OPPO A73 (オッポ エーナナサン)/レビュー


Source: “Oga Japan

OPPO A73/詳細

Oga Japan (オウガジャパン) は、SIMフリーのAndroidスマホ「OPPO A73」を2020年11月20日 (金) に発売しました。コスパに優れたAシリーズの最新モデルで、119°広角撮影が可能な4眼カメラや6.44インチの有機ELディスプレイを搭載したeSIM対応のミドルレンジスマホ。メーカー希望小売価格は税込30,800円 (税抜28,000円) で、家電量販店やECサイト、楽天モバイルのほか、goo Simseller (OCNモバイルONE)、BIGLOBEモバイル、IIJmio、LINEモバイル、リンクスメイトなどのMVNO (格安SIM) でも順次に販売開始しています。

特徴・メリット (長所)

  • 2万円台で購入可能な高コスパモデル。
  • 片手でも持ちやすい薄型軽量のボディ。
  • 119°広角撮影に対応したクアッドカメラを搭載している。
  • 6.44インチサイズ (20:9) の大画面有機ELディスプレイ。
  • 急速充電 (QC 3.0) に対応した4,000mAhの大容量バッテリー。
  • ディスプレイ指紋認証と顔認証に対応している。
  • 楽天モバイルやIIJmioのeSIMサービスが利用できる。
  • DSDVに対応しているので、nanoSIMとeSIMで4G+4Gの同時待受けが可能。

注意点・デメリット (欠点)

  • 5G通信には対応していない。
  • 防水や防塵には対応していない。
  • ワイヤレス充電に対応していない。
  • おサイフケータイ機能 (FeliCa) に対応していない。
  • 物理的なSIMカードスロットは1つなので、DSDS機能を利用するにはeSIMサービスの契約が必要になる。

カメラ

アウトカメラ

背面のカメラは1,600万画素 (メイン) +800万画素 (広角) +200万画素 (モノクロ) +200万画素 (深度) のクアッドカメラ。画角119°の超広角で撮影できるほか、夜間でも鮮明な写真を撮影できる「ウルトラナイトモード」は広角カメラでも使用可能。

AIがシーンを認識して最適な色の補正を行う「AIダズルカラーモード」や、背景をぼかして被写体を際立たせる「ポートレートモード」を搭載し、動画撮影時には電子式手ブレ補正 (EIS) によって手持ちでもブレの少ない動画を撮影できます。

概要
カメラ1有効画素数16MP
レンズ5P lens
センサー1/3.06″ OV16A10
画素サイズ1.0μm
画角
絞り値f/2.2
カメラ2 有効画素数 8MP
レンズ5P lens
センサー1/4″ Hi846
画素サイズ1.12μm
画角119°
絞り値f/2.2
カメラ3有効画素数2MP
レンズ3P lens
センサー1/5″ GC02M1B
画素サイズ1.75μm
画角
絞り値f/2.4
カメラ4有効画素数2MP
レンズ3P lens
センサー1/5″ GC02M1B
画素サイズ1.75μm
画角
絞り値f/2.4
オートフォーカスPDAF
デジタルズーム最大10倍
動画撮影 (最大)1080p@30fps, EIS
フラッシュ Dual LED Flash

 

インカメラ

前面のカメラは1,600万画素のシングルレンズ。ナチュラルに盛れる「AIビューティ」は、美肌や小顔のほか、顔を細くする、顎を細くする、目を大きくする、鼻筋を細くする、タッチアップ (薄化粧をする)、3D (彫りを深くする) といったパーツごとのカスタマイズが可能。「ポートレートモード」「ウルトラナイトモード」にも対応しています。

概要
カメラ 有効画素数 16MP
レンズ5P lens
センサー1/3.1″ Sony IMX471
画素サイズ1.0μm
画角
絞り値f/2.0
オートフォーカス
動画撮影 (最大)1080p@30fps
フラッシュ  Screen Flash  

ボディ

外観/デザイン

上部中央のインカメラ部分に水滴型ノッチを備えた、約6.44インチサイズ20:9ワイドディスプレイ。縁幅が1.67mmのベゼルレス (狭額縁) なデザインで、90.7%の高い画面占有率を実現しています。

本体サイズは159.8mm (高さ) ×72.9mm (横幅) ×7.45mm (厚さ)、重量は約162gの薄型軽量ボディ。両面に2.5Dデザイン (アイソメトリックデザイン) を採用しています。

背面パネルにはプラスチック素材を使用し、レザー調の質感でマットな仕上がり。カラーバリエーションは「Navy Blue (ネービー ブルー)」「Dynamic Orange (ダイナミック オレンジ)」の2色となっています。

概要
カラーNavy Blue
Dynamic Orange
防水/防塵
サイズ 縦幅 約159.8mm
横幅約72.9mm
厚さ約7.45mm
重量    約162g    

ディスプレイ

画面/表示

約6.44インチ (アスペクト比 20:9)有機EL (AMOLED) ディスプレイを採用し、解像度はフルHD+ (2,400×1,080ドット)、リフレッシュレートは最大60Hz、タッチサンプリングレートは135Hz (通常時)/180Hz (ゲーム)、色数は1600万色 (8bit)、カバーする色域は96.7% NTSC (Vivid Mode)/70.8% NTSC (Gentle Mode)、コントラスト比は100000:1、通常時の最高輝度は430nit (typ)、ピーク時の最高輝度は600nit (HBM)。

自動で輝度を調整して日差しの強い屋外でも画面を見やすくする「サンライトスクリーン」や、夜間など暗い環境で目の負担を軽減する「ムーライトスクリーン」といった機能を搭載するほか、ディスプレイの下部には指紋認証センサーを内蔵しています。

概要
画面サイズ    約6.44インチ  
パネル種類AMOLED
画面比率20:9 
カメラ部分 水滴型ノッチ
画面占有率90.7%
画面解像度FHD+
画素密度408ppi
カバーガラス  Gorilla Glass 3

パフォーマンス

チップセット/メインメモリー/ストレージ

チップセット (SoC) にはクアルコムの「Snapdragon 662 (SM6115)」を採用し、メインメモリ (RAM) の容量は4GB、内蔵ストレージ (ROM) の容量は64GB、外部ストレージは最大256GBのmicroSDXCカードに対応しています。

概要
SoC モデル Snapdragon 662 
プロセス 11nm FinFET
CPUKryo 260
コア数オクタコア (8コア)
クロック最大2.0GHz
GPUAdreno 610
RAM容量4GB
規格 LPDDR4X
ROM 容量64GB
規格UFS 2.1
microSD容量最大256GB
規格 SD/SDHC/SDXC

バッテリー

容量/充電

バッテリーの容量は4,000mAhで、連続待受け時間 (LTE) は最大380時間、連続通話時間は最大15時間となっているほか、超省エネモードでは約5%のバッテリー残量で約17時間の待ち受け、約1.58時間の通話、就寝時省電力モードでは8時間のスタンバイでバッテリー消費を約3%に抑えることができます。また、急速充電は「Quick Charge 3.0 (9V/2A)」をサポートし、約125分でフル充電が可能になっています。

概要
容量    4,000mAh    
急速充電QC 3.0 (18W)
充電時間約125分
連続通話 VoLTE  約15時間
3G約15時間
連続待受LTE約380時間
3G約380時間
OTG対応
ワイヤレス充電 非対応

ユーザーインターフェース

OS/UI

Android 10ベースのカスタムUI「ColorOS 7.2」を採用し、ゲームに合わせて最適なパフォーマンスを設定できる「ゲームスペース」や、アプリの利用や使用時間を制限できる「キッズスペース」、アイコンや文字が大きく見やすく表示される「シンプルモード」のほか、お気に入りのアプリや機能を素早く起動できる「スマートサイドバー」、3本の指で上から下にスライドすると画面が自動的に保存される「3本指スクリーンショット」といった機能を搭載。生体認証は、ディスプレイ下部に内蔵されたセンサーによる「指紋認証」とインカメラの「顔認証」にも対応しています。

eSIM

OPPO A73は物理的なSIMカードのほかに「eSIM」にも対応してます。eSIM (Embedded Subscriber Identity Module) は、リモートで書き換えが可能な組み込み式のSIMカード。専用アプリやQRコードをスキャンするなどの方法でプロファイルをダウンロードすることでデータ通信サービスが利用できます。

DSDS/DSDV

nanoSIMスロットとeSIMスロットを搭載し、4G+4G同時待受けが可能な「DSDV (デュアルSIMデュアルVoLTE)」にも対応しています。

ネットワーク (対応キャリア)

docomo回線

5G NRには対応しておらず、LTEバンドがBand 1/Band 3/Band 19/Band28、3Gバンド (W-CDMA) がBand 1/Band 6に対応。主要な周波数帯 (バンド) をカバーしているのでドコモ回線のSIMカードで問題なく利用できます。

対応バンド (docomo)
5Gn77  
n78
n79
n257
4G LTEBand 1     〇    
Band 3
Band 19
Band 21
Band 28 
Band 42 
3G
(WCDMA) 
Band 1 
Band 6
VoLTE

au回線

5G NRには対応しておらず、LTEバンドがBand 1/Band 3/Band 18/Band 26/Band 28/Band 41に対応。主要な周波数帯 (バンド) をカバーし、au VoLTEもサポートしているで、au回線のSIMカードで問題なく利用できます。

対応バンド (au)
5Gn77  
n78
n257
4G LTE Band 1     〇    
Band 3
Band 11
Band 18
Band 26
Band 28
Band 41
Band 42  
VoLTE

SoftBank/Y!mobile回線

5G NRには非対応で、LTEバンドがBand 1/Band 3/Band 8/Band28、3Gバンド (W-CDMA) がBand 1/Band 8に対応。主要な周波数帯 (バンド) はカバーしていますが、ソフトバンクのVoLTEには対応していないので注意が必要です。

対応バンド (SoftBank/Y!mobile)
5Gn77  
n257
4G LTEBand 1     〇    
Band 3
Band 8
Band 9
Band 11
Band 28
Band 41
Band 42 
3G
(WCDMA) 
Band 1 
Band 8
VoLTEY!mobileのみ対応

Rakuten回線

5G NRには対応しておらず、LTEバンドがBand 3/Band 18 (auローミング)に対応。Rakuten VoLTEをサポートしているので、楽天モバイル (RAKUTEN UN-LIMIT) のSIMカードでも利用できます。

対応バンド (Rakuten)
5Gn77  
n257
4G LTE Band 3    〇    
(Band 18)
VoLTE

カラーバリエーション

本体カラーは「Dynamic Orange (ダイナミック オレンジ)」「Navy Blue (ネービー ブルー)」の2色を展開しています。

ダイナミックオレンジ

ネービーブルー

スペック (性能) 一覧

スペック表
メーカーOga Japan
モデルOPPO A73
型番CPH2099
発売日2020年11月20日 (金)
販売価格30,800円 (税込)
OS/UIAndroid 10/ColorOS 7.2
ディスプレイ6.44型 有機EL (FHD+)
チップセットSnapdragon 662
RAM4GB
ROM64GB
microSD最大256GB
カメラ背面16MP+8MP+2MP+2MP
前面16MP
バッテリー4,000mAh
急速充電QC 3.0 (9V/2A)
ワイヤレス充電
コネクタUSB Type-C (USB 2.0)
イヤホンジャック搭載
スピーカーモノラル
SIMカードnanoSIM+eSIM
DSDS/DSDVDSDV対応
CA
通信速度DL最大400Mbps
UL最大150Mbps
BandFDD-LTE
B1, B2, B3, B4, B5, B7,
B8, B18, B19, B26, B28
TD-LTE
B38, B41
W-CDMA
B1, B2, B4, B5, B6, B8,
B19
GSM/EDGE
850MHz, 900MHz,
1800MHz, 1900MHz
対応キャリア4キャリア対応
VoLTEdocomo, au, Rakuten
テザリング
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
BluetoothBluetooth® 5.0
測位方式GPS, GLONASS,
GALILEO, BeiDou,
QZSS (みちびき)
センサー類指紋センサー (画面内),
加速度センサー,
磁気センサー,
光センサー,
近接センサー,
ジャイロセンサー,
ステップカウント機能
生体認証指紋認証, 顔認証
ハイレゾ再生
FMラジオ
ワンセグ
NFC
おサイフケータイ
ジャイロスコープ
防水/防塵
耐衝撃
カラーネービーブルー
ダイナミックオレンジ
サイズ159.8×72.9×7.45mm
重量約162g

OPPO A73/セット販売 (MVNO)

オウガジャパンは、2020年11月20日 (金) に4G対応のSIMフリースマホ「OPPO A73」を発売しました。119°広角撮影に対応した4眼カメラ、6.44インチの有機ELディスプレイ、4,000mAhバッテリーを搭載し、指紋認証 (画面内)/顔認証のほか、eSIMにも対応したコスパの高いミドルレンジモデル。大手家電量販店やECサイトのほか、goo Simseller、IIJmio、LINEモバイルなどのMVNO (格安SIM) にて順次に販売開始し、OCNモバイルONEやBIGLOBEモバイルの格安SIMとセットなら実質1万円台で購入可能になっています。

キャンペーン・セール情報

<キャンペーン/セールの一覧>

  • OCNモバイルONE/goo Simseller (~2021/6/15 11:00):スマホセット (端末+音声通話SIM) がセール特価で税込5,489円 (税抜4,990円) になっているほか、完全かけ放題オプションが月額 税込1,100円 (12か月間) で利用できる。
    »OCNモバイルONEのキャンペーン情報
  • BIGLOBEモバイル (終了日未定):音声通話SIMの新規申込で初期費用 税込3,733円相当が無料になるほか、月額料金が最大 税込550円割引 (12ヶ月間)になる、エンタメフリーオプションが無料 (最大6ヶ月間)で利用できる。
    »BIGLOBEモバイルのキャンペーン情報
  • IIJmio (~2021/8/31 23:59):のりかえ (MNP) で「ギガプラン」の音声通話SIMとセットで申し込むと2,990円 (税込)で購入できるほか、新規申込時の契約事務手数料 税込3,300円が1円になる。
    »IIJmioのキャンペーン情報

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、NTTコミュニケーションズが提供するdocomo回線に対応した格安SIMサービス。人気のサブスク音楽配信サービスがデータ消費ゼロになる「MUSICカウントフリーオプション」を追加料金ナシで利用できるなど非常に充実したサービス内容。2021年4月1日 (月) より開始した「新料金プラン」では音声通話SIMが月額770円 (税込)から利用可能になっています。

2020年11月18日 (水) 11:00 より「OPPO A73」の販売を開始し、2021年6月15日 (火) 11:00までの期間限定セールでスマホセット (端末+音声対応SIM) の価格が15,000円OFFになっているので、OCNモバイルONEの格安SIMとセットなら「OPPO A73」が5,489円 (税込)で購入可能です。

概要
回線docomo
初期費用3,733円
月額料金データ770円 (税込) ~
音声858円 (税込) ~
端末代金
一括払い 5,489円 (税込) 
分割目安228円 (税込) ×24回

 

»OCNモバイルONEの詳細・評判・口コミ

 

↓↓↓キャンペーンサイトはこちら↓↓↓

BIGLOBE mobile (ビッグローブモバイル)

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは、KDDIグループの「BIGLOBE」が提供する格安SIMサービス。YouTubeなどの動画配信サービスや音楽配信サービスのほか、電子書籍配信サービス、ネットラジオ、Facebook Messenger、au PAY マーケット (Wowma!) など、対象のコンテンツがデータ消費ゼロになる「エンタメフリー・オプション」を音声通話SIMなら月額308円 (税込)できます

概要
回線docomo/au
初期費用3,733円 (税込)
月額料金データ990円 (税込) ~
音声1,078円 (税込) ~
端末代金支払総額販売終了
分割払い

 

»BIGLOBEモバイルの詳細・評判・口コミ

 

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓

IIJmio (アイアイジェイミオ)

IIJmioは、老舗プロバイダのインターネットイニシアティブ (IIJ) が提供する格安SIMサービス。音声通話とSMSに特化したシンプルなプラン「ケータイプラン」や、月額528円 (税込) から利用可能な従量課金制の新プラン「従量制プラン」など、多様な通信サービスを展開し、2021年4月1日 (木) より開始した新料金プラン「ギガプラン」では、eSIMが月額440円 (税込)、音声通話SIMが月額858円 (税込) から利用可能。

2020年11月20日 (金) 11:00 より「OPPO A73」の販売を開始し、価格は一括: 21,500円 (税込)/分割: 897円 (税込) ×24回。2021年8月31日 (火) まで実施中の「新機能追加!ギガプラン端末割引キャンペーン スマホ大特価セール」では、他社から乗り換え (MNP) で「ギガプラン」の音声通話SIMとセットで申し込むと「OPPO A73」が一括: 2,990円 (税込)/分割: 125円 (税込) ×24回で購入できるほか、新規申込時の事務手数料 3,300円 (税込) が1円になるといった特典が用意されています。

ギガプランの新規申込時の事務手数料 (税込3,300円) が1円になるキャンペーンを開催中です。

概要
回線docomo/au
初期費用221~447円 (税込)
月額料金データ528円 (税込) ~
音声858円 (税込) ~
端末代金一括払い 21,500円 (税込) 
分割払い 897円 (税込) ×24回 

 

»IIJmio (アイアイジェイミオ) の詳細・評判・口コミ

 

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓
IIJmio(みおふぉん)

※IIJmio公式サイトを必ず確認してから申込をお願いいたします。
※特典やキャンペーン内容はすべてIIJmio公式サイトの内容が正となります。

QTmobile (QTモバイル)

QTモバイルは、九州電力グループの「QTnet」が提供する格安SIMサービス。docomo回線、au回線、SoftBank回線のトリプルキャリアに対応し、docomo回線なら音声通話SIMの2GBプランが月額 税込1,100円 (税抜1,000円)で利用可能になっていますす。

概要
回線3キャリア対応
初期費用3,553円 (税込) ~
月額料金データ770円 (税込) ~
音声1,100円 (税込) ~
端末代金一括払い 25,080円 (税込) 
分割払い1,045円 (税込) ×24回

 

»QTモバイルの詳細・評判・口コミ

 

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓
【QTモバイル】(株式会社QTnet)

OPPO A73/端末比較

OPPO A73 (オッポ エーナナサン) は、大画面の有機ELディスプレイや広角撮影が可能な4眼カメラを搭載し、eSIMにも対応したコスパに優れたミドルレンジスマホ。おサイフケータイも利用可能な人気モデル「OPPO Reno3 A」とではどのように違うのか比較します。

OPPO Reno3 A (OPPO)

2020年6月25日 (木) に発売されたReno Aシリーズの最新モデル。高性能な4眼カメラや有機ELディスプレイを搭載し、防水/防塵 (IP68)、顔認証/指紋認証 (画面内)、DSDVに対応するほか、おサイフケータイ (Felica) も利用可能になっています。

スペック表
メーカーOPPO Japan
モデルReno3 A
発売日2020/6/25
販売価格3万円台
カメラ背面48MP+8MP+2MP+2MP
前面16MP
ディスプレイ6.44型 (20:9)
FHD+ 有機EL
OSAndroid 10
UIColorOS 7.1
SoCSnapdragon 665
RAM/ROM6GB/128GB
バッテリー4,025mAh
生体認証指紋/顔
ワンセグ
おサイフケータイ
防水/防塵IP68
DSDS/DSDVDSDV対応
サイズ160.9×74.1×8.2mm
重量約175g
『OPPO A73』と『OPPO Reno3 A』の違いを比較!
オウガジャパンは、2020年11月20日 (金) にOPPO Aシリーズの最新モデル「OPPO A73」を発売しました。人気モデルのReno Aシリーズ「OPPO Reno3 A」とではどのように違うのかを比較します。 スペックを...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました