AQUOS sense3 SH-M12 (アクオスセンススリー)/レビュー


Source: “SHARP

AQUOS sense3 SH-M12/詳細・概要

SHARP (シャープ) は、Androidスマートフォン「AQUOS sense3」のSIMフリーモデルとなる「AQUOS sense3 SH-M12」を発表しました。2019年11月27日 (水) より、大手家電量販店やECサイトのほか、goo Simseller (OCNモバイルONE)、IIJmio、mineo、LINEモバイルなどのMVNOからも順次に販売開始し、販売価格は市場想定価格で3万円台となっています。

※UQ mobileでは、2019年秋冬モデルとして「AQUOS sense3」を2019年11月8日 (金) より販売開始していて、公式オンラインストアで23,760円 (税込) から購入可能になっています。

概要

Androidスマートフォン「AQUOS sense」シリーズの最新機種で、5.5インチ (縦横比 18:9) IGZOディスプレイ、1,200万画素 (標準) +1,200万画素 (広角) のデュアルカメラ、800万画素のフロントカメラ、Snapdragon 630 (オクタコア)、4GBメモリー (RAM)、64GBストレージ (ROM)、4,000mAhの大容量バッテリーを搭載し、MILスペックの耐衝撃性能、防水性能 (IPX5/IPX8)、防塵性能 (IP6X)、指紋認証、顔認証、ハイレゾ再生、おサイフケータイ (Felica) に対応するなど必要十分な機能を備えたスタンダードモデル。SIMフリー版「AQUOS sense3 SH-M12」では、DSDV (デュアルSIMデュアルVoLTE) やsXGP (プライベートLTE) にも対応しています。

キャリアモデルとSIMフリーモデルの違い

シャープのAndroidスマホ「AQUOS sense3」は、SIMフリーモデルのほか、ドコモ、au、UQモバイルといったキャリア向けのモデルが発売されています。基本的なスペックに大きな違いはありませんが、キャリアモデルではSIMカードスロットがシングルであったのに対して、SIMフリーモデル「AQUOS sense3 SH-M12」はデュアルスロットで、4G+4Gの同時待受けが可能な「DSDV (デュアルSIMデュアルVoLTE)」に対応するほか、自営通信用のTD-LTE規格である「sXGP」をサポートしています。

特徴・メリット (長所)

<特徴/メリット>

  • 2万円台で購入可能なコスパの高いミドルレンジモデル。
  • 片手でも持ちやすいコンパクトなボディ。
  • 121°の超広角撮影に対応したデュアルカメラを搭載している。
  • MIL規格 (MIL-STD-810H) に準拠した耐衝撃性能を備えている。
  • 水回りでも安心して使用できるIP65/IP68準拠の防水防塵に対応。
  • 省エネ性能に優れた「IGZOディスプレイ」を搭載している。
  • 4,000mAhの大容量バッテリーを搭載している。
  • ハイレゾ音源 (WAV/FLAC) の再生に対応している。
  • 高音質コーデック「aptX HD」をサポートしている。
  • 生体認証は「指紋認証」と「顔認証」に対応している。
  • おサイフケータイ (Felica) に対応している。
  • DSDV (デュアルSIMデュアルVoLTE) に対応し、2枚のSIMカードで4G+4G同時待受が可能になっている

注意点・デメリット (欠点)

<注意点・デメリット>

  • 重い3Dゲームをプレイするには少し物足りないスペック。
  • ワンセグ/フルセグには対応していない。
  • UQモバイル版は充電器が同梱されていない。
  • UQモバイル版はDSDS/DSDVには対応していない。

カメラ

アウトカメラ

背面のカメラには1,200万画素 (標準) +1,200万画素 (広角) のデュアルレンズカメラを採用し、大型ピクセルサイズのイメージセンサーによって薄暗い場所でも鮮明な画像を撮影できるほか、画角121°の超広角撮影が可能になっています。

電子式手ブレ補正 (EIS) に対応し、被写体のブレを抑制する画像処理エンジン「ProPix2 (プロピクス2)」を搭載。人、犬、猫、料理、花、夕景など、9種類のシーンや被写体をAIが認識して最適な設定に自動で調整する「AIオート」や、約15秒のBGM付きダイジェストムービーを自動で作成する「AIライブストーリー」のほか、GoogleのARプラットフォーム「ARCore (ARコア)」に対応し、ポケモンGOの「AR+」も利用可能になっています。

アウトカメラ
Primary
Camera
有効画素数  約1200万画素  
撮像素子CMOS (裏面照射型)
画角83°
F値f/2.0
2ndary
Camera
有効画素数  約1200万画素  
撮像素子CMOS (裏面照射型)
画角121°
F値f/2.2
動画撮影 (最大)4K UHD

インカメラ

前面のカメラは800万画素のイメージセンサーとF値2.2のレンズ (焦点距離23mm相当)。美肌や小顔、色合い、明るさ、目の大きさの5つの補正効果をファインダーで確認しながら調整できる「AQUOS beauty (アクオスビューティ)」のほか、フラッシュとして画面全体が発光する「セルフィーフラッシュ」や、インカメラによる背景ぼかしにも対応しています。

インカメラ
Primary
Camera
有効画素数  約800万画素  
撮像素子CMOS (裏面照射型)
画角86°
F値f/2.2
動画撮影 (最大)1080p FHD

ボディ

外観/デザイン

前モデル (AQUOS sense2) と同様に18:9ワイドディスプレイを採用し、5.5インチの大画面ながらも持ちやすいコンパクトなボディ。背面から側面までを一体化したバスタブ構造で、高さ1.22mから鋼板に製品を26方向で落下させる耐衝撃 (落下) 試験など、アメリカ国防総省が制定するMIL規格 (MIL-STD-810H) に準拠した19項目の耐久試験をクリア。キャップレス防水構造を採用し、IPX5/IPX8準拠の防水性能、IP6X準拠の防塵性能に対応。ノイズの少ないIGZOディスプレイとタッチパネルの最適な感度調整によって、画面が水に濡れても快適な操作を実現しています。

アルマイト処理を施し、アルミの質感が保たれた高級感のある仕上がり。本体カラー (SIMフリー版) は「Light Copper (ライトカッパー)」「Silver White (シルバーホワイト)」「Black (ブラック)」の3色を展開しています。

※docomo版 (AQUOS sense3 SH-02M) では「Light Copper」「Black」「Silver White」「Deep Pink」の4色展開となっています。
※au版 (AQUOS sense3 SHV45) では「Light Copper」「Black」「Silver White」「Soft Pink」の4色展開になっています。
※UQモバイル版では「Light Copper」「Silver White」の2色展開となっています。

ボディ
ボディ素材  アルミニウム  
耐衝撃MIL-STD-810H
防水/防塵IP65/IP68
サイズ 縦幅 約147mm
横幅約70mm
厚さ約8.9mm
重量約167g

ディスプレイ

画面/表示

約5.5インチサイズのIGZO液晶パネルを採用し、解像度はフルHD+ (2,160×1,080ドット)。シャープ独自の高画質化技術「リッチカラーテクノロジーモバイル」によって写真や動画をリアルで鮮やかに表現するほか、標準画質の動画コンテンツをHDR画質のようなコントラストで楽しめる「バーチャルHDR」にも対応しています。

ディスプレイ
サイズ   約5.5インチ  
アスペクト比 18:9
パネル種類IGZO TFT LCD
解像度フルHD+ 
画素密度439ppi

パフォーマンス

SoC/RAM/ROM

チップセット (SoC) にはクアルコムの「Snapdragon 630 (SDM630)」を採用し、メインメモリは4GB、内蔵ストレージは64GB、外部ストレージは最大512GBのmicroSDXCカードに対応。高負荷な3Dゲームを快適にプレイするには少し物足りないですが、普段使いには十分なスペックになっています。

SoC/RAM/ROM/microSD
SoC メーカー Qualcomm
モデルSnapdragon 630
プロセス14nm FinFET
CPUARM Cortex-A53
コア数オクタコア (8コア)
クロック最大2.2GHz
ISPSpectra 160
DSPHexagon 642
GPUAdreno 508
モデムSnapdragon X12 LTE
RAM容量4GB
規格 LPDDR4X
ROM 容量64GB
規格(確認中)
microSD容量最大512GB
規格 SD/SDHC/SDXC

バッテリー

バッテリー仕様/急速充電

内部基板のサイズを25%小型化することで、持ちやすい本体サイズのまま搭載した4,000mAhの大容量バッテリー。省エネ性能に優れた「IGZOディスプレイ」と大容量バッテリーによって、最長1週間の電池持ちを実現し、連続20時間のHD動画再生が可能。充電によるバッテリーの劣化を抑える「インテリジェントチャージ」にも対応しています。

バッテリー仕様
容量  4,000mAh  
急速充電USB PD対応
充電時間約170分
(SH-AC05使用時)
連続通話 VoLTE 約2,680分
3G約2,330分
GSM約2,680分
連続待受LTE約850時間
3G約960時間
GSM約850時間
ワイヤレス充電 非対応

ユーザーインターフェイス

OS/UI

出荷時のOSは「Android 9 Pie」で、発売日から2年間 (最大2回) のOSバージョンアップに対応。ホーム画面はアイコンサイズが統一されて見やすい「AQUOS Home 」と、アイコンが大きく見やすい「AQUOS かんたんホーム」の2種類。シャープ独自の音声アシスタント「エモパー 10.1」を搭載し、ニュースや天気など、シーンに応じてタイミング良く役立つ情報を教えてくれるほか、人の顔を検知してくるっと振り向く充電台「ロボクル (別売)」に対応しています。

スマホ初心者でも使いやすい「かんたんモード」のほか、自動で画面をスクロールする「スクロールオート」、端末を持ち上げると自動で画面をONにする「持つと画面点灯」や、持っている間は画面が消えない「Bright Keep」、周囲から画面を見えにくくする「のぞき見ブロック (ベールビュー)」などの便利機能を搭載。生体認証は前面に配置されたセンサーによる「指紋認証」とインカメラによる「顔認証」に対応。Felicaポートを搭載し、おサイフケータイも利用可能になっています。

ネットワーク (対応キャリア)

docomo回線

ドコモ回線は、LTEバンドが [Band 1/3/19]、3Gバンド/W-CDMAが [Band 1/6] に対応し主要な周波数帯 (バンド) をほとんど全てカバーしているので、格安SIM (MVNO) を含むドコモ回線のSIMカードを問題なく利用できます。

対応バンド (docomo)
4G LTEBand 1     〇    
Band 3
Band 19
Band 21
Band 28 
Band 42 
3G
(WCDMA) 
Band 1 
Band 6

au回線

au回線は、LTEバンドが [Band 1/18/41] に対応し、「au VoLTE」もサポートしているので、格安SIMを含むau回線のSIMカードを問題なく利用できます。

対応バンド (au)
4G LTE Band 1     〇    
Band 11
Band 18
Band 26
Band 28
Band 41
Band 42  
VoLTE

SoftBank/Y!mobile回線

ソフトバンク (ワイモバイル) 回線は、LTEバンドが [Band 1/3/8]、3Gバンド/W-CDMAが [Band 1/8] に対応し、主要な周波数帯をほとんど全てカバーしているので、格安SIMを含めたソフトバンク (ワイモバイル) 回線のSIMカードを問題なく利用できます。

対応バンド (SoftBank/Y!mobile)
4G LTEBand 1     〇    
Band 3
Band 8
Band 9
Band 11
Band 28
Band 41
Band 42 
3G
(WCDMA) 
Band 1 
Band 8

DSDS/DSDV

DSDV (デュアルSIMデュアルVoLTE) に対応し、2枚のSIMカードで4G+4Gの同時待受けが可能。メインに設定したSIMカード以外の発着信でも「VoLTE」による高音質通話を利用できます。

カラーバリエーション

ライトカッパー

Light Copper

シルバーホワイト

Silver White

ブラック

Black

スペック (性能) 一覧

スペック表
メーカーSHARP
モデルAQUOS sense3
型番SH-M12
発売日2019年11月27日 (水)
販売価格2~3万円台
ディスプレイ約5.5インチ IGZO液晶
1080×2160ドット (FHD+)
OSAndroid 9.0 Pie
UI
チップセットSnapdragon 630
RAM4GB
ROM64GB
microSD最大512GB
カメラ背面1200万画素+1200万画素
前面800万画素
バッテリー4000mAh
急速充電USB Power Delivery
ワイヤレス充電
コネクタUSB Type-C
イヤホンジャック搭載
SIMカードnanoSIM×2
DSDS/DSDVDSDV対応
CA対応
通信速度最大350Mbps (DL)
最大75Mbps (UL)
BandFDD-LTE
B1/3/5/8/12/17/18/19
TD-LTE
B39/41
W-CDMA
B1/5/6/8/19
GSM/EDGE
850/900/1800/1900MHz
対応キャリアdocomo
au
SoftBank
VoLTE
テザリングWi-Fi: 10台
Bluetooth: 4台
USB: 1台
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac
(2.4GHz帯/5GHz帯)
BluetoothBluetooth® 5.0
測位方式GPS
A-GPS
GLONASS
GALILEO
BeiDou
センサー類NFC
Felica
指紋センサー
加速度センサー
電子コンパス
照度センサー
近接センサー
ジャイロセンサー
生体認証指紋認証/顔認証
ハイレゾ再生
赤外線通信
ワンセグ
おサイフケータイ
ジャイロスコープ
Jアラート
簡易留守録
防水/防塵IP65/IP68
耐衝撃MIL-STD-810G
カラーライトカッパー
シルバーホワイト
ブラック
サイズ147×70×8.9mm
(高さ×横幅×厚さ)
重量約167g

AQUOS sense3 SH-M12/セット販売 (MVNO)

SHARP (シャープ) は、SIMフリーのAndroidスマホ「AQUOS sense3 SH-M12」を発表しました。人気のスタンダードシリーズ「AQUOS sense」の第3世代で、5.5インチのIGZOディスプレイ、121°の超広角撮影が可能なデュアルレンズカメラ、4,000mAhの大容量バッテリーを搭載し、MIL規格に準拠した耐衝撃性能、防水性能 (IPX5/IPX8)、防塵性能 (IP6X)、指紋認証、顔認証、ハイレゾ音源の再生、おサイフケータイ (Felica) に対応したミドルレンジモデル。2019年11月27日 (水) より、大手家電量販店やECサイトのほか、OCNモバイルONE、IIJmio、LINEモバイルなどのMVNO (格安SIM) からも順次に販売開始しています。

キャンペーン・セール情報

<キャンペーン・セール情報>

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、NTTコミュニケーションズが提供する格安SIM/格安スマホ。AWA、Amazon Music、dヒッツ、LINE MUSIC、RecMusic、Spotifyといった人気の定額制音楽配信サービスがカウントフリーになる「MUSICカウントフリーオプション」を追加料金なしで利用できるほか、メールアドレスや公衆無線LANサービス (Wi-Fiスポット) が無料、光インターネット「OCN光」とのセット利用で税込220円割引になるなどサービス内容が非常に充実。2021年4月1日 (木) より開始の「新料金プラン」では、音声対応SIMの1GBコースが月額 税込770円 (税抜700円)で利用可能になっています。

2019年11月25日 (月) より「AQUOS sense3 SH-M12」を販売開始し、2021年6月30日 (水) 11:00 までの期間限定セールでスマホセット (端末+音声対応SIM) の価格が15,000円OFFになっているので、OCNモバイルONEの格安SIMとセットなら「AQUOS sense3 SH-M12」が4,290円 (税込)で購入可能です

概要
回線docomo
初期費用3,733円 (税込)
月額料金データ858円 (税込) ~
音声770円 (税込) ~
端末代金
一括払い4,290円 (税込)
分割払い目安178円 (税込) ×24回

 

»OCNモバイルONEの詳細・評判・口コミ

 

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓

BIGLOBE mobile (ビッグローブモバイル)

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは、KDDI傘下の老舗ISP「BIGLOBE (ビッグローブ)」が提供する格安SIMサービス。docomoとauのマルチキャリアに対応し、Abema TV、U-NEXT、YouTubeなどの動画配信サービス、Amazon music、Apple Music、Spotify、YouTube Musicなどの音楽配信サービスのほか、電子書籍配信サービスやネットラジオなど、対象のコンテンツがカウントフリー (通信量にカウントしない)になる「エンタメフリー・オプション」が月額 税込308円 (税抜280円)から利用可能になっています。

概要
回線docomo/au
初期費用3,733円 (税込)
月額料金データ990円 (税込) ~
音声1,078円 (税込) ~
端末代金支払総額   販売終了   
分割払い

 

»BIGLOBEモバイルの詳細・評判・口コミ

 

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓

IIJmio (アイアイジェイミオ)

IIJmio (アイアイジェイミオ) は、docomoとauのマルチキャリアに対応する格安SIMサービス。独自のSIMを発行できる「フルMVNO」で、eSIM対応のデータ通信サービス「eSIMプラン (ベータ版)」など、多様な通信サービスを提供しています。

概要
回線docomo/au
初期費用221円 (税込) ~
月額料金データ528円 (税込) ~
音声858円 (税込) ~
端末代金一括払い   販売終了   
分割払い

 

»IIJmio (アイアイジェイミオ) の詳細・評判・口コミ

 

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓
IIJmio(みおふぉん)

※IIJmio公式サイトを必ず確認してから申込をお願いいたします。
※特典やキャンペーン内容はすべてIIJmio公式サイトの内容が正となります。

LIBMO (リブモ)

LIBMO (リブモ)

LIBMO (リブモ) は、TOKAIコミュニケーションズが提供する格安SIMサービス。「AQUOS sense3 SH-M12」の販売価格は34,848円 (税込) になっています。

概要
回線docomo
初期費用3,300円 (税込)
月額料金データ528円 (税込) ~
音声1,078円 (税込) ~
端末代金支払総額 34,848円 (税込) 
分割払い1,452円 (税込) ×24回

 

»LIBMO (リブモ) の詳細・評判・口コミ

 

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓
LIBMO

AQUOS sense3 (UQ mobileモデル)/セット販売

UQモバイルでは、2019年秋冬モデルとしてシャープのAndroidスマホ「AQUOS sense3」を発表しました。2019年11月8日 (金) より取り扱いを開始しています。

キャンペーン・セール情報

<キャンペーン・セール情報>

UQ mobile

UQ mobile (UQモバイル) は 、KDDIグループの「UQコミュニケーションズ株式会社」提供する格安SIMサービス。大手キャリアと比較しても遜色ないほど通信速度が速くて安定しており、新プラン「スマホプラン R」ではデータ容量の超過後や節約モードでも最大1Mbpsの通信速度でデータ通信が利用可能になっています。

UQ mobile (スマホプラン) 料金表
初期費用3,300円 (税込)
通信容量プランS  3GB
プランR10GB
月額料金 プランS  2,178円 (税込)
プランR3,278円 (税込)
10かけ放題+770円 (税込)
無料通話 (60分)+550円 (税込)
端末代金一括払い販売終了
24回払い
36回払い 
最低利用期間 なし 
契約解除料0円

 

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓

AQUOS sense3 SH-M12/端末比較

SHARP (シャープ) の人気スタンダードシリーズ「AQUOS sense」は、これまでに、SIMフリーモデルの第一弾である「AQUOS sense lite SH-M05」、上位モデルの「AQUOS sense plus SH-M07」、第二弾モデル「AQUOS sense2 SH-M08」などが発売されていますが、最新モデルの「AQUOS sense3 SH-M12」とではどのように違うかを比較します。

※富士通の最新モデル「arrows M05」と「AQUOS sense3 SH-M12」についても比較しています。

前モデル「AQUOS sense2 SH-M08」との違い

AQUOS sense2 SH-M08 (アクオスセンスツー) は、2018年12月27日 (木) にシャープから発売されたSIMフリースマホ。人気シリーズ「AQUOS sense」の第2世代で、5.5インチサイズ (18:9) のIGZO液晶ディスプレイ、AI対応カメラ、防水 (IP65/IP68)、防塵 (IPX6)、ハイレゾ再生、おサイフケータイ (Felica) に対応するなど普段使いに十分なスペックを備えたスタンダードモデル。最新機種の「AQUOS sense3 SH-M12」では、背面のカメラが1,200万画素+1,200万画素のデュアルレンズで121°超広角撮影が可能になっているほか、チップセット、メインメモリー、ストレージ、バッテリー性能などが強化され、DSDV、sXGPにも対応しています。

スペック表
メーカーSHARP
モデルAQUOS sense2
SH-M08
カメラ背面12MP
前面8MP
ディスプレイ5.5インチ (18:9)
フルHD+ IGZO液晶
OSAndroid 8.1 Oreo
チップセットSnapdragon 450
RAM/ROM3GB/32GB
バッテリー2,700mAh
生体認証顔認証/指紋認証
おサイフケータイ 
防水/防塵〇 (IP65/IP68)
サイズ  148×71×8.4mm  
重量約155g

 

»端末比較 (AQUOS sense3 SH-M12 × AQUOS sense2 SH-M08) の詳細はこちら

富士通「arrows M05」との違い

2019年12月18日 (水) に富士通コネクテッドテクノロジーズから発売された「arrows M05 (アローズエムゼロゴ)」は、2017年7月に発売された「arrows M04」の後継モデルで、ノッチデザインの5.8型 (19:9) 液晶ディスプレイ、1,310万画素+500万画素のデュアルカメラ、800万画素のフロントカメラ、Snapdragon 450、3GBメモリー (RAM)、32GBストレージ (ROM)、2,880mAhバッテリーを搭載し、MILスペックに準拠した耐衝撃 (落下) 性能、防水性能 (IPX5/IPX8)、防塵性能 (IP6X)、指紋認証、ハイレゾ再生、おサイフケータイ (Felica) などに対応したエントリーモデル。

スペック表
メーカーFUJITSU (FCNT)
モデルarrows M05
カメラ背面13.1MP+5MP
前面8MP
ディスプレイ5.8インチ (19:9)
フルHD+ TFT液晶
OSAndroid 9 Pie
チップセットSnapdragon 450
RAM/ROM3GB/32GB
バッテリー2,880mAh
生体認証指紋認証
おサイフケータイ 
防水/防塵〇 (IP65/IP68)
サイズ  149×72×8.8mm  
重量約166g

 

»端末比較 (AQUOS sense3 SH-M12 × arrows M05) の詳細はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました