arrows M05 (arrows RX)/レビュー


Source: “FUJITSU

arrows M05/詳細

富士通コネクテッドテクノロジーズ (FCNT) は、SIMロックフリーのAndroidスマートフォン「arrows M05 (アローズエムゼロゴ)」を発表しました。2019年12月18日 (水) より、大手家電量販店のほか、イオンモバイル、mineo (マイネオ)、IIJmio (アイアイジェイミオ) などのMVNOからも順次に販売を開始し、販売価格は3万円台になっています。

※楽天モバイルから2019年10月1日 (火) に発売された「arrows RX」も、ほとんど同じ仕様になっています。

概要

2017年7月に発売された「arrows M04」の後継モデルで、ノッチのある約5.8インチ (19:9) の液晶ディスプレイ、1,310万画素+500万画素のデュアルカメラ、Snapdragon 450 (オクタコア)、3GBメモリー、32GBストレージ、2,880mAhバッテリーを搭載し、MILスペックの耐衝撃性、防水性能 (IPX5/IPX8)、防塵性能 (IP6X)、指紋認証、ハイレゾ再生、おサイフケータイ (Felica) などに対応しています。

特徴・メリット (長所)

<特徴/メリット>

  • 背面にデュアルレンズカメラを搭載している。
  • 防水防塵 (IP65/IP68) に対応しているので、水回りや埃の多い場所でも安心して使用できる。
  • 米国国防総省の調達基準である「MIL-STD-810G」に準拠した耐衝撃 (落下) 性能を備えている。
  • スマホ初心者やシニアでも使いやすい「シンプルモード」を搭載している。
  • おサイフケータイ (Felica) に対応している。

注意点・デメリット (欠点)

<注意点・デメリット>

  • 3Dゲームをプレイするには物足りないスペック。
  • ワンセグ/フルセグには対応していない。
  • DSDS/DSDVには対応していない。
  • ACアダプタ (充電器) が付属していない。

カメラ

アウトカメラ (背面)

背面のカメラは1,310万画素 (f/2.2) +500万画素 (f/2.2) のデュアルレンズカメラ。ポートレートモードでは、一眼レフのように背景をぼかした奥行きのある写真が撮影できるほか、ボケ具合の調整も可能になっています。

概要
Primary
Camera
有効画素数   約1,310万画素  
撮像素子 CMOS
画角
F値 f/2.2
2ndary
Camera
有効画素数   約500万画素  
撮像素子 CMOS
画角
F値 f/2.2
LEDフラッシュ

インカメラ

前面のカメラは800万画素 (f/2.0) のシングルレンズカメラ。美肌補正や目線ガイドなど、自撮りに便利な機能も搭載しています。

概要
Primary
Camera
有効画素数     約800万画素   
撮像素子 CMOS
画角
F値 f/2.0
LEDフラッシュ

ボディ

外観/デザイン

ノッチ (切り欠き) のある約5.8インチの19:9縦長ディスプレイを採用し、マットな質感が心地よく手のひらに馴染むコーナーラウンドデザイン。側面はエッジ加工を施し、手から滑り落ちにくい形状になっています。MIL規格 (MIL-STD-810G) 準拠の落下試験をクリアした耐衝撃性能を備え、IPX5/IPX8準拠の防水性能、IP6X準拠の防塵性能に対応。本体カラーは「ホワイト」と「ブラック」の2色を展開しています。

概要
本体カラー Black, White
耐衝撃  MIL-STD-810G 
防水/防塵 IP65/IP68
サイズ  縦幅  約149mm
横幅 約72mm
厚さ 約8.8mm
重量 約166g

※arrows RXは「ゴールド」「ホワイト」「ブラック」の3色展開になっています。

ディスプレイ

画面/表示

約5.8インチ (アスペクト比19:9) のTFT液晶パネルを採用し、画面解像度は2,280×1,080ドット (フルHD+)。ブルーライトをカットして、目をやさしく保護する「ブルーライトカットモード」も搭載しています。

概要
画面サイズ     約5.8インチ  
画面比率 19:9
パネル種類 TFT LCD
解像度 FHD+ 
画素密度 435ppi

パフォーマンス

SoC/RAM/ROM

チップセット (SoC) にはクアルコムの「Snapdragon 450 (SDM630)」を採用し、メインメモリー (RAM) は3GB、内蔵ストレージ (ROM) は32GB、外部ストレージは最大400GBまでのmicroSDカードに対応するなど、普段使いには十分なスペックになっています。

SoC/RAM/ROM/microSD
SoC  メーカー  Qualcomm
モデル Snapdragon 450
プロセス 14nm FinFET
CPU ARM Cortex-A53
コア数 オクタコア (8コア)
クロック 最大1.8GHz
DSP Hexagon 546
GPU Adreno 506
モデム Snapdragon X9 LTE
RAM 容量 3GB
規格  LPDDR3
ROM  容量 32GB
規格 (未確認)
microSD 容量 最大400GB
規格  SD/SDHC/SDXC

バッテリー

バッテリー仕様

バッテリーの容量は2,880mAhで、最大で約19時間の連続通話 (VoLTE)、約22.5日間の連続待ち受け (LTE) が可能になっています。

バッテリー仕様
容量   2,880mAh  
急速充電
連続通話 LTE   約1,150分
3G 約960分
GSM 約980分
連続待受 LTE 約540時間
3G 約570時間
GSM 約460時間
ワイヤレス充電  非対応

ユーザーインターフェイス

OS/UI

OSは「Android 9 Pie」で、スマホ初心者やシニアでも使いやすい「シンプルモード」を搭載しています。シンプルモードは、通常のホーム画面の「シンプルモードアイコン」から設定可能で、シンプルモードに設定することで、文字やアイコンのサイズが拡大し、見やすいフォント (UD新丸ゴ) に切り替わる「はっきり文字」が有効になり、アプリや連絡先をかんたんに配置できるホーム画面「シンプルホーム」や、電話機能や連絡先 (電話帳)、メッセージを見やすくて分かりやすい操作画面で使用できる「かんたんセット」などに切り替わります。

背面に「指紋認証センサー」を搭載し、指紋の認証を行うことで、カード番号やパスワードといった個人情報を登録可能な「パーソナルノート」が簡単に呼び出すことができるほか、センサー部分をなぞるだけで拡大/縮小や縦横のスクロールを自在に操作できる機能「Exlider (エクスライダー)」にも対応。電子マネーやクーポン等として使用できる「おサイフケータイ (Felica)」の利用も可能になっています。

ネットワーク (対応キャリア)

docomo回線

ドコモ回線は、LTEバンドが [Band 1/3/19/28]、3Gバンド/W-CDMAが [Band 1/6] に対応し主要な周波数帯 (バンド) をほとんど全てカバーしているので、ドコモ回線のSIMカードを問題なく利用できます。

対応バンド (docomo)
4G LTE Band 1      〇    
Band 3
Band 19
Band 21
Band 28 
Band 42 
3G
(WCDMA) 
Band 1 
Band 6

au回線

au回線は、LTEバンドが [Band 1/26 (18) ] に対応し、高音質通話「au VoLTE」もサポートしているので、au回線のSIMカードを問題なく利用できます。

対応バンド (au)
4G LTE  Band 1      〇    
Band 11
Band 18
Band 26
Band 28
Band 41
Band 42  
VoLTE

SoftBank/Y!mobile回線

ソフトバンク (ワイモバイル) 回線のSIMカードでも通信可能ですが、プラチナバンド (Band 8) に対応していないので注意が必要です。

対応バンド (SoftBank/Y!mobile)
4G LTE Band 1      〇    
Band 3
Band 8
Band 9
Band 11
Band 28
Band 41
Band 42 
3G
(WCDMA) 
Band 1 
Band 8

カラーバリエーション (arrows M05)

arrows M05の本体カラーは、「White (ホワイト)」と「Black (ブラック)」の2色展開になっています。

ホワイト

ブラック

カラーバリエーション (arrows RX)

arrows RXの本体カラーは、楽天モバイル限定色の「Gold (ゴールド)」と「White (ホワイト)」「Black (ブラック)」の3色展開になっています。

ゴールド

ホワイト

ブラック

スペック (性能) 一覧

スペック表
メーカー 富士通 (FCNT)
モデル arrows M05
発売日 2019年12月18日 (水)
販売価格 3万円台
ディスプレイ 5.8型 TFT液晶 (FHD+)
OS Android 9.0 Pie
UI
チップセット Snapdragon 450
RAM 3GB
ROM 32GB
microSD 最大400GB
カメラ 背面 1,310万画素+500万画素
前面 800万画素
バッテリー 2,880mAh
急速充電
コネクタ USB Type-C (USB 2.0)
イヤホンジャック 搭載
SIMカード nanoSIM
DSDS/DSDV
通信速度 最大150Mbps (DL)
最大50Mbps (UL)
Band FDD-LTE
B1/3/5/12/17/18/19/26
W-CDMA
B1/5/6/19
GSM/EDGE
850/900/1800/1900MHz
VoLTE
テザリング 〇 (最大10台)
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
(2.4GHz帯/5GHz帯)
Bluetooth Bluetooth® 4.2
測位方式 GPS, A-GPS, GLONASS
センサー類 NFC/Felica
指紋センサー
加速度センサー
電子コンパス
近接センサー
ジャイロセンサー
生体認証 指紋認証
ハイレゾ再生
赤外線通信
ワンセグ
おサイフケータイ
ジャイロスコープ
Jアラート
簡易留守録
防水/防塵
耐衝撃
カラー ホワイト/ブラック
サイズ 149×72×8.8mm
重量 約166g

arrows M05/端末比較

arrows M05 (アローズエムゼロゴ) は、スマホ初心者やシニアでも使いやすいエントリークラスのAndroidスマホ。2017年に発売された前モデルの「arrows M04」や、同程度の価格帯で販売されているシャープの「AQUOS sense3 SH-M12」とはどう違うのか比較します。

前モデル「arrows M04」との違い

arrows M04 (アローズエムゼヨン) は、2017年7月に富士通コネクテッドテクノロジーズから発売されたSIMフリースマホ。HD解像度の5型 (16:9) 液晶ディスプレイ、1,310万画素リアカメラ、500万画素フロントカメラ、Snapdragon 410 (クアッドコア)、2GBメモリ、16GBストレージ、2,580mAhバッテリーを搭載し、防水/防塵 (IP65/IP68)、ワンセグ、おサイフケータイ (felica) などに対応したエントリーモデル。最新モデル「arrows M05」では、ノッチデザインの5.8型 (19:9) 液晶ディスプレイ、デュアルレンズカメラを採用するほか、チップセット、メインメモリー、ストレージ、バッテリー性能などが大幅に強化されています。

スペック表
メーカー FUJITSU (FCNT)
モデル arrows M04
カメラ 背面 13.1MP
前面 5MP
ディスプレイ 5.0インチ (16:9)
HD IPS液晶
OS Android 7.1
チップセット Snapdragon 410
RAM/ROM 2GB/16GB
バッテリー 2,580mAh
生体認証
ワンセグ
おサイフケータイ 
防水/防塵 〇 (IP65/IP68)
サイズ   144×71×8.0mm  
重量 約148g

シャープ「AQUOS sense3 SH-M12」との違い

AQUOS sense3 SH-M12 (アクオスセンススリー) は、2019年11月27日 (水) にシャープから発売されたSIMフリースマホ。人気スタンダードシリーズ「AQUOS sense」の最新モデルで、5.5型 (18:9) IGZO液晶ディスプレイ、1,200万画素+1,200万画素デュアルカメラ、800万画素フロントカメラ、Snapdragon 630、4GBメモリー、64GBストレージ、4,000mAhの大容量バッテリーを搭載し、防水/防塵 (IP65/IP68)、顔認証/指紋認証、ハイレゾ再生、おサイフケータイ (Felica)、DSDV (デュアルSIMデュアルVoLTE)、sXGP (プライベートLTE) などに対応しています。

スペック表
メーカー SHARP
モデル AQUOS sense3
SH-M12
カメラ 背面 12MP+12MP
前面 8MP
ディスプレイ 5.5インチ (18:9)
フルHD+ IGZO液晶
OS Android 9 Pie
チップセット Snapdragon 630
RAM/ROM 4GB/64GB
バッテリー 4,000mAh
生体認証 顔認証/指紋認証
ワンセグ
おサイフケータイ 
防水/防塵 〇 (IP65/IP68)
サイズ   147×70×8.9mm  
重量 約167g

»端末比較 (arrows M05 × AQUOS sense3 SH-M12) の詳細はこちら

arrows M05/セット販売 (MVNO)

富士通コネクテッドテクノロジーズは、SIMフリーのAndroidスマホ「arrows M05」を発表しました。2017年7月に発売された「arrows M04」の後継機種で、ノッチ (切り欠き) を備えた約5.8インチサイズ (縦横比 19:9) の液晶ディスプレイ、1,310万画素+500万画素のデュアルレンズカメラ、800万画素のフロントカメラ、Snapdragon 450、3GBメモリ (RAM)、32GBストレージ (ROM)、2,880mAhバッテリーを搭載し、MIL規格に準拠した耐衝撃性能、防水性能 (IPX5/IPX8)、防塵性能 (IP6X)、おサイフケータイ (Felica) などに対応したエントリーモデル。2019年12月18日 (水) より、エディオンやヨドバシカメラ、ビッグカメラといった大手家電量販店のほか、BIGLOBEモバイルやIIJmio (アイアイジェイミオ)、LIBMO (リブモ)。QTモバイルなどのMVNO (格安SIM) からも順次に販売開始し、3万円台から購入可能になっています。

キャンペーン・セール情報

<キャンペーン・セール情報>

  • BIGLOBEモバイル (~2020/3/31 23:59):音声通話SIMの3GB以上のプランとセットで申し込むと18,000円相当のGポイントがもらえるほか、月額基本料が1,200円割引 (6ヶ月間)、エンタメフリーオプションが最大6ヶ月無料で利用できる。
    »BIGLOBEモバイルのキャンペーン情報
  • IIJmio (~2020/3/31 23:59):音声通話SIMとセットで申し込むと3,000円分のギフト券をプレゼントしてくれるほか、初期費用 (3,000円) が1円、のりかえ (MNP) なら1回線につき5,000円キャッシュバック、ファミリーシェアプラン (12GB) なら6ヶ月間1,280円割引、10分かけ放題オプション (月額830円) が最大7ヶ月間無料で利用可能になっています。
    »IIJmioのキャンペーン情報
  • LINEモバイル (~2020/4/1):公式ウェブサイトでの販売価格が34,800円になっているほか、ベーシックプラン (3GB以上) と対象データフリーオプションを新規契約すると初月の月額基本料が無料&翌月の月額基本料が1,480円割引、キャンペーンコード入力でLINE Pay残高/LINEポイント 最大5,000円分をプレゼントしてくれます。
    »LINE MOBILEのキャンペーン情報

BIGLOBE mobile (ビッグローブモバイル)

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは、KDDI傘下の老舗ISP「BIGLOBE (ビッグローブ)」が提供する格安SIMサービス。docomoとauのマルチキャリアに対応し、Abema TV、U-NEXT、YouTubeなどの動画配信サービス、Amazon music、Apple Music、Spotify、YouTube Musicなどの音楽配信サービスのほか、電子書籍配信サービスやネットラジオなど、対象のコンテンツがカウントフリー (通信量にカウントしない) になる「エンタメフリー・オプション」が月額480円から利用可能になっています。

2020年1月30日 (火) より「arrows M05」を販売開始し、2020年3月31日 (火) 23:59 までの期間限定キャンペーンでは、BIGLOBEモバイルの音声通話SIM (3GB以上のプラン) とセットで申し込むと、1ポイント=1円として電子マネーなどへの交換や月額料金の支払いに利用できる「Gポイント 18,000円相当」が翌月末までに貰えるほか、月額基本料が初月無料で翌月から6ヶ月間1,200円割引になる、エンタメフリー・オプションを最大6ヶ月間無料で利用できるといった特典が用意されています。

概要
回線 docomo/au
初期費用 3,394円
月額料金 データ 900円~
音声 1,400円~
端末代金 支払総額  34,800円 (税別) 
分割払い 1,450円 (税別) ×24回

»BIGLOBEモバイルの詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓

IIJmio (アイアイジェイミオ)

IIJmio (アイアイジェイミオ) は、docomo回線/au回線のマルチキャリアに対応する格安SIMサービス。独自SIMを発行できる「フルMVNO」で、eSIM対応のデータ通信プラン「eSIMプラン (ベータ版)」をはじめ、多様な通信サービスを提供しています。

2019年12月20日 (金) 10:00 より「arrows M05」の販売を開始し、2020年3月31日 (火) 23:59 までの期間限定キャンペーンでは、音声通話SIMとセットで申し込むことで、Amazonギフト券やApp Store & iTunesコード、Google Playギフトコード、楽天Edy/EdyギフトIDなど複数の電子マネーやギフト券等から選択できる「e-GIFT 3,000円分」が貰えるほか、初期費用 (3,000円) が1円になる、他社からの乗り換え (MNP転入) なら1回線につき5,000円をキャッシュバック、ファミリーシェアプラン (12GB) なら月額基本料が1,280円割引 (6ヶ月) になる、10分かけ放題 (月額830円) が0円 (最大7ヶ月) で利用できるといった特典が用意されています。

概要
回線 docomo/au
初期費用 395円/407円
月額料金 データ 900円~
音声 1,600円~
端末代金 一括払い  32,800円 (税別) 
分割払い 1,380円 (税別) ×24回

»IIJmio (アイアイジェイミオ) の詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓
IIJmio(みおふぉん)

※IIJmio公式サイトを必ず確認してから申込をお願いいたします。
※特典やキャンペーン内容はすべてIIJmio公式サイトの内容が正となります。

LINE MOBILE (ラインモバイル)


LINE MOBILE (ラインモバイル) は、トリプルキャリアに対応したソフトバンクグループの格安SIMサービス。2020年2月19日 (水) より新プラン「ベーシックプラン」を提供開始し、全プラン「LINE」がデータ消費ゼロになるデータフリーオプション「LINEデータフリー」を追加料金0円で利用できるほか、主要SNS (LINE, Twitter, Facebook) がデータ消費ゼロになる「SNSデータフリー (+月額280円)」や、SNS (LINE, Twitter, Facebook, Inastgram) と音楽配信サービス (LINE MUSIC) がデータ消費ゼロになる「SNS音楽データフリー (+月額480円)」といったデータフリーオプションも選択可能になっています。

2019年12月20日 (金)より「arrows M05」を販売開始し、公式オンラインストアの期間限定セールで販売価格が34,800円 (分割: 1,550円×24回) となっているほか、「ベーシックプラン (3GB以上) +SNSデータフリー」または「ベーシックプラン (3GB以上) +SNS音楽データフリー」を音声通話SIMで新規契約すると、利用開始月の月額基本料が無料&利用開始翌月の月額基本料が1,480円割引になる、キャンペーンコード入力でLINE Pay残高 最大5,000円相当 または LINEポイント 最大5,000ポイント (5,000円分) が貰えるといったキャンペーンを実施しています。

概要
回線 3キャリア対応
初期費用 3,400円
月額料金 データ 600円~
音声 1,100円~
端末代金 一括払い  34,800円 (税別) 
分割払い 1,550円×24回 (税別)

»LINEモバイルの詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓

arrows RX/セット販売 (楽天モバイル)

楽天モバイルは、富士通コネクテッドテクノロジーズのAndroidスマホ「arrows RX」を2019年10月1日 (火) に販売開始しました。SIMフリーモデル「arrows M05」とほぼ同じ仕様で、販売価格は 一括: 29,819円 (税別)/分割: 1,341円 (税込) ×24回になっています。

キャンペーン/セール情報

<キャンペーン・セール情報>

楽天モバイル

楽天モバイルは、第4のキャリア (MNO) として携帯電話事業への参入も決定している「楽天グループ」が提供する格安SIMサービス。通話SIMに10分かけ放題がついて、高速通信量を使い切っても通信速度1Mbpsのデータ通信が使い放題のセットプラン「スーパーホーダイ」が楽天会員なら月額1,480円 (1年間) から利用可能なほか、月々の支払いで貯まる「楽天スーパーポイント」や、楽天市場で最大16倍のポイントが貯まる「スーパーポイントアッププログラム (SPU)」などおトクなサービスを数多く提供しています。

概要
回線 docomo/au
初期費用 3,394円/3,406円
月額料金 データ 525円~
音声 1,250円~
端末代金 一括払い 29,819円 (税込)
分割払い 1,366円 (税込) ×24回

»楽天モバイルの詳細・評判・口コミ

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする