povo (ポヴォ)

KDDIと沖縄セルラーは、2021年1月13日 (水) にauの新ブランド「povo on au」を発表しました。データ容量は20GBで、超過後も最大1Mbpsのデータ通信が利用できるほか、5分以内通話かけ放題やデータ使い放題 24時間といったトッピングも追加できるシンプルで柔軟性の高いプラン。NTTドコモの「ahamo (アハモ)」やソフトバンクの「SoftBank on LINE」よりも安い月額2,480円で利用可能。2021年3月から提供開始の予定になっています。

povo (ポヴォ)/詳細・概要

au (エーユー) の4Gと5Gのネットワークに対応したプラン。月額基本料は2,480円 (税別)。月間のデータ容量は20GBで、超過後も最大1Mbpsの通信速度で利用できるほか、データ通信が24時間使い放題になるオプション「データ使い放題 24時間」を200円 (税別)/24hで何度でも利用することができます。

音声通話 (国内通話) の料金は20円 (税別)/30秒となっていて、1回あたり5分以内の国内通話が無料になる「5分以内通話かけ放題」が月額500円 (税別)、5分を超える国内通話も無料になる「通話かけ放題」が月額1,500円 (税別) で追加可能。ドコモの「ahamo (アハモ)」やソフトバンクの「SoftBank on LINE」と同様にオンライン専用のブランドで、物理SIMだけでなく「eSIM」でも提供される予定です。

概要
運営会社KDDI
回線 au 
対応通信 5G回線対応
4G回線対応
3G回線(確認中)
初期費用ブランド間移行は0円
月額料金2,480円 (税別)
プラン 通信量20GB
SMS
音声通話
通話定額5分以内+500円 (税別)
制限なし+1,500円 (税別)
データ定額 (1日)200円 (税別)/24h
データチャージ500円 (税別)/1GB
データシェア未定
キャリアメール
Wi-Fiスポット〇?(確認中)
テザリング
通信速度
(5G) 
受信時最大4.1Gbps
送信時最大481Mbps
通信速度
(4G) 
受信時最大1,237bps
送信時最大112.5Mbps
通信制限 国内20GB/月
海外
制限時の通信速度最大1Mbps
3日間制限なし?(確認中)
通信量の翌月繰越なし?(確認中)
高速/低速の切替なし?(確認中)
バースト転送機能
カウントフリー
取り扱いウェブ
スマホセット販売当初はなし
契約条件(未定)
支払方法?(クレカ/口座振替)
最低利用期間
契約解除料ブランド間移行は0円

povo (ポヴォ) の6つの特徴やメリット

  • シンプルで柔軟性が高いプラン設計、月額2,480円で利用できる。
  • auと同品質の4Gと5Gのネットワークに対応している。
  • データ容量は20GBで、超過後も最大1Mbpsで通信可能。
  • かけ放題やネット使い放題などのトッピング (オプション) を追加できる。
  • 物理SIMだけでなく「eSIM」にも対応する予定である。
  • auやUQモバイルから移行する場合は手数料が無料になる。

シンプルで柔軟性が高い&月額2,480円で利用できる

KDDI (au) の新プラン「povo (ポヴォ)」は、20GBの高速データ通信が利用できる音声通話プラン。ドコモの「ahamo」やソフトバンクの「SoftBank on LINE」とは違い、5分かけ放題はオプションの扱いで、キャリア (MNO) では最安値の月額2,480円 (税別) で利用可能となっています。

 

高品質な4G/5Gネットワークに対応

大手キャリア (MNO) から通信回線を借りてサービスを提供する格安SIMとは違って、auの高品質なネットワークを使用しており、4G回線だけでなく5G回線も追加料金なしで利用することができます。

※5Gサービスは2021年夏に提供開始の予定です。

データ容量20GB&超過後も最大1Mbps

月々のデータ容量は20GBで、チャージ料金は500円 (税別)/1GBになっていますが、20GB超過後も最大1Mbpsの速度でデータ通信が利用できるので、ウェブサイトやSNSの閲覧、音楽ストリーミングのほか、YouTubeの標準画質の動画などの視聴も可能です。

 

通話定額やデータ定額のトッピングを追加できる

KDDI (au) の新プラン「povo」は、データ定額や通話定額など、ユーザーが使いたいトッピング (オプション) を追加して自由にカスタマイズできる柔軟性の高いプラン設計。トッピングは、専用アプリから簡単にON/OFFの設定が可能。トッピングサービスはユーザーのニーズに合わせて順次拡張され、第1弾として「データ追加 1GB (500円/1GB)」のほか、データ通信が24時間使い放題になる「データ使い放題 24時間 (200円/24h)」、1回あたり5分以内の国内通話が無料になる「5分間 国内通話 かけ放題 (500円/月)」や、国内通話がかけ放題の「通話かけ放題 (1,500円/月)」などが用意されています。

 

eSIMにも対応予定

ソフトバンクの新ブランド「SoftBank on LINE (仮名)」と同様に、物理的なSIMカードだけでなく「eSIM」でもサービス提供の予定になっているので、iPhoneやPixelなどのeSIM対応機種ならプロファイルをダウンロードするだけで利用できます。

 

ブランド間の移行は手数料が無料になる

KDDIグループ「au」「UQ mobile」「povo」のブランド間で移行する際、新規契約時の事務手数料 (パッケージ代金) や番号移行手数料 (MNP転出手数料)、契約解除料などが無料になります。

※当面は翌月以降の移行先の利用料金から割り引きになります。

povo (ポヴォ) の6つデメリットや注意点

  • キャリアメール (MMS) が利用できない。
  • 光回線とのセット割や家族割などの割引サービスは提供されない。
  • データ使い放題 24時間のトッピングで通信速度が制限される場合がある。
  • 今のところ、端末をセット販売する予定はない。
  • オンライン専用ブランドで、実店舗での契約や電話サポートは利用できない。
  • スマホユーザーの大半はUQモバイルや格安SIM (MVNO) の方が安くなる。

キャリアメールが利用できない

KDDI (au) の新ブランド「povo (ポヴォ)」ではキャリアメール (@au.com/@ezweb.ne.jp, @uqmobile.jp) を提供していないので、GmailやYahooメールなどのフリーメールを使用する必要があります。

 

セット割や家族割はなし

au (エーユー) では、家族間の国内通話が無料になる「家族割」、家族で利用すると1回線ごとに500~1,000円割引になる「家族割プラス」、自宅のインターネットとセットで利用すると最大1,000円割引になる「auスマートバリュー」、料金の支払い方法をau PAY カードで設定すると100円割引になる「au PAY カード お支払い割」など、UQモバイルでは、2回線目以降の月額料金が500円割引になる「UQ家族割」や、ネット (WiMAX 2+) とセットで利用すると最大500円割引になる「ギガMAX月割」などの割引サービスを提供していますが、新ブランドの「povo (ポヴォ)」にはネットとのセット割や家族割などの割引サービスは用意されていません。

データ使い放題で通信速度が制限される場合がある

データ使い放題 24時間 (200円/24h) は、データ通信が24時間使い放題になるトッピングですが、ネットワーク混雑時、動画、クラウドゲームなどの利用時に通信速度を制限する場合があるので注意が必要です。

 

端末販売の予定はない

povo (ポヴォ) のサービス開始当初は端末のセット販売を予定していないので、SIMフリースマホなど各自で端末を用意する必要があります。

 

実店舗での契約やサポートはない

povo (ポヴォ) はオンライン専用のブランドとなっているので、auショップ店舗での申し込みや契約後の電話サポートは利用できません。

 

ライトユーザーはMVNOの方が安くなる

スマホユーザーの約6割が毎月のデータ使用量が3GB以下のライトユーザーですが、povo (ポヴォ) の料金プランは20GBプランの1種類のみになっていので、大半のユーザーはUQモバイルや格安SIM (MVNO) を利用する方がスマホ料金を安く抑えることができます。

 

KDDIの新ブランド『povo (ポヴォ)』とUQモバイルの新プラン『くりこしプラン』を徹底比較!
KDDIと沖縄セルラーは、2021年1月13日 (水) にオンライン専用ブランド「povo (ポヴォ)」とUQモバイルの新料金プラン「くりこしプラン」を発表しました。同じKDDIのブランドである「povo」とUQモバイルの「くりこし...
大手キャリアの新ブランド『ahamo (アハモ)』『LINEMO (ラインモ)』『povo (ポヴォ)』を徹底比較!!
KDDIと沖縄セルラーは、2021年1月13日 (水) に月額2,480円で利用可能なオンライン専用の新ブランド「povo on au」を発表しました。NTTドコモの新プラン「ahamo (アハモ)」や、ソフトバンクの新ブランド「L...
タイトルとURLをコピーしました