IIJmioのeSIMサービス『データプラン ゼロ』を徹底解説!!

IIJmio (アイアイジェイミオ) では、個人向けeSIMサービスの正式版「IIJmio eSIMサービス データプラン ゼロ」を2020年3月19日 (木) より提供開始しました。月額利用料は税込165円 (税抜150円) で、サブ回線に最適なプランとなっています。

»公式サイト: IIJmio

・IIJmio公式サイトを必ず確認してから申込をお願いいたします。
・特典やキャンペーン内容はすべてIIJmio公式サイトの内容が正となります。

IIJmio eSIMサービス データプラン ゼロ

概要 (税込)
運営 IIJ
回線 docomo
初期費用 3,300円
SIM発行費用 220円/1Profile
月額料金 165円
データ通信量 0GB
容量シェア
ネット使い放題
SMS機能
音声通話機能
電話かけ放題
通信制限 366MB以上/3日間
通信量の翌月繰越 不可
容量追加 330円/1GB ~
通信速度
(理論値)
送信時: 最大1288Mbps
受信時: 最大131.3Mbps
テザリング
高速/低速の切替
バースト転送機能
カウントフリー なし
最低利用期間 契約日の翌月末まで
(最大2ヶ月)
契約解除料

「eSIMサービス データプラン ゼロ」の概要

IIJmioのeSIMサービス「データプラン ゼロ」は、ドコモ回線を利用したデータ通信専用プランで、音声通話やSMS機能は追加できません。月々のデータ通信量 (バンドルクーポン) は付帯されておらず、1GB単位で必要な時に必要な分だけデータ通信量をチャージするサービス。

基本料金は月額150円 (税別)。チャージ料金は、毎月最初の1GBが330円 (税込)、2GB以降は1GBにつき495円 (税込) で、最大10GBまでチャージ可能になっています。

eSIMサービス「データプラン ゼロ」の対応機種

IIJmioのeSIMサービス「データプラン ゼロ」に対応する機種 (動作確認済端末) は、

[スマートフォン]
iOS (Apple): iPhone SE (第2世代), iPhone XR, iPhone XS, iPhone XS Max, iPhone 11, iPhone 11 Pro, iPhone 11 Pro Max, iPhone 12, iPhone 12 mini, iPhone 12 Pro, iPhone 12 Pro Max
Android (Google): Pixel 4, Pixel 4 XL, Pixel 4a, Pixel 4a 5G, Pixel 5,
Android (その他): HUAWEI P40 Pro 5G, OPPO A73, Rakuten mini

[タブレット]
iOS/iPadOS (Apple): iPad (第7世代), iPad (第8世代), iPad Air (第3世代), iPad mini (第5世代), iPad Pro 11インチ, iPad Pro 11インチ (第2世代), iPad Pro 12.9インチ (第3世代), iPad Pro 12.9インチ (第4世代)

[ノートPC]
Windows (Microsoft): Surface Pro LTE Advanced, Surface Pro X
Windows (ASUS): TransBook Mini T103HAF-LTE, TransBook Mini T103HAF-GR079LTE
Windows (Panasonic): Let’s note CF-LV9WTYQP

となっていて、SIMフリー端末で利用可能。キャリアモデルで使用する場合はSIMロックの解除が必要になります。

eSIMサービス「データプラン ゼロ」の特徴・メリット

<特徴・メリット>

  • ネット上で手続きを完了させて、すぐ使い始めることができる。
  • アクティベーションコード (QRコード) を読み込むだけで簡単に設定できる。
  • メイン回線の契約はそのままで、eSIMでモバイル回線を2重化できる。
  • データ通信を利用しない場合は月額165円 (税込) で回線を維持できる。
  • 大手キャリアの半額以下の料金でデータ通信が利用できる。

ネット上で手続きを完了できる

IIJmio eSIMサービス「データプラン ゼロ」は、実店舗に出向いたり、SIMカードが郵送されるのを待つ必要もなく、オンライン上で申し込みから設定までのすべての手続きを完了させて、すぐに利用し始めることができます。

簡単に設定できる

IIJmioのeSIMサービスは、端末でQRコードを読み込むだけで設定できるので、だれでも簡単に利用することができます。

モバイル回線の2重化

IIJmioのeSIMサービスによってモバイル回線を2重化し、通信障害などのトラブル時に予備回線として利用することができます。

月額150円で回線を維持できる

IIJmio eSIMサービス「データプラン ゼロ」は、必要な分だけデータ容量を追加する方式のプランになっているので、データ通信を利用しない月は月額 税込165円 (税抜150円) で回線を維持することができます。

大手キャリアの半額以下の料金

IIJmio eSIMサービス「データプラン ゼロ」のチャージ料金は、最初の1GBが 税込330円 (税抜300円)、2GB以降は1GBあたり税込495円 (税抜450円) となっており、大手キャリアの半額以下の料金でデータ通信を利用することができます。

チャージ料金の比較 (税込)
docomo     1,100円/1GB   
au 1,100円/1GB
SoftBank   1,100円/1GB
IIJmio 1回目: 330円/1GB
2回目以降: 495円/1GB

eSIMサービス「データプラン ゼロ」の注意点・デメリット

<注意点・デメリット>

  • eSIMに対応している機種が限られている。
  • キャリアモデルの場合は、SIMロックの解除が必要である。
  • データ通信専用プランで、SMS機能や音声通話機能を追加できない。
  • 高速/低速の切り替え (ターボ機能 ON/OFF) ができない。
  • 追加クーポン (データ容量) の翌月繰越ができない。
  • データシェア (容量シェア) には対応していない。
  • eSIMプラン (ベータ版) や物理SIMカードへの変更はできない。

eSIM対応の機種

IIJmioのeSIMサービスが利用できるのは、2018年以降に発売されたiPhoneやiPad、Pixel 4、Surface Pro、TransBook Miniなどのみで、eSIMに対応している端末自体が多くありません。

SIMロックの解除

IIJmioのeSIMサービスをSIMフリー端末ではなくキャリア端末で利用する場合、SIMロックの解除が必要になります。

データ通信専用プラン

IIJmio eSIMサービス「データプラン ゼロ」はデータ通信専用のプランとなっているので、SMS (ショートメッセージサービス) や音声通話といった機能を追加することができません。

高速/低速の切り替え

IIJmio eSIMサービス「データプラン ゼロ」は、IIJmioクーポンスイッチ (みおぽん) に対応しておらず、高速通信と低速通信を切り替えることができません、

翌月繰越

IIJmio eSIMサービス「データプラン ゼロ」では、追加したデータ容量の有効期限は当月末日までとなっており、残ったデータ容量を翌月に繰り越しできないので注意が必要です。

データシェア

IIJmio eSIMサービス「データプラン ゼロ」では、複数のSIMでデータ容量をシェアすることができません。

プラン変更

IIJmioでは「eSIMプラン (ベータ版)」と「データプラン ゼロ」のプラン変更や、eSIMから物理SIMカードへの変更はできません。

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓
IIJmio(みおふぉん)

・IIJmio公式サイトを必ず確認してから申込をお願いいたします。
・特典やキャンペーン内容はすべてIIJmio公式サイトの内容が正となります。

スポンサーリンク
レクタングル (大) 広告
レクタングル (大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル (大) 広告