LINEMO (ラインモ)

ソフトバンクは、2021年3月17日 (水) よりオンライン専用の新ブランド「LINEMO (ラインモ)/仮称 SoftBank on LINE」を提供開始しました。月々のデータ容量が3GBの「ミニプラン」が月額 税込990円 (税抜900円)、20GBの「スマホプラン」が月額 税込2,728円 (税抜2,480円) から利用可能になっています。

»公式サイト: LINEMO(ラインモ)

LINEMO (ラインモ)/詳細・概要

ソフトバンクの4G/5Gネットワークに対応し、月々のデータ容量が3GBで超過後最大300kbpsの「ミニプラン」と、月々のデータ容量が20GBで超過後は最大1Mbpsの「スマホプラン」の2種類のプランが用意されており、どちらも「LINE」がギガノーカウント (カウントフリー) で利用可能。

音声通話 (国内通話) の料金は22円 (税込)/30秒となっていて、5分かけ放題などの通話定額はオプション扱い。1回あたり5分以内の国内通話が無料になるサービスが月額550円 (税込)、5分を超える国内通話も無料になる制限なしの通話定額サービスが月額1,650円 (税込) で追加可能。

物理SIMだけでなく「eSIM」でも提供されており、月額基本料金は990円 (税込)/2,728円 (税込) になっています。

概要
運営会社SoftBank
回線 SoftBank, Y!mobile 
対応通信 5G回線対応
4G回線対応
3G回線(確認中)
初期費用0円
月額料金990~2,728円 (税込)
プラン 通信量3GB/20GB
SMS
音声通話 
かけ放題5分/回+550円 (税込)
制限なし+1,650円 (税込)
データチャージ550円 (税込)/1GB
データシェア
キャリアメール
Wi-Fiスポット
テザリング
通信速度
(5G) 
受信時最大2.4Gbps
送信時最大103Mbps
通信速度
(4G) 
受信時最大838bps
送信時最大46Mbps
通信制限 国内3GB/月, 20GB/月
海外
制限時の通信速度最大300kbps/最大1Mbps
3日間制限なし
通信量の翌月繰越不可
高速/低速の切替なし
バースト転送機能
カウントフリーLINE
取り扱いウェブ
スマホセット販売(未定)
契約条件18歳以上の個人
支払方法クレカ/口座振替
最低利用期間なし
契約解除料0円

LINEMO (ラインモ) の8つの特徴やメリット

  • プランがシンプルでわかりやすく、料金も格安SIM並みに安い。
  • ソフトバンクと同一の高品質なネットワークで、5Gも追加料金ナシで利用できる。
  • データ容量は20GBの「スマホプラン」では超過後も最大1Mbpsで利用できる。
  • SNSアプリ「LINE」がデータ消費ゼロで利用できる。
  • LINEクリエーターズスタンプ使い放題が追加料金なしで利用できる。
  • 物理SIMだけでなく「eSIM」にも対応している。
  • LINEアプリでも手続きが可能になっており、最短即日開通で利用できる。
  • 契約事務手数料やMNP転出手数料、契約解除料などが無料になっている。

料金プランがシンプルで安い

ソフトバンクの新ブランド「LINEMO (SoftBank on LINE)」は3GBプランと20GBプランの2種類のみのシンプルな料金体系となっていて、複雑な条件の割引はなく、月額990円 (税込) から利用可能となっています。

 

ソフトバンク品質のネットワーク&5G通信にも対応

キャリアから通信回線を借りてサービスを提供するMVNO (格安SIM) とは違い、ソフトバンクと同一のMNO品質のネットワークを使用し、4Gの回線だけでなく5Gも追加料金なしで利用することができます。

 

データ容量20GB&超過後も最大1Mbps (スマホプラン)

スマホプランの月々のデータ容量は20GBとなっていて、容量超過後も最大1Mbpsの速度でデータ通信が利用可能。サイト閲覧やSNSのほか、音楽のストリーミング再生、YouTubeの標準画質の動画なども視聴できます。

 

「LINE」はギガノーカウント (カウントフリー)

NTTドコモの「ahamo (アハモ)」と違う点の1つは、使用頻度の高い人気アプリ「LINE」がギガノーカウント (カウントフリー) になること。データ通信量を気にすることなくメッセージアプリ「LINE」を利用することができます。

 

eSIMにも対応している

LINEMOは、物理的なSIMカードだけでなく組み込み型SIM「eSIM」でもサービスを提供する予定なので、iPhoneやPixelなどeSIM対応の機種なら、SIMカードの配送を待つ必要が無く、プロファイルをダウンロードするだけで利用できます。

 

LINEアプリで手続きができる

LINEMOはウェブサイトだけでなく、アプリ「LINE」でも申し込みやプラン変更の手続きができるほか、オンライン上で本人確認を行う「eKYC」に対応し、最短即日開通で利用し始めることができます。

 

LINEMO (ラインモ) の9つデメリットや注意点

  • キャリア決済は利用できない。 
    ⇒ 2021年4月21日 (水) より「ソフトバンクまとめて支払い」をサービス開始しています。
  • プラスメッセージは利用できない。
    ⇒ 2022年春に対応予定です。
  • キャリアメールは利用できない。
  • 留守番電話や転送電話は利用できない。
  • LINEアプリでギガノーカウント対象外となるサービスもある。
  • ソフトバンク光とのセット割や家族割といった割引サービスは提供していない。
  • ソフトバンク/ワイモバイルから変更する場合はMNP (のりかえ) が必要になる。
  • 実店舗での契約やサポートは利用できない。
  • 3GB未満のライトユーザーは格安SIM (MVNO) の方が安くなる場合もある。

キャリア決済が利用できない

LINEMOのサービス開始当初は「ソフトバンクまとめて支払い」や「ワイモバイルまとめて支払い」 などのようなキャリア決済サービスを提供していません

⇒2021年4月21日 (水) より「ソフトバンクまとめて支払い」の提供を開始しています。ただし、SoftBank/Y!mobileからLINEMOに乗り換えをした場合、「ソフトバンクまとめて支払い」「ワイモバイルまとめて支払い」をご利用しているサービスやコンテンツは解除されるので、引き続き利用する場合はLINEMO契約後に、それぞれのサービスやコンテンツで「ソフトバンクまとめて支払い」の登録が必要になるので注意が必要です。また、PayPayへの「ソフトバンクまとめて支払い」チャージは後日対応の予定となっています。

+メッセージは利用できない

LINEMO (SoftBank on LINE) は3キャリアが開発したメッセージサービス「プラスメッセージ」には対応していません。 ⇒2022年春頃に対応する予定です。

※ドコモの「ahamo」やKDDIの「povo」では利用可能になっています。

キャリアメールが利用できない

LINEMO (SoftBank on LINE) では、キャリアメール (@softbank.ne.jp, @ymobile.ne.jp) を提供していないので、Yahoo!メールやGmailなどのフリーメールを使用する必要があります。

 

留守番電話/転送電話は利用できない

LINEMO (SoftBank on LINE) では、留守番電話や転送電話といった通話オプションを提供していません。

 

ギガノーカウントの対象外となるサービスもある

LINEMO (SoftBank on LINE) は、メッセージアプリ「LINE」をギガノーカウント (カウントフリー) で利用できるのがメリットですが、LINE LIVEやスタンプ・着せ替えショップ、LINEゲーム、LINEマンガなど、ギガノーカウントの対象外となるサービスもあるので注意が必要です。

※ギガノーカウントの対象となるサービスは、LINEトーク、音声通話、ビデオ通話、タイムラインの表示・投稿・シェアなどになっています。

セット割や家族割はなし

ソフトバンクでは、家族間の通話料 (国内通話) が無料になるほか、家族で利用すると1回線ごとに最大2,200円割引になる「新みんな家族割」や、ネット (SoftBank 光/SoftBank Air) とセットで利用すると1,100円割引になる「おうち割 光セット」、ワイモバイルでは、家族で利用すると2回線目以降が550円割引になる「家族割引」や、ネット (SoftBank 光/SoftBank Air) とのセットで利用すると最大1,188円割引になる「おうち割 光セット」といった割引サービスが用意されていますが、今のところ、LINEMO (SoftBank on LINE) ではそういった割引サービスのアナウンスはありません。

ソフトバンク/ワイモバイルからはMNPの手続きが必要になる

ソフトバンクやワイモバイルのユーザーが「LINEMO (ラインモ)」を利用するには、他社から乗り換える場合と同様にMNPの手続き必要ですが、契約事務手数料や契約解除料、MNP転出手数料など移行に関する手数料は無料になっています。

 

実店舗での契約やサポートはない

LINEMOはオンライン専用ブランドとなっているので、ソフトバンクショップ店舗での申し込みや契約後のサポートは利用できません。

※ドコモの「ahamo」では、全国のドコモショップにおいて有償サポート「ahamo WEBお申込みサポート」「ahamo WEBお手続きサポート」が利用可能になっています。

 

3GB未満のライトユーザーはMVNOの方が安くなる

LINEMOには3GBと20GBの種類のプランが用意されていますが、1ヶ月のデータ通信量が3GB未満のライトユーザーは、IIJmioやnuroモバイル、HISモバイルといった格安SIM (MVNO) の方が料金が安くなります。

 

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓

 

大手キャリアの新ブランド『ahamo (アハモ)』『LINEMO (ラインモ)』『povo (ポヴォ)』を徹底比較!!
KDDIと沖縄セルラーは、2021年1月13日 (水) にオンライン専用の新ブランド「povo (ポヴォ)」を発表しました。NTTドコモの新プラン「ahamo (アハモ)」や、ソフトバンクの新ブランド「LINEMO (ラインモ)」と...
タイトルとURLをコピーしました