PR

チャージタイプ (プリペイド式) のポケットWi-Fiのメリットやデメリットを解説!

記事内に広告が含まれています。

チャージ式ポケットWiFi/カーWiFi

チャージ式のポケットWi-Fiは、契約不要&月額無料の買い切り型Wi-Fiサービス。ネオチャージWiFiやSTARチャージ Wi-Fi等の多くの事業者が提供していますが、どのようなメリットやデメリットがあるのか、おすすめのサービスなどを詳しく解説します。

チャージ式のポケットWiFiとは

チャージタイプ (プリペイド式) のポケットWi-Fiは、契約や月額料金がなく、解約時に端末の返却も不要な端末買取型のWiFiサービス。次世代通信「クラウドSIM」を採用し、国内では複数のキャリア回線に対応しているので、つながるエリアが広く、車載用WiFi (カーWiFi) としてもオススメです。

特徴・メリット

  • 契約不要&審査なしの端末買い切り型のWiFiサービス。
  • データ容量が無くなったら必要な分だけチャージできる。
  • 契約期間や違約金の”縛り”がなく、解約時に端末の返却も不要になっている。
  • クラウドSIMを採用し、複数のキャリア回線に対応しているほか、海外でも利用できる。

注意点・デメリット

  • 端末代金等の初期費用が少し高い。
  • 利用できる端末が限られている。
  • 5G通信には対応していない。

提供事業者

チャージタイプのポケットWiFは、ネオチャージWiFi、リチャージWiFi、STARチャージ Wi-Fi、ギガセットWi-Fi、SAMURAIチャージWiFiなど、多くの事業者がサービスを提供しており、ギガ付きモバイルWiFi端末が1~3万円台で可能になっています。

主な事業者一覧

提供事業者/料金 (税込)
ギガセットWi-Fi
初期費用 22,980~25,580円
通信容量 10~100GB
通信回線 docomo, au, SoftBank, Rakuten (クラウドSIM)
支払方法 クレジットカード決済, コンビニ払い, 銀行振込, PayPal決済, ペイジー決済, ApplePay (iOSのみ), GooglePay, PayPay, 後払い (Paidy), atone翌月払い (コンビニ, 口座振替)
カーチャージWiFi
初期費用 23,000~25,000円
通信容量 30~100GB
通信回線 docomo, au, SoftBank (クラウドSIM)
支払方法 クレジットカード決済, コンビニ払い, キャリア決済, 後払い (Pay ID), Amazon Pay
サムライチャージ
Wi-Fi
初期費用 27,980~32,980円
通信容量 10~100GB
通信回線 docomo, au, SoftBank (クラウドSIM)
支払方法 クレジットカード決済, コンビニ払い, キャリア決済, 銀行振込, PayPal,後払い (Pay ID), 後払い (ミライバライ)
STARチャージ
Wi-Fi
初期費用 19,000~24,500円
通信容量 1~100GB
通信回線 docomo, au, SoftBank (クラウドSIM)
支払方法 クレジットカード決済, コンビニ払い, Pay-easy, 銀行振込, キャリア決済, Amazon Pay
NEO CHARGE
WiFi
初期費用 25,000円
通信容量 100GB
通信回線 docomo, au, SoftBank (クラウドSIM)
支払方法 クレジットカード決済, コンビニ払い, キャリア決済, 銀行振込, PayPal, 後払い (Pay ID), 後払い (ミライバライ)
ReCharge
WiFi
初期費用 11,980~24,500円
通信容量 5~100GB
通信回線 docomo, au, SoftBank, Rakuten (クラウドSIM)
支払方法 クレジットカード決済, コンビニ払い, キャリア決済, 銀行振込, PayPal, 後払い (Pay ID), Amazon Pay

ReCharge WiFi (リチャージWiFi)

リチャージWiFiは、レンタルWiFiの「ギアWiFi」なども手掛ける「株式会社カウスメディア」が提供するプリペイド式WiFiサービス。国内では、ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線、楽天モバイル回線の4キャリアに対応し、リユース品のギガ付きモバイイルルーターが格安で購入できるほか、海外136ヶ国でも利用可能になっています。

リチャージWi-Fiの特徴やメリット

  • 国内4キャリアの回線に対応している。
  • 端末が届いたら電源を入れるだけですぐに利用開始できる。
  • 使い切りタイプの100GB付きモバイルルーターが11,980円で購入できる。
  • 海外136ヶ国の通信に対応し、1,280円からチャージ可能になっている。
  • クレカ払いのほか、コンビニ決済、キャリア決済、Amazon Payなどに対応。

リチャージWi-Fiの注意点やデメリット

  • リユース品は100GBの1種類のみになっている。
  • リユース品は国内専用で海外では利用できない。
  • 使い切りタイプはリユース品 (Bランク: キズやへこみ有り) のみ。
  • 使い切りタイプのモバイルルーターはデータ容量の超過後にチャージできない。

リチャージWi-Fiの利用料金

公式サイトでは、5ギガ付き (有効期限 365日) のモバイルルーターが20,480円 (税込) で購入できるほか、リユース品 (美品) のギガチャージ型 100ギガ付きモバイルルーターを19,980円 (税込)リユース品 (キズ・へこみ等有り) の完全買い切り型/使い切りタイプ 100ギガ付きモバイルルーターを11,980円 (税込) で販売しています

新品 (ギガチャージ型)

料金表 (税込)
契約事務手数料 0円
初期コスト
(端末+ギガ)
5GB 20,480円
30GB 22,980円
50GB 23,980円
100GB 25,480円
チャージ料金 (10~100GB) 1,480~6,980円
契約期間 なし
契約解除料 0円

リユース品 Aランク (ギガチャージ型)

料金表 (税込)
契約事務手数料 0円
初期コスト
(端末+ギガ)
5GB
30GB
50GB
100GB 19,980円
チャージ料金 (10~100GB) 1,480~6,980円
契約期間 なし
契約解除料 0円

リユース品 Bランク (完全買い切り型)

料金表 (税込)
契約事務手数料 0円
初期コスト
(端末+ギガ)
5GB
30GB
50GB
100GB 11,980円
チャージ料金 (10~100GB)
契約期間 なし
契約解除料 0円

 

リチャージWiFi
リチャージWiFi は、契約や月額費用は不要で身分証なしでも利用できるチャージ式ポケットWi-Fi。専用のギガ付きモバイルルーターを購入し、必要な分だけデータ容量をチャージするだけで利用することができます。 »公式サイト: 【リチャージWi...

SAMURAI CHARGE Wi-Fi (サムライチャージWiFi)

SAMURAIチャージWi-Fiは、国内専用プリペイドWiFiの「ネオチャージ WiFi」なども手掛ける「株式会社H.R.J」が提供するプリペイド式WiFiサービス。ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線のトリプルキャリアに対応し、海外136ヶ国でも利用可能になっています。

SAMURAIチャージWi-Fiの特徴やメリット

  • 契約手続なしで端末が届いたらすぐに利用できる。
  • データ容量の超過後は1GB 980円からチャージできる。
  • 海外136ヶ国の通信に対応し、1,280円からチャージ可能になっている。
  • クレカ払いや銀行振込のほか、コンビニ決済やキャリア決済にも対応している。

SAMURAIチャージWi-Fiの注意点やデメリット

  • 初回のデータ容量は10GB/60GB/100GBの3種類のみ。
  • 他社と比べて端末代金等の初期コストが少し高い。

SAMURAIチャージWi-Fiの利用料金

公式サイトでは、10ギガ付き (有効期限 365日) のポケットWiFiが27,980円 (税込) で購入できるほか、超過後は1GB: 980円 (税別) からチャージ可能になっています。

料金表 (税込)
契約事務手数料 0円
初期コスト
(端末+ギガ)
10GB 27,980円
60GB 31,480円
100GB 32,980円
チャージ料金 (1~100GB) 980~6,980円
契約期間 なし
契約解除料 0円

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました