Redmi Note 10T (レッドミーノートテンティー)/レビュー

Xiaomiの5Gスマホ「Redmi Note 10T」

Xiaomi (シャオミ) は、5G対応のAndroidスマートフォン「Redmi Note 10T」を発表しました。5,000万画素デュアルカメラや90Hz駆動の大画面ディスプレイ、5,000mAhバッテリーを搭載し、防水/防塵 (IP68)、おサイフケータイ (FeliCa) に対応した高コスパなエントリーモデル。オープンマーケット版は、2022年4月26日 (火) に発売し、公式オンラインストアの販売価格は34,800円 (税込) になっています。

Xiaomi Redmi Note 10T/販売情報

Xiaomiの5Gスマートフォン「Redmi Note 10」は、公式オンラインストアやECサイト、ソフトバンクのほか、IIJmio (アイアイジェイミオ)、goo Simseller/OCNモバイルONEなどのMVNOでも販売開始し、格安SIMとセットなら1万円以下でも購入可能になっています。

OCNモバイルONE/goo Simseller

OCNモバイルONEは、NTTコミュニケーションズが提供する格安SIMサービス。自宅のネットとのセット割引も用意されており、音声通話SIMが月額550円 (税込) から利用できるほか、対象のサブスク音楽配信サービスのデータ通信量がノーカウントになる 「MUSICカウントフリーオプション」が無料で利用可能になっています

2022年4月26日 (火) 11:00 に「Redmi Note 10T」を発売し、スマホセット (端末+音声通話SIM) の価格は28,300円 (税込) になっています

料金表 (税込)
初期費用3,733円
月額料金
(音声通話SIM)
1GB770円
3GB990円
6GB 1,320円
10GB1,760円
5Gオプション無料
MUSICカウントフリー無料
10かけ放題+935円
24時間かけ放題+1,430円
端末代金
新規契約一括払い28,300円
分割払い目安1,179円×24回
MNP一括払い28,300円
分割払い目安1,179円×24回
最低利用期間 なし 
契約解除料0円

 

OCNモバイルONE
NTTコミュニケーションズが提供する格安SIM/格安スマホサービス「OCN モバイル ONE」の口コミや評判、キャンペーン、おすすめ情報、メリット・デメリットなどの詳細な情報をまとめて解説しています。

 

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓

IIJmio

IIJmio (アイアイジェイミオ) は、インターネットイニシアティブの格安SIMサービス。2022年4月1日 (金) より改訂された新料金プラン「ギガプラン」では、音声通話SIMの4GBプランが月額990円 (税込) から利用できるほか、IIJmioひかりとのセット利用で月額料金が660円割引 (税込)になる「mio割」といったサービスも提供しており、5月31日 (火) まで実施中の期間限定キャンペーンでは、新規契約事務手数料 3,300円 (税込) が半額、データ容量が12ヶ月間 1GB増量、通話定額オプションが13ヶ月間 410円割引 (税込)になるといった特典が用意されています。

2022年4月26日 (火) 10:00 に「Redmi Note 10T」の販売を開始し、新規番号を取得して「ギガプラン」の音声通話SIMとセットで申し込むと29,800円 (税込)、他社からの乗り換え (MNP) で「ギガプラン」の音声通話SIMとセットで申し込むと8,980円 (税込) で購入可能です

料金表 (税込)
初期費用タイプD2,083.4円
タイプA2,096.6円
月額料金
(音声通話SIM)
2GB850円
4GB990円
8GB 1,500円
15GB1,800円
20GB2,000円
5Gオプション無料
5かけ放題1年目+90円
2年目~+500円
10かけ放題1年目+290円
2年目~+700円
24時間かけ放題1年目+990円
2年目~+1,400円
端末代金
新規契約29,800円
1,243円×24回
MNP8,980円
375円×24回
最低利用期間 なし 
契約解除料0円

 

IIJmio (アイアイジェイミオ)
老舗ISPのIIJが提供するマルチキャリアに対応した高品質な格安SIM/格安スマホ。eSIM (データ通信専用) が月額165円、音声通話SIMが月額850円から利用可能。口コミや評判、キャンペーン、おすすめ情報、メリット・デメリットなどをまとめて詳しく解説しています。

 

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓
IIJmio(みおふぉん)

※IIJmio公式サイトを必ず確認してから申込をお願いいたします。
※特典やキャンペーン内容はすべてIIJmio公式サイトの内容が正となります。

Xiaomi Redmi Note 10T/詳細

Redmi Note 10Tの概要

概要

Redmi Note 10T (レッドミー ノート テンティ) は、2021年2月にソフトバンクから発売された「Redmi Note 9T」の後継モデル。5,000万画素 (メイン) +200万画素 (深度) のデュアルカメラ、最大90Hzのリフレッシュレートに対応した6.5インチのTFT液晶ディスプレイ、Snapdragon 480 5G、4GBメモリー、64GBストレージ、長時間の駆動が可能な5,000mAhバッテリーを搭載するほか、日本市場向けにカスタマイズされ、防水 (IPX8) や防塵 (IP6X)、FeliCa、eSIMなどに対応しています。

特徴やメリット (長所)

  • 高コスパな5G対応モデル。
  • 5,000万画素のデュアルカメラ。
  • 90Hz駆動に対応した大画面ディスプレイ。
  • 5,000mAhの大容量バッテリーを搭載している。
  • IPX8の防水、IP6Xの防塵に対応している。
  • 物理SIMだけでなく「eSIM」にも対応している。
  • DSDS (デュアルSIMデュアルスタンバイ) に対応している。
  • おサイフケータイ (FeliCa) が利用可能になっている。

注意点やデメリット (欠点)

  • 本体の重量は約198gなので、少し重い。
  • 3Dゲームなどをプレイするヘビーユーザーには物足りないスペック。
  • ドコモの5Gバンドである「n79」はサポートしていない。

ネットワーク (対応キャリア)

docomo回線

5G回線はn78、4G回線はBand 1/Band 3/Band 19/Band 28/Band 42に対応しており、n79 (4.5GHz帯) には非対応ですが、ドコモ回線の主要な周波数帯 (バンド) はほとんど全てカバーしています。

対応バンド (docomo)
5G NRn78
n79
n257
4G LTEBand 1     〇    
Band 3
Band 19
Band 21
Band 28 
Band 42 
3GBand 1     〇    
Band 6

※ソフトバンク版 (A101XM) は Band 19をサポートしていません。

au回線

5G回線はn77/n78、4G回線はBand 1/Band 3/Band 18/Band 26/Band 28/Band 41/Band 42に対応し、au回線の主要な周波数帯 (バンド) はほとんど全てカバーしています。

対応バンド (au)
5G NRn77  
n78
n257
4G LTE Band 1     〇    
Band 3
Band 11
Band 18
Band 26
Band 28
Band 41
Band 42  

SoftBank/Y!mobile回線

5G回線はn77、4G回線はBand 1/Band 3/Band 8/Band 28/Band 42に対応し、ソフトバンク/ワイモバイル回線の主要な周波数帯 (バンド) をカバーしています。

対応バンド (SoftBank/Y!mobile)
5Gn77  
n257
4G LTEBand 1     〇    
Band 3
Band 8
Band 11
Band 28
Band 41
Band 42 
3GBand 1     〇    
Band 8

Rakuten回線

5G回線はn77、4G回線はBand 3/Band 18 (パートナーエリア) に対応し、主要な周波数帯 (バンド) はほとんど全てカバーしていますが、楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」を公式サポートしていないので、楽天モバイルのSIMカードで利用する場合は注意が必要です。

対応バンド (Rakuten)
5Gn77  
n257
4G LTE Band 3    〇    
(Band 18)

本体カラー

本体のカラーバリエーションは「アジュールブラック」「ナイトタイムブルー」「レイクブルー」の3色になっています。

Azur Black (アジュールブラック)

Redmi Note 10T アズールブラック

Nighttime blue (ナイトタイムブルー)

Xiaomi Redmi Note 10T ナイトタイムブルー

Lake blue (レイクブルー)

Xiaomi Redmi Note 10T レイクブルー

スペック一覧

スペック表
メーカーXiaomi
モデルRedmi Note 10T
型番22021119KR
発売日2022年4月26日 (火)
販売価格34,800円 (税込)
カメラ
(背面)
画素数5,000万画素 | 200万画素
画角ー | ー
絞り値F1.8 | F2.4
動画1080p 30fps
カメラ
(前面)
画素数800万画素
画角
絞り値
動画1080p 30fps
OSMIUI 13 (Android 11ベース)
画面サイズ6.5インチ (20:9)
種類TFT液晶
解像度2,400×1,080 (FHD+)
ガラスCorning Gorilla Glass3
チップセット  (SoC)Snapdragon 480 5G
メインメモリ (RAM)4GB
ストレージ (ROM)64GB
microSD最大1TB
バッテリー容量5,000mAh
急速充電18W
充電時間
コネクタUSB Type-C
イヤホンジャック
SIMカードnanoSIM, eSIM
DSDS対応
CA
通信速度5G通信下り: 最大1.7Gbps/上り最大159Mbps
4G通信下り: 最大525Mbps/上り最大46Mbps
Band5G NRSub-6: n3, n28, n77, n78
4G LTEFDD-LTE: B1, B2, B3, B4, B8, B12, B17, B18, B19, B26, B28
TD-LTE: B38, B39, B40, B41, B42
3GW-CDMA: B1, B2, B4, B5, B6, B8
対応キャリアdocomo, au, SoftBank
VoLTE
テザリング
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)
BluetoothBluetooth® 5.1
測位方式GPS L1, A-GPS, Beidou, Galileo, Glonass, INavIC, IRNSS
センサー類NFC, FeliCa, 指紋センサー, 電子コンパス, 加速度計, 周囲光センサー,  近接センサー, ジャイロセンサー, 赤外線センサー, バロメーター, コイン振動モーター
生体認証指紋認証
指紋認証
ワンセグ/フルセグー/ー
NFC
FeliCa
ジャイロ
防水/防塵IPX8/IP6X
カラーアジュールブラック, ナイトタイムブルー, レイクブルー
サイズ高さ約163mm
横幅約76mm
厚さ約9.0mm
重量約198g

 

Redmi Note 10T/端末比較

Redmi Note 10Tは、5,000万画素デュアルカメラ、約6.5インチサイズの大画面ディスプレイ、Snapdragon 480、4GBBメモリー、64GBストレージ、5,000mAhバッテリーを搭載するほか、おサイフケータイも利用可能なエントリーモデル。Xiaomiの高コスパなミドルレンジモデルの4Gスマートフォン「Redmi Note 11」とではどのように違うのか比較します。

Redmi Note 11 (Xiaomi)

Xiaomiの4Gスマートフォン Redmi Note 11

2022年3月に発売された4G対応のAndroidスマートフォン。5,000万画素クアッドカメラ、6.43インチのAMOLEDディスプレイ、Snapdragon 680 4G、4GBメモリ、64GBストレージ、5,000mAhバッテリーを搭載し、DSDV (デュアルSIMデュアルVoLTE) にも対応したミドルレンジモデル。

スペック表
メーカーXiaomi
モデルRedmi Note 11
発売日2022.3.10
販売価格24,800円 (税込)
カメラ背面50M+8MP+2MP+2MP
前面13MP
ディスプレイ6.43型 有機EL FHD+
OSMIUI 13 (Android 11)
SoCSnapdragon 680
RAM/ROM4GB/64GB
バッテリー5,000mAh
生体認証指紋, 顔
ワンセグ
おサイフケータイ
防水/防塵IPX3/IP5X
DSDSDSDV対応
サイズ159.87×73.87×8.09mm
重量約179g
Xiaomiの5Gスマートフォン『Redmi Note 10T』と『Redmi Note 11』の違いを比較!
シャオミは、2022年4月26日 (火) に5Gスマートフォン「Redmi Note 10T」を発売しました。5,000万画素デュアルカメラや大画面ディスプレイ、大容量バッテリーを搭載し、防水/防塵、FeliCa (おサイフケータイ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました