格安SIM・格安スマホのおすすめ厳選20社

1.UQモバイル (UQmobile)

三姉妹CMが人気の「UQmobile(UQモバイル)」は、KDDIグループ(au)のWiMAXなどのモバイルルーターの回線も提供しているUQコミュニケーションズ株式会社が、MVNOとして提供する格安SIM・格安スマホで、大手キャリアと比較しても遜色のないほど、ズバ抜けて安定した通信速度を誇ります。月額1,980円から利用できる、おしゃべりプラン(データ通信+5分かけ放題)やぴったりプラン(データ通信+無料通話)でスマホをセット購入すると、マンスリー割(賦払い相当額を24ヵ月間割引)UQ購入サポート(最大21,600円割引)が適用され、実質負担額0円から端末購入が可能になっています。

公式サイトでの申し込みはこちら⇒格安スマホならUQモバイル

2.マイネオ(mineo)

「mineo(マイネオ)」とは、関西電力グループの電力系通信事業者である株式会社ケイ・オプティコムが提供する格安SIM・格安スマホサービスで、docomo(ドコモ)とau(エーユー)の回線に対応したマルチキャリア対応のMVNOになります。au回線以外からのMNP転入+対象端末のセット購入で900×6ヶ月の割引キャンペーン中です。

公式サイトはこちら⇒au端末もドコモ端末もそのまま使える!【mineo(マイネオ)】

3.LINEモバイル(LINE MOBILE)

LINEモバイル

LINE MOBILE(ラインモバイル)とは、アプリで有名な「LINE」が提供する格安SIMです。LINEだけでなく、Twitter、Instagram、FacebookなどのSNSがカウントフリーになるコミュニケーションフリープランなど、目的に応じて使い分ける事ができる3種類のおトクな料金プランや、LINEの「年齢認証」が可能になっているのが大きな特徴。初月の月額基本料金が無料で月額500円から利用できます。

公式サイトはこちら⇒LINEモバイル

4.楽天モバイル(Rakuten Mobile)

楽天モバイル

「Rakuten Mobile(楽天モバイル)」とは、楽天グループがMVNOとして提供する格安SIM・格安スマホで、月々の支払いで楽天スーパーポイントが貯まる楽天市場で2~7倍のポイントが貯まるなどといったメリットがあります。初月無料で、月額525円から利用可能。[高速通信容量+かけ放題+通信速度1Mbpsでネット使い放題] のお得なセットプラン「スーパーホーダイ」(月額1,980円~) の申し込みで、最大20,000円のキャッシュバックもあります。

公式サイトはこちら⇒【楽天モバイル】

5.BIGLOBE mobile(ビッグローブモバイル)

BIGLOBEモバイル

BIGLOBE mobile(ビッグローブモバイル)は、老舗のインターネットサービスプロバイダ(ISP)のBIGLOBE(ビッグローブ)が、MVNOとして提供する格安SIM・格安スマホサービスで、「国内MVNO利用状況調査(2017年3月)」で総合満足度No.1を獲得。YouTube(ユーチューブ)などの動画がカウントフリーで見放題の「エンタメフリーオプション(月額480円~)」「エンタメSIM(月額1,980円~)」が人気です。今なら、最大15,600円のキャッシュバックがもらえます。

キャッシュバックはこちら⇒格安スマホは、安心のBIGLOBEモバイルで♪

6.IIJmio(みおふぉん)

「IIJmio(アイアイジェイミオ)」とは、老舗の電気通信事業者で、MVNEとして技術支援も行うIIJ(インターネットイニシアティブ)が提供する格安SIM・格安スマホです。docomo(ドコモ)回線とau(エーユー)回線に対応したマルチキャリアMVNO。期間限定(11/30まで)の「コミコミセット」で、[通信量(3GB)+3分かけ放題+スマホ] がセットになって、月額1,880円から利用可能。音声SIM(みおふぉん)と対象端末の新規申込でAmazonギフト券最大10,000円分プレゼント+月額料金を最大500円割引(12ヵ月間)のWキャンペーン中です。

キャンペーンの申込はこちら⇒IIJmio(みおふぉん)

7.LinksMate(リンクスメイト)

CyberAgent(サイバーエージェント)系列のLogicLinks(ロジックリンクス)が提供する格安SIM「LinksMate(リンクスメイト)」は、グラブルやシャドウバースなど対象ゲームの通信量のカウントが90%以上オフになるカウントフリーオプション(月額500円/12月末まで無料)」や対象ゲーム(グラブル/シャドウバース)と連携して特典がもらえるゲーム連携(無料)」といったサービスを提供しており、ゲームプレイヤーのためのお得なSIMとなっています。セット販売端末や対象ゲームも随時追加していて、月額500円から利用可能です。

公式サイトはこちら⇒LinksMate

8.DMMモバイル(DMM mobile)

「DMM mobile(DMMモバイル)」とは、証券会社やネット通販、ビデオ・オン・デマンド等を行っているDMM.comグループが、MVNOとして提供する格安SIM・格安スマホのサービスになります。月額440円から利用可能で、SNS(LINE/Twitter/Facebook/Facebook Messenger/Instagram)がカウントフリーになる「SNSフリー」オプションがスタート。今なら、初期費用(3,000円)が無料です。(11/30まで)

公式サイトはこちら⇒DMMモバイル

9.イオンモバイル(AEON MOBILE)

イオンリテール株式会社が提供する、イオンのスマホ「イオンモバイル(AEON MOBILE)」は、これまでb-mobile(日本通信)の販売代理店として、格安SIM・格安スマホを販売していましたが、2016年2月26日よりMVNOとして事業をスタートしました。最低契約期間・契約解除料がないのも大きな魅力で、月額480円から利用可能です。

公式サイトはこちら⇒イオンモバイル

10.ロケットモバイル(ロケモバ)

ロケットモバイル(ロケモバ)とは、アニメ・ゲームなどの海外進出を支援する、AWESOM JAPAN(オーサムジャパン)グループの株式会社エコノミカルがMVNOとして提供する格安SIM・格安スマホサービスです。業界最安値の神プランなら、月額298円から利用することができます。

公式サイトはこちら⇒ロケットモバイル

11.OCN モバイル ONE

OCNモバイル ワン

「OCNモバイルONE」とは、国内最大級のインターネット接続サービス「OCN」を提供するNTTコミュニケーションズ株式会社が、MVNOとして提供する格安SIM・格安スマホで、サービスが充実していて、欠点が非常に少ないのが魅力です。月額基本料金が初月無料になっています。

公式サイトはこちら⇒OCN モバイル ONE

12.NifMo(ニフモ)

NifMo (ニフモ)

「NifMo(ニフモ)」とは、インターネットサービスプロバイダ(ISP)大手のNifty(ニフティ)が、MVNOとして提供する格安SIM・格安スマホのサービスになります。キャッシュバックなどのキャンペーンが多いのが非常に魅力的で、今なら、最大20,000円のキャッシュバックのキャンペーン中です。

キャッシュバックはこちら⇒NifMo

13.excite mobile(エキサイトモバイル)

「excite mobile(エキサイトモバイル)」とは、伊藤忠商事の子会社で、検索エンジンやポータルサイト、ブロードバンド接続サービス等を展開するエキサイト株式会社が、MVNOとして提供する格安SIM・格安スマホサービスになります。従量制の料金プラン(最適料金プラン)があるのが特徴。7,100円/10,100円のキャッシュバックキャンペーン中です。

キャッシュバックはこちら⇒エキサイトモバイル

14.DTI SIM

「DTI SIM(ディーティーアイ シム)」とは、freebit(フリービット)の傘下の電気通信事業者の株式会社ドリーム・トレイン・インターネットがMVNOとして提供する格安SIM・格安スマホサービスになります。YouTube(ユーチューブ)/Twitter(ツイッター)が見放題「DTI 見放題 SIM」などを扱っており、「DTI SIM データ半年お試しプラン 3GB」が半年間3円/月額、「DTI SIM 電話定額プラン(音声プラン3GB+5分かけ放題)」が半年間1,480円/月額で利用できます。

公式サイトはこちら⇒DTI SIM

15.b-mobileb-mobile S

「b-mobile(ビーモバイル)/b-mobile S(ビーモバイル エス)」は、日本通信株式会社(JCI)がMVNOとして提供する格安SIMになります。格安SIMとしては珍しい、ソフトバンク回線の音声通話SIM(5分かけ放題付)「b-mobile S スマホ電話SIM」(月額2,450円~)、月額500円から利用できる5段階制定額制のプラン「おかわりSIM(docomo回線)」、コスパに優れた月額2,380円(通話SIM:月額3,180円)の大容量プラン「b-mobileSIM 25GB定額(docomo回線)」などといったサービスを提供しています。

公式サイト(ソフトバンク回線):b-mobile S スマホ電話SIM

公式サイト(ドコモ回線):おかわりSIMb-mobileSIM 25GB定額

16.nuro mobile(nuroモバイル)

「nuro mobile(ニューロモバイル)」とは、SONY(ソニー)グループの「0 SIM」や「Mileage SIM(マイレージSIM)」といった格安SIMも販売している、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社(ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社の子会社)が、MVNOとして提供する格安SIM・格安スマホになります。コストパフォーマンスに優れていて、5時間/1日でネットが使い放題の時間プランなども扱っています。

公式サイトはこちら⇒nuro mobile

17.QTモバイル(QTmobile)

QTモバイルとは、九州電力グループのプロバイダ「BBIQ(ビビック)」が提供する格安SIM・格安スマホになります。docomo回線とau回線に対応したマルチキャリアMVNO。月額料金が大幅割引のキャンペーン中で、音声通話SIMが月額890円から、12ヵ月間利用可能になっています。

公式サイトはこちら⇒QTモバイル

18.LIBMO(リブモ)

LIBMO (リブモ)LIBMO(リブモ)とは、東海地方で上位シェアを誇るロバイダ「TOKAIコミュニケーションズ」が、MVNOとして2017年2月から提供している格安SIM・格安スマホになります。月額480円から利用可能で、10分かけ放題に申し込むと、月額料金を550円割引(12ヵ月間)。音声通話AIMのみの申し込みなら月額料金を400円割引(12ヶ月間)。光回線(TNCヒカリ/@TCOMヒカリ)とのセット利用で、月額料金が最大300円割引になります。

公式サイトはこちら⇒格安スマホサービス LIBMO

19.TONE(トーン)

TONE(トーン)は、TSUTAYA(ツタヤ)を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブとDTIを傘下に持つfreebit(フリービット)が共同出資したトーンモバイル株式会社が、MVNOして提供する格安SIM・格安スマホになります。わかりやすい料金プランや丁寧なサポート体制でで、初心者やライトユーザーに、特におススメです。

公式サイトはこちら⇒TONE

20.Y!mobile(ワイモバイル)

Yモバイル

「Y!mobile(ワイモバイル)」は、MVNOではなく自社で回線を持つMNOであり、ソフトバンクのサブブランドとして、格安SIM・格安スマホを提供しています。他のMVNO事業者などと比べるとやや高めの料金設定ですが、割引やキャンペーンなどが豊富で通信速度も安定しています。

公式サイトはこちら⇒Y!mobileオンラインストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする