moto g9 play (モト ジーナイン プレイ)/レビュー


Source: “Motorola Mobility“

moto g9 play/詳細

Motorola Mobility Japan (モトローラ・モビリティ・ジャパン) は、SIMフリーのAndroidスマホ「moto g9 play」を2020年10月30日 (金) に発売しました。moto gシリーズの第9世代となるモデルで、トリプルカメラや大容量バッテリーを搭載したミドルレンジスマホ。公式オンラインストアの販売価格は24,800円 (税込) になっています。

特徴・メリット (長所)

  • 2万円台で購入可能なコスパの高いミドルレンジモデル。
  • マクロ撮影に対応したトリプルカメラを搭載している。
  • 6.5インチ (20:9) の大画面ディスプレイで見やすい。
  • 1回の充電で2日以上の駆動が可能な5,000mAhバッテリー。
  • 撥水加工が施されているので、水はねや多少の雨などから端末を保護してくれる。
  • 生体認証が「指紋認証」と「顔認証」に対応している。
  • DSDV対応なので2枚のSIMで4G+4Gの同時待受けが可能。

注意点・デメリット (欠点)

  • 本体の重量が200gとなっていて少し重い。
  • 画面解像度がHD+ (1,600×720ドット) なので、あまり画質は良くない。
  • 撥水仕様になっているが、防水対応ではない。
  • NFCやFelica (おサイフケータイ) に対応していない。
  • DSDV利用時はmicroSDカードが使用できない。

カメラ

アウトカメラ

背面のカメラは4,800万画素 (メイン) +200万画素 (マクロ) +200万画素 (深度) トリプルカメラシステム

メインカメラは、4つのサブピクセルを1つのピクセルとして扱うことで、受光感度を4倍に高める「クアッドピクセルテクノロジー」を搭載。ナイトビジョンモードでは夜間でも明るく鮮明な写真を撮影できます。また、深度カメラによって一眼レフのように背景をぼかしたポートレート写真が撮影できるほか、マクロカメラでは4倍近づいて接写可能。

フレーム内の全員が笑顔になると自動でシャッターを切る「自動スマイルキャプチャ」や、指定した色以外の部分が全てモノクロになる「スポットカラー」などの機能も搭載しています。

概要
カメラ 1  有効画素数 48MP
撮像素子 1/2.0″ CMOS
画素サイズ 0.8μm
画角
絞り値 f/1.7
カメラ 2 有効画素数 2MP
撮像素子 CMOS
画素サイズ 1.7μm
画角
絞り値 f/2.4
カメラ 3 有効画素数 2MP
撮像素子 CMOS
画素サイズ 1.75μm
画角
絞り値 f/2.4
オートフォーカス PDAF
動画撮影 (最大) FHD 30/60fps
フラッシュ   LED Flash  

インカメラ

前面のカメラは800万画素となっていて、フェイスビューティ、自動スマイルキャプチャ、ジェスチャーセルフィー、ポートレートモード、ライブフィルター、スポットカラー、シネマグラフといった機能にも対応しています。

概要
カメラ 1  有効画素数 8MP
撮像素子 CMOS
画素サイズ 1.12μm
画角
絞り値 f/2.2
オートフォーカス
動画撮影 (最大)   FHD 30fps  
フラッシュ

ボディ

外観/デザイン

約6.5インチサイズの「Max Visionディスプレイ」は、上部中央のインカメラ部分に水滴型ノッチ (切り欠き) を備え、ベゼルレスなデザインで87%の高い画面占有率を実現。本体サイズは約165.21 (高さ) ×75.73 (横幅) ×9.18 (厚さ) mm、重量は約200g。プラスチックのボディには撥水加工が施されており、少々の水は弾く構造になっています。

概要
本体カラー Sapphire Blue
Forest Green
防水/防塵 防滴対応
サイズ  縦幅  約165.21mm
横幅 約75.73mm
厚さ 約9.18mm
重量    約200g   

ディスプレイ

画面/表示

約6.5インチIPS液晶ディスプレイを採用し、画面解像度は1,600×720ドット (HD+)アスペクト比 20:9ウルトラワイドスクリーンでゲームや動画を楽しむことができます。

概要
画面サイズ     約6.5インチ  
画面比率 20:9 
インカメラ部分  水滴型ノッチ
画面占有率 87%
パネル種類 IPS TFT LCD
解像度 HD+
画素密度 269ppi

パフォーマンス

チップセット/メインメモリー/ストレージ

チップセット (SoC) にはミドルレンジモデル向けの「Snapdragon 662 (SM6115)」を採用し、メインメモリ (RAM) の容量は4GB、内蔵ストレージ (ROM) の容量は64GB、外部ストレージは最大512GBのmicroSDXCカードに対応しています。

概要
SoC  モデル Snapdragon 662
メーカー Qualcomm
プロセス 11nm FinFET
CPU Kryo 260
コア数 オクタコア (8コア)
クロック  2GHz×4 + 1.8GHz×4
GPU Adreno 610
DSP Hexagon 683
ISP Spectra 340T
モデム Snapdragon X11 LTE
RAM 容量 4GB
規格  LPDDR4X
ROM  容量 64GB
規格 未確認
microSD 容量 最大512GB
規格  SD/SDHC/SDXC

バッテリー

容量/充電

5,000mAhの大容量バッテリーを搭載し、約83時間の音楽再生、約16時間の動画視聴が可能になっているほか、15Wの急速充電に対応しています。

バッテリー仕様
容量   5,000mAh  
駆動時間 約2日間
連続通話  LTE  
3G
連続待受 LTE
3G
急速充電 15W
ワイヤレス充電 非対応

ユーザーインターフェース

OS/UI

出荷時のOSは「Android 10」。簡単なジェスチャーで端末を操作できる「Motoエクスペリエンス」を搭載し、カメラの起動やLEDライト点灯のほか、持ち上げてロック解除、持ち上げて消音、伏せて置いてマナーモード、メディアコントロール、3本指でスクリーンショット、スクリーンショットエディターなどに対応。生体認証は、背面のロゴ部分に搭載された指紋センサーによる「指紋認証」とインカメラの「顔認証」に対応しています。

DSDS/DSDV

DSDV (デュアルSIMデュアルVoLTE) に対応し、2枚のSIMカードを使用して4G+4Gの同時待受けが可能になっています。

※2枚目のSIMスロットとmicroSDカードスロットは排他利用となっているので、microSDカード使用時はDSDS機能が利用できません。

ネットワーク (対応キャリア)

docomo回線

5G NRには対応しておらず、LTEバンドがBand 1/Band 3/Band 19/Band28、3Gバンド (W-CDMA) がBand 1に対応。主要な周波数帯 (バンド) をカバーしているのでドコモ回線のSIMカードで問題なく利用できます。

対応バンド (docomo)
5G n77  
n78
n79
n257
4G LTE Band 1      〇    
Band 3
Band 19
Band 21
Band 28 
Band 42 
3G
(WCDMA) 
Band 1 
Band 6
VoLTE

au回線

5G NRには対応しておらず、LTEバンドがBand 1/Band 3/Band 18/Band 26/Band 28/Band 41に対応。主要な周波数帯 (バンド) をカバーし、au回線は発売後のソフトウェアアップデートで利用可能になります。

対応バンド (au)
5G n77  
n78
n257
4G LTE  Band 1      〇    
Band 3
Band 11
Band 18
Band 26
Band 28
Band 41
Band 42  
VoLTE

SoftBank/Y!mobile回線

5G NRには非対応で、LTEバンドがBand 1/Band 3/Band 8/Band 19/Band28、3Gバンド (W-CDMA) がBand 1/Band 8に対応。主要な周波数帯をカバーしているのでソフトバンク (ワイモバイル) 回線のSIMカードを問題なく利用できます。

対応バンド (SoftBank/Y!mobile)
5G n77  
n257
4G LTE Band 1      〇    
Band 3
Band 8
Band 9
Band 11
Band 28
Band 41
Band 42 
3G
(WCDMA) 
Band 1 
Band 8
VoLTE

Rakuten回線

5G NRには対応しておらず、LTEバンドがBand 3/Band 18 (パートナー回線) に対応していますが、楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」は正式にサポートしていません。

対応バンド (Rakuten)
5G n77  
n257
4G LTE  Band 3     〇    
(Band 18)
VoLTE

カラーバリエーション

本体カラーのバリエーションは「サファイアブルー (PAKK0003JP)」と「フォレストグリーン (PAKK0026JP)」の2色になっています

サファイアブルー

フォレストグリーン

スペック (性能) 一覧

スペック表
メーカー Motorola Mobility
モデル moto g9 play
型番 XT2083-3
発売日 2020年10月30日 (金)
販売価格 24,800円 (税込)
OS/UI Android 10
ディスプレイ 約6.5型 IPS液晶 (HD+)
チップセット Snapdragon 662
RAM 4GB
ROM 64GB
microSD 最大512GB
カメラ 背面 48MP+2MP+2MP
前面 8MP
バッテリー 5,000mAh
急速充電 15W
ワイヤレス充電
コネクタ Type-C (USB 2.0)
イヤホンジャック
SIMカード nanoSIM×2
DSDS/DSDV DSDV対応
CA (確認中)
Band FDD-LTE
B1, B2, B3, B5, B7, B8,
B18, B19, B20, B26, B28
TD-LTE
B38, B40, B41
W-CDMA
B1, B2, B5, B8, B19
GSM/EDGE
850MHz, 900MHz,
1800MHz, 1900MHz
対応キャリア 3キャリア対応
VoLTE
テザリング
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth® 5.0
測位方式 GPS, A-GPS, GLONASS,
GALILEO, LTEPP, SUPL
センサー類 NFC, 指紋認証センサー,
加速度計, 近接センサー,
環境照度センサー,
ジャイロセンサー
生体認証 指紋認証, 顔認証
ハイレゾ再生
赤外線通信
ワンセグ
NFC
おサイフケータイ
ジャイロスコープ
防水/防塵 △ (防滴)
耐衝撃
カラー サファイアブルー
フォレストグリーン
サイズ 165.21×75.73×9.18mm
重量 約200g

moto g9 play/端末比較

moto g9 play (モト ジーナイン プレイ) は、moto gシリーズの最新モデルで、3眼カメラと大容量バッテリーを搭載したミドルレンジスマホ。同日に発売されたスタイラスペン内臓のミドルレンジモデル「moto g PRO (モトジープロ)」とではどのように違うのか比較します。

moto gシリーズ「moto g PRO」との違い

moto g PRO (モトジープロ) は、2020年10月30日 (金) に発売されたmoto gファミリーの最新モデル。スタイラスペン内蔵のほか、6.4インチ (19:9) のフルHD+ Max Visionディスプレイ、117°広角動画が撮影可能なトリプルカメラ、1,600万画素フロントカメラ、Snapdragon 665、4GBメモリー、128GBストレージ、4,000mAhバッテリーを搭載し、指紋認証、DSDVなどに対応しています。

スペック表
メーカー Motorola
モデル moto g PRO
カメラ 背面 48MP+16MP+2MP
前面 16MP
ディスプレイ 6.4インチ (19:9)
FHD+ IPS液晶
OS Android One
(Android 10)
SoC Snapdragon 665
RAM/ROM 4GB/128GB
バッテリー 4,000mAh
生体認証 指紋認証
ワンセグ
おサイフケータイ
防水/防塵 防滴対応
サイズ (mm) 158.55×75.88×9.2
重量 約192g

»端末比較 (moto g9 play × moto g PRO) の詳細はこちら

moto g9 play/セット販売 (MVNO)

Motorola Mobility Japan (モトローラ モビリティ ジャパン) は、moto gファミリーの第9世代となる最新モデル「moto g9 play」を2020年10月30日 (金) に発売しました。マクロ撮影が可能なトリプルカメラのほか、6.5インチサイズのMax Visionディスプレイ、Snapdragon 662、4GBメモリ、64GBストレージ、5,000mAhバッテリーを搭載し、指紋認証、顔認証、FMラジオ、DSDVにも対応したミドルレンジモデル。公式オンラインショップやECサイトのほか、IIJmio、OCNモバイルONE (goo Simseller) などのMVNOからも順次に販売開始し、格安SIMとセットなら1万円以下でも購入可能になっています。

キャンペーン・セール情報

<キャンペーン/セールの一覧>

  • OCNモバイルONE/goo Simseller (~2020/12/23 11:00):スマホセット (スマホ+音声通話SIM) の販売価格が7,300円OFF (6,500円) になっているほか、対象オプションの同時加入で端末代金が1,000円OFF (5,500円)、のりかえ (MNP) で端末代金が5,000円OFF (1,500円)、オプション同時加入&のりかえ (MNP) で端末代金が6,000円OFF (500円) になります。
    »OCNモバイルONEのキャンペーン情報
  • IIJmio (~2020/11/30 23:59):音声通話SIMとセットで申し込むと3,000円分のギフト券がもらえるほか、初期費用が1円&のりかえ (MNP) で3,000円のキャッシュバック、音声通話SIMの月額料金が700円割引 (6ヶ月間)、ファミリーシェアプランの月額料金が1,280円割引 (6ヶ月間)、10分かけ放題のオプション料金が無料 (最大7ヶ月間) になる。
    »IIJmioのキャンペーン情報
  • LINEモバイル (終了日未定):公式オンラインストアでの販売価格が14,800円になっているほか、音声通話SIM (3GB以上) の月額料金を980円割引 (3ヶ月間) してくれます。
    »LINE MOBILEのキャンペーン情報

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、NTTコミュニケーションズが提供する格安SIMサービス。人気の定額制音楽配信サービスをデータ通信量にカウントしない「MUSICカウントフリーオプション」が追加料金0円で利用できるほか、メールアドレスや公衆無線LAN (Wi-Fiスポット) が無料で利用できる、光インターネット (OCN光, OCN for ドコモ光など) とセットで利用すると月額料金が毎月200円割引になるなど、非常に充実したサービス内容になっています。

2020年10月30日 (木) 11:00 より「moto g9 play」を販売開始し、2020年12月23日 (水) 11:00 までの期間限定セールでスマホセット (端末+音声対応SIM) の価格が6,500円 (税別) になっているほか、オプション (ノートンモバイルセキュリティ 月額300円) の同時加入で端末代金を1,000円割引、他社から乗り換え (MNP) なら端末代金を5,000円割引してくれるので、OCNモバイルONEの格安SIMとセットなら「moto g9 play」が500円 (税別) でも購入可能です。

概要
回線 docomo
初期費用 3,394円
月額料金 データ 880円~
音声 1,180円~
端末代金
一括払い 6,500円 (税別)
分割目安  270円 (税別) ×24回 

»OCNモバイルONEの詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓

LINE MOBILE (ラインモバイル)


LINEモバイルは、ソフトバンクグループのトリプルキャリアに対応した格安SIMサービス。2020年2月19日 (水) より提供開始した「ベーシックプラン」では、全てのプランで「LINE」がデータ消費ゼロになるサービスを追加料金なしで利用できるほか、主要SNS (LINE, Twitter, Facebook) がデータ消費ゼロになる「SNSデータフリー」やSNS (LINE, Twitter, Facebook, Inastgram) と音楽 (LINE MUSIC, AWA, Spotify) がデータ消費ゼロになる「SNS音楽データフリー」といったデータフリーオプションも選択可能になっています。

2020年11月20日 (金) 11:00 より「moto g9 play」を販売開始し、期間限定セールで端末代金が14,800円 (税別) になっているほか、音声通話SIM (ベーシックプラン/3GB以上) の月額基本料が980円割引 (3ヶ月間) になるキャンペーンを実施しています。

概要
回線 3キャリア対応
初期費用 3,400円
月額料金 データ 600円~
音声 1,100円~
端末代金 支払総額 14,800円 (税別)
分割払い 616円 (税別) ×24回

»LINEモバイルの詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓

IIJmio (アイアイジェイミオ)

IIJmioは、インターネットイニシアティブが展開する格安SIMサービス。eSIM対応のデータ通信サービス「データプラン ゼロ」や「eSIMプラン ベータ版」のほか、月額480円から利用可能な従量課金制の新プラン「従量制プラン」など、多様な通信サービスを提供しています。

2020年10月30日 (金) より「moto g9 play」を販売開始し、音声通話SIMとセットで申し込むと3,000円分のギフト券 (選べるe-GIFT) をプレゼントしてくれるほか、新規申込時の初期費用 (3,000円) が1円になる&他社からの乗り換え (MNP) なら1回線につき3,000円キャッシュバック、音声通話SIMの月額基本料が700円割引 (6ヶ月間) になる、ファミリーシェアプラン (12GB) の月額基本料が1,280円割引 (6ヶ月間) になる、10分かけ放題オプション (月額830円) のオプション料が0円 (最大7ヶ月間) になるといった特典の期間限定キャンペーンを実施中です。

概要
回線 docomo/au
初期費用 395円/407円
月額料金 データ 480円~
音声 1,180円~
端末代金 一括払い  21,800円 (税別) 
分割払い  910円 (税別) ×24回 

»IIJmio (アイアイジェイミオ) の詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓
IIJmio(みおふぉん)

※IIJmio公式サイトを必ず確認してから申込をお願いいたします。
※特典やキャンペーン内容はすべてIIJmio公式サイトの内容が正となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする