ セブン エー) は、日本市場剥けに開発されたOPPO Reno Aシリーズの第4世代モデル。4,800万画素のトリプルカメラ、90Hz駆動のAMOLEDディスプレイ、Snapdragon 695 5G、6GBメモリー、128GBストレージ、4,500mAhバッテリーを搭載し、防水 (IPX8)、防塵 (IP6X)、eSIM、DSDV、おサイフケータイなどに対応。公式オンラインストアの販売価格は44,800円 (税込) になっています。

OPPO Reno7 A (オッポ リノ セブン エー)/レビュー
オウガジャパンは5G対応のAndroidスマホ「OPPO Reno7 A」を発表しました。4,800万画素の3眼カメラや有機ELディスプレイを搭載し、防水防塵やおサイフケータイにも対応した高コスパなミドルレンジモデル。特徴、スペック、メリット、デメリット、おトクに購入できるキャンペーンやセール情報などをまとめて詳しく解説しています。

Redmi Note 11 Pro 5G (レッドミー ノート イレブン プロ ファイブジー) は、2022年5月に発売されたミドルハイクラスの5Gスマートフォン。1億800万画素トリプルカメラ、120Hz駆動のAMOLEDディスプレイ、デュアルスピーカー、Snapdragon 695 5G、6GBメモリー、128GBストレージ、5,000mAhバッテリーを搭載し、生活防水 (IPX3)、防塵 (IP5X)、eSIM、DSDV、おサイフケータイなどに対応。公式オンラインストアでの販売価格は44,800円 (税込) になっています。

Redmi Note 11 Pro 5G (Xiaomi)/レビュー
Xiaomi Japan は、5G対応のAndroidスマートフォン「Redmi Note 11 Pro 5G」を発表しました。1億800万画素の3眼カメラや大画面の有機ELディスプレイ、Snapdragon 695 5G、5,00...

スペック表

スペック一覧
モデルOPPO Reno7 ARedmi Note 11 Pro 5G
メーカーオウガジャパンシャオミジャパン
発売日2022年6月23日2022年5月30日
価格 (税込)44,800円44,800円
カメラ背面48MP+8MP+2MP108MP+8MP+2MP
前面16MP16MP
画面サイズ6.4型 (20:9)6.67型 (20:9)
種類AMOLEDAMOLED
解像度FHD+FHD+
初期OSColorOS 12 (Android 11)MIUI 13 (Android 11)
SoCSnapdragon 695Snapdragon 695
RAM6GB6GB
ROM128GB128GB
外部メモリ最大1TB最大1TB
バッテリー4,500mAh5,000mAh
急速充電18W67W
コネクタUSB Type-CUSB Type-C
SIMカードnanoSIM×2, eSIMnanoSIM, eSIM
DSDSDSDV対応DSDV対応
VoLTE
CA
対応通信
5G
4G
3G
Wi-FiWi-Fi 4/5Wi-Fi 4/5
Bluetooth5.15.1
テザリング
イヤホンジャック
スピーカーモノラルステレオ
ハイレゾ
防水防塵IP68IP53
生体認証顔認証
指紋認証〇 (画面内)〇 (側面)
おサイフケータイ
ワンセグ
サイズ (mm)159.7×73.4×7.6164.2×76.1×8.1
重量約175g約202g

「OPPO Reno7 A」と「Redmi Note 11 Pro 5G」の主な違い

  • カメラ (背面)
    »OPPO Reno7 A: 4,800万画素のトリプルカメラ。
    »Redmi Note 11 Pro 5G: 1億800万画素のトリプルカメラ。
  • ディスプレイ
    »OPPO Reno7 A: 90Hz駆動に対応した6.4インチの有機ELディスプレイ。
    »Redmi Note 11 Pro 5G: 120Hz駆動に対応した6.67インチの有機ELディスプレイ。
  • バッテリー
    »OPPO Reno7 A: 18W急速充電に対応した4,500mAhバッテリー。
    »Redmi Note 11 Pro 5G: 67W急速充電に対応した5,000mAhバッテリー。
  • スピーカー
    »OPPO Reno7 A: モノラルスピーカーを搭載しています。
    »Redmi Note 11 Pro 5G: ステレオスピーカーを搭載しています。
  • 防水防塵
    »OPPO Reno7 A: IPX8の防水、IP6Xの防塵に対応しています。
    »Redmi Note 11 Pro 5G: IPX3の生活防水、IP5Xの防塵に対応しています。
  • サイズ/重量
    »OPPO Reno7 A: サイズはH159.7mm×W73.4mm×D7.6mm、重量は約175g。
    »Redmi Note 10T: サイズはH164.19mm×W76.1mm×D8.12mm、重量は約202g。

カメラ

アウトカメラ (背面)

どちらも広角撮影やマクロ撮影に対応したトリプルカメラですが、OPPO reno7 Aのメインカメラが4,800万画素 (4-in-1) となっているのに対し、Redmi Note 11 Pro 5Gは1億800万画素 (9-in-1)。背面のカメラの性能は「Redmi Note 11 Pro 5G」の方が少し優れています。

概要
OPPO
Reno7
A
画素数48MP+8MP+2MP
絞り値F1.7, F2.2, F2.4
AFPDAF
動画1080p 30fps
Redmi
Note 11
Pro 5G
画素数  108MP+8MP+2MP
絞り値F1.9, F2.2, F2.4
AFPDAF
動画1080p 30fps

インカメラ (前面)

OPPO reno7 AとRedmi Note 11 Pro 5Gのどちらも、インカメラは1,600万画素になっています。

概要
OPPO
Reno7
A
画素数16MP
絞り値F2.4
AF
動画1080p 30fps
Redmi
Note 11
Pro 5G
画素数  16MP
絞り値
AF
動画1080p 30fps

本体ボディの比較

サイズ/重量/耐久性

OPPO Reno7 Aの方が軽量コンパクトで持ちやすいデザインになっているほか、IP68に準拠し、防水防塵性能も優れています。

概要
OPPO
Reno7
A
耐久性防水IPX8 (水中形)
防塵IP6X (耐塵形)
サイズ 縦幅    約159.7mm 
横幅約73.4mm
厚さ約7.6mm
重量約175g
Redmi
Note 11
Pro 5G
耐久性防水IPX3 (防雨形)
防塵IP5X (防塵形)
サイズ 縦幅   約164.19mm 
横幅約76.1mm
厚さ約8.12mm
重量約202g

ディスプレイの比較

画面/表示

どちらもフルHD+ (2,460×1,080) 解像度の有機ELディスプレイを採用していますが、Redmi Note 11 Pro 5Gの方が画面サイズが少し大きくなっているほか、最大120Hzのリフレッシュレート、最大360Hzのタッチサンプリングレートに対応し、描写が滑らかで、より正確なタッチ操作が可能になっています。

概要
OPPO
Reno7
A
サイズ 約6.4インチ (20:9)
カメラ部パンチホール (上部左側)
パネルAMOLED
解像度FHD+
RR90Hz
TSR180Hz
Redmi
Note 11
Pro 5G
サイズ  約6.67インチ (20:9)
カメラ部パンチホール (上部中央)
パネルAMOLED
解像度FHD+
RR120Hz
TSR360Hz

パフォーマンスの比較

チップセット/メインメモリー/ストレージ

どちらも、チップセット (SoC) にはQualcommの「Snapdragon 695 5G」を採用し、メインメモリ (RAM) の容量は6GB、内蔵ストレージの容量は128GB、外部ストレージは最大1TBのmicroSDXCに対応しています。

概要
OPPO
Reno7
A
SoCSnapdragon 695 5G
RAM6GB (LPDDR4x)
ROM128GB (UFS 2.2)
microSD最大1TB
Redmi
Note 11
Pro 5G
SoCSnapdragon 695 5G
RAM6GB (LPDDR4x)
ROM128GB (UFS 2.2)
microSD最大1TB

バッテリーの比較

容量/充電

バッテリーの容量は、Redmi Note 11 Pro 5Gの方が500mAh大きくなっており、67Wの急速充電にも対応しているので、わずが49分でフル充電が可能です。

バッテリー
OPPO
Reno7
A
容量5,000mAh
急速充電18W USB PD 2.0
充電時間約125分
連続待受時間約440時間 (LTE)
ワイヤレス充電非対応
Redmi
Note 11
Pro 5G
容量5,000mAh
急速充電67W Turbo Charge
充電時間約49分
連続待受時間約499時間 (LTE)
ワイヤレス充電非対応

まとめ

「OPPO Reno7 A」と「Redmi Note 11 Pro 5G」のどちらがオススメ?

オウガジャパンの5Gスマートフォン「OPPO Reno7 A」と、シャオミの5Gスマートフォン「Redmi Note 11 Pro 5G」を比較すると、どちらも販売価格に差は無く、広角撮影やマクロ撮影に対応した3眼カメラ、大画面の有機ELディスプレイ、Snapdragon 695 5G、大容量バッテリーのほか、eSIM、DSDV (デュアルSIMデュアルVoLTE)、おサイフケータイ (FeliCa) などに対応していますが、軽量コンパクトなデザインや防水性能を重視するなら「OPPO Reno7 A」、カメラ (背面)、ディスプレイ、バッテリーの性能を重視するなら「Redmi Note 11 Pro 5G」の方がおすすめです。

OPPO Reno7 A (オッポ リノ セブン エー)/レビュー
オウガジャパンは5G対応のAndroidスマホ「OPPO Reno7 A」を発表しました。4,800万画素の3眼カメラや有機ELディスプレイを搭載し、防水防塵やおサイフケータイにも対応した高コスパなミドルレンジモデル。特徴、スペック、メリット、デメリット、おトクに購入できるキャンペーンやセール情報などをまとめて詳しく解説しています。
Redmi Note 11 Pro 5G (Xiaomi)/レビュー
Xiaomi Japan は、5G対応のAndroidスマートフォン「Redmi Note 11 Pro 5G」を発表しました。1億800万画素の3眼カメラや大画面の有機ELディスプレイ、Snapdragon 695 5G、5,00...

販売価格を比較

OPPO Reno7 A は、公式オンラインストアやECサイト、楽天モバイル、UQモバイル、ワイモバイルのほか、IIJmio (アイアイジェイミオ)、リンクスメイト、マイネオといったMVNOでも取り扱いをしており、格安SIMとセットで申し込むと1~3万円台で購入可能。

Redmi Note 11 Pro 5G は、公式オンラインストアやECサイト、楽天モバイルのほか、IIJmio (アイアイジェイミオ) やOCNモバイルONEといったMVNOでも取り扱いをしており、格安SIMとセットで申し込むと2~3万円台で購入できます。

OPPO Reno7 A/購入価格

OPPO Reno7 A 5Gスマートフォン

楽天モバイルの公式オンラインショップでは、新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」とセットで申し込むと一括: 29,800円 (税込)/分割: 1,241円 (税込) ×24回で購入できるほか、3,000円相当のポイント還元をしてくれます。

ワイモバイルの公式オンラインショップは、新規番号または乗り換え (MNP) で「シンプルS」とセットで申し込むと18,720円 (税込)、新規番号または乗り換え (MNP) で「シンプルM/シンプルL」とセットで申し込むと最安値の15,120円 (税込)で購入できます。

※SoftBank/LINEMOからの乗り換え (MNP) は除きます。
※分割払いは、36回払いも選択可能になっています。

UQモバイルの公式オンラインショップでは、新規番号を取得して「くりこしプラン +5G」とセットで申し込み&増量オプションIIの同時加入で一括: 32,720円 (税込)/分割: 目安1,363円 (税込) ×24回、乗り換え (MNP) で「くりこしプラン +5G」とセットで申し込み&増量オプションIIの同時加入で一括: 21,720円 (税込)/分割: 900円 (税込) ×24回/購入できます。

OCNモバイルONEの公式オンラインショップでは、音声通話SIMの1GB以上のコースとセットで申し込むと一括: 19,910円 (税込)/分割: 目安829円 (税込) ×24回で購入できます。

IIJmio (アイアイジェイミオ) では、新規番号を取得して「ギガプラン」とセットで申し込むと一括: 39,800円 (税込)/分割: 1,661円 (税込) ×24回、乗り換え (MNP) で「ギガプラン」とセットで申し込むと19,800円 (税込) /分割: 827円 (税込) ×24回で購入できます。

そのほか、mineo (マイネオ) では一括: 40,656円 (税込)/分割: 1,694円 (税込) ×24回、QTモバイルでは一括: 44,880円 (税込)/分割: 1,870円 (税込) ×24回、LinksMate (リンクスメイト) では43,800円 (税込) で購入可能になっています。

購入価格一覧 (税込)
楽天モバイル新規番号45,800円
のりかえ
Y!mobile新規番号21,600~25,200円
のりかえ
UQ mobile新規番号32,720~37,120円
のりかえ21,720~26,120円
OCNモバイルONE新規契約 19,910円
のりかえ
IIJmio新規番号39,800円
のりかえ19,800円
イオンモバイル新規契約
のりかえ
QTモバイル新規契約44,880円
のりかえ
mineo新規契約40,656円
のりかえ
NUROモバイル新規契約
のりかえ

Redmi Note 11 Pro 5Gの購入価格

ハイパフォーマンスの5Gスマホ Redmi Note 11 Pro 5G

楽天モバイルの公式オンラインショップでは、新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」とセットで申し込むと一括: 20,980円 (税込)/分割: 874円 (税込) ×24回で購入できるほか、3,000円相当のポイント還元をしてくれます。

OCNモバイルONEの公式オンラインショップでは、音声通話SIMの1GB以上のコースとセットで申し込むと最安値の一括: 19,910円 (税込)/分割: 目安829円 (税込) ×24回で購入できます。

IIJmio (アイアイジェイミオ) では、新規番号を取得して「ギガプラン」とセットで申し込むと一括: 42,980円 (税込)/分割: 1,793円 (税込) ×24回、乗り換え (MNP) で「ギガプラン」とセットで申し込むと最安値の24,800円 (税込) /分割: 1,035円 (税込) ×24回で購入できます。

そのほか、mineo (マイネオ) では一括: 40,920円 (税込)/分割: 1,705円 (税込) ×24回、イオンモバイルでは一括: 41,800円 (税込)/分割: 目安1,741円 (税込) ×24回で購入可能です。

購入価格一覧 (税込)
楽天モバイル新規番号36,980円
のりかえ
Y!mobile新規番号取り扱い無し
のりかえ
UQ mobile新規番号取り扱い無し
のりかえ
OCNモバイルONE新規契約 19,910円
のりかえ
IIJmio新規番号42,980円
のりかえ24,800円
イオンモバイル新規契約41,800円
のりかえ
QTモバイル新規契約
のりかえ
mineo新規契約40,920円
のりかえ
NUROモバイル新規契約
のりかえ

IIJmio (アイアイジェイミオ)

インターネットイニシアティブ (IIJ) が提供するマルチキャリア対応の格安SIMサービス。2022年4月より5G対応プラン「ギガプラン」の料金を改定し、音声通話SIMの4GBプランが月額990円 (税込) で利用可能。2023年1月31日 (火) まで実施中の期間限定キャンペーン「顧客満足度No.1記念キャンペーン」では、新規申込時の初期費用が1,100円割引 (税込)、け放題オプションが3ヶ月間 410円割引 (税込)になるほか、人気モデルのスマートフォンが2,480円 (税込) から購入できる「スマホ大特価セール」を実施しています

概要/ギガプラン (税込)
回線docomo, au
対応通信5G
4G
3G
初期費用3,520円~
月額料金
データ528円~
音声通話 850円~
5Gオプション無料
最低利用期間なし
解約違約金0円

 

IIJmio (アイアイジェイミオ)
老舗ISPのIIJが提供するマルチキャリアに対応した高品質な格安SIM/格安スマホ。eSIM (データ通信専用) が月額165円、音声通話SIMが月額850円から利用可能。口コミや評判、キャンペーン、おすすめ情報、メリット・デメリットなどをまとめて詳しく解説しています。

 

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓
IIJmio(みおふぉん)

※IIJmio公式サイトを必ず確認してから申込をお願いいたします。
※特典やキャンペーン内容はすべてIIJmio公式サイトの内容が正となります。

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、NTTレゾナントの格安SIMサービス。対象の音楽配信サービスがデータ消費ゼロになる「MUSICカウントフリーオプション」が無料で利用できるほか、自宅のネットとセットなら音声通話SIMの1GBコースが月額550円 (税込) で利用可能。2022年12月26日 (月) 11時までは、対象のスマートフォンが割引価格で購入できる期間限定セールを実施しています。

概要 (税込)
回線docomo
対応通信5G
4G
3G
初期費用3,733円
月額料金データ858円~
音声通話 550円~
5Gオプション無料
最低利用期間なし
解約違約金0円

 

OCNモバイルONE
NTTレゾナントの「OCN モバイル ONE」はドコモ回線に対応した格安スマホサービス。ネットとのセット割引も用意されており、音声通話プランが月額550円 (税込) から利用可能。メリットやデメリットのほか、特徴、評判、口コミ、キャンペーン、セール情報、料金プランなど詳細な情報をまとめて解説しています。

 

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓

楽天モバイル

楽天モバイルのキャリアサービス

楽天モバイルは、2022年4月より開始した第4のキャリアサービス。5G対応プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」は、データ通信量が3GBまで月額1,078円 (税込)、20GB以上は月額3,278円 (税込)使い放題、Rakuten Linkアプリの利用で国内通話がかけ放題になるほか、公式オンラインショップでは、対象のスマートフォンが最大16,000円割引&3,000円相当のポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。

概要 (税込)
回線Rakuten, (au)
対応通信5G
4G
3G
初期費用0円
月額料金データ1,078円~
音声通話 1,078円~
5Gオプション無料
最低利用期間なし
解約違約金0円

 

楽天モバイル (キャリアサービス)
楽天モバイルは、2020年4月8日 (水) よりキャリア (MNO) サービスを正式に開始しました。新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」が1,078円 (税込) から利用可能になっているほか、最大24,000円相当の...

 

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました