「AQUOS sense2 SH-M08」と「AQUOS sense plus SH-M07」を徹底比較!!


Source:”SHARP

AQUOS sense2 × AQUOS sense plus

SHARP (シャープ) から、SIMロックフリーのAndroidスマートフォン「AQUOS sense2 SH-M0 (アクオスセンスツー)」が2018年12月27日 (木) に発売されました。累計200万台を超える大ヒットを記録した「AQUOS sense」シリーズの最新モデルで、アスペクト比18:9の5.5型 IGZO液晶ディスプレイ、AIによるシーン認識に対応したカメラ、IP65/IP68準拠の防水・防塵性能、おサイフケータイ (Felica) 対応など、普段使いに十分なスペックを備えた高コスパのミドルレンジスマホ。今回は、上位モデルである「AQUOS sense plus SH-M07 (アクオスセンスプラス)」との違いを比較しました。

概要

「AQUOS sense plus SH-M07 (アクオス センス プラス)」は、2018年6月22日にSHARP (シャープ) から発売されたSIMフリーのAndroidスマホ。SHARPでは初となるSIMフリー専用モデルで、”AQUOS sense liteに あとちょっと余裕をplus” した「AQUOS sense」シリーズの上位機種。防水・防塵 (IP65/IP68) やおサイフケータイ (Felica) 対応といった特徴はそのままで、ディスプレイやプロセッサ (SoC) などが強化されています。「AQUOS sense2 SH-M08 (アクオスセンスツー)」との主な違いは、カメラ (背面) とチップセット (SoC)、バッテリー。カメラ性能に大きな差はありませんが、「AQUOS sense plus SH-M07」の方が処理能力が高くなっています。

「AQUOS sense2」と「AQUOS sense plus」の共通する点

<主な共通点>

  • ディスプレイ:FHD+解像度の5.5型 (18:9) IGZO液晶ディスプレイを搭載。
  • 防水性能:お風呂などでも安心して使用できる防水性能 (IPX5/IPX8準拠)。
  • 防塵性能:粉塵が内部に侵入しない完全防塵 (IP6X準拠) になっています。
  • フロントカメラ:前面のカメラは800万画素となっています。
  • メインメモリ (RAM):メインメモリの容量は3GBとなっています。
  • ストレージ (ROM):内蔵ストレージの容量は32GBになっています。
  • Wi-Fi:IEEE802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz帯/5GHz帯) のデュアルバンドに対応。
  • ハイレゾ (Hi-Res):ハイレゾ音源の再生に対応しています。
  • おサイフケータイ (Felica):おサイフケータイに対応してます。
  • ワンセグ/フルセグ:ワンセグやフルセグには対応していません。

「AQUOS sense2」と「AQUOS sense plus」の違う点

<主な違い>

  • リアカメラ:AQUOS sense plus SH-M07のカメラの方が、画素数では上回っています。
  • チップセット (SoC):AQUOS sense plus SH-M07の方が高性能なチップセットを採用しています。
  • バッテリー容量:AQUOS sense plus SH-M07のバッテリーの方が大容量で、連続待受時間も長くなっています。
  • 生体認証:AQUOS sense2 SH-M08は、指紋認証に加えて顔認証にも対応しています。
  • 販売価格:AQUOS sense2 SH-M08の方が、3,000~10,000円ほど安くなっています。

スペック表

AQUOS sense/AQUOS sense lite
モデル SH-M08 SH-M07
発売日 2018/12/27 2018/6/22
販売価格 3万円台 4万円台
OS Android 8.1 Android 8.0
SoC SDM450
(オクタコア)
SDM630
(オクタコア)
RAM 3GB
(LPDDR3)
3GB
(LPDDR4X)
ROM 32GB 32GB
外部メモリ microSDXC
(512GB)
microSDXC
(400GB)
ディスプレイ IGZO液晶
FHD+
5.5型 (18:9)
IGZO液晶
FHD+
5.5型 (18:9)
カメラ (背面) 1200万画素 1640万画素
カメラ (前面) 800万画素 800万画素
バッテリー 2700mAh 3100mAh
急速充電
コネクタ USB Type-C USB Type-C
SIMカード nanoSIM nanoSIM
VoLTE
DSDS
CA 2CC CA対応
通信速度
(下り/上り)
最大150Mbps
/最大50Mbps
最大350Mbps
/最大75Mbps
対応キャリア docomo
au
SoftBank
(Y!mobile)
docomo
au
SoftBank
(Y!mobile)
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2 5.0
テザリング 最大15台 最大15台
ハイレゾ再生
防水/防塵
(IP65/IP68)

(IP65/IP68)
生体認証 顔認証
指紋認証
指紋認証
ジャイロ
Felica
ワンセグ × ×
サイズ
(H×W×D)
H:148mm
W:71mm
D:8.4mm
H:151mm
W:71mm
D:8.9mm
重量 約155g 約157g
本体カラー Wite Silver
Nuance Black
Ash Yellow
Urban Blue
White
Black
Beige

ディスプレイ/ボディの比較

ディスプレイには、フルHD+ (2,160×1,080ドット) 解像度のIGZO液晶を採用し、画面サイズは約5.5インチ (縦横比18:9)。カバーガラスは耐傷性に優れたコーニング社の「Gorilla Glass 3 (ゴリラガラス3)」で、ボディはIP65/IP68準拠の防水・防塵に対応しています。本体のサイズは、上下のベゼル (額縁) が狭い分だけ「AQUOS sense2 SH-M08」の方が縦幅が短くなっています。

本体カラーは、「AQUOS sense plus SH-M07」が「ホワイト」「ブラック」「ベージュ」の3色に対して、「AQUOS sense2 SH-M08」は「ホワイトシルバー」「ニュアンスブラック」「アッシュイエロー」「アーバンブルー」の4色のほか、MVNO限定色として「カーディナルレッド (楽天モバイル)」「フレンチピンク (IIJmio)」「ターコイズグリーン (mineo)」などを展開しています。

カメラの比較

リアカメラは、「AQUOS sense plus SH-M07」が1,640万画素であるのに対して、「AQUOS sense2 SH-M08」が1,200万画素で、AIによるシーン認識機能を備えています。そして、フロントカメラの方はどちらも800万画素になっています。リアカメラの画素数は「AQUOS sense plus SH-M07」の方が上回っていますが、カメラ性能に大きな差はありません。

チップセットの比較

チップセット (SoC) は、「AQUOS sense2 SH-M08」が「Snapdragon 450」を採用しているのに対して、「AQUOS sense plus SH-M07」はミドルハイ向けの「Snapdragon 630」となっているので、処理能力は「AQUOS sense plus SH-M07」の方が少し上回っています。

主な仕様の比較 (SoC)
モデル SDM 450 SDM630
プロセス 14nm 14nm
CPU ARM Core-A53 ARM Core-A53
コア数 オクタコア オクタコア
クロック 最大1.8GHz 最大2.2GHz
DSP Hexagon 546 Hexagon 642
GPU Adreno 506 Adreno 508
モデム X9 LTE X12 LTE

メインメモリーの比較

メインメモリ (RAM) は、「AQUOS sense2 SH-M08」が3GB (LPDDR3?) であるのに対して、「AQUOS sense plus SH-M07」は3GB (LPDDR4X) となっていて、ほとんど差はありません。

ストレージの比較

内蔵ストレージ (ROM) はどちらも32GBですが、「AQUOS sense2 SH-M08」は最大512GBのmicro SDXCに対応しています。

※AQUOS sense plus SH-M07は最大400GBのmicro SDXCに対応。

バッテリーの比較

「AQUOS sense2 SH-M08」のバッテリー容量が2,700mAhであるのに対して、「AQUOS sense plus SH-M07」のバッテリー容量は3,100mAhで、「AQUOS sense plus SH-M07」のバッテリーの方が大容量で電池持ちが良くなっています。

バッテリー/使用時間
モデル SH-M08 SH-M07
容量 2700mAh 3100mAh
急速充電 (確認中) QC 3.0
USB PD
連続通話 VoLTE 約1920分 約1850分
3G 約1480分 約1690分
GSM 約790分 約920分
連続待受 LTE 約620時間 約670時間
3G 約690時間 約780時間
GSM 約630時間 約685時間

販売価格 (MVNO) の比較

「AQUOS sense2 SH-M08」のMVNO (格安SIM) での販売価格は2~3万円台で、「AQUOS sense plus SH-M07」よりも3,000~10,000円ほど安くなっています。

主要なMVNOの販売価格
AQUOS
sense2
SH-M08
OCNモバイルONE
一括: 5,800円 (税別)
分割:  
楽天モバイル
一括: 14,880円 (税別)
分割: 669円×24回 (税込)
IIJmio
一括: 29,800円 (税別)
分割: 1,250円×24回 (税別)
BIGLOBEモバイル
一括: 33,120円 (税別)
分割: 1,380円×24回 (税別)
mineo (マイネオ)
一括: 33,000円 (税別)
分割: 1,375円×24回 (税別)
LINEモバイル
一括: 34,800円 (税別)
分割: 1,540円×24回
AQUOS
sense plus
SH-M07
OCNモバイルONE
一括: 販売終了
分割:  ―
楽天モバイル
一括: 32,800円 (税別)
分割: 1,476円×24回 (税込)
IIJmio  ※数量限定
一括: 10,000円 (税別)
分割: 420円×24回 (税別)
BIGLOBEモバイル
一括: 39,600円 (税別)
分割: 1,650円×24回 (税別)
mineo (マイネオ) ※販売終了
一括: 43,200円 (税別)
分割: 1,800円 ×24回 (税別)
LINEモバイル
一括: ― (取扱なし)
分割: ― (取扱なし)

※OCNモバイルONEでは、音声通話SIMとセット (スマホセット) で申し込むことで「AQUOS sense2 SH-M08」を5,800円で購入できるキャンペーンを、3月28日 11:00 までの期間限定で実施しています。
※楽天モバイルでは、3月14日 9:59 までの期間限定で「AQUOS sense2 SH-M08」を音声通話SIMとセットで申し込むと、端末代金が14,980円 (分割:674円×24回) になるキャンペーンを実施しています
※IIJmioでは、3月22日までの期間限定/数量限定で「AQUOS sense plus SH-M07」を音声通話SIMとセットで申し込むと、端末代金が10,000円 (分割:420円×24回) になるキャンペーンを実施しています。

まとめ

カメラ性能に大きな差はありませんが、「AQUOS sense plus SH-M07」の方が処理能力が高くなっています。ただし、販売価格に3,000~10,000円ほど差があるので、ゲームなどをあまりしない方には「AQUOS sense2 SH-M08」の方がオススメです。

»[AQUOS sense2 SH-M08] の詳細はこちら

»[AQUOS sense plus SH-M07] の詳細はこちら

AQUOS sense2 SH-M08/キャンペーン情報

<キャンペーン・セール情報>

  • 楽天モバイル (~2019/4/11 9:59):音声通話SIM (スーパーホーダイ含む) とセットで申し込むと、端末代金が14,880円 (分割:669円×24回) になる。
    »楽天モバイルのキャンペーン情報
  • OCNモバイルONE (~2019/3/28):音声通話SIMとセットの申し込みで端末代金が5,800円/対象オプションの同時加入でセール価格から最大5,000円OFF (800円)/音声通話SIMの新規契約 (MNP含む) で月額基本料を2年間320円割引
    »OCNモバイルONEのキャンペーン情報
  • BIGLOBEモバイル (~2019/3/31):SIMカードとセットで申し込むと、端末料金を600円×24ヶ月 (au回線)/450円×24ヶ月 (docomo回線) 値引き&5,000円分のGポイント進呈&初期費用が [3,394円 ⇒ 0円] (音声通話SIMの場合) になる。
    »BIGLOBEモバイルのキャンペーン情報
  • IIJmio (~2019/5/8):音声通話SIM (みおふぉん) とセットで申し込むと5,000円分のギフト券をプレゼント。
    »IIJmioのキャンペーン情報

楽天モバイル

楽天モバイルでは、期間限定セール “2019年 春のスマホ割引キャンペーン” で、組み合わせプラン (通話SIM) またはスーパーホーダイとセットで申し込むことによってAQUOS sense2 SH-M08」を14,880円 (分割:669円×24回)で購入することができます。スーパーホーダイは、音声通話SIMに10分かけ放題がついて、高速通信量を使い切っても通信速度1Mbpsのデータ通信が使い放題のお得なセットプラン月額1,480円 (2年間) から利用可能 (楽天のダイヤモンド会員なら月額980円から利用可能) になっています。

»楽天モバイルの詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、AWAやSpotify、Amazon Musicなどの音楽定額配信サービスがカウントフリー (高速データ通信量を消費しない) になる “MUSICカウントフリーオプション” が追加料金なしで利用できるのが大きな魅力。2019年3月28日までの期間限定で、音声対応SIMとセット (スマホセット) で申し込むことで「AQUOS sense2 SH-M08」の端末代金が16,000円OFF (5,800円)対象オプション (OCNでんわ かけ放題オプション/あんしんモバイルパック) の同時加入でセール価格から最大5,000円OFF (800円!!) になる “新年度★開幕直前 スマホ市 を実施しています。さらに、音声通話SIMの新規申込で月額基本料を2年間320円割引してくれる “新生活応援割 も同時に開催しているので、今ならおトクに契約する事が可能です!!

カウントフリー対象

音楽配信サービス:AWA, Spotify, Amazon Music, Google Play music, LINE MUSIC, dヒッツ, ひかりTVミュージック, レコチョクBest

»OCNモバイルONEの詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓

BIGLOBE mobile (ビッグローブモバイル)

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは、老舗ISPのBIGLOBE (KDDI傘下) が提供する格安SIMサービス。動画配信サービスや音楽配信サービス、ネットラジオがカウントフリーになる「エンタメフリー・オプション」が月額480円 (最大3ヶ月無料) から利用可能になっています。さらに、2019年3月31日までの期間限定で、「AQUOS sense SH-M08」をSIMカードとセットで申し込と、初期費用が3,394円⇒0円になる&端末料金を最大600円×24ヶ月 (総額14,400円) 値引き&月額料金の支払いに利用可能なGポイントを5,000ポイント (1ポイント=1円相当) プレゼントしてくれるキャンペーンを実施しています。

カウントフリー対象

動画配信サービス:YouTube, Abema TV, U-NEXT, YouTube Kids
音楽配信サービス:YouTube Music, AWA, Spotify, Amazon Music, Google Play music, Apple Music
ネットラジオ:radiko.jp

»BIGLOBEモバイルの詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓

IIJmio (アイアイジェイミオ)

IIJmio (アイアイジェイミオ) は、docomo回線とau回線のマルチキャリアに対応する格安SIM・格安スマホ。「AQUOS sense2 SH-M08」を音声通話SIM (みおふぉん) とセットで申し込むと、Amazonギフト券やGoogle Playギフトコードなど、複数の電子マネーやギフト券等から選択できる「e-GIFT (5,000円分)」をプレゼントしてくれます。さらに、2019年5月8日までの期間限定キャンペーン  “スマホ代月額300円キャンペーン” で、初期費用が3,000円⇒1円&月額料金が1,300円割引(3ヶ月)&通信量が1GB増量(12ヶ月) になります。

»IIJmio (アイアイジェイミオ) の詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓
IIJmio(みおふぉん)

AQUOS sense plus SH-M07/キャンペーン情報

< キャンペーン・セール情報>

BIGLOBE mobile (ビッグローブモバイル)

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルでは、「AQUOS sense plus SH-M07」をSIMカードとセットで申し込むと、端末料金を最大450円×24ヶ月 (総額10,800円) 値引きしてくれるので、実質28,800円 (1200円×24ヶ月) で購入可能になります。 ※2019年3月31日までは初期費用が3,394円⇒0円になります。

»BIGLOBEモバイルの詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓

IIJmio (アイアイジェイミオ)

IIJmio (アイアイジェイミオ) では、2019年5月8日までの期間限定/数量限定で “人気スマホ100円キャンペーン” を開催中。音声通話SIMとセットの申し込みで「AQUOS sense plus SH-M07」の端末代金が10,000円 (26,800円OFF) になります。さらに、初期費用が3,000円⇒1円&月額料金が1,300円割引(3ヶ月)&通信量が1GB増量(12ヶ月)になる “スマホ代月額300円キャンペーン” も同時開催してるので、今ならお得な料金で利用することができます。

»IIJmio (アイアイジェイミオ) の詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓
IIJmio(みおふぉん)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする