Xperia 8 Lite (エクスペリア エイト ライト)/レビュー


Source: “Sony Mobile

Xperia 8 Lite/詳細

Sony Mobile (ソニーモバイル) は、SIMフリーのAndroidスマートフォン「Xperia 8 Lite」を発表しました。2019年10月に発売された「Xperia 8」と同等のスペックを備えたミドルレンジモデル。2020年9月1日 (火) より、IIJmio、mineo、nuro mobileといったMVNO事業者で取り扱いを開始しています。

特徴・メリット (長所)

<特徴/メリット>

  • 2~3万円台で購入可能なミドルレンジモデル。
  • 背面には光学2倍ズームに対応したデュアルカメラを搭載している。
  • ハイエンドモデルと同様に21:9のワイドディスプレイを採用している。
  • 両面に耐久性の高い強化ガラス「Corning Gorilla Glass 6」を採用している。
  • IP6Xの防塵性能、IPX5/IPX8の防水性能に対応しているほか、ディスプレイのタッチ精度が高いので、手が水に濡れた状態でも快適に操作できる。
  • FeliCaポートを搭載しているので、おサイフケータイ機能が利用できる。

注意点・デメリット (欠点)

<注意点/デメリット>

  • 本体に充電器は付属していない。
  • ワンセグ/フルセグには対応していない。
  • シングルSIMでDSDS/DSDVには対応していない。
  • 3Dゲームなどの高負荷なゲームをプレイするには少し物足りないスペック。

カメラ

アウトカメラ

背面のカメラは、1,200万画素の広角レンズ800万画素の望遠レンズを組み合わせたデュアルカメラ。高解像度の光学2倍ズームに対応し、ナチュラルな背景のぼかしが可能。被写体や状況に応じて13種類のシーン (料理, 夜景&人物, 逆光&人物, 低照度, 風景, ソフトスナップ, スポットライト, マクロなど) と4種類のコンディション (固定, 動き, 歩き検出, オート) を判別し、最適な設定を自動で選択する「プレミアムおまかせオート」のほか、電子式手ブレ補正 (EIS) を搭載し、4K動画120fpsスローモーションの撮影にも対応しています。

概要
カメラ 1
(広角)
有効画素数  12MP
撮像素子 CMOS
画素サイズ
画角
絞り値 f/1.8
カメラ 2
(望遠)
有効画素数 8MP
撮像素子 CMOS
画素サイズ
画角
絞り値 f/2.4
オートフォーカス PDAF
動画撮影 (最大)   4K UHD 30fps  
LEDフラッシュ

インカメラ

前面のカメラは800万画素のシングルレンズ。ポートレートセルフィーでは、美肌、肌の明るさ、輪郭、目の大きさ、背景のぼかしといった5つの補正効果をナチュラルに盛ることができます。

概要
カメラ 1 
(広角)
有効画素数  8MP
撮像素子 CMOS
画素サイズ
画角
絞り値 f/2.0
オートフォーカス
動画撮影 (最大)   FHD 30fps  
LEDフラッシュ

ボディ

外観/デザイン

アスペクト比21:9のワイドディスプレイを搭載した、片手でも操作しやすいスリムなボディ。IPX5 (防噴流形) およびIPX8 (水中形) 準拠防水IP6X (耐塵形) 準拠防塵に対応し、本体下部のUSBポートはキャップレス防水。ディスプレイを覆うカバーガラスとバックパネルには、高い耐久性を備えたコーニング社の強化ガラス「Gorilla Glass 6」を採用。高級感のあるデザインで、本体カラーは「ブラック」「ホワイト」の2色を展開しています。

概要
カラー White, Black
防水 IPX5, IPX8
防塵 IP6X
サイズ  縦幅  約158mm
横幅 約69mm
厚さ 約8.1mm
重量     約170g    

ディスプレイ

画面/表示

約6.0インチサイズIPS液晶を採用し、画面解像度はフルHD+ (1,080×2,520ドット)。ブラビアで培ったソニー独自技術「TRILUMINOS DISPLAY for mobile」を搭載し、高い色の再現性を実現。上位モデルと同様の21:9シネマワイドディスプレイは、一画面に表示できる情報量が多くなるほか、画面を分割して2つのアプリを同時に表示する「21:9マルチウィンドウ」によって快適な “ながら操作” が可能になっています。

概要
画面サイズ     約6.0インチ  
パネル種類 IPS LCD
画面比率 21:9 
ノッチ  なし
画面解像度 FHD+
画素密度 457ppi
カバーガラス   Gorilla Glass 6

パフォーマンス

チップセット (SoC)/メインメモリ (RAM)/ストレージ (ROM)

チップセットにはクアルコムの「Snapdragon 630 (SDM630)」を採用し、メインメモリの容量は4GB、内蔵ストレージの容量は64GB、外部ストレージは最大512GBのmicroSDXCカードに対応するなど、普段使いであれば十分なスペックになっています。

概要
SoC  メーカー  Qualcomm
モデル  Snapdragon 630 
プロセス 14nm FinFET
CPU ARM Core-A53
コア数 オクタコア (8コア)
クロック 2.2GHz + 1.8GHz
GPU Adreno 508
RAM 容量 4GB
規格  (確認中)
ROM  容量 64GB
規格 (確認中)
microSD 容量 最大512GB
規格  SD/SDHC/SDXC

バッテリー

容量/充電

バッテリー容量は2,870mAhで、最大で約26時間の連続通話 (LTE)、約590時間の連続待受 (LTE) が可能になっているほか、急速充電は「USB Power Delivery 2.0 (USB PD 2.0)」をサポート。バッテリーの消費を抑える省電力モード「STAMINAモード」や、充電時の負荷を軽減することでバッテリー寿命を伸ばす「いたわり充電」にも対応しています。

概要
容量    2,870mAh   
急速充電 USB PD 2.0
充電時間
連続通話  VoLTE  約26時間
3G 約25.5時間
連続待受 LTE 約590時間
3G 約680時間
ワイヤレス充電  非対応

サウンド

オーディオ

本体上部に3.5mmイヤホンジャックを搭載し、ハイレゾコーデック「LDAC」をサポートしていますが、ベースモデルとなっている「Xperia 8」と違い、圧縮音源をハイレゾ相当にアップスケーリングする機能「DSEE HX」には対応していません。

※LDACはソニーが開発したハイレゾ相当の高音質コーデック。3つのモード (音質優先/標準/接続優先) が選択可能で、ビット深度/サンプリングレートの上限は24bit/96kHzになっています。

ユーザーインターフェース

OS/UI

出荷時のOSは「Android 9 Pie」で、ホーム画面は標準の「Xperiaホーム」と「シンプルホーム」の2種類。画面端をダブルタップすることでランチャーを表示する「サイドセンス」に対応するほか、本体側面に指紋認証センサーを搭載し、おサイフケータイ (Felica) も利用可能になっています。

ネットワーク (対応キャリア)

対応キャリア

周波数帯は、LTEバンド (FDD-LTE) が Band 1/Band 3/Band 4/Band 5/Band 8/Band 8/Band 12/Band 17/Band 18/Band 19/Band 26、LTEバンド (TD-LTE) が Band 38/Band 41、3Gバンド (W-CDMA) がBand 1/Band 4/Band 5/Band 6/Band 8/Band 19 に対応し、ドコモ回線、au回線、SoftBank回線のSIMカードが利用可能です。

DSDS/DSDV

SIMカードスロットはシングルとなっているので、DSDS (デュアルSIMデュアルスタンバイ) 機能は利用できません。

カラーバリエーション

本体カラーのバリエーションは「Black (ブラック)」と「White (ホワイト)」の2色になっています。

Black

White

スペック (性能) 一覧

スペック表
メーカー Sony Mobile
モデル Xperia 8 Lite
型番 J3273
発売日 2020年9月1日 (火)
販売価格 2~3万円台
OS/UI Android 9.0 Pie
ディスプレイ 6.0型 IPS液晶 (FHD+)
チップセット Snapdragon 630
RAM 4GB
ROM 64GB
microSD 最大512GB
カメラ 背面 1200万画素+800万画素
前面 800万画素
バッテリー 2,870mAh
急速充電 USB PD 2.0
ワイヤレス充電
コネクタ Type-C
イヤホンジャック
SIMカード nanoSIM
DSDS/DSDV
CA
通信速度 受信時 最大479Mbps
送信時 最大75Mbps
Band FDD-LTE
B1, B3, B4, B5, B8, B12,
B17, B18, B19, B26,
TD-LTE
B38, B41
W-CDMA
B1, B4, B5, B6, B8, B19
GSM/EDGE
850MHz, 900MHz,
1800MHz, 1900MHz
対応キャリア 3キャリア対応
VoLTE
テザリング
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
(2.4GHz帯/5GHz帯)
Bluetooth Bluetooth® 5.0
測位方式 GPS, A-GPS ,GLONASS,
GALILEO, BeiDou,
QZSS (みちびき)
センサー類 FeliCa
NFC
指紋センサー
加速度センサー
近接センサー
光センサー
電子コンパス
ジャイロセンサー
生体認証 指紋認証
ハイレゾ再生
ワンセグ
NFC
おサイフケータイ
ジャイロスコープ
防水性能 〇 (IPX5/IPX8)
防塵性能 〇 (IP6X)
耐衝撃
カラー ブラック, ホワイト
サイズ 158×69×8.1mm
重量 約170g

Xperia 8 Lite/セット販売 (MVNO)

Sony Mobile (ソニーモバイル) は、SIMフリーの4Gスマートフォン「Xperia 8 Lite」を発表しました。光学2倍ズームに対応したデュアルカメラ、6.0インチサイズの21:9ワイドディスプレイ、Snapdragon 630、4GBメモリー、64GBストレージ、2,870mAhバッテリーを搭載するほか、防水 (IPX5/8)、防塵 (IP6X)、指紋認証、おサイフケータイ (FeliCa) にも対応したミドルレンジモデル。2020年9月1日 (火) より、IIJmio、mineo、nuro mobileといったMVNO事業者で販売開始しています。

※2020年12月11日 (金) よりUQ mobileでも販売開始しています。

キャンペーン・セール情報

<キャンペーン/セールの一覧>

  • IIJmio (~2021/2/3):のりかえ (MNP) でセット申し込みをすると12,800円 (7,000円OFF) で購入できるほか、新規申込時の初期費用 (3,000円) が1円になる、月額基本料が最大1,100円割引 (6ヶ月間) になる。
    »IIJmioのキャンペーン情報
  • mineo (~なくなり次第終了):Xperia 8 Liteを購入するとソニーストアで使えるお買い物券 4,000円分をプレゼントしてくれます
    »mineo (マイネオ) のキャンペーン情報
  • nuro mobile (~2020/12/27):音声通話SIM (お試しプランを除く) とセットで申し込むと5,000円キャッシュバック&ワイヤレスイヤホンがもらえるほか、月額基本料が半額 (5ヶ月間) になる、10分かけ放題や端末補償が0円 (3ヶ月間) で利用できる。
    »nuro mobileのキャンペーン情報
  • UQ mobile (終了日未定):公式オンラインショップでは21,600円 (10,800円OFF) で購入可能になっています。
    »UQ mobile (UQモバイル)/キャンペーン情報

IIJmio (アイアイジェイミオ)

IIJmio (アイアイジェイミオ) は、インターネットイニシアティブ (IIJ) が提供するマルチキャリア対応の格安SIMサービス。2020年8月20日 (木) より従量課金制の新プラン「従量制プラン」を提供開始し、データ通信量が1GBまでなら月額480円で利用可能になっているほか、eSIMサービス「データプラン ゼロ」「eSIMプラン (ベータ版)」や、音声通話とSMSに特化したシンプルなプラン「ケータイプラン」など、多様な通信サービスを提供しています。

現在実施中の期間限定キャンペーンでは、他社からの乗り換え (MNP) で音声通話SIMとセットで「Xperia 8 Lite」に申し込むと一括: 12,800円 (税別)/分割: 536円 (税別) ×24回で購入できるほか、新規申込時の事務手数料 (3,000円) が1円になる、対象プラン (ミニマムスタート, ライトスタート, ファミリーシェア) の月額基本料が400円割引 (6ヶ月間) &音声通話SIMの月額基本料が700円割引 (6ヶ月間) になるといった特典が用意されています。

概要
回線 docomo/au
初期費用 395円/407円
月額料金 データ 480円~
音声 1,180円~
端末代金 一括払い  19,800円 (税別) 
分割払い  828円 (税別) ×24回 

»IIJmio (アイアイジェイミオ) の詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓
IIJmio(みおふぉん)

※IIJmio公式サイトを必ず確認してから申込をお願いいたします。
※特典やキャンペーン内容はすべてIIJmio公式サイトの内容が正となります。

mineo (マイネオ)

mineo (マイネオ) は、関西電力グループ「オプテージ」が提供するトリプルキャリア対応の格安SIMサービス。ユーザー同士で交流ができるコミュニティ「マイネ王」や、全国のユーザー同士でデータ容量をシェアする「フリータンク」など、ユニークな独自サービスを数多く展開しています。

概要
回線 3キャリア対応
初期費用 3,400円
月額料金 データ 700円~
音声 1,310円~
端末代金 一括払い  32,880円 (税別) 
分割払い 1,370円 (税別) ×24回

»mineo (マイネオ) の詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓
mineo(マイネオ)

nuro mobile (ニューロモバイル)

nuroモバイルは、ソニーネットワークコミュニケーションズが提供するトリプルキャリア対応の格安SIMサービス。データSIMのお試しプラン (0.2GB) が月額300円、音声通話SIMのお試しプラン (0.2GB) が月額1,000円で利用可能になっています。

現在実施中の期間限定キャンペーンでは、音声通話SIMの対象プラン (プランS, プランM ,プランL) とセットで「Xperia 8 Lite」を購入するとキャッシュバック 5,000円&ソニーのワイヤレスイヤホン「WI-SP500」がもらえるほか、月額基本料が初月無料&翌月から半額 (5ヶ月間) になる、10分かけ放題オプションや端末補償サービスが無料 (最大3ヶ月間) で利用できるといった特典が用意されています。

概要
回線   3キャリア対応  
初期費用 3,400円
月額料金 データ 300円~
音声 1,000円~
端末代金 一括払い 29,800円 (税別)
分割払い 1,273円 (税別) ×24回

»nuro mobile (ニューロモバイル) の詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓

UQ mobile

UQモバイルは 、KDDIグループの格安SIMサービス。大手キャリアと比較しても遜色のないほど通信速度が速くて安定し、新プラン「スマホプラン R」では容量超過後や節約モードでも最大1Mbpsのデータ通信が利用可能。ネット (WiMAX 2+) とのセット利用で月額料金が500円割引になる「ギガMAX月割」や、家族で利用すると2回線目以降は500円割引になる「UQ家族割」といった割引サービスも提供しています。

2019年12月11日 (金) より「Xperia 8 Lite」を販売開始し、公式オンラインショップで「スマホプラン S/R」とセットで申し込むと21,600円 (税別) で購入することができます。

概要
回線 au
初期費用 3,000円
月額料金 データ 980円~
音声 1,980円~
端末代金 一括払い 21,600円 (税別)
分割払い  900円 (税別) ×24回 
600円 (税別) ×36回

»UQ mobile (UQモバイル) の詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓

スポンサーリンク
レクタングル (大) 広告
レクタングル (大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル (大) 広告