OPPO A5 2020 (オッポ エー ファイブ ニーゼロニーゼロ) レビュー


Source: “OPPO JAPAN

OPPO A5 2020/詳細

OPPO JAPAN (オッポジャパン) は、SIMフリーのAndroidスマホ「OPPO A5 2020」を2019年11月1日 (金) に発売すると発表しました。販売価格は26,800円 (税別) で、大手の家電量販店やECサイトのほか、UQモバイル、楽天モバイル、OCNモバイルONE (goo Simseller)、エキサイトモバイル、BIGLOBEモバイル、IIJmio (アイアイジェイミオ)、LINEモバイル、リンクスメイトなどのMVNO (格安SIM) でも順次販売を開始します。

※楽天モバイルでは12月上旬の発売予定となっています。

概要

画角119°の超広角撮影が可能なクアッドカメラ、AIビューティー機能に対応した1,600万画素フロントカメラ、6.5インチの水滴型ノッチスクリーン、Snapdragon 665、4GBメモリー、64GBストレージ、リバース充電に対応した5,000mAhの大容量バッテリー、デュアルステレオスピーカーを搭載するほか、ハイレゾ再生、Dolby Atmos、指紋認証、顔認証、DSDVなどに対応したミドルレンジモデルのスマートフォンです。

特徴・メリット

<特徴/メリット>

  • 1~2万円台で購入可能になっていて、コストパフォーマンスが高い。
  • 背面に4眼カメラ (クアッドカメラ) を搭載している。
  • 119°超広角レンズによって、狭い場所で大人数の集合写真、風景や建物など、広範囲を撮影できる。
  • 水滴型ノッチを採用した、6.5インチ (縦横比 20:9) の大画面ディスプレイ
  • リバース充電機能に対応した5,000mAhの大容量バッテリーを搭載している。
  • ハイレゾ音源の再生に対応しているので、スマートフォンで高音質な音楽を楽しむことができる。
  • 高精度な指紋認証と顔認証に対応している。
  • DSDV (デュアルSIMデュアルVoLTE) に対応し、2枚のSIMカードで4G+4Gの同時待受が可能
  • microSDとDSDVが同時に利用できるトリプルスロット仕様になっている。

注意点・デメリット

<注意点・デメリット>

  • 防水には対応していない。
  • 端末の重量が約195gで少し重い。
  • ディスプレイ解像度はHD+ (1600×720) で低い。
  • OPPO独自の急速充電 (VOOC 3.0) には対応していない。
  • ワンセグ/フルセグには対応していない。
  • おサイフケータイ (Felica) に対応していない。

カメラ

アウトカメラ (リアカメラ)

背面のカメラは、1,200万画素のメインレンズ、800万画素の超広角レンズ、200万画素のモノクロレンズ、200万画素のポートレートレンズを備えたクアッドカメラ。画角119°の超広角撮影、一眼レフのような背景ぼかし、陰影を強調した写真が撮影可能。HDRとマルチフレームテクノロジーで夜景も明るくキレイに撮影できる「ウルトラナイトモード2.0」を搭載するほか、電子式手ブレ補正 (EIS)、A.I.テクノロジー、ジャイロセンサを組み合わせた「ビデオ手ブレ補正」に対応し、ブレを抑えて安定した動画撮影を実現しています。

カメラ (背面)
Primary  有効画素数   約1,200万画素 
画素サイズ 1.25μm
F値 f/1.8
2ndary 有効画素数  約800万画素 
画素サイズ 1.12μm
F値 f/2.25
3rdary 有効画素数  約200万画素 
画角 1.75μm
F値 f/2.4
4thly 有効画素数 約200万画素
画素サイズ 1.75μm
F値 f/2.4
動画撮影 4K UHD 30fps
1080p FHD 30fps
720p HD 30fps
LEDフラッシュ

インカメラ

前面のカメラには約1,600万画素CMOSセンサーとF値2.0のレンズを採用し、800万パターンの美顔データから最適な補正を行う 「A.I.ビューティー機能」によって、ナチュラルで美しいセルフィーが撮影可能になっています。

カメラ (前面)
Primary  有効画素数   約1,600万画素 
画素サイズ 1.12μm
F値 f/2.0
動画撮影 1080p FHD 30fps
720p HD 30fps
LEDフラッシュ

ボディ

外観/デサイン

ティアドロップ型 (水滴型) ノッチを採用した、アスペクト比20:9のワイドディスプレイ。ベゼルレスなデザインで画面占有率は89.3%に達し、約6.5インチサイズの大画面を実現しています。ボディは、人間工学に基づき手に馴染みやすい、立体的な曲面カットデザイン。”自然” にインスパイアされたグラデーションカラーで、「Blue (ブルー)」と「Green (グリーン)」の2色を展開しています。

ボディ
画面サイズ     約6.5インチ (20:9)
防水
防塵 IP5X (防塵形)*
本体カラー Blue, Green
サイズ  縦幅  約163.6mm
横幅 約75.6mm
厚さ 約9.1mm
重量 約195g

※IP5X (防塵形):動作に影響をおよぼす以上の粉塵が内部に入らない防塵性能。

ディスプレイ

画面/表示

約6.5インチサイズのIPS液晶ディスプレイを採用し、解像度は720×1,600ドット (HD+)。強い日差しの下でも画面を色鮮やかに表示するほか、ブルーライトを軽減することで目の疲労を防ぎます。

ディスプレイ
サイズ     約6.5インチ   
アスペクト比  20:9
画面占有率 89.3%
パネル種類 IPS液晶
解像度 HD+
画素密度 270ppi
表示色 1600万色

パフォーマンス

SoC/RAM/ROM

チップセット (SoC) にはQualcomm社の「Snapdragon 665 (SM6125)」を採用し、メインメモリ (RAM) の容量は4GB、内蔵ストレージ (ROM) の容量は64GB、外部ストレージは最大256GBのmicroSDXCカードに対応しています。

「Snapdragon 665」は、11nmプロセスルールで製造を行い、CPUコアはCortex-A73ベース「Kryo 260 Gold (2.0GHz/4コア)」と、Cortex-A53ベース「Kryo 260 Silver (1.8GHz/4コア)」によるbig.LITTLE構成のオクタコアで、GPUコアには「Adreno 610」を採用するほか、DSP「Hexagon 686」、ISP「Spectra 165」、LTEモデム「Snapdragon X12 LTE」などを統合したミドルハイクラスのSoC。

タップの反応速度を高速化する「タッチブースト」や、カクツキを抑えてスムーズな画面表示を可能にする「フレームブースト」といった機能を備えた「Game Boost 2.0 (ゲームブースト 2.0)」に対応。軽めの3Dゲームなら問題なくプレイできる性能を備えています。

SoC/RAM/ROM/microSD
SoC  メーカー  Qualcomm
モデル Snapdragon 665
型番 SM6125
プロセス 11nm FinFET
CPU Kryo 260
コア数 オクタコア (8コア)
クロック 最大2.0GHz
ISP Spectra 165
DSP Hexagon 686
GPU Adreno 610
モデム Snapdragon X12 LTE
RAM 容量 4GB
規格  LPDDR4X
ROM  容量 64GB
規格 UFS 2.1
microSD 容量 最大256GB
規格 SD/SDXC

バッテリー

バッテリー容量/リバース充電

大容量の5,000mAhバッテリーを搭載し、HD動画を11時間以上連続して視聴可能。「リバース充電機能」に対応しているので、OTGケーブル (別売) で接続すれば、モバイルバッテリーとして他のデバイスへ給電することもできます。

バッテリー仕様
容量    5,000mAh   
連続通話時間 約1,980分
連続待受時間 約450時間
充電規格 5V/2A
充電時間 約180分
ワイヤレス充電  ×
リバース充電

オーディオ

サウンド

本体に搭載した「デュアルステレオスピーカー」で迫力あるサウンドを再生可能。イヤホン使用時には「Dolby Atmos (ドルビーアトモス)」や「Hi-Res (ハイレゾ)」を楽しむことができるほか、FMラジオチューナーも搭載しています。

「Dolby Atmos」は、Dolby Laboratoryが開発したバーチャルサラウンド技術。ヘッドホンやイヤホンで映画館のように臨場感あふれる3Dサウンドを体験することができます。

ユーザーインタフェース

OS/UI

Android 9.0をベースにカスタマイズされた独自UI「ColorOS 6.0.1」を採用しています。ホーム画面は、インストールしたアプリがすべてホーム画面に表示される「標準モード」と、ドロワーで表示される「ドロワーモード」の2種類。スマートアシスト、ナビゲーションジェスチャーのほか、オンラインストレージ「OPPO Cloud」が利用可能。生体認証は、背面に搭載された指紋センサーによる「指紋認証」と、インカメラの「顔認証」に対応しています。

ネットワーク (対応キャリア)

docomo回線

ドコモ回線は、LTEバンドが [Band 1/3/19/28]、3Gバンド/W-CDMAが [Band 1/6] に対応し主要な周波数帯 (バンド) をほとんど全てカバーしているので、格安SIM (MVNO) を含むドコモ回線のSIMカードを問題なく利用できます。

対応バンド (docomo)
4G LTE Band 1      〇    
Band 3
Band 19
Band 21
Band 28 
Band 42 
3G
(WCDMA) 
Band 1 
Band 6

au回線

au回線は、LTEバンドが [Band 1/18/26/28/41] に対応し、「au VoLTE」もサポートしているので、格安SIMを含むau回線のSIMカードを問題なく利用できます。

対応バンド (au)
4G LTE  Band 1      〇    
Band 11
Band 18
Band 26
Band 28
Band 41
Band 42  
VoLTE

SoftBank/Y!mobile回線

ソフトバンク (ワイモバイル) 回線は、LTEバンドが [Band 1/3/8/28]、3Gバンド/W-CDMAが [Band 1/8] に対応し、主要な周波数帯をほとんど全てカバーしているので、格安SIMを含めたソフトバンク (ワイモバイル) 回線のSIMカードを問題なく利用できます。

対応バンド (SoftBank/Y!mobile)
4G LTE Band 1      〇    
Band 3
Band 8
Band 9
Band 11
Band 28
Band 41
Band 42 
3G
(WCDMA) 
Band 1 
Band 8

DSDS/DSDV

DSDV (デュアルSIMデュアルVoLTE) に対応し、2枚のSIMカードで4G+4Gの同時待受けが可能。メインに設定したSIMカード以外の発着信でも「VoLTE」による高音質通話を利用できます。また、microSDカードスロットが独立したトリプルスロット仕様なので、microSDカードとDSDVの同時利用も可能です。

カラーバリエーション

ブルー

Blue

グリーン

Green

スペック (性能) 一覧

スペック表
メーカー OPPO
モデル A5 2020
型番 CPH1943
発売日 2019年11月1日 (金)
販売価格 26,800円 (税別)
ディスプレイ IPS液晶
約6.5インチ (20:9)
720×1600ドット (HD+)
OS Android 9.0 Pie
UI ColorOS 6.0.1
チップセット Snapdragon 665
RAM 4GB
ROM 64GB
microSD 最大256GB
カメラ 背面 1600万画素+800万画素
+200万画素+200万画素
前面 1600万画素
バッテリー 5000mAh
急速充電
ワイヤレス充電
コネクタ USB Type-C (USB 2.0)
OTG 対応
イヤホンジャック 搭載
SIMカード nanoSIM×2
DSDS/DSDV DSDV対応
CA 対応
通信速度
(理論値)
最大400Mbps (受信時)
Band FDD-LTE
B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20
/26/28
TD-LTE
B38/39/40/41
W-CDMA
B1/2/4/5/6/8/19
GSM/EDGE
850/900/1800/1900MHz
VoLTE docomo
au
Y!mobile
Rakuten
テザリング
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
(2.4GHz帯/5GHz帯)
Bluetooth Bluetooth® 5.0
測位方式 GPS
A-GPS
GLONASS
GALILEO
BeiDou
センサー類 NFC (Type-A/Type-B)
加速度センサー
磁気センサー
光センサー
近接センサー
ジャイロセンサー
指紋センサー (背面)
生体認証 指紋認証/顔認証
ハイレゾ再生
赤外線通信
ワンセグ
おサイフケータイ
ジャイロスコープ
Jアラート
防水
防塵 〇 (IP5X)
カラー ブルー/グリーン
サイズ 163.6×75.6×9.1mm
重量 約195g

OPPO A5 2020/販売情報

OPPO JAPAN (オッポジャパン) は、SIMフリーのAndroidスマホ「OPPO A5 2020」を2019年11月1日 (金) に発売しました。119°超広角撮影が可能な4眼カメラや、5,000mAhの大容量バッテリーを搭載した、コスパの高いミドルレンジモデル。UQモバイル、楽天モバイル、OCNモバイルONE (goo Simseller)、BIGLOBEモバイル、エキサイトモバイル、LINEモバイル、IIJmio、リンクスメイトなどのMVNO (格安SIM) でも順次販売を開始し、1~2万円台で購入可能になっています。

キャンペーン/セール情報

<キャンペーン・セール情報>

  • OCNモバイルONE (終了日未定):スマホセット (端末+音声通話SIM) の販売価格が19,000円で、のりかえ (MNP) なら5,000円割引、指定オプションの加入で3,000円割引になります。
    »OCNモバイルONEのキャンペーン情報
  • LINEモバイル (~2020/4/1):公式ウェブサイトでの販売価格が32,800円になっているほか、ベーシックプラン (3GB以上) と対象データフリーオプションを新規契約すると初月の月額基本料が無料&翌月の月額基本料が1,480円割引、キャンペーンコード入力でLINE Pay残高 最大5,000円相当またはLINEポイント 最大5,000円分プレゼント。
    »LINE MOBILEのキャンペーン情報
  • BIGLOBEモバイル (~2020/3/31 23:59):音声通話SIMの3GB以上のプランとセットで申し込むとGポイントで17,500円相当還元してくれるほか、月額基本料が1,200円割引 (6ヶ月間)、エンタメフリーオプションが最大6ヶ月無料で利用できる。
    »BIGLOBEモバイルのキャンペーン情報
  • IIJmio (~2020/3/31 23:59):音声通話SIMとセットで申し込むと3,000円分のギフト券をプレゼントしてくれるほか、初期費用 (3,000円) が1円、のりかえ (MNP) なら1回線につき5,000円キャッシュバック、ファミリーシェアプラン (12GB) なら6ヶ月間1,280円割引、10分かけ放題 (月額830円) が最大7ヶ月0円で利用可能になっています。
    »IIJmioのキャンペーン情報
  • LIBMO (終了日未定):SIMカードとセット購入で月額利用料金から300円割引×24ヶ月 (合計7,200円割引) してくれるほか、限定キャンペーンで月額基本料が400円割引 (6ヵ月間)、音声通話SIMの契約解除料が0円になります
    »LIBMO (リブモ) のキャンペーン情報

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、NTTコミュニケーションズが提供する格安SIM・格安スマホ。AWA、Amazon Music、RecMusic、LINE MUSIC、Spotifyといった人気の定額制音楽配信サービスがカウントフリーになる「MUSICカウントフリーオプション」を追加料金なしで利用できるほか、公衆無線LAN (Wi-Fiスポット) が無料、メールアドレスがもらえる、かけ放題が通話スタイルに応じて選べるなど、充実したサービス内容となっています。

カウントフリー対象

音楽配信サービス: Amazon Music (Amazon Music Unlimited, Amazon Prime Music), ANiUTa, AWA, dヒッツ, Google Play Music, LINE MUSIC, RecMusic(レコチョクBest) , Spotify, ひかりTV ミュージック

2019年10月30日 (水) より「OPPO A5 2020」の販売受付を開始し、スマホセット (端末+音声対応SIM) の価格は19,000円、指定のオプションサービス (あんしんモバイルパック: 月額640円) に加入すると3,000円割引、他社からの乗り換え (MNP転入) なら5,000円割引 (合計で最大8,000円OFF) をしてくれます。

概要
回線 docomo
初期費用 3,394円
月額料金 データ 900円~
音声 1,600円~
端末代金
一括払い  19,000円 (税別) 
分割払い

»OCNモバイルONEの詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓

LINE MOBILE (ラインモバイル)


LINE MOBILE (ラインモバイル) は、トリプルキャリアに対応したソフトバンクグループの格安SIMサービス。2020年2月19日 (水) より新プラン「ベーシックプラン」を提供開始し、全プラン、SNSアプリ「LINE」がデータフリー (通信量にカウントしない) になる「LINEデータフリー」を追加料金0円で利用できるほか、主要SNS (LINE, Twitter, Facebook) がデータフリーになる「SNSデータフリー」や、SNS (LINE, Twitter, Facebook, Inastgram) と音楽 (LINE MUSIC) がデータフリーになる「SNS音楽データフリー」といったオプションも選択可能になっています。

カウントフリー対象 (データフリーオプション)

LINEデータフリー (+月額0円) : LINE
SNSデータフリー (+月額280円~) : LINE, Twitter, Facebook, Inastgram
SNS音楽データフリー (+月額480円) : LINE, Twitter, Facebook, Inastgram, LINE MUSIC

音声通話SIMで「ベーシックプラン (3GB以上) +SNSデータフリー」または「ベーシックプラン (3GB以上) +SNS音楽データフリー」を新規契約すると利用開始月の月額基本料が無料&利用開始翌月の月額基本料が1,480円割引になるほか、キャンペーンコード入力でLINE Pay残高 5,000円相当 または LINEポイント 5,000ポイント (5,000円分) が貰えるなどのキャンペーンを実施中。2020年4月1日 (水) 10:59 までの期間限定セールでは、公式オンラインストアにおいて「OPPO A5 2020」の販売価格が19,800円 (分割: 880円×24回) になってます

概要
回線 3キャリア対応
初期費用 3,400円
月額料金 データ 500円~
音声 1,200円~
端末代金 支払総額 19,800円 (税別)
分割払い  880円×24回 (税別) 

»LINEモバイルの詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓

BIGLOBE mobile (ビッグローブモバイル)

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは、KDDI傘下の老舗ISP「BIGLOBE (ビッグローブ)」が提供する格安SIMサービス。docomoとauのマルチキャリアに対応し、Abema TV、U-NEXT、YouTubeなどの動画配信サービス、Amazon music、Apple Music、Spotify、YouTube Musicなどの音楽配信サービスのほか、電子書籍配信サービスやネットラジオなど、対象のコンテンツがカウントフリー (通信量にカウントしない) になる「エンタメフリー・オプション」が月額480円から利用可能になっています。

カウントフリー対象 (エンタメフリー・オプション)

動画配信サービス: Abema TV, U-NEXT, YouTube, YouTube Kids
音楽配信サービス: Amazon music (Prime Music, Music Unlimited), Apple Music, AWA, dヒッツ, Google Play music, LINE MUSIC, RecMusic (旧レコチョクBest), Spotify, YouTube Music, 楽天ミュージック
電子書籍配信サービス: dマガジン, dブック, 楽天kobo, 楽天マガジン
ネットラジオ: radiko.jp, NHKラジオ らじる★らじる

2020年3月31日 (火) 23:59 までの期間限定キャンペーンでは、音声通話SIM (3GB以上のプラン) とセットで申し込むと電子マネーなどへの交換や月額料金の支払いに利用できる「Gポイント 17,500円相当」サービス開始月の翌月に貰えるほか、月額基本料が初月無料で翌月から1,200円割引 (6ヶ月間) になるエンタメフリー・オプションを最大6ヶ月間無料で利用できるといった特典が用意されています。

概要
回線 docomo/au
初期費用 3,394円
月額料金 データ 900円~
音声 1,400円~
端末代金 支払総額  26,640円 (税別) 
分割払い 1,110円 (税別) ×24回

»BIGLOBEモバイルの詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓

IIJmio (アイアイジェイミオ)

IIJmio (アイアイジェイミオ) は、インターネットイニシアティブが提供する格安SIM。加入者管理機能 (HLR/HSS) を持ち、独自のSIMを発行できる「フルMVNO」であり、eSIM対応データ通信サービス「eSIMプラン (ベータ版)」や、IoT向けSIMサービス「IIJmio IoTサービス」など、多様な通信サービスを提供しています。

2020年3月31日 (火) までの期間限定で、音声SIM (みおふぉん/ケータイプラン) とセットで申し込むと、Amazonギフト券やGoogle Playギフトコードなど複数の電子マネーやギフト券等から選択できる「e-GIFT (3,000円分)」をプレゼントしてくれるほか、新規申込時の初期費用が3,000円 ⇒ 1円になる他社からの乗り換え (MNP) なら1回線につき5,000円 (5回線で最大25,000円) をキャッシュバックファミリーシェアプラン (12GB) の申し込みなら月額基本料が1,280円割引×6ヶ月間になる10分かけ放題オプション (月額830円) が0円×最大7ヶ月間で利用できるといった特典が用意されています。

概要
回線 docomo/au
初期費用 395円/407円
月額料金 データ 900円~
音声 1,600円~
端末代金 一括払い  24,800円 (税別) 
分割払い 1,050円 (税別) ×24回

»IIJmio (アイアイジェイミオ) の詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓
IIJmioみおふぉん

※IIJmio公式サイトを必ず確認してから申込をお願いいたします。
※特典やキャンペーン内容はすべてIIJmio公式サイトの内容が正となります。

LIBMO (リブモ)

LIBMO (リブモ)

LIBMO (リブモ) は、TOKAIコミュニケーションズが提供する格安SIMサービス。新規申込で音声通話SIMの月額基本料が6ヶ月間600円割引になる「音声サポートプログラム」や、端末のセット購入で月額利用料から24ヶ月間300円割引 (合計7,200円) してくれる「端末購入サポート」、光インターネットとのセット利用で月額基本料が最大300円割引になる「SIM×光 セット割」など、数多くの割引サービスやキャンペーンを実施しています。

LIBMOにおける「OPPO A5 2020」の販売価格は26,400円 (分割: 1,100円×24回) ですが、下記のキャンペーンサイトから申し込むと実質19,200円 (分割: 800円×24回) で購入できるのにくわえ、月額基本料が6ヶ月間400円割引になる「当ページ限定キャンペーン」が適用されるほか、音声通話SIMの解約時 (1年以内) に発生する契約解除料 9,500円を免除してくれます。

概要
回線 docomo
初期費用 3,000円
月額料金 データ 480円~
音声 1,180円~
端末代金 支払総額  26,400円 (税別) 
分割払い 1,100円 (税別) ×24回

»LIBMO (リブモ) の詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓
LIBMO

LinksMate (リンクスメイト)


LinksMate (リンクスメイト) は、サイバーエージェントの系列会社のロジックリンクスが提供するゲームプレイヤーのための格安SIMサービス。ゲームやコンテンツ、SNSなどの通信量のカウントが90%以上OFFになる「カウントフリーオプション (月額500円)」や、ゲームと連携したサービスを提供しているのが大きな特徴です。

概要
回線 docomo
初期費用 3,400円
月額料金 データ 500円~
音声 1,100円~
端末代金 一括払い  26,000円 (税別) 
分割払い 1,300円 (税別) ×24回

»LinksMate (リンクスメイト) の詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする