HUAWEI P20 lite レビュー

Source:”HUAWEI

HUAWEI P20 lite 詳細

HUAWEI JAPAN (ファーウェイジャパン) は、2018年6月15日にSIMロックフリーのAndoridスマートフォン「HUAWEI P20 lite」を発売しました。高機能なミドルレンジモデルで、販売価格は31,980円 (税別) とコストパフォーマンスの高い格安スマホ。公式オンラインストアや家電量販店のほか、楽天モバイル、OCNモバイルONE、IIJmioなどといったMVNO (格安SIM) 各社から順次発売されています。 ※au・UQ・Y!mobileモデルも同日に発売しています。

概要

フラッグシップ “P20” シリーズの廉価モデル。非常に人気の高かった “HUAWEI P10 lite” の後継機種で、前モデルから性能や機能が大幅に強化されています。流行になっているノッチ (切り欠け) を備えたアスペクト比19:9の縦長ディスプレイを採用。ベゼルレス (狭額縁) なデザインで、5.84インチの大画面ながらも「HUAWEI P10 lite」とほとんど変わらないサイズのコンパクトボディを実現。デュアルレンズカメラや高精細なインカメラを搭載し、顔認証・指紋認証にも対応。auとSoftBankのVoLTEをサポートし、MVNO (格安SIM) を含むdocomo・au・SoftBank (Y!mobile) 回線のすべてのSIMで利用可能になっています。

ディスプレイ・ボディ

外観・デザイン

ノッチデザイン/コンパクトボディ

上部中央にノッチ (切り欠き) を備えたアスペクト比19:9の縦長ディスプレイ。ノッチ部分には、インカメラやレシーバー、近接/環境光センサーを搭載。ベゼル (額縁) を極限まで狭くすることで画面占有率は約80.5%まで向上し、5.84インチの大画面ながらも、5.2インチモデルの「HUAWEI P10 lite」とほぼ同サイズのコンパクトなボディを実現しています。

側面にはメタル素材のフレームを採用し、両面を2.5D曲面ガラスで覆った光沢のあるボディは、美しく高級感のある仕上がり。本体カラーは、角度によって光の反射が変わる “クラインブルー”、スクリーンの鮮やかさとは対照的に深みのある “ミッドナイトブラック”、豊かなパールトーンの “サクラピンク” の3色を展開しています。

表示・ディスプレイ

FULL VIEW DISPLAY 2.0 (フルビューディスプレイ)

フルHD+ (2,280×1,080ドット) 解像度の高精細な液晶ディスプレイを搭載。NTSC比96%の広色域をサポートし、撮影した写真や動画を色彩豊かに美しく表現します。ディスプレイのサイズは5.84インチ (19:9) で、トレンドのノッチデザインを採用。前面いっぱいに広がる “FULL VIEW DISPLAY 2.0 (フルビューディスプレイ)” は、映画やゲームなどを迫力の大画面で楽しむことができます。また、アスペクト比19:9と縦に長いので、縦スクロールして見るWebサイトやSNSのタイムライン、マルチウィンドウ機能なども見やすくなっています。

ノッチを隠す

設定で “ノッチを隠す” モードを選択すれば、ステータスバーが黒くなってノッチ (切り欠き) が見えにくくなります。

カメラ

リアカメラ

デュアルレンズカメラ

背面のカメラは、1,600万画素 (F値2.2/1.12μm) +200万画素 (深度測定用) のデュアルレンズ。1,600万画素のメインカメラを主に使用し、200万画素のサブカメラで被写界深度 (DOF) を測定することで、一眼レフのようにナチュラルで美しい “ボケ味” を演出します。人物撮影向きの「ポートレートモード」では、背景に自然な “ボケ味” を加えたり、肌を美しく見せるビューティレベルの設定が可能。「ワイドアパーチャ機能」によって、撮影時だけでなく、撮影後でもフォーカスを自由に調整できます。「プロカメラモード」では、露出やホワイトバランスなどの細かい調整が可能で、RAW形式の保存にも対応しています。

ポートレートモード

背景を自然にぼかしたり、3D顔認識による10段階のナチュラルなビューティー補正を施すことができます。

ワイドアパーチャ

ワイドアパーチャモードを有効にすれば、背景をぼかしたり、被写体を際立たせたり、暗所でも鮮明な写真を撮影できます。ワイドアパーチャモードで撮影した写真は、撮影後でもピント位置やボケ具合を調節する事が可能。夜や暗い場所では、レンズから取り込む光の量を増やして、明るく鮮明に撮影できます。

プロモード

シャッター速度やホワイトバランス、露出補正、ISO感度などの設定を細かく調整できます。また、RAW形式の保存にも対応しています。

ライトペインティングモード

遅いシャッター速度に自動で設定し、露出時間を長くして光の軌跡を撮影します。被写体と光の状態に応じて、夜間に車の軌跡を撮影する “テールライトトレイル”、暗所で光源を動かして文字や図形を描くことができる “ライトグラフィティ”、流れる水の様子を滑らかに撮影する “シルキーウォーター”、夜空の星の動きを撮影できる “スタートラック” と4種類のモードがあります。

HDR (ハイダイナミックレンジ) モード

逆光などのコントラストの強いシーンでも白とびや黒つぶれを抑制し、自然な色味を再現します。

コマ抜き録画

一定の間隔で撮影した画像をつなぎ合せることで、早送りしたような動画に仕上げます。

パノラマ

複数撮影した写真をつなぎ合わせることで、1枚のワイドな写真に仕上げます。

ナイスフード

食べ物が鮮明でおいしそうに見える写真を撮影できます。

オブジェクトトラッキング

ピントが合った状態で被写体を追跡し、写真がぼやけるの防ぎます。

ウルトラスナップショット

スリープ時に音量ボタンを素早く2回押すだけで写真を撮影する事ができます。

フロントカメラ

高精細で広角のフロントカメラ

前面のカメラには、1,600万画素 (F値2.0/1.0μm) のイメージセンサーと画角約78°の広角レンズを搭載。顔の形状を立体的に解析する高精度な3D顔認識技術、ナチュラルビューティーアルゴリズムによる人物補正、F値2.0の明るいレンズとインテリジェント・マッピングによる顔面認識で光と影を調整する3Dレタッチ機能を使えば、友人や家族と “SNS映え” する美しい写真を撮影できます。夜や暗所などの光量の少ないシーンでは、インテリジェントな「LCDスクリーンフラッシュ技術」と「4 in 1 ライトフュージョン」によって、常に明るく鮮明な写真を撮影可能です。

自然で美しい肌質に補正する「ビューティモード」や、背景を自然にぼかすことができる「ポートレートモード」にも対応。「パーフェクトセルフィー」を有効にすれば、事前に自分の顔をカメラに認識させておくことで、グループショットでこっそりと自分だけ “盛る” ことができます。自然に指が届く指紋センサーの長押しで撮影できるほか、手のひらをかざすだけでシャッターが切れる「ジェスチャーセルフィー」、笑顔を検知して自動的にシャッターを切る「スマイルキャプチャ」、声をかけるだけでシャッターが切れる「音声シャッター」など自撮りに便利な機能も充実。アニメーションエフェクトの追加が可能な「ARレンズ機能」は、リアカメラとフロントカメラの両方に対応しています。

ナチュラルビューティーアルゴリズム

顔の形状を立体的に認識し、自然な肌色、みずみずしい肌質、立体的な顔立ち、輝きのある髪でナチュラルに美しく撮影できます。

LCDスクリーンフラッシュ

被写体や照明環境などに応じて、11のパターンから自動的に最適な色温度で光ります。

4in1 ライトフュージョン

4つのピクセルを1つのピクセルとしてまとめて、受光感度を4倍に高めます。

ビューティモード

アプリなしで自然で美しい肌質に補正します。

パーフェクトセルフィー (ポートレートモード/ビューティモード)

自分の顔の正面、横向き、下向きの3枚を登録し、”スムージング (肌の滑らかさ)” “ホワイトニング (肌の明るさ)” “目を大きく” “目を明るく” “スリムフェイス (顔の輪郭)” を好みに合わせて設定しておくことで、自分の顔だけ認識して自動で補正します。

ジェスチャーセルフィー

カメラに手の平をかざすと、セルフタイマーが起動し撮影します。

ARレンズ

人物の顔や頭部を自動認識してアニメーションエフェクトを追加するほか、ARで背景を変更することも可能になっています。

パノラマセルフィー

3枚の写真を撮影してつなぎ合わせることで、1枚のワイドアングルのセルフィーに仕上げます。

パフォーマンス

SoC/RAM/ROM

SoC

チップセット (SoC) には、”HUAWEI nova lite 2″ や “HUAWEI nova 2” と同様に「Kirin 659 (オクタコア)」を採用しています。

RAM

メインメモリ (RAM) は “4GB” と必要十分な容量になっています。

ROM

内蔵ストレージ (ROM) は、au版 (HWV32) が “64GB” で、UQ mobile版 (HWU34) とY!mobile版とSIMフリー版が “32GB” となっています。

Kirin 659
メーカー Hisilicon (HUAWEI傘下)
プロセス 16nm
CPU Cortex-A53
コア数 オクタコア (4+4コア)
クロック 2.36GHz+1.7GHz
GPU Mali-T830 MP2

バッテリー

容量/充電

バッテリー容量

バッテリーの容量は “3,000mAh” で、最大で約1,100分の連続通話、約350時間の連続待ち受けが可能になっています。

急速充電

HUAWEI独自の急速充電 (9V2A) に対応し、付属の充電器 (HUAWEI Quick Charger) を使用することで、約100分でフル充電できます。

バッテリー
容量 3000mAh
急速充電 HUAWEI Quick Charge
USB Power Delivery
充電時間 約100分
(Quick Charger)
通話時間 最大1100分
(4G LTE/WiMAX 2+)
待受時間 最大350時間
(4G LTE/WiMAX 2+)

ネットワーク

対応キャリア

docomo (ドコモ) 回線

ドコモの主なLTEバンド (Band 1/3/19) に対応しているので、格安SIM (MVNO) を含むドコモ回線のSIMカードで問題なく利用できます。

au (エーユー) 回線

auの主なLTEバンド (Band 1/18/26/28) に対応しているので、格安SIM (MVNO) を含むau回線のSIMカードで問題なく利用できます。また、au・UQモバイル・SIMフリーモデルは、au VoLTEにも対応しています。 ※Y!mobileモデルはau VoLTEに対応しておらず、au回線のSIMカードで音声通話の利用ができません。(CDMA2000に非対応)

SoftBank (ソフトバンク)・Y!mobile (ワイモバイル) 回線

ソフトバンク (ワイモバイル) の主なLTEバンド (Band 1/3/8) に対応しているので、格安SIM (MVNO) を含むソフトバンク (ワイモバイル) 回線のSIMカードで問題なく利用できます。また、ソフトバンクのVoLTEにも対応しています。

無線通信 (Bluetooth/Wi-Fi)

Bluetooth

Bluetooth® ver.4.2 に準拠し、低消費電力の通信モード「BLE (Bluetooth Low Energy)」にも対応しています。Dual Bluetooth (デュアルブルートゥース) 機能を搭載し、2台のBluetooth機器と同時接続が可能。オーディオコーデックは、高音質&低遅延の “aptX” をサポートしています。

無線LAN (Wi-Fi)

IEEE802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz帯/5GHz帯) をサポートしています。

Huawei Share

近くにあるHUAWEI端末をBluetoothで検出し、モバイルデータ通信を使用せずに、Wi-Fiで素早くファイルの共有ができます。

機能

生体認証

指紋認証

背面の自然に手が届く位置に、高精度な指紋認証センサーを搭載。センサーを長押しすることで、電話に出たり、カメラを撮影することも可能です。

顔認証

指紋認証にくわえて、フロントカメラでの顔認証にも対応。画面に顔を向けると、わずか約0.8でロック解除できます。

ユーザーインターフェース (UI)

EMUI 8.0

Android 8.0 Oreo がベースのHUAWEI独自のカスタムUI「Emotion UI 8.0 (EMUI 8.0)」を搭載しています。デザインアプリ起動時間の高速化やバッテリーの効率化が図られ、EMUI 5.1と比較してパフォーマンスが約12%向上。2つのアカウントで同時にログインできる「ツインアプリ」や「マルチウィンドウ」が利用可能なほか、新機能として顔認証機能などが追加されています。

ツインアプリ

1つのSNSアプリに対して同時に2つの異なるアカウントでログインできます。 ※対応アプリ:LINE, Facebook, Messenger, Snapchat, WeChat, QQ, WhatsApp

マルチウィンドウ

画面を分割して2つのアプリを同時に利用できます。

マルチスクリーン

Wi-Fi経由で他のデバイスと画面を共有できます。

スクリーンショット

3本の指で画面の中心から下に向かってスワイプすることで、スクリーンショットを撮影できます。

スクロールスクリーンショット

ページの下までスクロールしたスクリーンショットを撮影できます。

ワンハンドUI

片手で操作がしやすいように、画面が縮小し、キーボードが移動します。

マガジンロック画面

画面を表示するごとに、ランダムに壁紙がかわります。

視力保護モード

視力保護モードを有効にすると、ブルーライトをカットして目の疲れを軽減します。

特徴・メリット

<特徴・メリット>

  • 実質1万円台から購入可能となっており、コストパフォーマンスが高い
  • トレンドのノッチ (切り欠け) デザインを採用した縦長ディスプレイ
  • ベゼルレス (狭額縁) なデザインで、5.84インチ (19:9) の大画面ながらもコンパクトなボディ
  • リアカメラは1,600万画素+200万画素 (深度測定用) のデュアルレンズで、一眼レフのように自然な “ボケ” を演出できる
  • ワイドアパーチャ機能によって、撮影後でもピントの位置やボケ具合を調整できる (リアカメラ)
  • 高精細 (1,600万画素) & 広角 (画角約78°) のインカメラは、複数人の自撮り (ウィ―フィー) でもワイドなアングルでキレイに撮影できる
  • 急速充電 (9V/2A) に対応し、付属の充電器を使用することで、わずか10分間の充電で約24時間の連続待受が可能になる
  • 2台のBluetooth機器と同時に接続できるデュアルBluetooth機能を搭載し、ワイヤレスイヤホンやスピーカーで音楽を聴きながら、スマホとPCを接続して作業したりすることが可能
  • ツインアプリによって、1つのSNSアプリに対して2つの異なるアカウントで同時にログインできる。(仕事用とプライベート用などで使い分けることが出来る)
  • docomo・au・SoftBank (Y!mobile) 回線のSIMカード (格安SIM含む) を問題なく利用できる
  • auとSoftBankのVoLTEに対応している※Y!mobileモデルはau VoLTEに対応していません。

注意点・デメリット

<注意点・デメリット>

  • 防水・防塵ではない
  • おサイフケータイ (Felica) には対応していない
  • ワンセグ・フルセグには対応していない
  • SIMフリーモデルはデュアルSIMではあるが、1つはGSMのみで、国内でのDSDS (デュアルSIMデュアルスタンバイ) には対応しておらず、2枚のSIMカードを使用しての同時待受はできない。 ※auモデルとY!mobileモデルはシングルSIMとなっています。

本体カラー

クラインブルー

サクラピンク

ミッドナイトブラック

スペック (仕様)

HUAWEI P20 lite (SIMフリー版)

端末 P20 lite
メーカー HUAWEI
発売日 2018年6月15日
販売価格 31,980円
画面 種類 IPS液晶
解像度 2280×1080 (FHD+)
サイズ 5.84 インチ (19:9)
OS Android 8.0 Oreo
UI EMUI 8.0
SoC 名称 Kirin 659
コア数 オクタコア (8コア)
GPU Mali-T830 MP2
メモリ (RAM) 4GB
ストレージ 32GB
microSD 最大256GB
カメラ アウト1 1600万画素
アウト2 200万画素 (深度測定用)
イン 1600万画素
SIMカード nanoSIM×2
DSDS ×
通信速度 (下り) 最大225Mbps
通信速度 (上り) 最大25Mbps
Band FDD-LTE B1/3/5/7/8/18/19/26/28
TD-LTE B41
W-CDMA B1/2/5/6/8/19
GSM 850/900/1800/1900MHz
CA 2CA対応
VoLTE au/SoftBank
テザリング 最大8台
USBポート Type-C
イヤホンジャック 搭載
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz帯/5GHz帯)
Bluetooth® ver 4.2 with BLE
測位方式 GPS/A-GPS/GLONASS/
Beidou
指紋認証
顔認証
ジャイロスコープ
その他のセンサ 電子コンパス/近接/環境光
/加速度
バッテリー 3000mAh
急速充電 9V/2A
ワンセグ ×
おサイフケータイ ×
NFC
防水・防塵 ×
サイズ(H×W×D) 148.6×71.2×7.4mm
重量 約145g
カラー クラインブルー
サクラピンク
ミッドナイトブラック

HUAWEI P20 lite/セット販売 (MVNO)

HUAWEI p20 lite/販売価格一覧
MVNO 月額料金 一括 分割
OCNモバイルONE 900円~ 4,300円~
IIJmio 900円~ 27,800円 1,200円
excite mobile 500円~ 28,800円 1,200円
LIBMO (リブモ) 80円~ 28,800円 1,200円
NifMo (ニフモ) 900円~ 28,889円 1,204円
UQモバイル 980円~ 28,900円 1,200円
mineo (マイネオ) 700円~ 29,400円 1,225円
BIGLOBEモバイル 900円~ 29,760円 1,240円
QTモバイル 700円~ 31,200円 1,300円
イオンモバイル 480円~ 31,800円 1,545円
楽天モバイル 525円~ 31,980円 1,332円
LINE MOBILE 500円~ 31,980円 1,390円
DMMモバイル 440円~ 31,980円 1,574円
LinksMate 500円~ 31,980円 1,599円

※全て税抜き価格で表示しています。

HUAWEI P20 lite (SIMフリー)
セット購入するのにおススメの格安SIM

01. IIJmio (みおふぉん)

IIJmio (アイアイジェイミオ) では、2018年11月6日までの期間限定 “IIJmio秋祭り” を開催中。音声通話SIM(みおふぉん)の新規申込で、初期費用が3,000円⇒1円&通信量が2倍×6ヵ月間&月額料金が600円割引×6ヶ月間になります。さらに、「HUAWEI P20 lite」とセットの申し込みなら、5,000円分のAmazonギフト券をプレゼントしてくれます。

»IIJmio (みおふぉん) の詳細・評判・口コミ

»公式サイト/IIJmio

02. LIBMO (リブモ)

TOKAIコミュニケーションズが提供する格安SIM・格安スマホ「LIBMO (リブモ)」では、音声通話SIMの申し込むと850円割引×6ヶ月間 (7ヶ月目以降は12ヶ月目まで400円割引) になる “夏得キャンペーン” を実施中!! 音声通話プランが業界最安値の月額330円 (データプランは月額80円) から利用可能。10分かけ放題を追加しても月額1,080円から利用する事ができます。

»LIBMO (リブモ) の詳細・評判・口コミ

»公式サイト/格安スマホサービス リブモ

03.楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルでは、高速通信容量を使い切っても通信速度1Mbpsのデータ通信が使い放題で10分かけ放題がセットになった”スーパーホーダイ ” を3年契約 (自動更新なし) で申し込むと、月額1,480円 (2年間) から利用可能。楽天のダイヤモンド会員なら、500円割引 (12ヵ月) になるので、月額980円から利用できます。他社にはない、かけ放題やネット使い放題が全てコミコミのおトクなセットプランを格安で利用する事ができます。

»楽天モバイルの詳細・評判・口コミ

»公式サイト/楽天モバイル

04.IIJmio (コミコミセット)

IIJmio(アイアイジェイミオ)のデータ通信量(3GB)+3分かけ放題+端末代金】がセットのコミコミセットなら、月額2,480円(1年目)で追加の月額負担金なしに「HUAWEI nova lite 2」を購入することができます。※2018年10月3日までは初期費用 (3,000円) が1円 (SIMカード代金394円は別途必要) になります。

»IIJmio (コミコミセット) の詳細・評判・口コミ

»公式サイト/IIJmio

05.UQmobile (UQモバイル)

UQ mobile (UQモバイル) では、おしゃべりプラン” “ぴったりプラン” とセットで申し込むと、「HUAWEI P20 lite」を実質12,100円から購入することができます。さらに、下記のキャンペーンサイトから申し込みをすると、最大13,000円のキャッシュバック&初期費用が無料になるので、実質0円で購入することも可能です。

※おしゃべりプラン/ぴったりプラン:高速データ通信+音声通話+5分かけ放題/無料通話がセットで月額1,980円から利用可能なおトクなプラン。スマホとセットで申し込むと、端末やプランに応じた金額を2年間割引してくれます (マンスリー割)。

»UQmobile (UQモバイル) の詳細・評判・口コミ

»キャンペーンサイト/【UQモバイル】

06.OCNモバイルONE

OCNモバイルONEでは、期間限定のおトクなセール “秋の大特価 スマホ市” を開催中!! 音声対応SIMとセット (らくらくセット) で申し込むことで「HUAWEI P20 lite」を6,800円購入することができます。 ※かけ放題オプション&マイセキュア同時加入なら4,300円で購入可能。

»OCNモバイルONEの詳細・評判・口コミ

»公式サイト/OCN モバイル ONE

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする