Moto G6 レビュー

Source by “Motorola

Moto G6 (モト ジーシックス) 詳細

Motorola Mobility Japan (モトローラ・モビリティ・ジャパン) は、2018年6月8日にSIMロックフリーのAndroidスマートフォン「Moto G6」を国内で発売しました。販売価格は28,800円。トレンドの18:9縦長ディスプレイに、デュアルレンズカメラ&高性能フロントカメラ、簡単なジェスチャーで端末操作ができる「Motoアクション」をはじめ便利な機能を数多く搭載し、DSDS (デュアルSIMデュアルスタンバイ)、国内キャリアのVoLTEにも全て対応するなど、3万円以下で購入可能なスマホとしては非常に充実したスペックになっています。本体カラーは「ディープインディゴ」の1色のみで、公式オンライストアやECサイト、大手家電量販店のほか、IIJmioDMMモバイルといったMVNO (格安SIM) からも順次発売されています。

ボディ

外観・デザイン

アスペクト比18:9「Max Visionディスプレイ」に、ベゼルレス (狭額縁) なデザイン。大画面ながらも、持ちやすいスリムなボディで、片手でも快適に操作できます。両面を3Dガラス (Gorilla Glass 3) で覆ったボディは、光沢のある質感の高い仕上がり。光の当たり方によって色味が変化し、独特な曲線の模様を生みだします。表面に施した撥水ナノコーティングは、誤ってこぼした水やはねた水、少量の雨などから端末を保護します。

※防水機能ではなく。浸漬、高圧の水、その他の液体に対する保護機能はありません、

撥水ナノコーティング (P2i/パルスプラズマ蒸着加工)

P2iが特許を持つパルスプラズマ蒸着加工は、機器の内部/外部に撥水性ナノコーティングを行うことで最高水準の撥液性を実現しています。

Corning® Gorilla® Glass 3

ディスプレイやボディを覆う3Dガラスには、コーニング社の強化ガラス「Gorilla Glass 3 (ゴリラガラス3)」を採用。落としても傷がつきにくく、傷がついても画面が割れにくくなっています。

ディスプレイ・表示

Max Visionディスプレイ

ディスプレイには、5.7インチサイズ (アスペクト比18:9)、フルHD+ (2,160×1,080ドット) 解像度のIPS液晶パネルを採用。縦に長く表示領域が広いので、画面を分割して2つのアプリを起動するマルチウィンドウ機能が使いやすく、縦スクロールのWebサイトやSNSのタイムラインなども見やすくなっています。画面を見ている間は消灯しないようにする「親切ディスプレイ」、ブルーライトを軽減する「夜間表示」といった機能 (Motoディスプレイ) も搭載しています。

カメラ

リアカメラ (アウトカメラ)

背面のカメラは、1,200万画素 (F値2.0) +500万画素 (F値2.2) のデュアルレンズ仕様。背景をぼかした「ポートレート」、被写体を切り抜く「カットアウト」、選択した色以外が全てモノクロになる「スポットカラー」、「フェースフィルター」、「被写体認識」や「ランドマーク認識」といったスマートカメラ機能を搭載しています。プロフェッショナルモードでは、シャッター速度やホワイトバランス、露出、ISO感度などの調整が可能。パノラマ撮影、HDR (ハイダイナミックレンジ) 撮影、QRコード/バーコードの読み取り機能のほか、スローモーションやタイムラプス (低速度撮影) といった動画撮影モードを搭載し、YouTube Liveの直接配信も可能になっています。

ポートレート

サブカメラで被写界深度を測定することで、一眼レフの様に背景をぼかして被写体を際立たせた写真を撮影することができます。「肖像画エディタ」を使用すれば、撮影後にピントの位置やボケ具合を調整することも可能です。

肖像画エディタ

セレクティブフォーカス (選択的フォーカス) で、フォーカス位置やボケの強度を調整することが可能。セレクティブモノクロ (選択的モノクロ) を使用すると、選択した箇所以外は全てモノクロになります。

カットアウト

被写体を切り抜いて背景を置き換えることができます。

スポットカラー

ビューファインダから選択した色以外が全てモノクロになり、スポットしたカラーを際立たせることができます。

フェースフィルター

顔を認識してメガネやヒゲなどのアニメーションフィルターを付け加えることができる機能。写真と動画の両方に対応しています。

被写体認識/ランドマーク認識

被写体やランドマークを認識して、詳細な情報を表示します。

フロントカメラ (インカメラ)

前面のカメラは1,600万画素 (F値2.2)。LEDフラッシュによって、暗所でも明るくキレイなセルフィー (自撮り) を撮影できます。美肌補正 (フェイスビューティ) やグループ自撮り (パノラマセルフィー) といった機能を搭載し、顔認証にも対応しています。

Quick Capture (クイックキャプチャ)

手首を素早く2回ひねるとカメラが起動し、カメラが起動した状態で同じ動作を行うと、アウトカメラ/インカメラが切り替わります。

パフォーマンス

チップセット (SoC)

オクタコアCPUを搭載するモバイル向けSoC「Snapdragon 450」を採用。ミドルレンジ~ミドルハイ向けの600番台「Snapdragon 625」と同等の性能を備えており、普段使いに問題なく、快適に動作します。

メインメモリ (RAM)

メインメモリ (RAM) は3GBと多くはありませんが、十分な容量になっています。

ストレージ (ROM)

32GBの内蔵ストレージ (ROM) を搭載し、最大128GBのmicroSDに対応しています。

バッテリー

バッテリー容量

終日駆動可能な3,000mAhバッテリーを搭載しています。

急速充電

TurboPower (15W) 急速充電に対応。付属のTurboPower充電器を使用することで、15Wの急速充電を行うことができます。

サウンド

FMラジオ

FMラジオチューナーが搭載されているので。イヤホンやヘッドホンを接続すれば、FMラジオを聴くことができます。

Dolby Audio (ドルビーオーディオ)

Dolby Audioに対応しており、クリアで臨場感のあるサウンドを楽しむことができます。

aptX

高音質で低遅延なコーデック「aptX」に対応しているので、Bluetooth接続のワイヤレスイヤホンやヘッドホンなどでクリアなサウンドを楽しむことができます。

機能

Motoエクスペリエンス

ソフトウェアとセンサを組み合わせて、より直観的な端末動作をアシストする「Motoエクスペリエンス」。ウェブサイトやアプリ、デバイスに指紋認証でアクセスできる「Motoキー」をはじめ、簡単なジェスチャーで端末を操作できる「Motoアクション」、画面の表示や通知に関する「Motoディスプレイ」、音声コマンド (日本語は非対応) で端末を操作する「Motoボイス」などが利用可能になっています。

Motoアクション

3本の指で長押しするとスクリーンショットを撮影する「クイックスクリーンショット」、指紋センサーのフリック操作でナビゲーション機能を使用できる「ワンボタンナビ」、端末を2回振り下ろすとフラッシュのON/OFFができる「フラッシュライト操作」、手首を素早く2回ひねるとカメラを起動できる「手首をひねってクイックキャプチャー」、片手操作をしやすいように画面が縮小する「スワイプして画面縮小」、端末を持ち上げると着信音がバイブに切り替わる「持ちあげて着信音停止」、画面を下に向けて置くと着信音と通知が無音になる「下向きで無音化」といった機能が利用できます。

ワンボタンナビ

ワンボタンナビを有効にすると、ナビゲーションバーを非表示にして画面が広くなり、指紋センサー上のフリック操作で、ホームに戻る (センサーを素早くタップする)、前の画面に戻る (センサーを左にスワイプ)、アプリ使用履歴の表示 (センサーを右にスワイプ)、ホーム/画面のロック解除 (センサーを押す)、画面のロック (短く振動するまでセンサー長押し)、Googleアシスタントの起動 (長く振動するまでセンサー長押し) といった「ワンタッチコントロール」をナビゲーションの代わりに使用できます。

Motoキー

「Moto G6」の指紋認証機能を利用して、ウェブサイトやアプリ、Windowsデバイス (PC/タブレット) にログインすることができます。

Motoディスプレイ

夜間などの所定の時間に、ブラーライトを抑えた暖色のトーンへと表示を自動調整する「夜間表示」、画面を見ている間は画面OFFにならない「親切ディスプレイ」、画面OFFの時に通知がフェードイン/フェードアウトする「Motoディスプレイ」といった機能を利用できます。

Motoボイス

音声コマンドを使って、端末をハンズフリーで操作できます。 ※日本語はサポートされていません。

生体認証

前面下部に指紋認証センサーを搭載し、フロントカメラでの顔認証にも対応しています。

ネットワーク・対応キャリア

docomo (ドコモ) 回線

LTE・3Gともに、ほとんど全ての周波数帯 (バンド) をカバーし、ドコモの高品質通話「VoLTE (ヴォルテ)」にも対応。OCNモバイルONEIIJmio (タイプD)mineo (Dプラン)楽天モバイルなどの格安SIMを含めて、ドコモ回線のSIMカードを問題なく利用できます。

au (エーユー) 回線

主要な周波数帯 (バンド) を全てカバーし、「au VoLTE」にも対応。UQモバイルIIJmio (タイプA)mineo (Aプラン) などの格安SIMを含めて、au回線のSIMカードを問題なく利用できます。ただし、auの3G通信 (CDMA2000) には対応していないので、au回線のSIMカードを2枚使用しての3G+4G同時待受け (DSDS) は利用できません。

SoftBank (ソフトバンク)/Y!mobile (ワイモバイル) 回線

LTE・3Gともに、ほとんど全ての周波数帯 (バンド) をカバーし、高品質通話「VoLTE (ヴォルテ)」 にも対応しています。LINEモバイルmineo (Sプラン)b-mobile SQTモバイル (Sタイプ) などの格安SIMを含めて、ソフトバンク (ワイモバイル) 回線のSIMカードを問題なく利用できます。

DSDS (デュアルSIMデュアルスタンバイ)

2枚のSIMカードを使用して、3G+4G (LTE) 同時待受けができる「DSDS (デュアルSIMデュアルスタンバイ)」に対応しています。microSDカードスロットが独立しているので、DSDSとmicroSDカードを同時に利用することも可能です。

特徴・メリット

<特徴・メリット>

  • 2万円台購入できる端末としては非常に充実したスペックで、コストパフォーマンスが高い
  • 撥水コーティングが施されているので、雨が降ったり、誤って水をこぼしてしまっても少々の水ならはじいてくれる
  • 5.7インチの大画面ながらもコンパクトなボディで、持ちやすく、片手操作がしやすい
  • 3Dガラスによって覆われたボディは質感が高い
  • ディスプレイやボディを覆う3Dガラスにはコーニング社のゴリラガラス3が採用されているので、落としても傷がつきにくく、傷がついても画面割れしにくい
  • アスペクト比18:9の縦長ディスプレイを採用しているので、マルチウィンドウ機能や縦スクロールをして見るWebサイト、SNSのタイムラインなども見やすい
  • リアカメラは、1,200万画素+500万画素のデュアルレンズ仕様で、一眼レフのように背景をぼかして被写体を際立たせた写真が撮影できる
  • 1,600万画素の高性能なフロントカメラを搭載しているので、セルフィー (自撮り) がキレイに撮影できる
  • 終日駆動可能な3,000mAhバッテリーを搭載し、急速充電 (15W) にも対応している
  • Motoエクスペリエンスに対応しているので、簡単なジェスチャーで端末を操作できるMotoアクションをはじめ、便利な機能が数多く利用できる
  • ディスププレイ下部に指紋認証センサーを搭載し、フロントカメラでの顔認証にも対応している
  • 指紋認証センサーはナビゲーションバーの代わりとしても使用できる (ワンボタンナビ)
  • DSDS (デュアルSIMデュアルスタンバイ) に対応しているので、2枚のSIMカードで3G+4G同時待受が可能
  • docomo・au・Softbank (Y!mobile) 回線のSIMを問題なく利用できる
  • トリプルスロット仕様なので、microSDとDSDSの同時利用も可能
  • 国内キャリアのVoLTEに全て対応している

注意点・デメリット

<注意点・デメリット>

  • 撥水コーティングが施されてるが、防水・防塵ではない (浸漬、高圧の水、その他の液体に対する保護機能はない)
  • 普段使いに問題ない性能ではあるが、3Dゲームをプレイするには物足りない
  • 音声コマンドで操作するMotoボイスが日本語に対応していない
  • おサイフケータイ (Felica) には搭載していない
  • ワンセグ・フルセグには対応していない
  • 国内販売は「ディープインディゴ」の1色のみで、カラーバリエーションが少ない

本体カラー

Deep Indigo (ディープインディゴ)

スペック (仕様)

Moto G6

スペック表
端末 Moto G6
メーカー Motorola (Lenovo)
発売日 2018年6月8日
販売価格 28,800円
画面 種類 IPS液晶
ガラス Gorilla Glass 3
解像度 2160×1080 (FHD+)
画素密度 424ppi
サイズ 5.7インチ (18:9)
OS Android 8.0 Oreo
SoC 名称 Snapdragon™ 450
コア数 オクタコア (8コア)
CPU ARM Coretex-A53
クロック 1.8GHz
GPU Adreno 506
RAM 3GB
ROM 32GB
microSD 最大128GB (別売)
カメラ アウト1 1200万画素 (f/2.0)
アウト2 500万画素 (f/2.2)
イン 1600万画素 (f/2.2)
SIMカード nanoSIM×2
DSDS/DSDV DSDS対応
通信速度 最大300Mbps (下り)
/最大75Mbps (上り)
Band FDD-LTE B1/2/3/5/7/8/18/19/26
/28
TD-LTE B38/40/41
W-CDMA B1/2/5/8/19 (6を含む)
GSM 850/900/1800/1900MHz
VoLTE
テザリング 対応 (最大10台)
USBポート Type-C
イヤホンジャック 3.5mm
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n
(2.4GHz帯/5GHz帯)
Bluetooth® ver4.2  BR/EDR+BLE
測位方式 GPS
A-GPS
GLONASS
Beidou
指紋認証
顔認証
ジャイロスコープ
その他のセンサ 加速度計
電子コンパス
環境照度センサー
近接センサー
バッテリー 3000mAh
急速充電 TurboPower (15W)
ワンセグ ×
FMラジオ
おサイフケータイ ×
NFC
防水・防塵 △ (防滴)
サイズ(H×W×D) 153.8×72.3×8.3mm
重量 約162.5g
カラー ディープインディゴ

Moto G6 (モト ジーシックス)/セット販売 (MVNO)

Moto E5/販売価格一覧
MVNO 月額料金 一括払い 分割払い
NifMo(ニフモ) 900円~ 26,667円
IIJmio 900円~ 26,800円 1,150円
nuro mobile 700円~ 28,000円 1,203円
DMM mobile 440円~ 28,800円 1,418円

※全て税抜き価格で表示しています。

「Moto G6」のキャンペーン/セール情報
セット購入するのにおススメの格安SIM (MVNO)

<キャンペーン・セール情報>

  • IIJmio (~2018/10/3):音声通話SIM (みおふぉん) とセットで申し込むと3,000円分のAmazonギフト券をプレゼント/初期費用 [1,600円 ⇒ 1,000円] & 月額料金 [600円割引 (6ヶ月)] & 通信量 [2倍 (6ヶ月)]
    »IIJmioのキャンペーン情報
  • NifMo (~2018/8/31):SIMカードとセットで申し込むと最大20,100円をキャッシュバック。
    »NifMoのキャンペーン情報
  • DMM mobile (~2018/8/31):新規契約手数料が3,000円⇒1,500円&月額基本料を半額×6ヶ月
    »DMM mobileのキャンペーン情報
  • nuro mobile (~2018/8/31):ドコモ回線 (7GB) またはソフトバンク回線 (5GB) のプランを音声通話SIMで申し込むと最大15,000円をキャッシュバック。
    »nuro mobileのキャンペーン情報

01. IIJmio (みおふぉん)

IIJmio (アイアイジェイミオ) では、2018年10月3日までの期間限定「IIJmio夏祭り 容量2倍キャンペーン」を開催中。音声通話SIM(みおふぉん)の新規申込で、初期費用が3,000円⇒1円&通信量が2倍×6ヵ月間&月額料金が600円割引×6ヶ月間になります。さらに、「Moto G6」とセットの申し込みなら、3,000円分のAmazonギフト券をプレゼントしてくれます。

»IIJmio (みおふぉん) の詳細・評判・口コミ

»公式サイト/IIJmio

03. NifMo (ニフモ)

@nifty (ニフティ) が提供する格安SIM・格安スマホ「NifMo (ニフモ)」では、8/31までの期間限定で 「NifMoで始めよう! 夏の大感謝キャンペーン」を実施中。「Moto G6」をセットで申し込むと最大20,100円のキャッシュバックをしてくれます。

»NifMo (ニフモ) の詳細・口コミ・評判

»公式サイト/ニフティMVNOサービス申込(端末セット)

05. DMM mobile (DMMモバイル)

業界最安値クラスの格安SIM・格安スマホ「DMMmobile (DMMモバイル)」。月額440円 (データSIM) から利用可能な料金プランで、LINE・Facebook・Twitter・InstagramといったSNSの通信量をカウントしない「SNSフリー」オプションも月額250円で追加できます。今なら、8/31までの期間限定「Wで半額キャンペーン」で、新規契約手数料が3,000円⇒1,500円&月額基本料を半額×6ヶ月データSIMを月額220円、音声通話SIMを月額570円から利用できます。

»DMMモバイルの詳細・評判・口コミ

»公式サイト/SIMフリーを選ぶなら”断然”DMMモバイルがおトク!!!

nuro mobile (ニューロモバイル)

ソニーネットワークコミュニケーションズが運営する、マルチキャリア対応の格安SIM「nuro mobile (ニューロモバイル)」。7GBプラン (docomo回線) または5GBプラン (SoftBank回線) に音声通話SIMで新規申込すると、最大15,000円をキャッシュバックしてくれます。

»nuro mobile (ニューロモバイル) の詳細・評判・口コミ

»公式サイト/nuro mobile
ソニーネットワークコミュニケーションズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする