OPPO Reno A (オッポ リノ エー)/レビュー


Source: “OPPO JAPAN

OPPO Reno A 詳細

OPPO JAPAN (オッポジャパン) は、2019年10月18日 (金) にSIMフリースマホ「OPPO Reno A」を発売しました。販売価格は35,800円 (税別) で、大手のECサイトや家電量販店のほか、OCNモバイルONE、mineo、IIJmio、LinksMate、LINEモバイルなどのMVNO (格安SIM) でも取り扱いをしています。

※楽天モバイル限定仕様の「OPPO Reno A 128GB」は、2019年10月8日 (火) に販売開始しています。

概要

「いろいろと余裕のスマホ」というコンセプトを基に開発された、日本市場向けのオリジナルモデル。ティアドロップ型ノッチを採用する6.4インチ有機ELディスプレイ、AIデュアルレンズカメラ、2,500万画素の高性能フロントカメラ、Snapdragon 710、6GBメモリー、64GBストレージ、3,600mAhバッテリーを搭載し、ハイレゾ再生、防水/防塵 (IP67)、ディスプレイ内指紋認証、顔認証、おサイフケータイ (Felica)、DSDVに対応したミドルハイクラスのスマートフォンです。

特徴・メリット

<特徴/メリット>

  • ミドルハイスペックで3万円台から購入可能な高コスパスマホ。
  • 背面にAIデュアルレンズカメラを搭載している。
  • 前面に2,500万画素の高性能なカメラを搭載している。
  • 水滴型ノッチを採用した、FHD+解像度の有機ELディスプレイ
  • 6.4インチの大画面ながら、持ちやすいコンパクトなボディ。
  • IP67準拠の防水防塵に対応しているので、雨の日でも安心して使用できる。
  • ハイレゾ音源の再生に対応している。
  • ディスプレイ指紋認証と顔認証に対応している。
  • おサイフケータイ (Felica) に対応している。

注意点・デメリット

<注意点/デメリット>

  • OPPO独自の急速充電 (VOOC 3.0)には対応していない。
  • ワイヤレス充電には対応していない。
  • ワンセグ/フルセグには対応していない。
  • microSDカードを使用している場合は「DSDV (デュアルSIMデュアルVoLTE)」による同時待受ができない。

カメラ

アウトカメラ

背面のカメラは、1,600万画素 (F値1.7) +200万画素 (F値2.4/深度測定用) のデュアルレンズカメラ。人物、ペット、風景、食べ物など、AIが自動で22のシーンや被写体を判別し、最適な設定に調整してくれる「AI認識機能」のほか、一眼レフのように背景をぼかした写真が撮影できる「A.I.ポートレートモード」に対応。「ダズルカラーモード」では、薄暗い色や鈍い色、露出オーバーなどをAIが認識してピクセルレベルで補正を行い、自然な色合いや明るさを再現します。

カメラ (背面)
Primary  有効画素数   約1,600万画素 
センサー Sony IMX398
F値 f/1.7
2ndary 有効画素数  約200万画素 
センサー depth sensor
F値 f/2.4
動画撮影 4K UHD 30fps
FHD 30fps
HD 30fps
デジタルズーム 最大10倍
LEDフラッシュ

インカメラ

前面のカメラは、SONY製の積層型CMOSイメージセンサー「IMX576」を採用し、有効画素数が約2,500万画素となっています。AIが顔の特徴を296ものポイントで正確にキャプチャし、独自アルゴリズムが顔を分析して800万パターンの美顔データから最適な補正を行う 「A.I.ビューティー機能」によって、ナチュラルで美しいセルフィーが撮影可能。インカメラの「ポートレートモード」にも対応しています。

カメラ (背面)
Primary  有効画素数   約2,500万画素 
センサー Sony IMX576
F値 f/2.0
動画撮影 FHD 30fps
HD 30fps
デジタルズーム
LEDフラッシュ

ボディ

外観/デザイン

ティアドロップ型 (水滴型) のノッチを備えた、アスペクト比19.5:9のワイドディスプレイ。ベゼルレスなデザインで91%の画面占有率を実現し、約6.4インチの大画面ながらもコンパクトサイズ。人間工学に基づき立体的に湾曲し、手によくフィットするデザインで、操作性にも優れています。

前面のスクリーンを覆うカバーガラスには、耐傷性に優れた強化ガラス「Gorilla Glass 5」を採用。IP6X準拠の防水性能、IPX7準拠の防塵性能を備え、雨の日でも安心して使用することができます。

角度によって光の反射が変化する、多層コーティングされた背面パネル。本体カラーは、太陽に照らされた海面をモチーフにした美しい3Dグラデーションカラーの「Blue (ブルー)」と、スタイリッシュで高級感のある「Black (ブラック)」の2色展開になっています。

ボディ
素材 前面  Gorilla Glass 5 
背面  ガラス素材?
防水/防塵 IP67
本体カラー Blue, Black
サイズ  縦幅  約158.4mm
横幅 約75.4mm
厚さ 約7.8mm
重量 約169.5g

Corning Gorilla Glass

多くのスマートフォンに採用されているCorning社の強化ガラス。第5世代の「Gorilla Glass 5 (ゴリラガラス5)」は、1.6mの高さからアスファルトのような荒れた地面に落としたとき、80%程度の割合で傷や割れがない程度の強度を備えています。

防水/防塵

一時的に一定水圧の条件で水没しても端末内部に水が浸入しない「IPX7 (防浸形)」準拠の防水性能、粉塵が端末内部に侵入しない「IP6X (耐塵形)」準拠の防塵性能を備えています。

ディスプレイ

画面/表示

インカメラ部分に水滴型ノッチ (切り欠き) を採用した、約6.4インチサイズ (縦横比 19.5:9) の有機ELディスプレイ。画面解像度はフルHD+ (1,080×2,340ドット) となっていて、動画やゲームなどのコンテンツを高い没入感で楽しむことができます。

ディスプレイ
サイズ  約6.4インチ
アスペクト比  19.5:9
画面占有率 91%
パネル種類 AMOLED
(有機EL)
解像度 FHD+
 (1080×2340ドット) 
画素密度 403ppi
表示色 1600万色

パフォーマンス

SoC/RAM/ROM

チップセット (SoC) にはQualcomm社の「Snapdragon 710 (SDM710)」を採用し、メインメモリ (RAM) の容量は6GB、内蔵ストレージ (ROM) の容量は64GB、外部ストレージは最大256GBのmicroSDXCカードに対応しています。

Snapdragon 710は、10nmプロセスルール (LPP) で製造を行い、CPUコアはCortex-A75ベース「Kryo 360 Gold (2.2GHz/2コア)」とCortex-A55ベース「Kryo 360 Silver (1.7GHz/6コア)」によるbig.LITTLE構成のオクタコアとなっていて、GPUコアには「Adreno 616」を採用するほか、DSP「Hexagon 685」、ISP「Spectra 250」、LTEモデム「Snapdragon X15 LTE」などを統合したミドルハイクラスのSoC。3Dゲームもある程度は快適にプレイできる性能を備えています。

SoC/RAM/ROM/microSD
SoC  メーカー  Qualcomm
モデル Snapdragon 710
プロセス 10nm FinFET LPP
CPU Kryo 360
コア数 オクタコア (8コア)
クロック 最大2.2GHz
ISP Spectra 250
DSP Hexagon 685
GPU Adreno 616
モデム Snapdragon X15 LTE
RAM 容量 6GB
規格  未確認
ROM  容量 64GB
規格 未確認
microSD 容量 最大256GB
規格  SD/SDXC

※楽天モバイル版には128GBストレージ (ROM) が搭載されています。

バッテリー

容量/駆動時間

バッテリーの容量は3,600mAhで、最大で約21時間の連続通話 (LTE)、約300日間の連続待受けを可能にしています。

バッテリー仕様
容量    3600mAh   
急速充電
連続通話  VoLTE  約21時間 
3G 約24時間
GSM 約30時間
連続待受 LTE 約300時間
3G 約300時間
GSM 約300時間
ワイヤレス充電  非対応

ユーザーインタフェース

OS/UI

Android 9.0をベースにカスタマイズされた独自UI「ColorOS 6」を採用しています。ホーム画面は、インストールしたアプリがすべてホーム画面に表示される「標準モード」と、ドロワーで表示される「ドロワーモード」が選択可能。

ゲームに最適なパフォーマンスを設定し、通知やネットワークも管理する「ゲームスペース」のほか、タップの反応速度を高速化する「タッチブースト」や、カクツキを抑えてスムーズな画面表示を可能にする「フレームブースト」といった機能を備え、ゲームプレイを快適にする「ゲームブースト 2.0」にも対応しています。

生体認証は、従来機種 (R17 Pro) と比較して認証速度が28.5%向上した「ディスプレイ指紋認証」のほか、インカメラによる「顔認証」が利用可能。日本独自の規格である「Felica (おサイフケータイ)」にも対応しています。

ネットワーク (対応キャリア)

docomo回線

ドコモ回線は、LTEバンドが [Band 1/3/19/28]、3Gバンド/W-CDMAが [Band 1/6] に対応し主要な周波数帯 (バンド) をほとんど全てカバーしているので、格安SIM (MVNO) を含むドコモ回線のSIMカードを問題なく利用できます。

対応バンド (docomo)
4G LTE Band 1      〇    
Band 3
Band 19
Band 21
Band 28 
Band 42 
3G
(WCDMA) 
Band 1 
Band 6
VoLTE

au回線

au回線は、LTEバンドが [Band 1/18/26/28/41] に対応し、「au VoLTE」もサポートしているので、格安SIMを含むau回線のSIMカードを問題なく利用できます。

対応バンド (au)
4G LTE  Band 1      〇    
Band 11
Band 18
Band 26
Band 28
Band 41
Band 42  
VoLTE

SoftBank/Y!mobile回線

ソフトバンク (ワイモバイル) 回線は、LTEバンドが [Band 1/3/8/28]、3Gバンド/W-CDMAが [Band 1/8] に対応し、主要な周波数帯をほとんど全てカバーしているので、格安SIMを含めたソフトバンク (ワイモバイル) 回線のSIMカードを問題なく利用できます。

対応バンド (SoftBank/Y!mobile)
4G LTE Band 1      〇    
Band 3
Band 8
Band 9
Band 11
Band 28
Band 41
Band 42 
3G
(WCDMA) 
Band 1 
Band 8
VoLTE

DSDS/DSDV

DSDV (デュアルSIMデュアルVoLTE) に対応し、2枚のSIMカードで4G+4Gの同時待受けが可能。メインに設定したSIMカード以外の発着信でも「VoLTE」による高音質通話を利用できます。なお、2枚目のSIMカードスロットとmicroSDカードスロットは排他利用となっているので、microSDカードを使用している場合はDSDVを利用できません。

カラーバリエーション

ブルー

Reno_A_blue

Blue

ブラック

Reno_A_Black

Black

スペック (性能) 一覧

スペック表
メーカー OPPO
モデル Reno A
型番 CPH1983
発売日 2019年10月18日 (金)
販売価格 35,800円 (税別)
ディスプレイ 約6.4型 FHD+ 有機EL
(Corning Gorilla Glass 5)
OS Android 9.0 Pie
UI ColorOS 6
チップセット Snapdragon 710
RAM 6GB
ROM 64GB(/128GB)
microSD 最大256GB
カメラ 背面 1600万画素+200万画素
前面 2500万画素
バッテリー 3600mAh
急速充電
ワイヤレス充電
コネクタ USB Type-C
OTG 対応
イヤホンジャック 搭載
SIMカード nanoSIM×2
DSDS/DSDV DSDV対応
CA 対応
通信速度
(理論値)
最大600Mbps (受信時)
最大150Mbps (送信時)
Band FDD-LTE
B1/2/3/4/5/7/8/12/18/19
/26/28
TD-LTE
B38/39/40/41
W-CDMA
B1/2/4/5/6/8/19
GSM/EDGE
850/900/1800/1900MHz
VoLTE docomo
au
Y!mobile
Rakuten
テザリング 対応 (最大10台)
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
(2.4GHz帯/5GHz帯)
Bluetooth Bluetooth® 5.0
測位方式 GPS
A-GPS
GLONASS
GALILEO
BeiDou
センサー類 NFC/Felica
加速度センサー
磁気センサー
光センサー
近接センサー
ジャイロセンサー
指紋センサー (画面内)
生体認証 指紋認証/顔認証
ハイレゾ再生
赤外線通信
ワンセグ
おサイフケータイ
ジャイロスコープ
防水/防塵 〇 (IP67)
カラー ブルー/ブラック
サイズ 158.4×75.4×7.8mm
重量 約169.5g

OPPO Reno A/販売情報

OPPO JAPAN (オッポジャパン) は、2019年10月18日 (金) にSIMロックフリーのAndroidスマホ「OPPO Reno A」を発売しました。大画面6.4インチの有機ELディスプレイ、AIデュアルカメラ、2,500万画素インカメラ、Snapdragon 710、6GBメモリー (RAM)、64GBストレージ (ROM)、3,600mAhバッテリーを搭載するほか、防水/防塵、ディスプレイ指紋認証、顔認証、ハイレゾ再生、おサイフケータイ (Felica)、4キャリアVoLTE、DSDVに対応したミドルハイスペックモデル。OCNモバイルONE (goo Simseller)、エキサイトモバイル、IIJmio、リンクスメイト、LINEモバイルなどのMVNO (格安SIM) でも販売開始しており、2~3万円台で購入可能になっています。

※楽天モバイル限定仕様の「OPPO Reno A 128GB」は、2019年10月8日 (火) に販売開始しています。

キャンペーン/セール情報

<キャンペーン・セール情報>

  • OCNモバイルONE (終了日未定):スマホセット (端末+音声通話SIM) の価格が、オプション加入で最大3,000円OFF、他社乗り換え (MNP) なら5,000円OFFになります。
    »OCNモバイルONEのキャンペーン情報
  • IIJmio (~2019/12/2):音声SIMとセットで申し込むと5,000円分のギフト券をプレゼントしてくれます。
    »IIJmioのキャンペーン情報
  • LINEモバイル (~2019/12/2):公式サイトにて29,800円 (6,000円OFF) で販売していて、音声通話SIMで対象プランを新規契約すると月額基本料が5ヶ月間半額になるほか、5,000円分のLINEポイント/LINE Pay残高をプレゼントしてくれるキャンペーンを実施中。
    »LINE MOBILEのキャンペーン情報

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、NTTコミュニケーションズが提供する格安SIM・格安スマホ。AWAやSpotify、Amazon Music、LINE MUSICといった、人気のサブスク型音楽配信サービスがカウントフリーになる「MUSICカウントフリーオプション」を追加料金なしで利用できるほか、公衆無線LANサービス (Wi-Fiスポット) が無料、メールアドレスがもらえる、かけ放題が通話スタイルに応じて選べるなど、充実したサービス内容となっています。

「OPPO Reno A」のスマホセット (端末+音声対応SIM) を27,000円で販売中で、指定のオプションサービス (あんしんモバイルパック or 10分かけ放題&マイセキュア) への同時加入で最大3,000円割引、他社からの乗り換え (MNP転入) で契約なら5,000円割引になるので、最新モデルの「OPPO Reno A」を1万円台から購入可能です。

概要
回線 docomo
初期費用 3,394円
月額料金 データ 900円~
音声 1,600円~
端末代金
一括払い  27,000円 (税別) 
分割払い

カウントフリー対象

音楽配信サービス:Amazon Music (Amazon Music Unlimited/Amazon Prime Music), ANiUTa, AWA, dヒッツ, Google Play Music, LINE MUSIC, RecMusic(レコチョクBest) , Spotify, ひかりTV ミュージック,

»OCNモバイルONEの詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓

IIJmio (アイアイジェイミオ)

IIJmio (アイアイジェイミオ) は、株式会社インターネットイニシアティブが提供する、マルチキャリア (docomo回線/au回線) 対応の格安SIMサービス。加入者管理機能 (HLR/HSS) を持ち、独自のSIMを発行できる「フルMVNO」であり、個人向けのeSIM対応データ通信サービス「eSIMプラン (ベータ版)」や、IoT向けのSIMサービス「IIJmio IoTサービス」など、多様な通信サービスを提供しています。

2019年10月18日 (金) ~ 2019年12月2日 (月) まで発売記念キャンペーンを実施中で、音声SIM (みおふぉん/ケータイプラン) とセットで申し込むと、Amazonギフト券やGoogle Playギフトコードなど複数の電子マネーやギフト券等から選択できる「e-GIFT (5,000円分)」をプレゼントしてくれます。

概要
回線 docomo/au
初期費用 3,394円/3,406円
月額料金 データ 900円~
音声 1,600円~
端末代金 一括払い  34,000円 (税別) 
分割払い 1,500円 (税別) ×24回

»IIJmio (アイアイジェイミオ) の詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓
IIJmioみおふぉん

LINE MOBILE (ラインモバイル)


LINE MOBILE (ラインモバイル) は、トリプルキャリアに対応した格安SIMサービス。LINEがデータフリー (カウントフリー) で月額500円から利用可能な「LINEフリー」のほか、LINE・Twitter・Facebook・InastgramのSNSがデータフリーになる「コミュニケーションフリー」や、SNSに加えてLINE MUSICもカウントフリーで利用できる「MUSIC+」といった3種類のプランを提供しています。

2019年11月1日 (金) 11:00 ~2019年12月2日 (月) 10:59 まで期間限定セールで、公式ウェブサイトにて「OPPO Reno A」を29,800円 (6,000円OFF) で販売するほか、対象プラン (コミュニケーションフリー/MUSIC+) の音声通話SIMを新規契約すると、月額基本料が5ヶ月間半額になるのにくわえLINEポイント 5,000ポイント または LINE Pay残高 5,000円相当をプレゼントしてくれるキャンペーンを実施中です。

概要
回線 3キャリア対応
初期費用 3,400円
月額料金 データ 500円~
音声 1,200円~
端末代金 支払総額  29,800円 (税別) 
分割払い 1,320円×24回 (税別)

カウントフリー対象

LINEフリープラン (月額500円~):LINE
コミュニケーションフリープラン (月額1,110円~):LINE, Twitter, Facebook, Instagram
MUSIC+プラン (月額1,810円~):LINE, Twitter, Facebook, Instagram, LINE MUSIC

»LINEモバイルの詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓

楽天モバイル (128GBモデル)

楽天モバイルでは、第4のキャリア (MNO) として携帯電話事業への参入も決定している「楽天グループ」が提供する格安SIMサービス。通話SIMに10分かけ放題がついて、高速通信量を使い切っても通信速度1Mbpsのデータ通信が使い放題のセットプラン「スーパーホーダイ」が月額1,480円 (1年間) から利用可能なほか、月々の支払いで貯まる「楽天スーパーポイント」や、楽天市場で最大16倍のポイントが貯まる「スーパーポイントアッププログラム (SPU)」など魅力的なサービスを数多く提供しています。

概要
回線 docomo/au
初期費用 3,394円/3,406円
月額料金 データ 525円~
音声 1,250円~
端末代金 一括払い 35,273円 (税別)
分割払い 1,616円 (税込) ×24回

»楽天モバイルの詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする