『AQUOS sense4 plus SH-M16』と『AQUOS sense4 SH-M15』の違いを比較!

SHARP (シャープ) は、2020年12月25日 (金) に4G対応のAndroidスマートフォン「AQUOS sense4 plus SH-M16」を発売しました。ベースモデルの「AQUOS sense4 SH-M15」とではどのように違うのかを比較します。

スペックを比較

AQUOS sense4 SH-M15 (アクオスセンスフォー) は、2020年11月27日に発売されたSIMフリーの4Gスマートフォン。人気のスタンダードシリーズ「AQUOS sense」の第4世代モデルで、5.8インチのIGZO液晶ディスプレイ、121°広角撮影と望遠撮影が可能なトリプルカメラ、Snapdragon 720G、4GBメモリー、64GBストレージ、4,570mAhの大容量バッテリーを搭載するほか、防水/防塵、指紋/顔認証、おサイフケータイ (FeliCa)、DSDVやsXGPにも対応。

AQUOS sense4 SH-M15 (アクオスセンスフォー)/レビュー
SHARPから4G対応のSIMフリースマホ「AQUOS sense4 SH-M15」が2020年11月27日に発売されました。特徴、スペック、メリット、デメリット、おトクに購入できるキャンペーンやセール情報などをまとめて詳しく解説しています。

AQUOS sense4 plus SH-M16 (アクオスセンスフォープラス)」は、2020年12月25日に発売されたSIMフリーの4Gスマートフォン。AQUOS sense4シリーズの上位モデルで、ベースモデルの「AQUOS sense4」と同様にチップセット (SoC) にSnapdragon 720Gを採用していますが、6.7インチの大画面ディスプレイとステレオスピーカーを搭載し、背面のカメラがクアッドカメラ、前面のカメラがデュアルカメラになっているほか、メインメモリーや内蔵ストレージなどが強化されています。

AQUOS sense4 plus SH-M16 (アクオス センスフォー プラス)/レビュー
シャープは4G対応のSIMフリースマホ「AQUOS sense4 plus SH-M16」を2020年12月25日に発売します。特徴、スペック、メリット、デメリット、おトクに購入できるキャンペーンやセール情報などをまとめて詳しく解説しています。

スペック表

スペック一覧
モデルsense4 plussense4
発売日2020/12/252020/11/27
販売価格4万円台3万円台
カメラ
(背面)
48MP (標準)12MP (標準)
5MP (広角)12MP (広角)
1.9MP (接写)8MP (望遠)
1.9MP (深度)
カメラ
(前面)
8MP (標準)8MP (標準)
1.9MP (深度)
画面サイズ6.7型 (20.9)5.8型 (19:9)
パネル種類TFT液晶IGZO液晶
画面解像度FHD+FHD+
初期OSAndroid 10Android 10
SoCSnapdragon 720GSnapdragon 720G
RAM8GB4GB
ROM128GB64GB
外部メモリ最大1TB最大1TB
バッテリー4,120mAh4,570mAh
急速充電USB PD 3.0USB PD 3.0
コネクタUSB Type-CUSB Type-C
SIMカードnanoSIM×2nanoSIM×2
セルラー3G/4G LTE3G/4G LTE
DSDSDSDV対応DSDV対応
VoLTE
CA
通信速度
(理論値)
DL: 400MbpsDL: 350Mbps
UL: 75MbpsUL: 75Mbps
Wi-FiWi-Fi 4/5Wi-Fi 4/5
Bluetooth5.15.1
テザリング最大10台最大10台
5G通信××
ハイレゾ
FMラジオ
耐久性能MIL規格
防水性能IPX5/IPX8IPX5/IPX8
防塵性能IP6XIP6X
生体認証指紋/顔認証指紋/顔認証
ジャイロ
Felica
ワンセグ××
本体カラーPurpleLight Copper
WhiteSilver
BlackBlack
サイズH: 166mmH: 148mm
W: 78mmW:71mm
D: 8.8mmD: 8.9mm
重量約197g約177g

「AQUOS sense4 plus」と「AQUOS sense4」の共通する点

<主な共通点>

  • チップセット (SoC)
    »ミドルハイ向けSoC「Snapdragon 720G」を採用しています。
  • 防水/防塵
    »キャップレス防水構造で、IPX5/IPX8の防水、IP6Xの防塵に対応しています。
  • ハイレゾ (Hi-Res)/aptX HD対応
    »ハイレゾ音源の再生が可能になっています。
  • Bluetoothコーデック
    »高音質コーデック「aptX HD」「LDAC」「aptX Adaptive」をサポート。
  • 生体認証
    »生体認証は指紋認証と顔認証に対応しています。
  • おサイフケータイ (FeliCa)
    »おサイフケータイ (FeliCa) が利用可能になっています。
  • ワンセグ/フルセグ
    »ワンセグやフルセグには非対応になっています。
  • イヤホンジャック
    »3.5mmイヤホンジャックを搭載しています。
  • 5G通信
    »5G NR (FR1/FR2) には対応していません。
  • SIMロック
    »SIMロックフリーのモデルになっています。
  • DSDS/DSDV
    »SIMフリーモデル (SH-M15/SH-M16) はDSDVに対応しています。

「AQUOS sense4 plus」と「AQUOS sense4」の違う点

<主な違い>

  • アウトカメラ
    »AQUOS sense4 : 1,200万画素 (標準) +1,200万画素 (広角) +800万画素 (望遠) の3眼カメラを採用しています。
    »AQUOS sense4 plus: 4,800万画素 (標準) +500万画素 (広角) +190万画素 (接写) +190万画素 (深度) の4眼カメラを採用しています。
  • フロントカメラ
    »AQUOS sense4 : 800万画素 (標準) のシングルカメラとなっています。
    »AQUOS sense4 plus: 800万画素 (標準) +190万画素 (深度) のデュアルカメラ。
  • ディスプレイ
    »AQUOS sense4: FHD+解像度のIGZO液晶ディスプレイを採用しています。
    »AQUOS sense4 plus: FHD+解像度のTFT液晶ディスプレイを採用しています。
  • 画面サイズ
    »AQUOS sense4: 5.8インチ (縦横比 19:9) でインカメラ部分は水滴型ノッチ。
    »AQUOS sense4 plus: 6.7インチ (縦横比 20:9) でインカメラ部分はパンチホール。
  • メインメモリ (RAM)
    »AQUOS sense4: 4GBメモリー (LPDDR4x) を搭載しています
    »AQUOS sense4 plus: 8GBメモリー (LPDDR4x) を搭載しています。
  • ストレージ (ROM)
    »AQUOS sense4: 64GBストレージ (UFS 2.1) を搭載しています。
    »AQUOS sense4 plus: 128GBストレージ (UFS 2.1) を搭載しています。
  • バッテリー/充電規格
    »AQUOS sense4: 4,570mAhバッテリーを搭載し、USB PD 3.0に対応しています。
    »AQUOS sense4 plus: 4,120mAhバッテリーを搭載し、USB PD 3.0に対応。
  • オーディオ
    »AQUOS sense4: スピーカーはモノラル仕様になっています。
    »AQUOS sense4 plus: ステレオスピーカーを搭載しています。
  • 耐久性 (MIL規格)
    »AQUOS sense4: MILI規格 (MIL-STD-810G/H) の19項目に準拠しています。
    »AQUOS sense4 plus: MIL規格に関する記載はありません。
  • 指紋センサー (位置)
    »AQUOS sense4: ディスプレイ下部に指紋センサーを配置しています。
    »AQUOS sense4 plus: 背面に指紋センサーを配置しています。
  • 本体サイズ/重量
    »AQUOS sense4: 本体サイズはH148×W71×D8.9mm、重量は約177g。
    »AQUOS sense4 plus: 本体サイズはH166×W78×D8.8mm、重量は約197g。

カメラ

アウトカメラ (背面)

「AQUOS sense4」は1,200万画素 (メイン) +1,200万画素 (広角) +800万画素 (望遠) のトリプルカメラで、121°の広角撮影と2倍の光学ズームに対応していますが、「AQUOS sense4 plus」は4,800万画素 (メイン) +500万画素 (広角) +190万画素 (接写) +190万画素 (深度) のクアッドカメラで、115°広角撮影とマクロ撮影が可能となっています。望遠カメラを搭載していませんが、マクロカメラや深度カメラを採用するなど、カメラの構成に違いがあり、メインカメラの有効画素数は「AQUOS sense4 plus」の方が上回っています。

概要
AQUOS
sense4
plus
画素数48MP+5MP+2MP+2MP
画角79°, 115°, 88.5°
絞り値F1.8, F2.2, F2.4, F2.4
動画4K, FHD 60fps, EIS
AQUOS
sense4
画素数 12MP+12MP+8MP
画角83°, 121°, 45°
絞り値F2.0, F2.4, F2.4
動画4K, FHD 60fps, EIS

フロントカメラ (前面)

「AQUOS sense4」が800万画素 (標準) のシングルカメラとなっているのに対し、「AQUOS sense4 plus」は800万画素 (標準) +190万画素 (深度) のデュアルカメラ。メインカメラの有効画素数に違いはありませんが、「AQUOS sense4 plus」では被写界深度カメラによって一眼レフのような背景ぼかしが可能になっています。

概要
AQUOS 
sense4
画素数 8MP
画角78°
絞り値F2.0 
動画   FHD 30fps   
AQUOS 
sense4
plus
画素数 8MP+2MP
画角77.5°
絞り値F2.0, F2.5
動画FHD 30fps

ボディの比較

デザイン

「AQUOS sense4 plus」は、高さ166mm、幅78mm、厚さ8.8mm、 重量197gですが、「AQUOS sense4」では高さ148mm、幅71mm、厚さ8.9mm、重量177gと、画面が小さい分コンパクトで軽量になっています。

また、「AQUOS sense4 plus」のカラーバリエーションは、パープル、ホワイト、ブラックの3色となっているのに対し、「AQUOS sense4」のSIMフリー版 (SH-M15) は、ライトカッパー、シルバー、ブラックの3色で、「AQUOS sense4」のドコモ版 (SH-41A) は、ライトカッパー、シルバー、ブラック、ライトブルーの4色ほか、オンライン限定色として、レッド、ブルー、イエローの3色を展開しています。

概要
AQUOS 
sense4
plus
カラー
(SH-M16)
パープル
ホワイト
ブラック
サイズ 縦幅 約166mm
横幅約78mm
厚さ約8.8mm
重量約197g
AQUOS
sense4
カラー
(SH-M15)
ライトカッパー
シルバー
ブラック
サイズ 縦幅  約148mm  
横幅約71mm
厚さ約8.9mm
重量約177g

防水/防塵/耐久性

「AQUOS sense4」と「AQUOS sense4 plus」のどちらも、キャップレス防水で、IPX5 (防噴流形)/IPX8 (水中形) に準拠した防水性能、IP6X (耐塵形) に準拠した防塵性能に対応していますが、「AQUOS sense4」では、耐衝撃 (落下) や防水 (浸漬) のほか、耐日射、高温/低温動作、結露/氷結など、米国国防総省のMIL規格 (MIL-STD-810G/H) の19項目に準拠し、より優れた耐久性能を備えています。

概要
AQUOS 
sense4
plus
防水性能 IPX5/IPX8
防塵性能IP6X
耐久性能
AQUOS 
sense4
防水性能IPX5/IPX8
防塵性能IP6X
耐久性能 MIL-STD-810G 
/MIL-STD-810H

ディスプレイの比較

画面/表示

「AQUOS sense4」のディスプレイはインカメラ部分に水滴型ノッチ (切り欠き) を採用し、アスペクト比が19:9で5.8インチサイズとなっていますが、「AQUOS sense4 plus」はパンチホールデザインを採用し、アスペクト比が20:9と縦に長く、AQUOSスマートフォンとしては史上最大となる6.7インチサイズの大画面ディスプレイになっています。

「AQUOS sense4」は解像度が2,280×1,080ドット (フルHD+) のIGZO液晶ディスプレイですが、「AQUOS sense4 plus」は解像度が2,400×1,080ドット (フルHD+) のIGZOではないTFT液晶ディスプレイで、90Hzの高速駆動と120Hzのタッチ検出に対応し、残像感の少ないなめらかな表示と高速タッチレスポンスを実現しています。

概要
AQUOS 
sense4
plus
画面サイズ6.7インチ (20:9)
パネル種類TFT液晶
画面解像度FHD+
画素密度393ppi
RR/TSR90Hz/120Hz
AQUOS 
sense4
画面サイズ  5.8インチ (19:9) 
パネルIGZO液晶
解像度FHD+
画素密度435ppi
RR/TSR60Hz/60Hz

パフォーマンスの比較

チップセット/メインメモリー/ストレージ

「AQUOS sense4」と「AQUOS sense4 plus」のどちらもチップセット (SoC) はゲーミングスマホ向けの「Snapdragon 720G (SM7125)」ですが、「AQUOS sense4」のメインメモリ (RAM) が4GB、内蔵ストレージ (ROM) が64GBであるのに対し、「AQUOS sense4 plus」のメインメモリは8GBと大容量でマルチタスクも快適になるほか、内蔵ストレージの容量も2倍の128GBになっています。

概要
AQUOS
sense4
plus
SoCSnapdragon 720G
RAM 8GB (LPDDR4x)
ROM128GB (UFS 2.1)
microSD   最大1TB  
AQUOS
sense4
SoCSnapdragon 720G
RAM 4GB (LPDDR4x)
ROM64GB (UFS 2.1)
microSD 最大1TB

バッテリーの比較

容量/充電

「AQUOS sense4 plus」は4,120mAhの大容量バッテリーを搭載していますが、「AQUOS sense4」は1週間の電池持ちを実現する4,570mAhバッテリー。どちらも、ワイヤレス充電には対応しておらず、急速充電は「USB Power Delivery 3.0」をサポートしています。

概要
AQUOS 
sense4
plus
バッテリー容量  4120mAh  
連続待受け最大30日間
連続通話最大3000分
急速充電USB PD 3.0
充電時間約145分
AQUOS
sense4
バッテリー容量 4,570mAh 
連続待受け最大42.5日間
連続通話最大3,800分
急速充電USB PD 3.0
充電時間約150分

その他の機能を比較

生体認証

「AQUOS sense4」と「AQUOS sense4 plus」のどちらも、生体認証は顔認証と指紋認証に対応していますが、「AQUOS sense4」がディスプレイ下部に指紋センサーを搭載しているのに対して、「AQUOS sense4 plus」では本体背面に指紋センサーが配置されています。

おサイフケータイ (FeliCa)

「AQUOS sense4」と「AQUOS sense4 plus」のどちらもFeliCaを搭載しているので、おサイフケータイやGoogle Payなどが利用できるほか、「AQUOS sense4」は指紋センサーの長押しで素早く電子決済アプリが起動する「Payトリガー」にも対応しています。

DSDS/DSDV

SIMフリーモデルの「AQUOS sense4 SH-M15」と「AQUOS sense4 plus SH-M16」のどちらもSIMスロットはデュアルスロットで、4G+4Gの同時待受けが可能なDSDV (デュアルSIMデュアルVoLTE) に対応しています。

※ドコモのキャリアモデル「AQUOS sense4 SH-41A」はシングルスロットでDSDS/DSDVは利用できません。

販売価格を比較

販路/価格

「AQUOS sense4 SH-M15」と「AQUOS sense4 plus SH-M16」のどちらも、家電量販店やECサイトのほか、gooSimseller、IIJmio、イオンモバイルなどのMVNOで取り扱いをしています。「AQUOS sense4 SH-M15」の市場想定価格は4万円台 (税込) で、格安SIMとセットなら1~3万円台で購入可能。「AQUOS sense4 plus SH-M16」の市場想定価格は5万円 (税込) で、格安SIMとセットなら3~4万円台で購入可能になっています。

概要
AQUOS
sense4
plus
取り扱い家電量販店, ECサイト,
MVNOなど
販売価格 OCNモバイルONE
一括: 35,849円 (税込)
分割: 1,493円 (税込) ~
IIJmio
一括: 43,780円 (税込)
分割: 1,826円 (税込) ~
BIGLOBEモバイル
一括: 47,520円 (税込)
分割: 1,980円 (税込) ~
QTモバイル
一括: 48,840円 (税込)
分割: 2,035円 (税込) ~
イオンモバイル
一括: 50,380円 (税込)
分割: 2,099円 (税込) ~
AQUOS 
sense4
取り扱い家電量販店, ECサイト,
MVNOなど
販売価格 OCNモバイルONE
一括: 25,685円 (税込)
分割: 1,070円 (税込) ~
BIGLOBEモバイル
一括: 29,520円 (税込)
分割: 1,353円 (税込) ~
IIJmio
一括: 32,780円 (税込)
分割: 1,375円 (税込) ~
イオンモバイル
一括: 38,280円 (税込)
分割: 1,595円 (税込) ~
QTモバイル
一括: 39,600円 (税込)
分割: 1,650円 (税込) ~
mineo
一括: 39,600円 (税込)
分割: 1,650円 (税込) ~
LinksMate
一括: 39,050円 (税込)
分割: ―

まとめ

「AQUOS sense4 plus」と「AQUOS sense4」のどちらがオススメ?

ベースモデルの「AQUOS sense4」と上位モデルの「AQUOS sense4 plus」では販売価格に1万円ほどの差はありますが、ミドルハイクラスのチップセットを搭載するなど、普段使いには十分な性能を備えているので、コストパフォーマンスを重視する場合や軽量コンパクトな端末が好みなら「AQUOS sense4」がオススメ、スペックを重視する場合や動画やゲームを大画面で楽しみたいのなら「AQUOS sense4 plus」の方ががオススメです。

AQUOS sense4 SH-M15 (アクオスセンスフォー)/レビュー
SHARPから4G対応のSIMフリースマホ「AQUOS sense4 SH-M15」が2020年11月27日に発売されました。特徴、スペック、メリット、デメリット、おトクに購入できるキャンペーンやセール情報などをまとめて詳しく解説しています。
AQUOS sense4 plus SH-M16 (アクオス センスフォー プラス)/レビュー
シャープは4G対応のSIMフリースマホ「AQUOS sense4 plus SH-M16」を2020年12月25日に発売します。特徴、スペック、メリット、デメリット、おトクに購入できるキャンペーンやセール情報などをまとめて詳しく解説しています。



コメント

タイトルとURLをコピーしました