Xperia 5 IV (エクスペリア ファイブ マークフォー)/レビュー

Xperia 5 IV

ソニーは、5G対応のAndroidスマートフォン「Xperia 5 IV」を発表しました。コンパクトなボディに高性能なカメラや21:9シネマワイドディスプレイ、5,000mAhバッテリーを搭載したハイエンドモデル。日本国内では、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの4社が取り扱いをしており、発売日は10月21日 (金) になっています。

Source: “Sony

Xperia 5 IV/概要

Xperia 5 IVのスペック

スペック概要

Xperia 5 IV (エクスペリア ファイブ マークフォー) は、2022年9月1日にグローバル向けに発表されたXperia 5シリーズの最新モデル。

背面のカメラは1,220万画素 (広角) +1,220万画素 (超広角) +1,220万画素 (望遠) のトリプルレンズ。リアルタイム瞳AFやリアルタイムトラッキングにも対応。前面のカメラは1,220万画素 (広角)、4K HDR動画の撮影が可能になっています。

6.1インチの有機ELディスプレイを採用し、最大120Hzのリフレッシュレート、240Hzのタッチサンプリングレートに対応。4nmプロセスのSnapdragon 8 Gen 1、8GBメモリー、128GB/256GBストレージ、5,000mAhの大容量バッテリーを搭載するほか、ワイヤレス充電、指紋認証、eSIM、FeliCaなどに対応したコンパクトなハイエンドモデル。

特徴やメリット (長所)

  • 片手でも扱いやすいコンパクトなハイエンドスマートフォン。
  • ZEISSレンズを採用した12MP (広角) +12MP (超広角) +12MP (望遠) の3眼カメラ。
  • 広角カメラと望遠カメラには光学式手ブレ補正 (OIS) を搭載している。
  • カメラアプリ「Photography Pro」や動画アプリ「Videography Pro」も搭載している。
  • インカメラも4K HDR動画の撮影が可能になっている。
  • HDR表示や120Hz駆動に対応した6.1インチ (21:9) の有機ELディスプレイ。
  • Corningの強化ガラス「Gorilla Glass Victus」を両面に採用している。
  • IPX5およびIPX8の防水性能、IP6Xの防塵性能を備えている。
  • ハイエンドチップ「Snapdragon 8 Gen 1」を搭載している。
  • 5,000mAhの大容量バッテリーを搭載している。
  • Xperia 5シリーズとしては初めてワイヤレス充電にも対応している。
  • 3.5mmイヤホンジャックやステレオスピーカーを搭載している。
  • 物理SIM (nanoSIM) とeSIMのデュアルSIM。
  • おサイフケータイ (FeliCa) が利用できる。

注意点やデメリット (欠点)

  • 本体価格が10万円以上と高額になっている。
  • 望遠カメラは60mmの単焦点になっている。
  • 指紋認証のみで顔認証には対応していない。
  • Xperia 1 IVよりもサイズが小さいので発熱の問題が懸念される。

スペック一覧

スペック表
メーカーSONY
モデルXperia 5 IV
型番SO-54C, SOG09, A204SO, XQ-CQ44
発売日2022年10月21日
販売価格11万円台 ~
カメラ
(背面)
画素数12.2MP | 12.2MP | 12.2MP
画素サイズ1.8μm | ー | ー
焦点距離24mm | 16mm | 60mm
FOV82° | 124° | 40°
絞り値F1.7 | F2.2 | F2.4
AFDual Pixel PDAF
動画4K 24/25/30/60/120fps HDR, 5-axis gyro-EIS, OIS
カメラ
(前面)
画素数12.2MP
画素サイズ1.25μm
焦点距離24mm
FOV83°
絞り値F2.0
動画4K 30fps, 1080p 30/60fps, 5-axis gyro-EIS
OSAndroid 12
画面サイズ6.1インチ (21:9)
種類OLED
解像度2,520×1,080 (FHD+)
ガラスCorning Gorilla Glass Victus
チップセット
(SoC)
モデルQualcomm Snapdragon 8 Gen 1
プロセス4nm
CPUKryo CPU (最大3.0GHz, 8コア)
GPUAdreno GPU
モデムSnapdragon X65
メインメモリ
(RAM)
容量8GB
規格LPDDR5
ストレージ
(ROM)
容量128GB/256GB
規格UFS 3.X
microSD最大1TB
バッテリー容量5,000mAh
急速充電USB PD
充電時間約120分
使用時間連続通話約2,000分
連続待受約530時間
ワイヤレス充電対応
コネクタUSB Type-C (USB 3.1 Gen 1)
イヤホンジャック
SIMカードnanoSIM, eSIM
DSDS/DSDV
CA
通信速度受信時最大4.2Gbps
送信時最大218Mbps
Band5G NRSub6: n3, n28, n41, n77, n78, n79
4G LTEFDD-LTE: B1, B3, B4, B5, B7, B8, B12, B17, B18, B19, B21, B26, B28
TD-LTE: B38, B39, B40, B41, B42
3GW-CDMA: B1, B5, B6, B8, B19
2GGSM: 850MHz, 900MHz, 1800MHz, 1900MHz
対応キャリアdocomo, au, SoftBank, Rakuten
VoLTE
テザリング
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac/ax (2.4GHz/5GHz/6GHz)
Bluetoothver5.2
測位方式GPS, A-GPS, Glonass, Galileo BeiDou, QZSS (みちびき)
センサー類(確認中)
生体認証顔認証
指紋認証
スピーカーステレオスピーカー
ワンセグ/フルセグー/ー
ハイレゾ再生
NFC
FeliCa
ジャイロ
保護性能防水IPX5/IPX8
防塵IP6X
耐衝撃
カラーBlack, Ecru White, Green, (Blue, Purple)
サイズ高さ約156mm
横幅約67mm
厚さ約8.2mm (最厚部: 約9.7mm)
重量約172g

Xperia 5 IV/購入情報

Xperia 5 IVの価格情報

ソニーの5Gスマートフォン「Xperia 5 IV」は、2022年10月21日 (金) に、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの4社から発売予定になっています。

取扱業者一覧
直営
量販店
ECサイト
通信事業者MNOdocomo, au, SoftBank, Rakuten Mobile
MVNO

どこで購入するのが1番安い?最安値は?

格安スマホのセール情報

ドコモ公式オンラインショップの販売価格は13万7,280円 (税込)、au公式オンラインショップの販売価格は13万4,900円 (税込)、ソフトバンクの公式オンラインショップの販売価格は14万7,600円 (税込)、楽天モバイル公式オンラインショップの販売価格は11万9,900円 (税込) となっており、楽天モバイルが最安値になっています。

購入価格一覧 (税込)
docomo新規番号137,280円
のりかえ137,280円
機種変更137,280円
au新規番号123,900円
のりかえ112,900円
機種変更118,400円
SoftBank新規番号147,600円
のりかえ147,600円
機種変更147,600円
楽天モバイル新規番号119,900円
のりかえ103,900円
機種変更119,900円

楽天モバイル

楽天モバイルのキャリアサービス

楽天モバイルは、2020年4月より開始した第4のキャリア (MNO) サービス。5G対応の新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」は、データ通信量が3GBまで月額1,078円 (税込)、Rakuten Linkアプリの利用で国内通話がかけ放題になります。

2022年10月21日 (金) 9時に「Xperia 5 IV (XQ-CQ44)」を販売開始し、端末価格は一括: 119,900円 (税込)/分割: 4,995円 (税込) ×24回ですが、他社から乗り換え (MNP) で「Rakuten UN-LIMIT VII」とセットで申し込むと端末代金が16,000円割引になるほか、3,000円相当のポイント還元をしてくれるので、楽天モバイルなら「Xperia 5 IV」が実質100,900円 (税込) で購入可能です

料金表 (税込)
初期費用0円
月額料金 ~3GB1,078円
~20GB 2,178円
無制限3,278円
かけ放題 (15分/回)+1,100円
端末代金新規契約一括払い119,900円
24回払い4,995円×24回
48回払い2,497円×48回(楽天カード限定)
のりかえ一括払い103,900円
24回払い4,329円×24回
48回払い2,164円×48回(楽天カード限定)
機種変更一括払い119,900円
24回払い4,995円×24回
48回払い2,497円×48回(楽天カード限定)
最低利用期間 なし 
契約解除料0円

 

楽天モバイル 公式サイト

 

楽天モバイル (キャリアサービス)
楽天モバイルは、2020年4月8日 (水) よりキャリア (MNO) サービスを正式に開始しました。新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」が1,078円 (税込) から利用可能になっているほか、最大24,000円相当の...

Xperia 5 IV/端末比較

高性能なカメラや6.1インチのシネマワイドディスプレイ、Snapdragon 8 Gen 1、5,000mAhバッテリーを搭載したハイエンドモデル。ASUSのフラッグシップスマートフォン「ZenFone 9」とではどのように違うのかを比較します。

ZenFone 9 (ASUS)

ZenFone 9のスペック詳細

ZenFone 9 は、5,000万画素のデュアルカメラ、5.9インチの有機ELディスプレイ、Snapdragon 8+ Gen 1、8GB/16GBメモリー、128GB/256GBストレージ、4,300mAhバッテリー、ステレオスピーカーを搭載し、防水防塵にも対応したハイエンドモデル。

スペック表
メーカーASUS
モデルZenFone 9
発売日日本国内は未定
販売価格
カメラ背面50MP+12MP
前面12MP
ディスプレイ5.9型 有機EL FHD+
OSAndroid 12 (ZenUI 9)
SoCSnapdragon 8+ Gen 1
RAM/ROM8GB/128GB, 8GB/256GB, 16GB/256GB
バッテリー4,300mAh
生体認証指紋, 顔
ワンセグ
おサイフケータイ(ー)
防水/防塵〇/〇
DSDSDSDV対応
サイズ約1463.5×68.1×9.1mm
重量約169g
SONYの『Xperia 5 IV』とASUSの『ZenFone 9』の違いを比較
SONYは、Xperia 5シリーズの最新モデル「Xperia 5 IV」を発表しました。高性能なカメラや6.1インチの有機ELディスプレイ、Snapdragon 8 Gen 1、大容量バッテリーを搭載し、ワイヤレス充電にも対応した...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました