ワイモバイルの新プラン「シンプルS」「シンプルM」「シンプルL」

ソフトバンクは、2021年2月よりワイモバイルで5Gサービスを提供開始し、それに合わせて、スマートフォン向けプランを「シンプルS」「シンプルM」と、2020年12月下旬以降に提供予定の「シンプル 20」を改定した「シンプルL」の3つの新料金プランに刷新します。

※プラン内容を改定したうえ、2021年2月18日 (木) より提供開始することを発表しました。
(2021/2/1 更新)

»公式サイト: Y!mobileオンラインストア

スマホ向け新プラン「シンプル S/M/L」の概要

Y!mobileの「シンプルS」「シンプルM」「シンプルL」は、4G/5Gネットワークに対応したスマホ向けの料金プラン。月々のデータ容量はそれぞれ3GB、10GB、20GBとなっていて、「シンプルS」では超過後も最大300kbps、「シンプルM」「シンプルL」では超過後も最大1Mbpsの速度でデータ通信が利用可能。

音声通話の料金は30秒 税込22円 (税抜20円) で、1回あたり10分以内の国内通話が無料になる「だれとでも定額」や、10分を超える国内通話も無料になる「スーパーだれとでも定額 (S)」といった通話定額オプションも用意されており、月額基本料金は「シンプルS」が税込2,178円 (税抜1,980円)、「シンプルM」が税込3,278円 (税抜2,980円))、「シンプルL」が税抜4,158円 (税抜3,780円) になっています。

概要
運営会社 SoftBank
回線  SoftBank/Y!mobile 
対応通信  5G回線 対応
4G回線 対応
3G回線 対応
初期費用 0円
月額料金 プランS 2,178円 (税込)
プランM 3,278円 (税込)
プランL 4,158円 (税込)
プラン  通信量 3GB/15GB/25GB
SMS
音声通話 
かけ放題 10分 +770円 (税込)
制限なし  +1,870円 (税込)
データシェア (確認中)
キャリアメール
Wi-Fiスポット
テザリング
通信速度
(5G) 
受信時 最大2.4Gbps
送信時 最大103Mbps
通信速度
(4G) 
受信時 最大838Mbps
送信時 最大46Mbps
通信速度
(3G)
受信時 最大21Mbps
送信時 最大5.8Mbps
制限時 プランS 最大300kbps
プランM 最大1Mbps
プランL 最大1Mbps
3日間制限 なし
通信量の翌月繰越 不可
高速/低速の切替 なし
バースト転送機能
カウントフリー
取り扱い 店舗/ウェブ
スマホセット販売 あり
契約条件 12歳以上
支払方法 クレカ/口座振替
最低利用期間 なし
契約解除料 0円

シンプルS/M/Lの7つの特徴やメリット (良い点)

  • 月額料金がずっと変わらないシンプルなプラン。
  • 5G通信も追加料金ナシで利用できる。
  • プランM/Lならデータ容量の超過後も最大1Mbpsでデータ通信が利用できる。
  • ネット (SoftBank 光/SoftBank Air) とセットなら1,188円割引になる。
  • 家族で利用すると2回線目以降は1,188円割引になる。
  • キャリアメール (MMS) が利用できる。
  • オンラインだけでなく実店舗での契約やサポートが可能。
  • ブランド間の移行に関する手数料は無料になる。

ずっと変わらないシンプルなプラン

ワイモバイルのスマホ向けプラン「シンプル S/M/L」の料金はそれぞれ月額2,178円 (税込)、月額3,278円 (税込)、月額4,158円 (税込)。スマホベーシックプランの新規割のような割引サービスはなく、月額料金がずっと変わらないシンプルなプランになっています。

5Gも追加料金なしで利用できる

ワイモバイルでは、2021年2月下旬より5Gサービスの提供を開始し、新料金プラン「シンプル S/M/L」では5Gネットワークも追加料金なしで利用することができます。

超過後も最大1Mbpsのデータ通信が利用できる

月々のデータ容量が3GBの「シンプルS」では超過後の通信速度が最大300kbps、データ容量が10GBの「プランM」と20GBの「プランL」では超過後の通信速度が最大1Mbpsとなっているので、データ容量を使い切ってもWebサイトの閲覧やSNS、サブスク音楽配信サービスを楽しめるほか、「プランM」と「プランL」ならYouTubeの標準画質の動画も視聴可能です。

おうち割

ワイモバイルの「シンプル S/M/L」は「おうち割 光セット (A)」の対象プランになっているので、SoftBank 光/SoftBank Airとセットなら「シンプルS」が月額990円 (税込)、「シンプルM」が月額2,090円 (税込)、「シンプルL」が月額2,970円 (税込) で利用可能です。

家族割引

ワイモバイルの「シンプル S/M/L」は「家族割引」の対象プランとなっているので、家族で利用すると2回線目以降は「シンプルS」が月額990円 (税込)、「シンプルM」が月額2,090円 (税込)、「シンプルL」が月額2,970円 (税込) で利用可能です。

キャリアメール (MMS)

ソフトバンクの新ブランド「SoftBank on LINE (仮称)」と違い、ワイモバイルでは信頼性が高く、迷惑メールとして認識されにくいキャリアメール (@ymobile.ne.jp) を無料で利用することができます。

実店舗

ワイモバイルは全国4,000の取扱店舗と約1,000のワイモバイルショップを展開しており、契約後も実店舗で手厚いサポートを受けられるので安心です。

ブランド間の移行に関する手数料は無料

ソフトバンクグループの「SoftBank」「Y!mobile」「SoftBank on LINE (仮名)」のブランド間で乗り換え (MNP) をする場合、契約解除料や番号移行手数料、契約事務手数料など、移行に関する手数料が無料になります。

シンプルS/M/Lの4つの注意点やデメリット (欠点)

  • 高速通信と低速通信を切り替えることができない。
  • SoftBank 光で「おうち割 光セット」を適用するにはオプション加入が必要になる。
  • 「おうち割 光セット」と「家族割引 (2回線目以降)」は同時に適用できない。
  • 20GBプラン (プランL) なら「SoftBank on LINE」の方が安い。

高速/低速の切り替えができない

ワイモバイルではUQモバイルや他の格安SIM事業者のように低速モード (節約モード) に切り替えることができませんが、ワイモバイルユーザーなら無料の公衆無線LANサービス (ソフトバンクWi-Fiスポット) を利用してデータ容量を節約することも可能です。

SoftBank光はオプション加入が必要になる (おうち割)

SoftBank Airを契約している場合は不要ですが、SoftBank 光を契約している場合、おうち割 光セット (A) を適用するには月額550円 (税込) の有料オプションに加入する必要があるので注意が必要です。

おうち割 光セットと家族割引を同時に適用できない

ワイモバイルでは、SoftBank 光/Airとセットで利用すると1,188円割引になる「おうち割 光セット (A)」と、家族で利用すると2回線目以降は1,188円割引になる「家族割引」を同時に適用することができません。

プランLなら「SoftBank on LINE」の方が安い

月々のデータ容量が20GBの「シンプルL」は月額4,158円 (税別) ですが、ソフトバンクの新ブランド「LINEMO (SoftBank on LINE)」は月額3,278円 (税込) でデータ容量が20GB、LINEが使い放題、1回5分以内の国内通話が無料になっています。

スポンサーリンク
レクタングル (大) 広告
レクタングル (大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル (大) 広告