eSIMって何?

大手キャリアやサブブランドのほか、IIJmio、mineo、HISモバイルなど、格安SIMでもeSIMサービスの提供を開始していますが、次世代SIMの「eSIM」とは何か?メリットやデメリットを詳しく解説します。

eSIMとは

eSIMのメリット・デメメリット

概要

eSIM (Embedded Subscriber Identity Module) とは、遠隔から加入者情報を書き換える事ができる組み込み型のSIMカード。専用のモバイルアプリやQRコードをスキャンするなどの方法で、eUICCプロファイルをダウンロードすることでデータ通信サービスが利用できます。

eSIMを利用するメリットは、SIMカードの配送が不要になる、SIMカードの差し替え不要で手軽にキャリアを変更できる、海外渡航時にプリペイド式のSIMを購入する必要がない、SIMカードの紛失や盗難のリスクがないことなど。デメリットとしては、機種変更の度に再発行する必要がある、提供事業が限られている、まだまだ対応機種が少ないといった点ぐらいで、それほど多くはありません。

eSIMのメリット

  • 端末に内蔵されているので破損や紛失の心配が無い
  • SIMカードの配送が不要になるので、オンラインで手続きを完了できる。
  • 簡単に通信キャリアを切り替えることができる。
  • 格安SIMなどと併用することで月額料金を節約できる。
  • 海外渡航時にプリペイド式SIMの購入が不要になる。

eSIMのデメリットや注意点

  • 提供事業者が限られている。
  • 対応する端末が限られている。
  • 機種を変更するたびにeSIMを再発行する必要がある。

eSIMの対応端末

iPhone SE3 5G対応モデル

概要

iPhone XR以降のiPhoneシリーズ、Pixel 4以降のPixelシリーズのほか、シャープ、ソニー、OPPO、シャオミ、楽天モバイルのオリジナルスマホなどが「eSIM」を搭載しています。

スマートフォンの一覧
Apple・iPhone XR
・iPhone XSシリーズ
・iPhone 11シリーズ
・iPhone 12シリーズ
・iPhone 13シリーズ
・iPhone 14シリーズ
・iPhone SE (第2世代)
・iPhone SE (第3世代)
Google・Pixel 4シリーズ
・Pixel 4aシリーズ
・Pixel 5シリーズ
・Pixel 5aシリーズ
・Pixel 6シリーズ
・Pixel 6aシリーズ
MOTOROLA・moto g52j
・razr 5G
OPPO
(オウガジャパン)
・OPPO A73
・OPPO A55s 5G
・OPPO Reno5 A
・OPPO Reno7 A
・OPPO Find X3 Pro
Rakutenオリジナル・Rakuten BIG
・Rakuten BIG s
・Rakuten mini
・Rakuten Hand
・Rakuten Hand 5G
SHARP・AQUOS wish
・AQUOS wish2
・AQUOS sense4 lite
・AQUOS sense6
・AQUOS sense6s
・AQUOS R7
・AQUOS zero6
SONY・Xperia 1 IV
・Xperia 10 III Lite
・Xperia 10 IV
・Xperia Ace III
Xiaomi・Redmi Note 10T
・Redmi Note 11 Pro 5G

おすすめのeSIM端末は?

iPhone SEシリーズの5G通信に対応した「iPhone SE (第3世代)」のほか、軽量スリムなボディに21:9の有機ELディスプレイを搭載したソニーの最新モデル「Xperia 10 IV」、高機能ミドルレンジモデルの「Redmi Note 11 Pro 5G」や「OPPO Reno7 A」がオススメ。

iPhone SE 第3世代 (Apple)

約4.7インチのRetina HDディスプレイや1,200万画素リアカメラ、A15 Bionicチップ、4GBメモリー、64GB/128GB/256GBストレージ、2,018mAhバッテリーを搭載し、おサイフケータイも利用できる、コスパに優れた「iPhone SE」シリーズの5G対応モデル。

スペック表
モデルiPhone SE (第3世代)
発売日2022年3月
価格4~9万円台
搭載OSiOS 13
カメラ背面12MP
前面7MP
ディスプレイ4.7インチ (16:9) IPS LCD
SoCApple A15 Bionic
ROM4GB/64GB, 128GB, 256GB
バッテリー2,018mAh
生体認証生体認証
指紋認証
おサイフケータイ
防水性能IP67
DSDSDSDV対応
本体カラーミッドナイト, スターライト, プロダクトレッド
サイズ高さ約138.4mm
横幅約67.3mm
厚さ約7.3mm
重量約144g

Xperia 10 IV (SONY)

Xperia 10 IV は、21:9の有機ELディスプレイやトリプルカメラ、Snapdragon 695 5G、6GBメモリー、128GBストレージ、5,000mAhバッテリーを搭載するほか、防水、eSIM、DSDV、おサイフケータイ (FeliCa) などに対応したミドルハイクラスのAndroidスマートフォン。

スペック表
モデルXperia 10 IV
発売日2022年7月
価格2~7万円台
搭載OSAndroid 12
カメラ背面12MP+8MP+8MP
前面8MP
ディスプレイ6.0インチ (21:9) フルHD+ 有機EL
SoCSnapdragon 695 5G
RAM/ROM6GB/128GB
バッテリー5,000mAh
生体認証顔認証
指紋認証
おサイフケータイ
防水性能IPX65/IP68
DSDSDSDV対応
本体カラーブラック, ホワイト, ミント, ラベンダー
サイズ高さ約153mm
横幅約67mm
厚さ約8.3mm
重量約161g
Xperia 10 IV (エクスペリア テン マークフォー)/レビュー
ソニーは5G対応のSIMフリースマホ「Xperia 10 IV」を発表しました。21:9有機ELディスプレイやトリプルカメラ、大容量バッテリーを搭載した新スタンダードモデル。特徴、スペック、メリット、デメリット、おトクに購入できるキャンペーンやセール情報などをまとめて詳しく解説しています。

Redmi Note 11 Pro 5G (Xiaomi)

Redmi Note 11 Pro 5Gは、1億800万画素のトリプルカメラや120Hz駆動の有機ELディスプレイ、Dolby Atmos対応ステレオスピーカー、Snapdragon 695 5G、6GBメモリー、128GBストレージ、5,000mAhバッテリーを搭載するほか、おサイフケータイも利用できる高コスパなAndroidスマートフォン。

スペック表
モデルRedmi Note 11 Pro 5G
発売日2022年5月
価格2~4万円台
搭載OSMIUI 13 (Android 11)
カメラ背面108MP+8MP+2MP
前面16MP
ディスプレイ6.67インチ (20:9) フルHD+ 有機EL
SoCSnapdragon 695 5G
RAM/ROM6GB/128GB
バッテリー5,000mAh (67W急速充電)
生体認証顔認証
指紋認証
おサイフケータイ
防水性能IP53
DSDSDSDV対応
本体カラーグラファイトグレー, ポーラーホワイト,
アトランティックブルー
サイズ高さ約164.2mm
横幅約76.1mm
厚さ約8.1mm
重量約202g
Redmi Note 11 Pro 5G (Xiaomi)/レビュー
Xiaomi Japan は、5G対応のAndroidスマートフォン「Redmi Note 11 Pro 5G」を発表しました。1億800万画素の3眼カメラや大画面の有機ELディスプレイ、Snapdragon 695 5G、5,00...

OPPO Reno7 A (OPPO)

OPPO Reno7 Aは、大画面の有機ELディスプレイやトリプルカメラ、Snapdragon 695 5G、6GBメモリー、128GBストレージ、4,500mAhバッテリーを搭載し、防水性能を備えるほか、おサイフケータイも利用できる高機能なAndroidスマートフォン。

スペック表
モデルOPPO Reno7 A
発売日2022年6月
価格2~4万円台
搭載OSColorOS 12 (Android 11)
カメラ背面48MP+8MP+2MP
前面16MP
ディスプレイ6.4インチ (20:9) フルHD+ 有機EL
SoCSnapdragon 695 5G
RAM/ROM6GB/128GB
バッテリー4,500mAh
生体認証顔認証
指紋認証
おサイフケータイ
防水性能IP68
DSDSDSDV対応
本体カラースターリーブラック, ドリームブルー
サイズ高さ約159.7mm
横幅約73.4mm
厚さ約7.6mm
重量約175g
OPPO Reno7 A (オッポ リノ セブン エー)/レビュー
オウガジャパンは5G対応のAndroidスマホ「OPPO Reno7 A」を発表しました。4,800万画素の3眼カメラや有機ELディスプレイを搭載し、防水防塵やおサイフケータイにも対応した高コスパなミドルレンジモデル。特徴、スペック、メリット、デメリット、おトクに購入できるキャンペーンやセール情報などをまとめて詳しく解説しています。

eSIMの取扱事業者

LINEが使い放題のSIMサービス

概要

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの4大キャリア (MNO)、オンライン専用ブランド、サブブランドのほか、IIJmioやリンクスメイト、マイネオ、HISモバイルといった格安SIM事業者 (MVNO) でも取り扱いをしています。

事業者一覧
キャリア
(MNO)
・docomo
・au
・SoftBank
・楽天モバイル
オンラインブランド・ahamo
・povo
・LINEMO
サブブランド・UQ mobile
・Y!mobile
格安SIM
(MVNO)
・IIJmio
・BIC SIM
・LinksMate
・mineo
・HIS Mobile
・日本通信

おすすめのeSIM提供事業者は?

eSIMサービスを利用するのなら、LINEアプリがデータ消費ゼロで利用できるオンライン専用ブランドの「LINEMO (ラインモ)」、楽天モバイルの無制限プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」のほか、コストパフォーマンスの高い格安SIMの「IIJmio (アイアイジェイミオ)」や「mineo (マイネオ)」、音声通話プランが月額290円 (税込) から利用できる「HISモバイル」がオススメです。

LINEMO (ラインモ)

SoftBankのオンライン専用ブランドである「LINEMO」は、LINEアプリのデータ通信量をカウントしない機能「LINEギガフリー」を無料で提供しており、月間のデータ容量が3GBの「ミニプラン」が月額990円 (税込)で利用できるほか、乗り換え (MNP) で最大10,000円相当のPayPayポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。

料金表 (税込)
初期費用0円
月額料金 3GB990円
20GB 2,728円
セット割
最低利用期間 なし 
契約解除料0円
LINEMO (ラインモ)
ソフトバンクは、2021年3月17日 (水) よりオンライン専用の新ブランド「LINEMO (ラインモ)/仮称 SoftBank on LINE」を提供開始しました。月々のデータ容量が3GBの「ミニプラン」が月額 税込990円 (税...

 

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓

楽天モバイル/Rakuten UN-LIMIT VII

2020年4月より開始した第4のキャリア (MNO) サービス。データ通信量が3GBまで月額1,078円 (税込)、20GB超過後はデータ無制限で月額3,278円 (税込)、Rakuten Linkアプリの利用で国内通話がかけ放題になるほか、最新のiPhone 14シリーズのセット購入で最大24,000円相当のポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。

料金表 (税込)
初期費用0円
月額料金 ~3GB1,078円
~20GB 2,178円
無制限3,278円
セット割
最低利用期間 なし 
契約解除料0円
楽天モバイル (キャリアサービス)
楽天モバイルは、2020年4月8日 (水) よりキャリア (MNO) サービスを正式に開始しました。新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」が1,078円 (税込) から利用可能になっているほか、最大24,000円相当の...

 

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓

IIJmio (アイアイジェイミオ)/ギガプラン

インターネットイニシアティブ (IIJ) の提供するマルチキャリア対応の格安SIMサービス。5G対応プランの「ギガプラン」では、eSIM (データ通信のみ/docomo回線) の4GBプランが月額660円 (税込)、20GBプランが月額1,650円 (税込)、eSIM (音声通話付き/au回線) の4GBプランが月額990円 (税込)、20GBプランが月額2,000円 (税込)で利用可能。IIJmioひかりとセットで利用すると月額料金が660円割引になるほか、初期費用が1,650~2,750円割引 (税込)になるキャンペーンを実施中。

ギガプラン eSIM (データ通信のみ): 料金表 (税込)
初期費用3,520円 ⇒ 770円
月額料金
2GB440円
4GB660円
8GB 1,100円
15GB1,430円
20GB1,650円
セット割660円割引
最低利用期間 なし 
契約解除料0円

※音声通話対応のeSIMは、2022年10月25日 (火) より提供を開始する予定です。

 

IIJmio (アイアイジェイミオ)
老舗ISPのIIJが提供するマルチキャリアに対応した高品質な格安SIM/格安スマホ。eSIM (データ通信専用) が月額165円、音声通話SIMが月額850円から利用可能。口コミや評判、キャンペーン、おすすめ情報、メリット・デメリットなどをまとめて詳しく解説しています。

 

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓
IIJmio(みおふぉん)

※IIJmio公式サイトを必ず確認してから申込をお願いいたします。
※特典やキャンペーン内容はすべてIIJmio公式サイトの内容が正となります。

 

参考記事

»総務省 電気通信事業

»Rakuten Mobile (楽天モバイル)

コメント

タイトルとURLをコピーしました