Moto E5 レビュー

Source by “Motorola

Moto E5 (モトイーファイブ) 詳細

Motorola Mobility Japan (モトローラ・モビリティ・ジャパン) は、2018年6月8日にSIMロックフリーのAndroidスマートフォン「Moto E5」を国内発売しました。Moto Eシリーズの最新機種となる「Moto E5」は、1万円台で購入可能なエントリーモデルながらも、トレンドの18:9縦長ディスプレイに加えて、1,300万画素の高性能カメラや急速充電対応の大容量バッテリー (4,000mAh)、指紋認証、DSDS (デュアルSIMデュアルスタンバイ)、国内キャリアのVoLTEに全て対応するなど充実したスペックで、コストパフォーマンスの非常に高い “格安スマホ“。公式オンライストアやECサイト、大手家電量販店のほか、LINEモバイル、DMMモバイル、IIJmioといったMVNO (格安SIM) 各社でも取り扱っており、キャッシュバックなどのおトクなキャンペーンも実施しています。

ボディ

外観・デザイン

トレンドの18:9縦長「Max Visionディスプレイ」を採用するベゼルレス (狭額縁) なデザイン。5.7インチの大画面ながらも、片手で持ちやすい、スリムなボディを実現しています。前面は丸みを帯びた2.5Dガラスによって覆われ、アーチ状の背面は手に心地よくフィットします。背面パネルにはプラスチック素材を使用し、メタリック調の表面処理を施することで、質感の良い、高級感のある仕上がりに。本体カラーは フラッシュグレーとファインゴールドの2色を展開しています。

ディスプレイ・表示

Max Visionディスプレイ

ディスプレイには、5.7インチサイズ、HD+ (1440×720ドット) 解像度のIPS液晶パネルを採用。アスペクト比18:9と縦に長く、表示領域が広いので、縦にスクロールして見るWebサイトやSNSのタイムラインなども見やすくなっています。画面を見ている間はオフにならいようにする「親切ディスプレイ」、ブルーライトを軽減する「夜間表示」といった機能 (Motoディスプレイ) も利用可能です。

カメラ

リアカメラ (アウトカメラ)

リアカメラには、1,300万画素 (画素ピッチ:1.12μm) のイメージセンサーとF値2.0のレンズを搭載し、夜間や暗所など光量の少ないシーンでも明るく鮮明な写真を撮影できます。高速オートフォーカス (位相差AF) によって、素早いピント合わせが可能。プロフェッショナルモードでは、シャッター速度やホワイトバランス、露出、ISO感度などを調整できるほか、パノラマ撮影、HDR (ハイダイナミックレンジ) 撮影に対応し、QRコード/バーコードの読み取り機能も搭載しています。

フロントカメラ (インカメラ)

インカメラは500万画素 (F値2.2) で、LEDフラッシュを搭載。フェイスビューティ (美肌補正) で、セルフィー (自撮り) もキレイに撮影できます。

パフォーマンス

チップセット (SoC)

オクタコアCPUを搭載するQualcomm製のモバイルSoC「Snapdragon 425 (MSM8917)」を採用。エントリーモデル向けSoCで、処理能力は高くはありません。

メインメモリ (RAM)

メインメモリの容量は2GBとなっており、複数のアプリを開いて同時に実行するマルチタスク処理などには向いてません。

ストレージ (ROM)

16GBの内蔵ストレージ (ROM) を搭載し、最大128GBのmicroSDに対応しています。

バッテリー

バッテリー容量

終日駆動可能な4,000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

急速充電

10W急速充電に対応し、付属の充電器を使用することで、わずか約15分の充電で最長4時間の駆動が可能になります。

機能

Motoエクスペリエンス

ソフトウェアとセンサを組み合わせて、より直観的な端末動作をアシストするMotorola独自の機能「Motoエクスペリエンス」に対応。3本の指で画面を長押してスクリーンショットの撮影や、端末を持ちあげることで着信音がオフになる機能を備えた「Motoアクション」、画面の表示や通知に関する機能「Motoディスプレイ」などが利用可能になっています。

Motoアクション

3本の指で長押しするとスクリーンショットを撮影できる「クイックスクリーンショット」、片手で操作しやすいように画面を縮小する「スワイプして画面縮小」、端末を持ちあげると着信音がバイブに切り替わる「持ちあげて着信音停止」、画面を下に向けて置くだけで着信音とバイブをオフにする「下向きで無音化」といった機能が利用できます。

Motoディスプレイ

夜間など所定の時間にブラーライトを削減する「夜間表示」、画面を見ている間は画面をオンのままにする「親切ディスプレイ」、手をかざすだけで時計や通知などを表示できる「Motoディスプレイ」といった機能を利用できます。

生体認証

背面の上部中央に、指紋認証センサーを搭載しています。

対応キャリア・通信機能

docomo (ドコモ) 回線

LTE・3Gともに、ほとんど全ての周波数帯 (バンド) をカバーし、ドコモの高品質通話「VoLTE (ヴォルテ)」にも対応しています。ドコモ回線のSIMカード (格安SIMを含む) を問題なく利用できます。

au (エーユー) 回線

主要な周波数帯 (バンド) を全てカバーし、「au VoLTE」にも対応しているので、au回線のSIMカード (格安SIMを含む) を問題なく利用できます。ただし、auの3G通信 (CDMA2000) には対応していないので、au回線のSIMカードを2枚使用しての3G+4G同時待受け (DSDS) は利用できません。

SoftBank (ソフトバンク)/Y!mobile (ワイモバイル) 回線

LTE・3Gともに、ほとんど全ての周波数帯 (バンド) をカバーし、高品質通話「VoLTE (ヴォルテ)」 にも対応しています。ソフトバンク (ワイモバイル) 回線のSIMカード (格安SIMを含む) を問題なく利用できます。

VoLTE (ヴォルテ)

LTE回線を利用した高品質な通話サービス。「Moto E5」は、国内キャリアのVoLTEに全て対応しています。

DSDS (デュアルSIMデュアルスタンバイ)

DSDS (デュアルSIMデュアルスタンバイ) に対応し、2枚のSIMカードを使用しての3G+4G (LTE) 同時待受けが可能になっています。2つのnanoSIMカードスロットとmicroSDカードスロットを搭載したTriple Slots (トリプルスロット) 仕様なので、DSDSとmicroSDカードが同時に利用できます。

特徴・メリット

<特徴・メリット>

  • 1万円台で購入可能とコストパフォーマンスが非常に高い
  • 人間工学に基づいたコンパクトなデザインで、持ちやすく、片手でも快適な操作を可能にしている
  • 流行のアスペクト比18:9の縦長ディスプレイを採用し、マルチウィンドウ機能や縦スクロールをして見るWebサイト、SNSのタイムラインなども見やすい
  • 1,300万画素のリアカメラを搭載し、位相差AFによる素速いピント合わせが可能になっているなど、価格のわりにカメラの性能が良い
  • 終日駆動可能な4,000mAhの大容量バッテリーを搭載し、急速充電 (10W) にも対応している
  • Motoエクスペリエンスに対応し、クイックスクリーンショット (Motoアクション)Motoディスプレイなど便利な機能が利用できる
  • DSDS (デュアルSIMデュアルスタンバイ) に対応し、2枚のSIMカードで3G+4Gの同時待受が可能
  • 指紋認証でスムーズに画面をロック解除できる
  • docomo・au・Softbank (Y!mobile) 回線のSIMを問題なく利用できる
  • トリプルスロット仕様なので、microSDとDSDSの同時利用も可能
  • 国内キャリアのVoLTEに全て対応している

注意点・デメリット

<注意点・デメリット>

  • 防水・防塵ではなく、撥水コーティングも施されていない
  • SoCに 「Snapdragon 425 (オクタコア)」を採用しており、普段使いには問題ないが、処理能力は高くはない
  • メインメモリ (RAM) の容量が2GBで、複数のアプリを開いて同時に実行する “マルチタスク処理” や処理の重い3Dゲームなどには向いていない
  • 内蔵ストレージ (ROM) の容量が16GBと少ないので、サイズの大きいゲームアプリや動画などをたくさん保存すると、すぐに容量が足りなくなってしまう可能性がある
  • 接続端子がmicroUSBなので、裏表を確認して差し込む必要がある
  • ジャイロセンサーを搭載していないので、ポケモンGOのAR機能などが利用できない
  • 顔認証には対応していない
  • NFCFelica (おサイフケータイ) は搭載していない
  • ワンセグ・フルセグには対応していない
  • 国内販売は「フラッシュグレー」と「ファインゴールド」の2色のみで、カラーバリエーションが少ない

本体カラー

moto e5 color1

Flash Grey (フラッシュグレー)

moto e5 color2

Fine Gold (ファインゴールド)

スペック (仕様)

Moto E5

端末 Moto E5
メーカー Motorola (Lenovo)
発売日 2018年6月8日
販売価格 18,500円
画面 種類 IPS液晶
解像度 1440×720 (HD+)
画素密度 283ppi
サイズ 5.7インチ (18:9)
OS Android 8.0 Oreo
SoC 名称 Snapdragon™ 425
コア数 クアッドコア (4コア)
CPU ARM Coretex-A53
クロック 1.4GHz
GPU Adreno 308
メモリ (RAM) 2GB
ストレージ 16GB
microSD 最大128GB (別売)
カメラ アウト 1300万画素 (f/2.0)
イン 500万画素 (f/2.2)
SIMカード nanoSIM×2
DSDS 対応
通信速度 (下り) 最大150Mbps
通信速度 (上り) 最大75Mbps
Band FDD-LTE B1/3/5/7/8/18/19/20/26
/28
TD-LTE B38/40/41
W-CDMA B1/2/5/8/19 (6を含む)
GSM 850/900/1800/1900MHz
VoLTE
テザリング 対応 (最大10台)
USBポート microUSB
イヤホンジャック 搭載
Wi-Fi IEEE802.11 b/g/n
(2.4GHz帯)
Bluetooth® ver 4.2 with BLE
測位方式 GPS/A-GPS/GLONASS/
Beidou
指紋認証 ○ (背面)
顔認証 ×
ジャイロスコープ ×
その他のセンサ 加速度計/近接/環境照度
バッテリー 4000mAh
急速充電 対応 (10W)
ワンセグ ×
FMラジオ
おサイフケータイ ×
NFC ×
防水・防塵 ×
サイズ(H×W×D) 154.4×72.2×8.9mm
重量 約173g
カラー フラッシュグレー
ファインゴールド

Moto E5 (モト イーファイブ)/セット販売 (MVNO)

Moto E5/販売価格一覧
MVNO 月額料金 一括払い 分割払い
IIJmio 900円~ 16,800円 750円
BIGLOBEモバイル 900円~ 17,760円 740円
NifMo (ニフモ) 900円~ 17,778円 1,482円
nuro mobile 700円~ 18,000円 741円
QTモバイル 700円~ 18,000円 750円
DMMモバイル 440円~ 18,500円 911円
LINE MOBILE 500円~ 18,800円 820円

※NifMo (ニフモ) は12回払い、他は24回払いとなります。
※全て税抜き価格で表示しています。

「Moto E5」をセット購入するのにおススメの格安SIM

01. IIJmio (みおふぉん)

IIJmio (アイアイジェイミオ) では、2018年10月3日までの期間限定 「IIJmio夏祭り 容量2倍キャンペーン」を開催中。音声通話SIM(みおふぉん)の新規申込で、初期費用が3,000円⇒1円&通信量が2倍×12ヵ月間&月額料金が600円割引×6ヶ月間になります。さらに、「Moto E5」とセットの申し込みなら、3,000円分のAmazonギフト券をプレゼントしてくれます。

»IIJmio (みおふぉん) の詳細・評判・口コミ

»公式サイト/IIJmio

02. BIGLOBE MOBILE (ビッグローブモバイル)

BIGLOBEモバイル

YouTubeやAmeba TVなどの動画配信サービスや音楽配信サービスがカウントフリーになる「カウントフリーオプション (月額480円~)が人気の「BIGLOBEモバイル」。音声通話SIM (3GB以上のプラン) とセットで申し込むと、端末代金を450円×24ヶ月値引き (データSIMなら150円×24ヶ月値引き) してくれるので、「Moto E5」を実質1万円以下で購入する事ができます。

»BIGLOBEモバイルの詳細・評判・口コミ

»公式サイト/BIGLOBEモバイル

03. NifMo (ニフモ)

@nifty (ニフティ) が提供する格安SIM・格安スマホ「NifMo (ニフモ)」では、8/31までの期間限定で 「NifMoで始めよう! 夏の大感謝キャンペーン」を実施中。「Moto E5」をセットで申し込むと最大20,100円のキャッシュバックをしてくれます。

»NifMo (ニフモ) の詳細・口コミ・評判

»公式サイト/NifMo

04. QTmobile (QTモバイル)

「QTmobile (QTモバイル)」は、電力会社系の格安SIM・格安スマホで、docomo・au・SoftBankの3大キャリアにフルで対応しています。月額料金が6ヵ月間100~1,160円割引きになるおトクなキャンペーンを実施中で、音声通話SIMの6GBプラン (docomo回線) を月額990円 (6ヵ月間) で利用可能となっています。

»QTモバイルの詳細・評判・口コミ

»公式サイト/QTモバイル

05. DMM mobile (DMMモバイル)

業界最安値クラスの格安SIM・格安スマホ「DMMmobile (DMMモバイル)」。月額440円 (データSIM) から利用可能な料金プランで、LINE・Facebook・Twitter・InstagramといったSNSの通信量をカウントしない「SNSフリー」オプションも月額250円で追加できます。今なら、8/31までの期間限定「Wで半額キャンペーン」で、新規契約手数料が3,000円⇒1,500円&月額基本料を半額×6ヶ月データSIMを月額220円、音声通話SIMを月額570円から利用できます。

»DMMモバイルの詳細・評判・口コミ

»公式サイト/DMMモバイル

06. LINE MOBILE (ラインモバイル)

「LINE MOBILE (ラインモバイル)」は、ソフトバンクとドコモの回線に対応するマルチキャリアMVNO。全てのプランで「LINE」がカウントフリーで、「年齢認証」も可能になっています。月額1,110円から利用可能なコミュニケーションフリープラン」なら、TwitterやFacebook、Inastgramもカウントフリー。8/31までに申し込むと、ドコモ回線にくわえてソフトバンク回線の音声プランも月額300円から利用可能です。

»LINEモバイルの詳細・評判・口コミ

»公式サイト/LINEモバイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする