moto g8 (モト ジーエイト)/レビュー


Source: “Motorola Mobility“

moto g8/詳細

Motorola Mobility Japan (モトローラ・モビリティ・ジャパン) は、SIMフリーのAndroidスマホ「moto g8」を2020年5月4日 (月) に発売しました。moto gシリーズ (第8世代) のベースモデルで、公式オンラインストアの販売価格は22,800円 (税込) になっています。

特徴・メリット (長所)

  • 2万円台で購入可能なコスパの高いミドルレンジモデル。
  • 6.4インチ (縦横比 19:9) の大画面で見やすい。
  • レーザーAF対応のトリプルカメラを搭載している。
  • 約40時間の駆動を実現する4,000mAhバッテリーを搭載している。
  • 4キャリア (docomo, au, SoftBank, Rakuten) の回線に全て対応してる。
  • DSDVに対応しているので、2枚のSIMカードで4G+4G同時待受ができる。

注意点・デメリット (欠点)

  • 本体の重量が188gで軽くはない。
  • 撥水仕様ではあるが、防水/防塵には対応していない。
  • 画面解像度がHD+ (1,560×720ドット) で低い。
  • Wi-Fiが802.11ac (5GHz帯)に対応していない。
  • ワンセグ/フルセグには対応していない。
  • おサイフケータイ (Felica) には対応していない。
  • DSDVとmicroSDカードの同時使用はできない。

カメラ

アウトカメラ

背面カメラは1,600万画素 (メイン) +200万画素 (マクロ) +800万画素 (広角/動画) +ToF (Time-of-Flight) センサートリプルカメラ。メインカメラはレーザーオートフォーカス (LDAF) に対応し、暗いシーンでも瞬時にピントを合わせることが可能。マクロカメラは2cmの距離まで近づいて接写可能。広角カメラ (動画用) では画角118°の超広角で撮影できます。

AIエンジンによってシーンに応じて自動で最適な撮影モードの選択やカメラ設定を行うほか、AIを利用して照明効果を加える「ポートレートライティング」や、フレーム内の全員が笑顔になると自動でシャッターを切る「オートスマイルキャプチャ」、選択した色以外が全てモノクロになる「スポットカラー」、画像の一部分だけが動く「シネマグラフ」などの機能も搭載しています。

概要
Primary
Camera
有効画素数16MP
撮像素子CMOS
画素サイズ1.12μm
画角
絞り値f/1.7
動画撮影4K UHD 30fps
FHD 60/30fps
2ndary
Camera
有効画素数2MP
撮像素子CMOS
画素サイズ1.75μm
画角
絞り値f/2.2
動画撮影HD 30fps
3rdary
Camera
有効画素数 8MP
撮像素子CMOS
画素サイズ1.12μm
画角118°
絞り値f/2.2
動画撮影FHD 30fps
オートフォーカスレーザーAF
デジタルズーム約8倍
フラッシュ  LED Flash  

 

インカメラ

前面のカメラは800万画素のシングルレンズで、スクリーンフラッシュ、ポートレートモード、スポットカラー、シネマグラフといった機能にも対応しています。

概要
Primary
Camera
有効画素数8MP
撮像素子CMOS
画素サイズ1.12μm
画角
絞り値f/2.0
オートフォーカス
デジタルズーム
動画撮影 (最大)(確認中)
フラッシュ  Screen Flash  

ボディ

外観/デザイン

約6.4インチサイズ (アスペクト比19:9) の「Max Visionディスプレイ」は、フロントカメラ部分にパンチホールデザインを採用することで88%の高い画面占有率を実現し、本体サイズは約161.3 (高さ) ×75.8 (幅) ×8.95 (厚さ) mm、重量は約188gとなっています。本体カラーは「Neue Blue (ノイエブルー)」「Hologram White (ホログラムホワイト)」の2色を展開。

概要
本体カラーNeue Blue
Hologram White
防水/防塵防滴対応
サイズ 縦幅 約161.3mm
横幅約75.8mm
厚さ約8.95mm
重量   約188g   

ディスプレイ

画面/表示

約6.4インチIPS液晶ディスプレイを採用し、画面解像度は1,560×720ドット (HD+) となっています。

概要
画面サイズ    約6.4インチ  
画面比率19:9 
インカメラ部分 パンチホール式
画面占有率88%
パネル種類IPS LCD
解像度HD+
画素密度268ppi

パフォーマンス

チップセット/メインメモリー/ストレージ

上位モデルである「moto g8 plus」と同様、チップセット (SoC) には「Snapdragon 665 (SM6125)」を採用し、メインメモリ (RAM) の容量は4GB、内蔵ストレージ (ROM) の容量は64GB、外部ストレージは最大512GBのmicroSDXCカードに対応しています。

概要
SoC メーカー Qualcomm
モデルSnapdragon 665
プロセス11nm FinFET
CPUKryo 260
コア数オクタコア (8コア)
クロック最大2.0GHz
ISPSpectra 165
DSPHexagon 686
GPUAdreno 610
モデムSnapdragon X12 LTE
RAM容量4GB
規格 未確認
ROM 容量64GB
規格未確認
microSD容量最大512GB
規格 SD/SDHC/SDXC

バッテリー

容量/充電

バッテリー容量は4,000mAhとなっており、同梱のUSB充電器「10Wターボパワーチャージャー」を使用すれば、わずか15分で最長8時間分の急速充電が可能です。

バッテリー仕様
容量  4,000mAh  
駆動時間約40時間
連続通話 LTE  約3,480分
3G約1,890分
連続待受LTE約558時間
3G約565時間
急速充電TurboPower 10W
ワイヤレス充電非対応

ユーザーインターフェース

OS/UI

出荷時のOSは「Android 10」で、シンプルなユーザーインターフェース (UI)。Motorola独自の「Motoエクスペリエンス」を搭載し、簡単なジェスチャーで端末を操作できる「Motoアクション」のほか、画面を見ている間は消灯しない機能 (親切ディスプレイ) や画面OFFの時の通知を操作するといったディスプレイ操作を最適化する「Motoディスプレイ」をサポート。生体認証は、背面のロゴ部分に搭載されたセンサーによる「指紋認証」に対応しています。

 

ネットワーク (対応キャリア)

docomo回線

LTEバンドがBand 1/Band 3/Band 19/Band 28、3Gバンド (W-CDMA) がBand 1/Band 6に対応。主要な周波数帯 (バンド) をカバーし、ドコモ回線のSIMカードで問題なく利用できます。

au回線

LTEバンドがBand 1/Band 3/Band 18/Band 26/Band 28/Band 41に対応。au VoLTEもサポートしているので、au回線のSIMカードで問題なく利用できます。

SoftBank/Y!mobile回線

LTEバンドがBand 1/Band 3/Band 8/Band 28/Band 41、3Gバンド (W-CDMA) がBand 1/Band 8に対応。主要な周波数帯をカバーし、SoftBank (Y!mobile) 回線のSIMカードで問題なく利用できます。

Rakuten回線

LTEバンドがBand 3/Band 18 (auローミング)に対応し、Rakuten VoLTEをサポートしているので、楽天モバイル (RAKUTEN UN-LIMIT) のSIMカードでもできます。

DSDS/DSDV

DSDV (デュアルSIMデュアルVoLTE)に対応し、2枚のSIMカードで4G+4Gの同時待受けが可能になっています。

※2枚目のSIMカードスロットとmicroSDカードスロットは排他利用となっているので、DSDVを利用している場合はmicroSDカードを使用できません。

カラーバリエーション

本体カラーは「ノイエブルー (PAJG0000JP)」と「ホログラムホワイト (PAJG0001JP)」の2色展開となっています。

ノイエブルー

ホログラムホワイト

スペック (性能) 一覧

スペック表
メーカーMotorola Mobility
モデルmoto g8
型番XT2045
発売日2020年5月4日 (月)
販売価格22,800円 (税込)
OS/UIAndroid 10.0
ディスプレイ約6.4型 IPS液晶 (HD+)
チップセットSnapdragon 665
RAM4GB
ROM64GB
microSD最大512GB
カメラ背面16MP+8MP+2MP+TOF
前面8MP
バッテリー4,000mAh
急速充電TurboPower (10W)
ワイヤレス充電
コネクタUSB Type-C
イヤホンジャック搭載
SIMカードnanoSIM×2
DSDS/DSDVDSDV対応
CA(確認中)
通信速度DL最大150Mbps
UL最大75Mbps
BandFDD-LTE
B1/2/3/4/5/7/8/18/19/
20/26/28
TD-LTE
B38/40/41
W-CDMA
B1/2/4/5/6/8/19
GSM/EDGE
850/900/1800/1900MHz
対応キャリア4キャリア対応
VoLTE
テザリング
Wi-Fi802.11 b/g/n (2.4GHz)
BluetoothBluetooth® 5.0
測位方式GPS
A-GPS
GLONASS
GALILEO
センサー類指紋センサー
加速度センサー
照度センサー
近接センサー
ジャイロセンサー
生体認証指紋認証
ハイレゾ再生
赤外線通信
ワンセグ
NFC
おサイフケータイ
ジャイロスコープ
防水/防塵
耐衝撃
カラーノイエブルー
ホログラムホワイト
サイズ161.3×75.8×8.95mm
(高さ×横幅×厚さ)
重量約188g

moto g8/端末比較

moto g8 (モト ジーエイト) は、ミドルスペックの高コスパなAndroidスマホ。moto g8シリーズの上位モデル「moto g8 plus」や、同時発売された大容量バッテリーモデル「moto g8 power」とはどう違うのか比較します。

上位モデル「moto g8 plus」との違い

moto g8 plus (モト ジーエイト プラス) は、2020年3月20日 (金) にモトローラから発売された「moto gファミリー (第8世代)」の上位モデル。ディスプレイ解像度は2,280×1,080ドット (フルHD+) で、インカメラ部分にはパンチホール式ではなく水滴型ノッチ (切り欠き) を採用し、ベースモデル「moto g8」よりも高性能なカメラを搭載しています。

スペック表
メーカーMotorola
モデルmoto g8 plus
カメラ背面48MP+5MP+16MP+ToF
前面25MP
ディスプレイ6.3インチ (19:9)
FHD+ IPS液晶
OSAndroid 9.0
チップセットSnapdragon 665
RAM/ROM4GB/64GB
バッテリー4,000mAh
生体認証指紋認証/顔認証
ワンセグ
おサイフケータイ
防水/防塵△ (防滴)
サイズ158.4×75.8×8.27mm
重量約188g

大容量バッテリー「moto g8 power」との違い

moto g8 power (モト ジーエイト パワー) は、2020年5月4日 (月) にモトローラから発売された「moto gファミリー (第8世代)」の大容量バッテリーモデル。ディスプレイの解像度は2,300×1,080ドット (フルHD+) で、光学2倍ズームが可能なクアッドカメラシステムを採用し、5,000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

スペック表
メーカーMotorola
モデルmoto g8 power
カメラ背面16MP+2MP+8MP+8MP
前面16MP
ディスプレイ6.36インチ (19:9)
FHD+ IPS液晶
OSAndroid 10
チップセットSnapdragon 665
RAM/ROM4GB/64GB
バッテリー5,000mAh
生体認証指紋認証/顔認証
ワンセグ
おサイフケータイ
防水/防塵△ (防滴)
サイズ158.0×75.9×9.6mm
重量約197g

 

»moto gファミリー (第8世代) の端末比較の詳細はこちら

moto g8/セット販売 (MVNO)

Motorola Mobility Japan (モトローラ モビリティ ジャパン) は、moto gシリーズ (第8世代) のベースモデル「moto g8」を2020年5月4日 (月) に発売しました。トリプルカメラのほか、6.4インチ (19:9) のMax Visionディスプレイ、Snapdragon 665、4GBメモリ、64GBストレージ、4,000mAhバッテリーを搭載し、指紋認証、DSDVにも対応したミドルレンジモデル。公式オンラインストアやECサイトのほか、OCNモバイルONE (goo Simseller)、IIJmio、QTモバイルなどのMVNOからも順次に販売開始されており、SIMカードとセットなら1万円以下でも購入可能です。

キャンペーン・セール情報

<キャンペーン/セールの一覧>

  • OCNモバイルONE (終了日未定):スマホセット (端末+音声通話SIM) の価格が16,501円 (税込)になっているほか、完全かけ放題オプションの加入で端末代金を2,000円割引、のりかえで (MNP) 端末代金を13,000円割引してくれるます。
    »OCNモバイルONEのキャンペーン情報

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、NTTコミュニケーションズが提供する格安SIMサービス。人気のサブスク型音楽配信サービスがデータ消費ゼロになる「MUSICカウントフリーオプション」を追加料金0円で利用できるほか、メールアドレスや公衆無線LAN (Wi-Fiスポット) が無料で利用できる、光インターネット (OCN光, OCN for ドコモ光など) とのセット利用で月額料金が毎月200円割引になるなど、サービス内容が非常に充実しています。

2020年5月14日 (木) 11:00 より「moto g8」を販売開始し、2021年6月30日 (水) 11:00 までの期間限定セールでスマホセット (端末+音声対応SIM) の価格が15,000円 OFFになっているので、OCNモバイルONEの格安SIMとセットなら「moto g8」が1円 (税込) で購入可能です

概要
回線    docomo    
初期費用   3,733円 (税込)    
月額料金データ858円 (税込) ~
音声770円 (税込) ~
端末代金
一括払い16,501円 (税込)
分割払い目安687円 (税込) ×24回

 

»OCNモバイルONEの詳細・評判・口コミ

 

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓

BIGLOBE mobile (ビッグローブモバイル)

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは、KDDI傘下のプロバイダである「BIGLOBE (ビッグローブ)」が提供する格安SIMサービス。docomo回線とau回線のマルチキャリアに対応し、YouTubeなどの動画配信サービス、Apple Music、Spotify、YouTube Musicなどの音楽配信サービス、電子書籍配信サービス、ネットラジオなど、対象のコンテンツがデータ消費ゼロになる「エンタメフリーオプション」が月額 税込308円 (税抜280円)から利用可能になっています。

2020年6月12日 (金) より「moto g8」の販売を開始しており、現在実施中の期間限定キャンペーンでは、音声通話SIM (3GB以上) とセットで申し込むとGポイント 20,000円相当をプレゼントしてくれるので、端末代金の実質支払総額が3,872円 (税込) になるほか、月額基本料が初月無料&税込1,320円割引×6ヶ月になる、エンタメフリーオプションが最大6ヶ月間無料で利用できるといった特典が用意されています。 ⇒ 販売終了しています。

概要
回線  docomo/au  
初期費用3,733円 (税込)
月額料金データ990円 (税込) ~
音声1,068円 (税込) ~
端末代金支払総額販売終了
分割払い

 

»BIGLOBEモバイルの詳細・評判・口コミ

 

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓

QTmobile (QTモバイル)

QTモバイルは九州電力グループの「QTnet」が提供するトリプルキャリア対応の格安SIMサービス。音声通話SIMの2GBプランが月額 税込1,100円 (税抜1,000円)で利用可能になっています

概要
回線3キャリア対応
初期費用3,553円 (税込) ~
月額料金データ770円 (税込) ~
音声1,100円 (税込) ~
端末代金一括払い 25,080円 (税込) 
分割払い1,045円 (税込) ×24回

 

»QTモバイルの詳細・評判・口コミ

 

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓
【QTモバイル】(株式会社QTnet)

IIJmio (アイアイジェイミオ)

IIJmio (アイアイジェイミオ) は、インターネットイニシアティブ (IIJ) が提供する格安SIMサービス。独自SIMを発行できるフルMVNOとして多様な通信サービスを展開し、2021年4月1日 (木) より開始した新料金プラン「ギガプラン」では、eSIMが月額 税込440円 (税抜400円)、音声通話SIMが月額 税込858円 (税抜780円) から利用可能。

2021年8月31日 (水) までは新プラン「ギガプラン」の新規申込時の初期費用 (税込3,300円) が1円になるほか、他社から乗り換え (MNP) で対象のスマホが税込110円 (税抜100円)から購入できる期間限定のキャンペーンを実施しています。

概要
回線  docomo/au  
初期費用221円 (税込) ~
月額料金データ  528円 (税込) ~  
音声858円 (税込) ~
端末代金一括払い販売終了
分割払い

 

»IIJmio (アイアイジェイミオ) の詳細・評判・口コミ

 

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓
IIJmio(みおふぉん)

※IIJmio公式サイトを必ず確認してから申込をお願いいたします。
※特典やキャンペーン内容はすべてIIJmio公式サイトの内容が正となります。

mineo (マイネオ)

mineo (マイネオ) は、関西電力グループ「オプテージ」が提供するトリプルキャリア対応の格安SIMサービス。ユーザー同士で交流ができるコミュニティ「マイネ王」や、全国のユーザー同士でデータ容量をシェアする「フリータンク」など、ユニークな独自サービスを数多く展開しています。

概要
回線3キャリア対応
初期費用  3,740円 (税込)  
月額料金データ880円 (税込) ~
音声1,298円 (税込) ~
端末代金一括払い販売終了
分割払い

 

»mineo (マイネオ) の詳細・評判・口コミ

 

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓
mineo(マイネオ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました