PR

Redmi Note 11 Pro 5G (Xiaomi)/レビュー

記事内に広告が含まれています。

ハイパフォーマンスの5Gスマホ Redmi Note 11 Pro 5G

Xiaomi Japan は、5G対応のAndroidスマートフォン「Redmi Note 11 Pro 5G」を発表しました。1億800万画素の3眼カメラや大画面の有機ELディスプレイ、Snapdragon 695 5G、5,000mAhバッテリーを搭載し、eSIM、おサイフケータイ (FeliCa) にも対応した高機能なミドルハイスペックモデル。2022年5月30日 (月) に日本国内で発売し、販売価格は44,800円 (税込) になっています。

Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5G/概要

Redmi Note 11 Pro 5Gのスペック

概要

Redmi Note 11 Pro 5G (レッドミー ノート イレブン プロ ファイブジー) は、高コスパなRedmi Note 11シリーズの最上位モデル。1億800万画素 (メイン) +800万画素 (118°広角) +200万画素 (マクロ) のトリプルカメラ、最大120Hzのリフレッシュレートに対応した約6.67インチのAMOLEDディスプレイ、6nmプロセスのSnapdragon 695 5G、6GBメモリー、128GBストレージ、67W急速充電に対応した5,000mAhの大容量バッテリー、デュアルスピーカーを搭載するほか、eSIM、DSDV、FeliCaなどに対応したミドルハイクラスの5Gスマートフォン。

特徴・メリット (長所)

  • 背面のカメラはメインが1億800万画素のトリプルレンズ。
  • 120Hz駆動に対応した大画面のAMOLEDディスプレイ。
  • 67W急速充電に対応した大容量バッテリーは15分で約50%の充電が可能。
  • eSIMを搭載し、DSDV (デュアルSIMデュアルVoLTE) にも対応している。
  • FeliCa搭載端末なので、おサイフケータイなどの非接触決済サービスが利用出る。

注意点・デメリット (欠点)

  • 4K動画の撮影には対応していない。
  • ワイヤレス充電は利用できない。
  • 本体の重量が約202gで少し重く、ズッシリとしている。
  • 防水性能は生活防水レベルで完全防水ではない。

スペック一覧

スペック表
メーカー Xiaomi
モデル Redmi Note 11 Pro 5G
型番 2201116SR
発売日 2022年5月30日 (月)
販売価格 4万4,800円 (税込)
カメラ
背面 108MP | 8MP | 2MP
前面 16MP
OS MIUI 13 (Android 11ベース)
画面 サイズ 6.67インチ (20:9)
種類 AMOLED
解像度 2,400×1,080 (FHD+)
チップセット Snapdragon 695 5G
メインメモリー 6GB
ストレージ 128GB
microSD 最大1TGB
バッテリー 容量 5,000mAh
急速充電 67W Turbo charging
コネクタ USB Type-C
イヤホンジャック
SIMカード nanoSIM, eSIM
DSDS/DSDV 対応
CA
通信速度 5G NR 受信: 最大1.95Gbps/送信: 最大470Mbps
4G LTE 受信: 最大390Mbps/送信: 最大95Mbps
Band 5G NR Sub6: n3, n28, n41, n77, n78
4G LTE FDD-LTE: B1, B2, B3, B4, B5, B7, B8, B12, B13, B17, B18, B19, B20, B26, B28
TDD-LTE: B38, B40, B41, B42
3G W-CDMA: B1, B2, B4, B5, B6, B8, B19
2G GSM: 850MHz, 900MHz, 1800MHz, 1900MHz
対応キャリア docomo, au, SoftBank, Rakuten
VoLTE
テザリング
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Bluetooth® 5.1
測位方式 GPS L1, Glonass G1, BDS B1, Galileo E1
センサー類 NFC, FeliCa, 指紋センサー, 電子コンパス, 加速度計, 環境光センサー,  近接センサー, ジャイロスコープ, IRブラスター
生体認証 顔認証
指紋認証
スピーカー ステレオスピーカー
ワンセグ/フルセグ ー/ー
ハイレゾ再生
NFC
FeliCa
ジャイロ
防水/防塵 IPX3/IP5X
サイズ 約164.19×76.1×8.12mm
重量 約202g

Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5G/販売情報

Redmi Note 11 Pro 5Gの価格情報

Xiaomiの5Gスマートフォン「Redmi Note 11 Pro 5G」は、公式オンラインストアやECサイト、楽天モバイルのほか、IIJmio (アイアイジェイミオ)、イオンモバイル、goo Simseller/OCNモバイルONEなどのMVNOでも販売開始し、格安SIMとセットなら1万円以下でも購入可能になっています。

楽天モバイル

楽天モバイルは、2020年4月より開始した第4のキャリア (MNO) サービス。5G対応の新料金プラン「Rakuten最強プラン」は、データ通信量が3GBまで月額1,078円 (税込)、20GBまでは月額2,178円 (税込)、20GB以降は無制限月額3,278円 (税込) で利用可能。

2022年5月30日 (月) 9時より「Redmi Note 11 Pro 5G」を販売開始し、価格は一括: 38,280円 (税込)/分割: 1,595円 (税込) ×24回。公式オンラインショップで申し込むと最大12,000円相当のポイント還元をしてくれます。

料金表 (税込)
初期費用 0円
月額料金  ~3GB 1,078円
~20GB  2,178円
無制限 3,278円
かけ放題 (15分/回) +1,100円
端末価格
一括払い 38,280円
24回払い 1,595円×24回
48回払い 797円×48回 (初回は821円)
最低利用期間  なし 
契約解除料 0円

※端末代金の48回払いは楽天カードのみとなっています。

 

楽天モバイル (キャリアサービス)
楽天モバイルは、2020年4月8日 (水) よりキャリア (MNO) サービスを正式に開始しました。5G対応の新料金プラン「Rakuten最強プラン」では、3GBまでは月額1,078円 (税込)、20GB以上は無制限で月額3,278円 (税...

 

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓

IIJmio (アイアイジェイミオ)

IIJmioは、インターネットイニシアティブ (IIJ) が提供する格安SIMサービス。2023年4月よりデータ容量が増量した5G対応プラン「ギガプラン」では、音声通話SIM/音声eSIMの5GBプランが月額990円 (税込) で利用できるほか、自宅のネットとのセット利用で月額料金が660円割引 (税込) になる「mio割」といったサービスも用意されており、音声通話SIMの月額料金が最大6ヶ月間 440円割引&かけ放題オプションが6ヶ月間 410円割引になるキャンペーンを実施中。

2022年5月30日 (月) 10時 に「Redmi Note 11 Pro 5G」を発売し、販売価格は一括: 32,800円 (税込)/分割: 1,380円 (税込) ×24回ですが、他社からの乗り換え (MNP) で「ギガプラン」の音声通話SIM/音声eSIMとセットで申し込むと14,800円 (税込) で購入できます

料金表 (税込)
初期費用 eSIM 3,733.4円/3,520円
SIM 3,733.4円/3,746.6円
月額料金
(音声通話SIM
/音声eSIM)
2GB 850円
5GB 990円
10GB  1,500円
15GB 1,800円
20GB 2,000円
5Gオプション 無料
かけ放題 5分/回 +500円
10分/回 +700円
制限なし +1,400円
端末代金 新規 一括払い 32,800円
分割払い 1,380円×24回
MNP  一括払い 14,800円
分割払い 618円×24回
最低利用期間  なし 
契約解除料 0円

 

IIJmio (アイアイジェイミオ)
老舗ISPのIIJが提供するマルチキャリアに対応した高品質な格安SIM/格安スマホ。eSIM (データ通信専用) が月額165円、音声通話SIMが月額850円から利用可能。口コミや評判、キャンペーン、おすすめ情報、メリット・デメリットなどをまとめて詳しく解説しています。

 

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓
IIJmio(みおふぉん)

※IIJmio公式サイトを必ず確認してから申込をお願いいたします。
※特典やキャンペーン内容はすべてIIJmio公式サイトの内容が正となります。

mineo (マイネオ)

mineoは、関西電力グループの「オプテージ」が提供するトリプルキャリアに対応した格安SIMサービス。通信速度で選ぶデータ使い放題プラン「マイそく」では、最大32kbpsのスーパーライトコースの音声通話SIMが月額250円 (税込)、定額プランの「マイピタ」では音声通話SIMの20GBプランが月額2,178円 (税込) で利用できるほか、深夜早朝にデータ通信が使い放題になる「夜間フリー」が月額990円 (税込)、ウェブ広告のデータ通信量がノーカウントになる「広告フリー」が無料10GB以上のコースは最大1.5Mbpsでデータ通信が使い放題になる「パケット放題 Plus」が無料で利用可能。2024年6月3日 (月) までは「マイピタ」の音声通話SIMの20GBプランが最大6ヶ月間 月額990円 (税込) で利用できるキャンペーンを開催中。

2022年7月1日 (金) より「Redmi Note 11 Pro 5G」を販売開始し、端末価格は一括: 37,488円 (税込)/分割: 1,562円 (税込) ×24回/分割: 1,034円 (税込) ×36回ですが、他社から乗り換え (MNP) で一括払いで申し込むと22,088円 (税込) で購入できます。

料金表 (税込)
初期費用 3,740円
月額料金
(音声通話SIM)
1GB 1,298円
5GB 1,518円
10GB 1,958円
20GB 2,178円
5Gオプション 無料
かけ放題 10分/回 +550円
制限なし +1,210円
端末代金 新規 一括払い 37,488円
分割払い 1,562円×24回/1,034円 (税込) ×36回
MNP  一括払い 22,088円
分割払い 1,562円×24回/1,034円 (税込) ×36回
最低利用期間  なし 
契約解除料 0円

 

mineo (マイネオ)
マイネオは、関西電力グループのオプテージが提供するトリプルキャリア対応の格安SIMサービス。使い放題プラン「マイそく」では音声通話SIMが月額250円から利用可能。メリットやデメリットのほか、特徴、評判、口コミ、キャンペーン、セール情報、料金プランなど詳細な情報をまとめて解説しています。

 

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓
mineo(マイネオ)

イオンモバイル

イオンモバイルは流通大手「イオン」が提供する格安SIMサービス。2022年4月より大幅に値下げされた「さいてきプラン/さいてきプランMORIMORI」は、音声通話SIMの5GBプランが月額1,298円 (税込)、音声通話SIMの20GBプランが月額1,958円 (税込) で利用可能。

2022年5月30日 (月) 10時に「Redmi Note 11 Pro 5G」を発売し、価格は一括: 44,000円 (税込)/分割: 目安1,833円 (税込) ×24回になっています。

料金表 (税込)
初期費用 3,300円
月額料金
(音声通話SIM)
0.5~5GB 803~1,298円
6~10GB 1,408~1,848円
20~50GB 1,958~5,258円
5Gオプション 無料
かけ放題 5分/回 +550円
10分/回 +935円
制限なし +1,650円
端末代金 新規 一括払い 44,000円
分割払い 1,833円×23回 (初月は1,841円)
MNP  一括払い 44,000円
分割払い 1,833円×23回 (初月は1,841円)
最低利用期間  なし 
契約解除料 0円

 

イオンのスマホ「イオンモバイル (AEON MOBILE)」
イオンのスマホ「AEON MOBILE(イオンモバイル)」の口コミや評判、キャンペーン、おすすめ情報、メリット・デメリットなどの詳細な情報をわかりやすくまとめて解説しています。

 

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓
イオンモバイル

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、ドコモ傘下の「NTTレゾナント」が提供する格安SIMサービス。自宅のネットとセットなら音声通話SIMの3GBプランが月額770円 (税込) で利用できるほか、AWAやAmazon Music、Spotify、LINE MUSICなど、人気のサブスク音楽配信サービスのデータ通信量がノーカウントになる機能「MUSICカウントフリーオプション」が無料で利用可能

料金表 (税込)
初期費用 受付終了
月額料金
(音声通話SIM)
0.5GB 550円
1GB 770円
3GB 990円
6GB  1,320円
10GB 1,760円
5Gオプション 無料
かけ放題 10分/回 +935円
制限なし +1,430円
端末代金
新規 一括払い
分割払い
MNP 一括払い
分割払い
最低利用期間  なし 
契約解除料 0円

 

※NTTドコモの新料金プラン「irumo (イルモ)」の提供開始に伴い、2023年6月26日 (月) をもって「OCNモバイルONE」の格安SIMサービスは提供終了します。

Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5G/詳細

究極のコストパフォーマンスを追及した「Redmi」シリーズの最新モデル。1億800万画素のカメラや120Hz駆動の有機ELディスプレイ、Dolby Atmos対応のステレオスピーカー、Snapdragon 695 5G、6GBメモリー、128GBストレージ、67W急速充電の可能な5,000mAhバッテリーを搭載するほか、おサイフケータイ機能も利用可能です。

カメラ

Redmi Note 11 Pro 5Gのカメラ性能

アウトカメラ

背面のカメラは1億800万画素 (メイン) +800万画素 (超広角) +200万画素 (マクロ) のトリプルカメラ。メインカメラには1/1.52インチサイズの大型イメージセンサー「Samsung HM2」を採用し、9-in-1ピクセルビニングテクノロジーとデュアルネイティブISOによって、低光量の環境下でも鮮明に撮影できるほか、画角118°の超広角撮影マクロ撮影にも対応しています。

ポートレートモードでは、一眼レフの様に自然なボケで被写体を際立たせた写真が撮影可能。ナイトモード 2.0、スローモーション、シネマモード、ビデオフィルターなどの機能も搭載しています。

概要
カメラ1
(広角)
有効画素数 108MP
センサー 1/1.52″Samsung ISOCELL HM2
画素サイズ 0.7μm
画角
絞り値 f/1.9
カメラ2 
(超広角)
有効画素数  8MP
センサー 1/2.8″ Sony IMX355
画素サイズ 1.14μm
画角 118°
絞り値 f/2.2
カメラ3
(接写)
有効画素数 2MP
センサー 1/5″ GalaxyCore GC02M1
画素サイズ 1.75μm
画角
絞り値 f/2.4
オートフォーカス PDAF
動画撮影 FHD 30fps
LEDフラッシュ LED Flash

インカメラ

前面の上部中央にパンチホール部分に配置されたカメラは1,600万画素。アウトカメラとインカメラの同時撮影 (デュアルビデオ) にも対応しています。

概要
カメラ1 有効画素数  16MP
センサー 1/3.06″ OmniVision OV16A1Q
画素サイズ 1.0μm
画角
絞り値 f/2.45
オートフォーカス
動画撮影 (最大) FHD 30fps
LEDフラッシュ

ボディ

Redmi Note 11 Pro 5Gの外観

外観/デザイン

上部中央のインカメラ部分にパンチホールを備えた6.67インチのドットディスプレイ。カバーガラスにはCorningの強化ガラス「Gorilla Glass 5」を採用しています。フラットフレームのスリムなボディで、背面にガラス素材を使用したスタイリッシュなデザイン。本体ボディはIPX3 (防雨形) 生活防水IP5X (防塵形)防塵に対応しています。

概要
本体カラー Graphite Gray, Polar White, Atlantic Blue
保護性能 防水  IPX3
防塵 IP5X
耐衝撃
サイズ  縦幅   約164.19mm
横幅 約76.1mm
厚さ 約8.12mm
重量 約202g

ディスプレイ

Redmi Note 11 Pro 5Gのディスプレイ性能

画面/表示

約6.67インチ (アスペクト比 20:9) AMOLEDディスプレイを採用し、解像度は2,400×1,080ドット)。DCI-P3の広色域、450万:1のコントラスト比、最大1,200nitの明るさのほか、最大120Hzリフレッシュレート最大360Hzタッチサンプリングレートに対応し、滑らかな映像表示と正確なタッチ操作を実現。SGSのEye Care認証を取得し、長時間の読書にも最適な「Reading Mode 3.0 (読書モード 3.0)」や、屋外での視認性を高める「Sunlight Display (太陽光ディスプレイ)」といった機能にも対応。3.5mイヤホンジャックを備え、本体の上下にはDolby Atmos対応のステレオスピーカーを搭載しているので、迫力のあるサウンドでコンテンツを楽しむことができます。

概要
画面サイズ       約6.67インチ   
パネル種類 AMOLED
画面占有率 86%
画面解像度 2,400×1,080 (FHD+)
画素密度 395ppi
HDR規格 HDR10

パフォーマンス

Redmi Note 11 Pro 5Gのパフォーマンス

チップセット/メインメモリー/ストレージ

チップセット (SoC) はミドルレンジモデル向けの「Snapdragon 695 5G」を採用し、メインメモリ (RAM) の容量は6GB、内蔵ストレージ (ROM) の容量は128GBとなっているほか、外部ストレージは最大1TBのmicroSDXCカードに対応。ある程度ゲームも快適にプレイできる性能を備えています。

概要
SoC   メーカー Qualcomm
モデル Snapdragon 695 5G
プロセス TSMC N6
CPU Kryo 660 (最大2.2GHz, 8コア)
GPU Adreno 619
モデム Snapdragon X51 5G Modem-RF System
RAM 容量 6GB
規格 LPDDR4x
ROM  容量 128GB
規格 UFS 2.2
microSD  容量 最大1TB
規格 SD, SDHC, SDXC

バッテリー

Redmi note 11 Pro 5Gのバッテリー性能

バッテリー容量/急速充電

2日間以上の駆動を実現する5,000mAhの大容量バッテリーは、MMTバッテリーテクノロジーを採用し、充電チャネルを中央に通すことで充電速度をアップさせ、端末を冷却して急速充電を維持する独自の冷却技術「LiquidCoolテクノロジー」により、67Wの超急速充電に対応。わずか15分で50%、42分で100%の充電が可能になっています。

概要
容量 5,000mAh
急速充電 67W Turbo Charging
充電時間 約42分
連続通話  LTE   約33時間
3G 約32時間
連続待受 LTE 約499時間
3G 約625時間
ワイヤレス充電  非対応

カラーバリエーション

本体のボディカラーは、クラシックでスマートな印象の「Graphite Gray (グラファイトグレイ) 」、クールで柔らかいカラー「Polar White (ポーラーホワイト)」、Redmi Note 11 Pro 5Gモデルの独自カラーで、水面で屈折する太陽光にインスパイされた「Atlantic Blue (アトランティックブルー)」の3色が用意されています。

グラファイトグレー

Redmi Note11 Pro 5Gのブラック

ポーラーホワイト

Redmi Note 11 Pro 5Gのホワイト

アトランティックブルー

Redmi Note 11 Pro 5Gのブルー

Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5G/端末比較

Redmi Note 11 Pro 5Gは、1億800万画素トリプルカメラ、120Hz駆動に対応した大画面の有機ELディスプレイ、Snapdragon 695 5G、6GBメモリー、128GBストレージ、67W急速充電に対応した5,000mAhバッテリー、デュアルスピーカーを搭載するほか、eSIM、DSDV、FeliCaなどに対応したミドルハイモデル。Xiaomiのエントリークラスの5Gスマートフォン「Redmi Note 10T」とではどのように違うのか比較します。

Redmi Note 10T (Xiaomi)

Xiaomiの5Gスマホ「Redmi Note 10T」

Redmi Note 10Tは、5,000万画素デュアルカメラ、900Hz駆動に対応した大画面ディスプレイ、Snapdragon 480 5G、4GBメモリー、64GBストレージ、5,000mAhバッテリーを搭載するほか、防水/防塵 (IP68)、eSIM、FeliCaにも対応した高機能なエントリーモデル。

スペック表
メーカー Xiaomi
モデル Redmi Note 10T
発売日 2022.4.26
販売価格 34,800円 (税込)
カメラ 背面 50M+2MP
前面 8MP
ディスプレイ 6.5型 TFT液晶 FHD+
OS MIUI 13 (Android 11)
SoC Snapdragon 480
RAM/ROM 4GB/64GB
バッテリー 5,000mAh
生体認証 指紋, 顔
ワンセグ
おサイフケータイ
防水/防塵 IPX8/IP6X
DSDS DSDV対応
サイズ 163×76×9.0mm
重量 約198g
Xiaomiの5Gスマートフォン『Redmi Note 11 Pro 5G』と『Redmi Note 10T』の違いを比較!
シャオミは、2022年4月26日 (火) にSIMフリーの5Gスマートフォン「Redmi Note 11 Pro 5G」を国内で発売しました。1億800万画素のトリプルカメラや大画面の有機ELディスプレイ、5,000mAhバッテリーを搭載し...

コメント

タイトルとURLをコピーしました