hi-ho LTE typeD(ハイホー)

「hi-ho LTE typeD」とは、IIJグループのインターネットサービスプロバイダ(ISP)「hi-ho」を提供する、株式会社ハイホーがMVNO事業者として提供する格安SIMサービスです。 ※2017年12月31日にISPホールディングスに事業譲渡されてました。

hi-ho LTE typeD(ハイホー) 詳細・概要

運営会社株式会社ハイホー
回線docomo(MVNE:IIJ)
初期費用3,000円
データ通信プラン(月額)2GB:770円~
SMS機能の追加+140円/月額
音声通話プラン(月額)2GB:1,470円~
通話料20円/30秒
SMS送信料3円/通~
データ無制限プランなし
電話かけ放題てぃきふぉんダイアル 通話定額10:840円/月額
通信速度制限(高速時)なし
通信速度制限(低速時)366MB/3日間
メールアドレスあり(容量:1GB)
データ容量の翌月繰越あり
データ容量の追加購入100MB:200円~
データシェアあり
通信速度下り最大:375Mbps/上り最大:50Mbps
通信速度(低速時)200kbps
ターボ機能(高速/低速切替)あり
バースト転送機能あり
カウントフリーなし
テザリング機能無料
Wi-Fiスポットなし
MNP即日切替なし(1~3日程度)
MNP転出費用3,000円
口座振替不可
端末セット販売なし
端末補償なし
最低契約期間/解除料データ通信SIM:なし
音声通話付SIM:12ヶ月/残月数×1,000円
3Gデータ通信対応

hi-ho LTE typeD(ハイホー) キャンペーン・割引・特典

  • コース月額利用料金(データ専用)が初月無料。(2017年7月31日まで)
  • ミニマムスタートコースで100MB分の追加チャージをプレゼント。(2017年7月31日まで)

hi-ho LTE typeD(ハイホー) 特徴・メリット

  • 月額基本料金が初月無料になる。
  • 高速・低速の切替が出来る「ターボ機能」と、低速モード時でアプリへの接続時などだけ、高速で行ってくれる「バースト転送機能」がついている。
  • 高速通信容量の翌月繰越が可能である。

hi-ho LTE typeD(ハイホー) デメリット・注意点

  • LINEの「年齢認証」ができない。
  • 公衆無線LANのWi-Fiサービスがない。
  • 低速状態での通信制限がある。
  • 留守番電話・割込電話など、オプションサービスがない。
  • 端末のセット購入・補償サービスがない。

hi-ho LTE typeD(ハイホー) 料金

初期費用

契約事務手数料3,000円

料金プラン

データ専用/SMS機能付き/音声通話機能付きSIM ※初月無料(2017年7月31日まで)

コース通信容量SIM枚数月額料金(データ)SMS機能音声通話機能
エントリー2GB1枚770円+140円/枚+700円/回線
ミニマムスタート3GB1枚933円
アソート3GB3枚1,409円
ファミリーシェア10GB3枚2,838円
最低利用期間なしなし12ヵ月
契約解除料残月数×1,000円

※通信容量=バンドルチャージ

データチャージ:200円~

容量(チャージ)料金
100MB200円
200MB400円
300MB600円
400MB800円
500MB(0.5GB)1,000円
600MB1,200円
700MB1,400円
800MB1,600円
900MB1,800円
1000MB(1GB)2,000円
その他の手数料一覧
MNP転出費用3,000円
SIMカード追加手数料3,000円
SIMカード同番号再発行手数料3,000円
SIMカード変更手数料3,000円
typeD間のコース変更手数料無料

※当サイトの表示は全て税抜き価格での表示となっています。

タイトルとURLをコピーしました