b-mobile (ビーモバイル)

公式サイト:b-mobile(ビーモバイル)

「b-mobile(ビーモバイル)」とは、ドコモ回線やソフトバンク回線のMVNO・MVNE事業を行う日本通信株式会社(JCI)が提供する格安SIMサービスになります。ドコモ回線では、月額500円から利用可能な「b-mobile おかわりSIM」、大容量の「b-mobileSIM 25GB定額」などを扱っています。また、ソフトバンク回線「b-mobile S」では、データ通信専用の「開幕SIM」や、5分かけ放題がセットになった「スマホ電話SIM」などがあります。

※ソフトバンク回線はこちら ⇒ b-mobile S の口コミ・評判・詳細

b-mobile (ビーモバイル) 詳細・概要

運営会社 日本通信株式会社
回線 docomo
初期費用 3,000円
月額料金 データ 1GB:500円~
+SMS +130円/月額
音声 1GB:1,300円~
通話料 アプリ 10円/30秒
通常 20円/30秒
SMS送信料 3円/通~
ネット使い放題 1,980円/月額 (端末セット)
シェアプラン なし
電話かけ放題 (3分) 月額500円
通信制限 高速時
低速時 366MB/3日間
メールアドレス なし
通信容量の繰越 なし
容量追加 100MB 300円
500MB 1,200円
通信速度 下り 最大150Mbps
上り 最大50Mbps
低速時 200kbps
高速/低速の切替 Turbo Charge のみ
バースト転送機能 なし
カウントフリー なし
テザリング 無料
Wi-Fiスポット なし
MNP即日切替 対応
MNP転出費用 3,000円
口座振替 不可
端末セット販売  あり
端末補償  なし
最低契約期間 データ なし
音声 5ヵ月
契約解除料 データ なし
音声 8,000円
3Gデータ通信 対応

b-mobile (bモバイル) キャンペーン・割引・特典

<キャンペーン・割引・特典>

現在、割引サービスやキャンペーンなどはありません。

b-mobile (bモバイル) 特徴・メリット

<特徴・メリット>

  • 大容量の25GBプランが割安である。
  • 最低利用期間が比較的短い。
  • 5段階定額制の「おかわりSIM」なら、使った分だけ支払えばよいので、高速データ通信容量を無駄にしない。高速データ通信容量を使い切っても100MBからチャージが可能で、高速・低速の切り替えができる (Turbo Charge)。

25GBプランが割安

b-mobile (ビーモバイル) では、大容量の25GB定額プランを月額2,380円から利用する事ができます。他のMVNO事業者が提供する10GBプランよりも安い料金設定で、大容量プランにおいては業界最安値となっています。

最低利用期間が短い

b-mobile (ビーモバイル) の音声通話プランでは、最低利用期間が5ヶ月と他社よりも短くなっています。

おかわりSIM

5段階定額制

b-mobile (ビーモバイル) の月額500円から利用できる5段階定額制プラン「おかわりSIM」では、データ通信を使った分だけ支払えばよいので、高速データ通信容量を無駄にする事がありません。また、上限が5GBまでとなっているので、データ通信を使いすぎて料金が予想以上に高額になってしまうといった心配もありません。

Turbo Charge (ターボチャージ)

「おかわりSIM」では、高速データ通信容量 (5GB) を使い切っても、100MBからチャージする事ができます。チャージした高速データ通信容量は、「Turbo Charge」のスイッチで高速・低速を切り替える事が出来るので、必要な分だけ高速データ通信を使用して、通信量を節約することができます。

公式サイトはこちら⇒b-mobile(ビーモバイル)

b-mobile (bモバイル) デメリット・注意点

<デメリット・注意点>

  • LINEの「年齢認証」ができない。
  • 通信速度の評判は良くない。
  • データチャージが割高である。(100MB:300円~)
  • SoftBank回線の「b-mobile S」に契約変更できない。
  • 「おかわりSIM」や「b-mobileSIM 25GB定額」から、ドコモ回線の「990ジャストフィットSIM」への契約変更ができない。
  • セット販売している端末が少ない。
  • 高速データ通信が無制限のプランは、端末のセットプランのみ。
  • 「VAIO® Phone VA-10J」のセットプランのSIMカードは、他の端末で利用できない。
  • 高速・低速の切り替えやバースト転送といった機能がない。

LINEの「年齢認証」ができない

b-mobile (ビーモバイル) では、LINEの「年齢認証」ができないので、「ID検索」や「電話番号検索」といった機能は利用できません。ただし、「ふるふる」や「QRコード」を利用して、友達追加をすることは可能です。

通信速度の評判が良くない

b-mobile (ビーモバイル) は、コストパフォーマンスに優れていますが、通信速度の評判は良くありません。

データチャージが割高

b-mobile (ビーモバイル) では、高速データ通信容量の追加購入の料金が、100MBで300円、500MBで1,200円となっており、1GBあたりで換算すると他社よりも1,000円以上高くなっています。

b-mobile S のプランに変更できない

b-mobile (ビーモバイル) では、「990 JUST FIT SIM」や「190PadSIM」、「スマホ電話SIM」などソフトバンク回線の「b-mobile S」には契約変更できません。どうしても変更したい場合は、一度解約する必要があります。

ドコモ版 990ジャストフィットSIM に変更できない

b-mobile (ビーモバイル) では、「おかわりSIM」や「b-mobileSIM 25GB定額」から、ドコモ版「b-mobile S 990ジャストフィットSIM」への契約変更ができません。

セット販売している端末が少ない

b-mobile (ビーモバイル) でセット販売しているスマートフォンは、2015年3月20日に発売された「VAIO® Phone VA-10J」のみとなっています。販売価格も48,000円 (分割:2,000円×24回) と安くはないので、別で端末を購入する方がよいでしょう。

高速データ通信が無制限のプランは、端末のセットプランのみ

b-mobile (ビーモバイル) で高速データ通信が無制限のプランは、「VAIO® Phone VA-10J」のセットプランのみとなっています。

セットプランのSIMカードは、他の端末で使用できない

「VAIO® Phone VA-10J」に付属しているSIMカードは、他の端末で利用することができません。

高速・低速の切替やバースト転送がない

b-mobile (ビーモバイル) では、チャージした分以外の高速データ通信容量において、高速通信と低速通信の切り替え (ターボ機能ON/OFF) をすることができません。また、低速時においても通信開始後に一定の通信量までは高速になる「バースト転送 (初速バースト)」といった機能も提供していません。

公式サイトはこちら⇒b-mobile(ビーモバイル)

b-mobile (bモバイル) 料金

b-mobile

回線 docomo
おかわりSIM (5段階定額)
月額料金 通信量 データSIM 音声通話SIM
~1GB 500円 1,300円
~2GB 750円 1,550円
~3GB 1,000円 1,800円
~4GB 1,250円 2,050円
~5GB 1,500円 2,300円
最低契約期間 なし 5ヶ月
解約金 なし 8,000円
初期費用 3,000円
MNP転出費用 3,000円
b-mobileSIM 25GB定額
月額料金 通信量 データSIM 音声通話SIM
25GB 2,380円 3,180円
最低契約期間 なし 5ヶ月
解約金 なし 8,000円
990 JUST FIT SIM (15GBまで従量課金制)
月額料金 通信量 音声通話SIM
~1GB 990円
~2GB 1,490円
~3GB 1,990円
~4GB 2,490円
~5GB 2,990円
~6GB 3,490円
~7GB 3,990円
~8GB 4,490円
~9GB 4,990円
~10GB 5,490円
~11GB 5,840円
~12GB 6,190円
~13GB 6,540円
~14GB 6,890円
~15GB 7,240円
SMS機能の追加 SMS付き
5分かけ放題 +500円
最低契約期間 5ヶ月
解約金 8,000円
初期費用 3,000円
オプション料金(月額)
追加オプション データSIM 音声通話SIM
SMS機能の追加 +130円 SMS付き
3分かけ放題 +500円

b-mobile/b-mobile S の料金詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする