PR

motorola edge 40 neo/レビュー

記事内に広告が含まれています。

モトローラのミドルレンジモデル motorola edge40 neo

Motorola Mobility Japanは、5G対応のAndroidスマートフォン「motorola edge 40 neo」を発表しました。5,000万画素のデュアルカメラ、144Hz駆動の有機ELディスプレイ、ステレオスピーカー、5,000Ahバッテリーを搭載するほか、防水防塵やおサイフケータイに対応したミドルレンジモデル。2024年5月24日 (金) に発売し、公式オンラインストアの販売価格は5万4,800円 (税込) となっています。

Source: “Motorola Mobility Japan”

motorola edge40 neo/概要

motorola edge 40 neoのカメラ性能

スペック概要

motorola edge 40 neo (モトローラ エッジ フォーティ ネオ) は、edge 40シリーズの廉価モデル。

背面は5,000万画素 (メイン) +1,300万画素 (120°広角/マクロ) のデュアルレンズカメラ、光学式手ブレ補正 (OIS) に対応。前面のパンチホールには3,200万画素のインカメラを搭載。

約6.55インチの有機ELディスプレイを採用し、画面解像度は2,400×1,080ピクセル、最大144Hzのリフレッシュレートに対応。。Dolby Atmos対応のステレオスピーカーも内蔵されています。

チップセット (SoC) はTSMCの6nmプロセスで製造されたDimensity 7030、8GBメモリー、256GBストレージ を搭載。5,000mAhの大容量バッテリーは68Wの急速充電をサポート。

防水防塵 (IP68)、顔認証、指紋認証 (画面内)、Wi-Fi 6、eSIMなどにするほか、おサイフケータイ (FeliCa) も利用可能になっています。

特徴・メリット (長所)

  • 光学式手ブレ補正 (OIS) を搭載した5,000万画素デュアルカメラ。
  • 4K動画撮影にも対応した3,200万画素の高解像度インカメラ。
  • 144Hz駆動に対応した6.55インチの有機ELディスプレイ。
  • Dolby Atmos対応のステレオスピーカーを搭載している。
  • 本体ボディはIP68相当の防水防塵に対応している。
  • 最大36時間の駆動が可能な大容量バッテリーを搭載している。
  • 急速充電 (68WターボPOWER) によって15分で約50%充電できる。
  • モバイルSuicaなどのおサイフケータイ機能 (FeliCa) が利用できる。

注意点・デメリット (欠点)

  • ワイヤレス充電は利用できない。
  • ドコモ5Gの4.5GHz帯 (n79) には対応していない。
  • 外部ストレージ (microSDカード) は利用できない。
  • 3.5mmイヤホンジャックは搭載していない。
  • ドコモ5Gの4.5GHz帯 (n79) には対応していない。

スペック一覧

スペック表
メーカー Motorola Mobility
モデル motorola edge 40 neo
型番 XT2307-3
発売日 2024年5月24日 (金)
販売価格 5万4,800円 (税込)
カメラ 背面 50MP + 13MP
前面 32MP
動画撮影 背面 4K UHD 30fps, FHD 60/30fps
前面 4K UHD 30fps, FHD 30fps
OS Android 13
ディスプレイ サイズ 6.55インチ
縦横比 20:9
画面占有率 90.2%
パネル種類 pOLED
解像度 2,400×1,080 (FHD+)
画素密度 402ppi
リフレッシュレート 144Hz
タッチサンプリングレート 360Hz
カバーガラス Corning Gorilla Glass 3
チップセット
(SoC)
メーカー MediaTek
モデル Dimensity 7030
CPU 2x ARM Cortex-A78 (2.5GHz)
6x ARM Cortex-A55 (2.0GHz)
NPU MediaTek APU 550
GPU Mali-G610 MP3
メインメモリ
(RAM)
容量 8GB
規格 LPDDR4X
ストレージ
(ROM)
容量 256GB
規格 uMCP
microSD 非対応
バッテリー 容量 5,000mAh
急速充電 68W TurboPower
ワイヤレス充電 非対応
コネクタ USB Type-C
イヤホンジャック なし
SIMカード nanoSIM, eSIM
DSDS 対応
CA
通信速度 受信時
送信時
Band 5G NR n1, n2, n3, n5, n7, n8, n20, n28,
n38, n40, n41, n66, n77, n78
4G LTE B1, B2, B3, B4, B5, B7, B8, B12, B13, B17,
B18, B19, B20, B25, B26, B28, B32, B38,
B39, B40, B41, B42, B43, B48, B66
3G B1, B2, B4, B5, B8
対応キャリア docomo, au, SoftBank
VoLTE
テザリング
Wi-Fi Wi-Fi 6E (2.4GHz/5GHz/6GHz)
Bluetooth Bluetooth® 5.3
測位方式 GPS, A-GPS, Galileo, Glonass
センサー類 NFC, FeliCa, 指紋センサー (画面内),
電子コンパス, 加速度計, 環境照度センサー,
近接センサー, ジャイロセンサー
生体認証 指紋認証
指紋認証
ワンセグ/フルセグ ー/ー
FMラジオ
NFC/FeliCa 〇/〇
カラー Caribbean Blue, Black Beauty
Caribbean
Blue
防水/防塵 IPX8/IP6X
本体サイズ 約159.63×71.99×7.89mm
重量 約172g
Black
Beauty
防水/防塵 IPX8/IP6X
本体サイズ 約159.63×71.99×7.79mm
重量 約170g

motorola edge40 neo/販売情報

どこで購入するのが1番安い?最安値は?

Motorola Edge40シリーズの最新モデル「motorola edge 40 neo」は、公式オンラインショップでは5万4,800円 (税込) ですが、IIJmioの格安SIMとセットなら最安値1万9,800円 (税込) から購入可能です

購入価格一覧 (税込)
MOTO STORE 54,800円
MNO 新規契約
のりかえ
サブブランド 新規契約
のりかえ
IIJmio 新規契約 53,700円
のりかえ 19,800円

IIJmio

IIJの格安SIMサービス

サービス概要

IIJmio (アイアイジェイミオ) は、docomo回線とau回線のマルチキャリアに対応した格安SIMサービス。2024年3月に改定した新料金プラン「ギガプラン」は、音声通話SIM/eSIMの5GBプランが月額990円 (税込)、30GBプランが月額2,700円 (税込) で利用可能。公式サイトでは、音声通話SIM/eSIMの20GB以下のプランが6ヶ月間 440円割引、音声通話SIM/eSIMの30GB以上のプランが3ヶ月間 5GB増量&半額、かけ放題オプションが6ヶ月間 410円割引 (税込) になるキャンペーンを開催しているほか、光ネット「IIJmioひかり」とのセット割も用意されています。

音声通話プラン 料金表 (税込)
初期費用 eSIM 3,733円 (docomo)/3,520円 (au)
SIM 3,733円 (docomo)/3,746円 (au)
月額料金 2GB 850円
5GB 990円
10GB  1,500円
15GB 1,800円
20GB 2,000円
30GB 2,700円
40GB 3,300円
50GB 3,900円
セット割 (IIJmioひかり) 660円割引
かけ放題 5分/回 +500円
10分/回 +700円
無制限 +1,400円
最低利用期間  なし 
契約解除料 0円
IIJmio (アイアイジェイミオ)
老舗ISPのIIJが提供するマルチキャリアに対応した高品質な格安SIM/格安スマホ。eSIM (データ通信専用) が月額165円、音声通話SIMが月額850円から利用可能。口コミや評判、キャンペーン、おすすめ情報、メリット・デメリットなどをまとめて詳しく解説しています。

発売日/端末価格

2023年7月21日 (金) 10時 に「motorola edge 40」を発売し、新規番号を取得して「ギガプラン」の音声通話SIM/eSIMとセットで申し込むと53,700円 (税込)、他社からの乗り換え (MNP) で「ギガプラン」の音声通話SIM/eSIMとセットで申し込むと19,800円 (税込) で購入できます。

端末価格 (税込)
新規契約 一括払い 53,700円
24回払い 2,245円×24回
のりかえ
(MNP)
一括払い  19,800円
24回払い 826円×24回

※IIJmio公式サイトを必ず確認してから申込をお願いいたします。
※特典やキャンペーン内容はすべてIIJmio公式サイトの内容が正となります。

motorola edge 40 neoとmotorola edge 40の違いを比較

motorola edge 40 neoとmotorola edge 40

概要

motorora edge40シリーズの「motorola edge 40 neo」は、5,000万画素デュアルカメラ、3,200万画素のインカメラ、144Hz駆動の有機ELディスプレイ、ステレオスピーカー、Dimensity 7030、8GBメモリー、256GBストレージ、68W急速充電対応の5,000mAhバッテリーを搭載し、防水防塵 (IP68)、おサイフケータイなどに対応したミドルレンジモデル。2023年7月発売の「motorola edge 40」とではどの様に違うのか比較します。

スペック表

スペック一覧
モデル motorola edge40 neo motorola edge40
メーカー Motorola Motorola
発売日 (国内) 2024年5月 2023年7月
価格 (税込) 54,800円 64,800円
カメラ 背面 50MP+13MP 50MP+13MP
前面 32MP 32MP
ディスプレイ 6.55型 pOLED (FHD+) 6.55型 pOLED (FHD+)
初期OS Android 13 Android 13
SoC Dimensity 7030 Dimensity 8020
RAM 8GB 8GB
ROM 256GB 256GB
外部ストレージ 非対応 非対応
バッテリー 5,000mAh 4,400mAh
急速充電 68W 68W
ワイヤレス充電 非対応 対応
コネクタ USB Type-C USB Type-C
SIMカード nanoSIM, eSIM nanoSIM, eSIM
DSDS DSDV対応 DSDV対応
対応通信
5G通信
4G通信
3G通信
Wi-Fi Wi-Fi 6E対応 Wi-Fi 6対応
Bluetooth 5.3 5.2
テザリング
イヤホンジャック
スピーカー ステレオ ステレオ
防水防塵 IP68 IP68
生体認証 指紋, 顔 指紋, 顔
おサイフケータイ
サイズ 高さ 約159.6mm 約158.4mm
横幅 約72.0mm 約72.0mm
厚さ 約7.8mm/約7.9mm 約7.6mm
重量 約170g 約171g

主な違い

  • チップセット (SoC)
    »motorola edge40 neoはMediaTekの「Dimensity 7030」ですが、motorola edge40にはMediaTekの「Dimensity 8020」が採用されており、チップセット (SoC) は「motorola edge40」の方が性能が高くなっています。
  • バッテリー
    »どちらも68W急速充電に対応し、バッテリーの容量は「motorola edge40 neo」の方が600mAh多いですが、「motorola edge40」はワイヤレス充電に対応しています。
  • 販売価格
    »公式オンラインストアの販売価格は「motorola edge40 neo」の方が1万円安くなっています。

公式オンラインショップの販売価格を比較

モトローラの公式オンラインショップ (moto store) では、motorola edge 40 neoを5万4,800円 (税込)、motorola edge 40を6万4,800円 (税込) で販売しています。

購入価格 (税込)
edge 40 neo 一括払い 64,800円
分割払い
edge 40 一括払い 64,800円
分割払い

IIJmioの販売価格を比較

IIJmioサプライサービスでは、motorola edge 40 neo を5万3,700円 (税込)、motorola edge 40を4万9,800円 (税込) で販売しているほか、他社からの乗り換え (MNP) で「ギガプラン」の音声通話SIM/音声eSIMとセットで申し込むと、どちらも1万9,800円 (税込) で購入可能です。

購入価格 (税込)
edge 40 neo 一括払い 53,700円/19,800円
分割払い 2,245円×24回/826円×24回
edge 40 一括払い 49,800円/19,800円
分割払い 2,076円×24回/826円×24回

※IIJmio公式サイトを必ず確認してから申込をお願いいたします。
※特典やキャンペーン内容はすべてIIJmio公式サイトの内容が正となります。

どちらの方がオススメ?

どちらも、5,000万画素デュアルカメラや144駆動の有機ELディスプレイ、ステレオスピーカーなどを搭載し、おサイフケータイ (FeliCa) や防水防塵にも対応していますが、より高性能なチップセットやワイヤレス充電に対応している点を重視するなら「motorola edge 40」、コストパフォーマンス重視なら「motorola edge 40 neo」がオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました