AQUOS sense6s (アクオス センスシックスエス)/レビュー

アクオス センス6s
Source: “SHARP

シャープは、5G対応スマートフォン「AQUOS sense6s」を発表しました。senseシリーズでは初めてIGZO OLEDを採用した「AQUOS sense6」のマイナーチェンジモデル。2022年4月28日 (木) にauとUQ mobileから発売し、販売価格は40,470円 (税込) になっています。

AQUOS sense6s/販売情報

2022年4月28日 (木) よりKDDIと沖縄セルラーが「au」と「UQモバイル」から販売開始し、UQモバイルの公式オンラインショップでは、SIMカードとセットで申し込むと1万円台でも購入可能になっています。

UQ mobile

UQモバイルは、KDDIがauのサブブランドとして展開する格安SIMサービス。5G対応プラン「くりこしプラン +5G」が月額1,628円 (税込) から利用できるほか、自宅の電気やネットとのセット利用で月額料金が最大780円割引になる「自宅セット割」といった割引サービスも用意されています。

公式オンラインショップでは、2022年4月28日 (木) に「AQUOS sense6s」を発売し、新規番号を取得して「くりこしプラン +5G」とセットで申し込み、増量オプションIIに加入すると29,470円 (税込)、他社からの乗り換え (MNP) で「くりこしプラン +5G」とセットで申し込み、増量オプションIIに加入すると18,470円 (税込)で購入可能です。

料金表 (税込)
初期費用3,300円
月額料金 プランS (3GB)1,628円
プランM (15GB)2,728円
プランL (25GB)3,828円
増量オプション1年目無料
2年目~+550円
10分かけ放題+770円
24時間かけ放題+1,870円
端末代金
新規契約オプション
加入なし
33,870円
1,411円×23回 (初回は1,417円)
オプション
加入あり
29,470円
1,227円×23回 (初回は1,249円)
MNPオプション
加入なし
22,870円
952円×23回 (初回は974円)
オプション
加入あり
18,470円
769円×23回 (初回は783円)
最低利用期間 なし 
契約解除料0円

※端末代金の分割払いは、24回払いのほか、36回払いと48回払いが選択できます。
※auやpovo 1.0からの乗り換え (MNP) の場合の購入価格は40,470円 (税込) になります。
※増量オプションⅡの料金は、13ヶ月目まで無料、14ヶ月目以降は月額550円 (税込) になります。

 

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓

 

UQ mobile (UQモバイル) の詳細
UQコミュニケーションズが提供する格安SIM・格安スマホ「UQmobile (UQモバイル)」。口コミや評判、キャンペーン、おすすめ情報、メリット・デメリットなどの詳細な情報をわかりやすくまとめて解説しています。

AQUOS wish/詳細

概要

AQUOS sense6s (アクオス センスシックスエス) は、2021年11月に発売された5G対応スタンダードスマートフォン「AQUOS sense6」のチップセットが強化されたマイナーチェンジモデル。6.1インチのIGZO OLED (有機EL) ディスプレイのほか、4,800万画素トリプルカメラ、Snapdragon 695 5G、4GBメモリー64GBストレージ、4,570mAhバッテリーを搭載し、指紋認証 (画面内)/顔認証、防水/防塵、MIL規格、eSIM、DSDV、FeliCa (おサイフケータイ) などに対応しています。

特徴・メリット (長所)

  • コスパに優れた5Gスマートフォン。
  • 片手でも扱いやすい軽量コンパクトなデザイン。
  • 120°広角撮影や光学ズームに対応した3眼カメラ。
  • 高精細なIGZO OLEDディスプレイを採用している。
  • 防水 (IPX5/IPX8) や防塵 (IP6X) に対応している。
  • 米国国防総省が定めるMIL規格に準拠した堅牢ボディ。
  • 1週間の電池持ちを実現する大容量バッテリーを搭載している。
  • 生体認証は画面内の「指紋認証」と「顔認証」に対応していている。
  • 物理SIMだけでなく「eSIM」に対応し、2回線の同時待ち受けも可能。
  • クイックスイッチアダプターが同梱されている。
  • FeliCa (おサイフケータイ) に対応している。

高コスパモデル

AQUOS sense6sの販売価格は4万470円 (税込) ですが、UQモバイルの公式オンラインショップでは「くりこしプラン +5G」とセットで申し込むこと端末代金を最大22,000円割引してくれるので1万円台から購入可能になっています

軽量コンパクト

画面内に指紋センサーが配置され、フレキシブルOLEDを採用することで「AQUOS sense5G」から約11%の薄型化、重量は20g以上の軽量化を実現し、本体サイズは約152mm (高さ) ×約70mm (横幅) ×約7.9mm (厚さ)重さは約156g。大容量バッテリーを搭載しながらも、片手で扱いやすい、軽量でコンパクトなデザインになっています。

3眼カメラ

背面のカメラは4,800万画素 (標準) +800万画素 (広角) +800万画素 (望遠)トリプルレンズ画角120°の超広角撮影2倍の光学ズームに対応し、メインカメラではクアッドピクセルテクノロジーにより暗所でもノイズを抑えたキレイな写真が撮影可能です。

防水/防塵

本体はIPX5 (防噴流形) およびIPX8 (水中形)防水性能IP6X (耐塵形)防塵性能を備えているので、 屋外や水回りでも安心して使用することができます。

※IPX5は、内径6.3mmの注水ノズルを使用して約3mの距離から、約12.5ℓ/分の水を最低3分間注水する条件であらゆる方向から噴流水を当てても有害な影響がないこと、IPX8は、常温で水道水、かつ静水の水深1.5mのところに端末を沈めて約30分間放置しても有害な影響がないこと、IP6Xは、直径75μm以下の塵埃が入った装置に端末を8時間入れて撹拌させても有害な影響がないことを表しています。

耐衝撃 (MIL規格)

1.22mの高さから鋼板に26方向で落下させる耐衝撃 (落下) 試験をはじめ、耐振動、高温動作、低温動作、温度耐久、耐日射試験など、米国防総省が制定する「MIL-STD-810H」に準拠した17項目の試験をクリアし、不意の落下でも安心な堅牢設計になっています。

大容量バッテリー

ベースモデル「AQUOS sense6」と同様に4,570mAhの大容量バッテリーを搭載し、IGZO OLEDのアイドリングストップ技術などによって “1週間の電池持ち” を実現するほか、充電時のバッテリーの劣化を抑える「インテリジェントチャージ」により3年後も電池容量90%以上の維持を可能にしています。

生体認証

生体認証は、インカメラによる「顔認証」のほか、ディスプレイの下部中央に搭載された指紋センサーによる「指紋認証」に対応しているので、マスクの装着時でもスムーズに画面のロックを解除できます。

eSIM/DSDS

物理SIM (nano SIM) だけでなく「eSIM」をサポートし、DSDV (デュアルSIMデュアルVoLTE) にも対応しているので、2つの電話番号で同時に待受可能になっています。

クイックスイッチアダプター

本体には「クイックスイッチアダプター」が付属しているので、以前のiPhoneやAndroid端末とケーブルでつなぐだけで、簡単にデータ移行ができます。

FeliCa (おサイフケータイ)

FeliCaチップを搭載しているので、おサイフケータイやGoogle Payなどの非接触決済サービスを利用する事ができます。

注意点・デメリット (欠点)

  • ヘビーユーザーには少し物足りない。
  • ワイヤレス充電には対応していない。
  • au/UQモバイル版には充電器が付属していない。

ヘビーユーザー向きではない

チップセット (SoC) には6nmプロセスの「Snapdragon 695 5G」を採用し、メインメモリ (RAM) の容量は4GB、内蔵ストレージ (ROM) の容量は64GB。普段使いには十分ですが、最新の3Dゲームをプレイするヘビーユーザーには物足りないスペックになっています。

充電器は付属していない

KDDI版 (au, UQ mobile) にはイヤホンや充電器が付属していないので、持っていない場合は別途購入する必要があります。

 

カラーバリエーション

本体のボディカラーは「Light Copper (ライトカッパー)」「Silver (シルバー)「Black (ブラック)」の3色となっています。

ライトカッパー

sense6s ライトカッパー

シルバー

sense6s カラー2 シルバー

ブラック

AQUOS sense6s カラー3 ブラック

スペック一覧

スペック表
メーカーSHARP
モデルAQUOS sense6s
型番auSHG07
UQ
SIMフリー
発売日au2022年4月28日 (木)
UQ2022年4月28日 (木)
SIMフリー
販売価格
(税込)
au40,470円 (税込)
UQ40,470円 (税込)
SIMフリー
カメラ
(背面)
画素数4,800万画素 | 800万画素 | 800万画素
画素サイズー | ー | ー
焦点距離26mm相当 | 15mm相当 | 53mm相当 (35mm換算)
画角79° | 120° | 45°
絞り値F1.8 | F2.4 | F2.4
カメラ
(前面)
画素数800万画素
画素サイズ
焦点距離26mm相当
画角78°
絞り値F2.0
OS/UIAndroid 11
画面サイズ約6.1インチ (20.27:9)
パネル種類IGZO OLED
解像度フルHD+ (2,432×1,080)
SoCモデルSnapdragon 695 5G
プロセスTSMC N6
CPUKryo 660(最大2.2GHz, オクタコア)
GPUAdreo 619
NPU/DSPHexagon 686
モデムSnapdragon X51 5G Modem-RF System
RAM容量4GB
規格LPDDR4x
ROM容量64GB
規格UFS 2.2
microSD最大1TB
バッテリーバッテリー4,570mAh
急速充電USB PD 3.0
QI充電非対応
充電時間約150分
使用時間連続通話約3,730分
連続待受約940時間
コネクタUSB Type-C
イヤホンジャック
スピーカーモノラルスピーカー
SIMカードnanoSIM, eSIM
DSDS/DSDVDSDV対応
CA
通信速度受信時最大2.1Gbps
送信時最大218Mbps
対応通信5G (sub6/NR化), 4G LTE, WiMAX 2+
Band5G NRFR1 (sub6): n28, n77, n78, n79
4G LTEFDD-LTE: B1, B2, B3, B5, B12, B17, B18, B19
TDD-LTE: B38, B41, B42
3GW-CDMA: B1, B2, B5
2GGSM: 850MHz, 900MHz, 1800MHz, 1900MHz
対応キャリアau
VoLTE
テザリング最大15台 (Wi-Fi接続時は最大10台)
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz帯/5GHz帯)
BluetoothBluetooth® 5.1
測位方式GPS, Beidou, Galileo, Glonass, QZSS (みちびき)
センサー類(確認中)
生体認証指紋認証/顔認証
ハイレゾ再生
ワンセグ/フルセグー/ー
NFC/FeliCa〇/〇
保護性能防水性能〇 (IPX5/IPX8)
防塵性能〇 (IP6X)
耐久性能〇 (MIL-STD-810H 17項目)
カラーライトカッパー, シルバー, ブラック
サイズ高さ152mm
横幅70mm
厚さ7.9mm (最厚部 9.2mm)
重量約156g

AQUOS sense6sとAQUOS sense6の違いを比較

ベースモデルの「AQUOS sense6」は、6.1インチのIGZO OLED、4,800万画素のトリプルカメラ、Snapdragon 690 5G、4GB/6GBメモリー、64GB/128GBストレージ、4,570mAhバッテリーを搭載し、eSIMが利用できるほか、防水/防塵、おサイフケータイ (FeliCa) などに対応しています。

スペック表

スペック一覧
モデルAQUOS sense6sAQUOS sense6
メーカーSHARPSHARP
発売日2022年4月2021年11月
価格 (税込)4万円台4万円台
カメラ (背面)48MP+8MP+8MP48MP+8MP+8MP
カメラ (前面)8MP8MP
ディスプレイ6.1型 FHD+ IGZO OLED6.1型 FHD+ IGZO OLED
初期OSAndroid 11Android 11
SoCSnapdragon 695 5GSnapdragon 690 5G
RAM4GB4GB/6GB
ROM64GB64GB/128GB
外部メモリ最大1TB最大1TB
バッテリー4,570mAh4,570mAh
急速充電
コネクタUSB Type-CUSB Type-C
SIMカードnanoSIM, eSIMnanoSIM, eSIM
Wi-FiWi-Fi 4/5Wi-Fi 4/5
Bluetooth5.15.1
テザリング
ハイレゾ
耐衝撃MIL規格MIL規格
防水性能IPX5/IPX8IPX5/IPX8
防塵性能IP6XIP6X
生体認証指紋認証/顔認証指紋認証/顔認証
おサイフケータイ
ワンセグ
本体カラーBlack, Silver, Light CopperBlack, Silver, Light Copper
サイズ152×70×7.9mm152×70×7.9mm
重量約156g約156g

主な共通点

  • カメラ
    »アウトカメラは48MP+8MP+8MP、インカメラは8MPになっています。
  • ディスプレイ
    »約6.1インチサイズのIGZO OLEDディスプレイを採用しています。
  • バッテリー
    »バッテリーの容量は4,570mAhになっています。
  • 防水/防塵/耐衝撃
    »IPX8およびIPX5の防水、IP6Xの防塵に対応し、MIL規格に準拠しています。
  • eSIM/DSDS
    »eSIMをサポートし、DSDVに対応しています。
  • 生体認証
    »ディスプレイ指紋認証と顔認証に対応しています。
  • おサイフケータイ (FeliCa)
    »FeliCaチップを搭載しています。

主な違い

  • チップセット (SoC)
    »AQUOS sense6s: 6nmプロセスのSnapdragon 695 5Gを採用しています。
    »AQUOS sense6: 8nmプロセスのSnapdragon 690 5Gを採用しています。
  • メインメモリー (RAM)/ストレージ (ROM)
    »AQUOS sense6s: KDDI版は4GB RAM/64GB ROMのモデルのみになっています。
    »AQUOS sense6: 4GB RAM/64GB ROMと6GB RAM/128GB ROMの2種類のモデル。
  • バッテリー
    »AQUOS sense6: USB PD 3.0対応の4,570mAhバッテリーを搭載しています。
    »OPPO A55s 5G: 4,000mAhバッテリーを搭載し、急速充電には対応していません。
  • 耐久性能 (MIL規格)
    »AQUOS sense6: MIL-STD-810Hの17項目に準拠しています。
    »OPPO A55s 5G: MIL規格に関する記載はされてません。
  • 生体認証
    »AQUOS sense6: 指紋認証 (画面内)と顔認証に対応しています。
    »OPPO A55s 5G: 顔認証にのみ対応しています。
  • FeliCa (おサイフケータイ)
    »AQUOS sense6: FeliCa搭載なので、おサイフケータイなどのサービスが利用できます。
    »OPPO A55s 5G: FeliCa非搭載なので、おサイフケータイなどは利用できません。
  • サイズ/重量
    »AQUOS sense6: 本体サイズはH152×W70×D7.9mm、重量は約156gになっています。
    »OPPO A55s 5G: 本体サイズはH162.1×W74.7×D8.2mm、重量は約178gになっています。

パフォーマンスの比較

チップセット

ベースモデルの「AQUOS sense6」では8nmプロセスの「Snapdragon 690 5G」を搭載していましたが、最新モデルの「AQUOS sense6s」には6nmプロセスの「Snapdragon 695 5G」が採用されており、CPUの性能は約15%向上、GPUの性能は約30%向上しています。

概要
AQUOS sense6sモデルSnapdragon 695
プロセス TSMC N6
CPUKryo 660 (2×2.2GHz + 6×1.8GHz)
GPUAdreno 619
NPUHexagon 686 DSP
モデムSnapdragon X51 5G
AQUOS sense6モデルSnapdragon 690
プロセス Samsung 8nm LPP
CPUKryo 560 (2×2.0GHz + 6×1.7GHz)
GPUAdreno 619L
NPUHexagon 692 DSP
モデムSnapdragon X51 5G

メインメモリー/ストレージ

KDDI版 (SHG07/SHG05) は4GBメモリーと64GBストレージを搭載していますが、SIMフリー版の「AQUOS sense6 SH-M19」には6GBメモリーと128GBストレージを搭載したモデルが用意されています。

概要
AQUOS sense6sRAM4GB
ROM64GB
microSD  最大1TB
AQUOS sense6RAM4GB/6GB
ROM64GB/128GB
microSD  最大1TB

バッテリーの比較

バッテリー/充電

どちらも、バッテリー容量は4,570mAhで、USB PD 3.0の急速充電をサポートし、ワイヤレス充電には非対応ですが、バッテリーの駆動時間は「AQUOS sense6s」の方が長持ちになっています。

概要
AQUOS sense6s容量4,570mAh
急速充電USB PD 3.0
充電時間約150分
連続通話約3,730分
連続待受 約940時間
AQUOS sense6容量4,570mAh
急速充電USB PD 3.0
充電時間約150分
連続通話約3,010分
連続待受 約920時間

「AQUOS sense6」と「AQUOS sense6s」のどちらがオススメ?

スタンダードシリーズの最新モデル「AQUOS sense6s」とベースモデル「AQUOS sense6s」を比較すると、カメラやディスプレイ、バッテリー、本体のサイズ等に違いはありませんが、チップセット (SoC) の性能が上回っているほか、販売価格に差もないので、auやUQモバイルで新規購入するのなら「AQUOS sense6s」の方がおススメです。

AQUOS sense6 SH-M19 (アクオス センス シックス)/レビュー
シャープは5Gスマホ「AQUOS sense6 (アクオスセンスシックス)」のSIMフリーモデルを発表しました。IGZO OLEDやトリプルカメラ、大容量バッテリーを搭載し、おサイフケータイも利用可能。特徴、スペック、メリット、デメリット、キャンペーンやセール情報などを詳しく解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました