【2021年版】人気モデルの5Gスマートフォン 全3機種を徹底比較!!

Xiaomi Japan (シャオミジャパン) は、2021年7月2日 (金) に5Gスマホ「Mi 11 Lite 5G」を発売しました。オウガジャパンの「OPPO Reno5 A」やシャープの「AQUOS sense5G」といった人気モデルの5Gスマホとではどのように違うのか比較します。

販売価格の比較

シャオミの5Gスマホ「Mi 11 Lite 5G」は、家電量販店やECサイトのほか、goo Simseller (OCNモバイルONE)、IIJmio、BIGLOBEモバイルなどのMVNOで順次に販売を開始しており、格安SIMとセットなら2~4万円台で購入可能。OPPO Reno Aシリーズの最新モデル「OPPO Reno5 A」や人気スタンダードモデル「AQUOS sense5G」は、大手キャリア (MNP) やサブブランドのほか、数多くのMVNOで取り扱いをしており、格安SIMとセットなら1~3万円台で購入可能になっています。

OCNモバイルONE/goo Simseller

OCNモバイルONEは、NTTコミュニケーションズの格安SIMサービス。ドコモ回線に対応し、データSIMの月額858円 (税込)、音声通話SIMが月額770円 (税込) から利用できるほか、OCNの光サービスとセットで利用すると月額料金が200円割引になる「OCN光モバイル割」といった割引サービスも用意されており、人気の音楽配信サービスがデータ消費ゼロになる「MUSICカウントフリーオプション」も追加料金なしで利用できます

概要
回線docomo
初期費用3,733円 (税込)
月額料金データ3GB: 858円 (税込) ~
音声通話 1GB: 770円 (税込) ~
5Gオプション
カウントフリー無料
かけ放題+935円 (税込) ~
契約期間 データなし
音声通話なし
違約金データ 0円 
音声通話0円
OCNモバイルONE
格安SIM・格安スマホ「OCN モバイル ONE」の口コミや評判、キャンペーン、おすすめ情報、メリット・デメリットなどの詳細な情報をまとめて解説しています。

セット販売価格を比較

2021年8月2日 (月) 11:00 まで「AQUOS sense5G SH-M17」のスマホセット (端末+音声通話SIM)  がセール特価で19,400円 (税込)、「OPPO reno5 A」のスマホセットがセール特価で20,000円 (税込) となっており、完全かけ放題オプション: 月額1,430円 (税込) の同時加入で端末代金を2,000円割引してくれます。また、「Mi 11 Lite 5G」のスマホセットの価格は33,591円 (税込) ですが、完全かけ放題オプションの同時加入で端末代金を2,000円割引、他社からの乗り換え (MNP) で端末代金を13,000円割引してくれるので、OCNモバイルONEの格安SIMとセットなら「Mi 11 Lite 5G」が17,091円 (税込) でも購入可能です

価格表
AQUOS sense5Gセール価格
一括: 35,849円 (税込)
⇒ 19,400円 (税込)
分割: 1,493円 (税込) ×24回
⇒ 目安808円 (税込) ×24回
Mi 11
Lite 5G
新規番号オプション加入なし
一括: 33,591円 (税込)
分割: 1,399円 (税込) ×24回
(割引なし/通常価格)
オプション加入あり
一括: 33,591円 (税込)
⇒ 31,391円 (税込)
分割: 1,399円 (税込) ×24回
⇒ 目安1,307円 (税込) ×24回
のりかえオプション加入なし
一括: 33,591円 (税込)
⇒ 19,291円 (税込)
分割: 1,399円 (税込) ×24回
⇒ 目安803円 (税込) ×24回
オプション加入あり
一括: 33,591円 (税込)
⇒ 17,091円 (税込)
分割: 1,399円 (税込) ×24回
⇒ 目安712円 (税込) ×24回
OPPO Reno5 Aオプション加入なし
一括: 33,596円 (税込)
⇒ 20,000円 (税込)
分割: 1,399円 (税込) ×24回
⇒ 目安833円 (税込) ×24回
オプション加入あり
一括: 33,596円 (税込)
⇒ 17,800円 (税込)
分割: 1,399円 (税込) ×24回
⇒ 目安741円 (税込) ×24回

 

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓

BIGLOBE mobile (ビッグローブモバイル)

BIGLOBEモバイルは、KDDIグループの格安SIMサービス。ドコモ回線とau回線のマルチキャリアに対応し、データSIMが月額990円 (税込)、声通話SIMが月額1,078円 (税込) から利用できるほか、光サービスとのセット割や家族割といったサービスも用意されており、YouTubeやSpotifyをはじめ、動画配信サービス、音楽配信サービス、電子書籍サービス、Facebook Messengerなど、対象のコンテンツがデータ消費ゼロになる「エンタメフリーオプション」が月額308円 (税込)から利用可能

2021年8月1日 (日) までは、音声通話SIMとセットで端末を購入すると最大20,000円相当のポイント還元をしてくれるほか、音声通話SIMの3GBプランが1年間 770円 (税込)で利用できる、エンタメフリーオプションの月額利用料が最大6ヶ月間 無料になるといった特典のキャンペーンを実施中です。

概要
回線docomo, au
初期費用3,733円 (税込)
月額料金データ3GB: 990円 (税込) ~
音声通話 1GB: 1,078円 (税込) ~
5Gオプション
カウントフリー+308円 (税込) ~
かけ放題+660円 (税込) ~
契約期間 データなし
音声通話12ヶ月
違約金データ0円
音声通話1,100円 (税込)
BIGLOBE mobile(ビッグローブモバイル)
BIGLOBEモバイルは、動画や音楽の通信量をカウントしない「エンタメフリーオプション」や高額キャッシュバックなどの期間限定キャンペーンが魅力の格安SIMサービス。データSIMが月額990円 (税込)、音声通話SIMが月額1,078円 (税込) から利用可能。

セット販売価格を比較

「AQUOS sense5G」の取り扱いはしておらず、「Mi 11 Lite 5G」の価格は41,448円 (税込) ですが、20,000円分のポイント還元によって実質19,448円 (税込)、「OPPO reno5 A」の価格は41,712円 (税込) ですが、20,000円分のポイント還元によって実質19,712円 (税込) で購入可能です。

価格表
AQUOS
sense5G
販売価格セット購入価格
総額:  ー
分割:  ー
特典内容ポイント還元額
Gポイント
⇒  取り扱いなし
Mi 11
Lite 5G
販売価格セット購入価格
総額: 41,448円 (税込)
分割: 1,727円 (税込) ×24回
特典内容ポイント還元額
Gポイント 20,000円相当
⇒ 実質19,448円 (税込)
OPPO
Reno5 A
販売価格セット購入価格
総額: 41,712円 (税込)
分割: 1,738円 (税込) ×24回
特典内容ポイント還元額
Gポイント 20,000円相当
⇒ 実質19,712円 (税込)

 

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓

IIJmio

IIJmio (アイアイジェイミオ) は、インターネットイニシアティブの格安SIMサービス。ドコモ回線とau回線のマルチキャリアに対応し、2021年4月1日 (木) より開始した新プラン「ギガプラン」では、eSIM (データ通信のみ) が月額440円 (税込)、データSIMが月額748円 (税込)、音声通話SIMが月額858円 (税込) から利用できるほか、IIJmioひかりとセットで利用すると月額料金が600円割引になる「mio割」といった割引サービスも用意されています。

概要
回線docomo, au
初期費用221円 (税込) ~
月額料金eSIM0GB: 165円 (税込) ~
データ1GB: 528円 (税込) ~
音声通話 2GB: 858円 (税込) ~
5Gオプション0円
かけ放題+660円 (税込) ~
契約期間 データなし
音声通話ギガプラン: なし
違約金データ 0円 
音声通話ギガプラン: 0円
IIJmio (アイアイジェイミオ)
老舗ISPのIIJが提供する、docomoとauのマルチキャリアに対応した高品質な格安SIM・格安スマホ「IIJmio (アイアイジェイミオ)」。口コミや評判、キャンペーン、おすすめ情報、メリット・デメリットなどをまとめて詳しく解説しています。

セット販売価格を比較

「AQUOS sense5G SH-M17」の販売価格は38,280円 (税込) ですが、ギガプランへの乗り換え (MNP) で19,980円 (税込)、「Mi 11 Lite 5G」の販売価格は38,000円 (税込) ですが、ギガプランへの乗り換え (MNP) で19,980円 (税込)、「OPPO reno5 A」の販売価格は39,800円 (税込) ですが、ギガプランへの乗り換え (MNP) で23,800円 (税込)で購入可能になっています。

価格表
AQUOS
sense5G
新規番号セット購入価格
一括: 38,280円 (税込)
分割: 1,606円 (税込) ×24回
のりかえセット購入価格
一括: 38,280円 (税込)
⇒ 19,980円 (税込)
分割: 1,606円 (税込) ×24回
⇒ 841円 (税込) ×24回
Mi 11
Lite 5G
新規番号セット購入価格
一括: 38,000円 (税込)
分割: 1,595円 (税込) ×24回
のりかえセット購入価格
一括: 38,000円 (税込)
⇒ 19,980円 (税込)
分割: 1,595円 (税込) ×24回
⇒ 841円 (税込) ×24回
OPPO
Reno5 A
新規番号セット購入価格
一括: 39,800円 (税込)
分割: 1,661円 (税込) ×24回
のりかえセット購入価格
一括: 39,800円 (税込)
⇒ 23,800円 (税込)
分割: 1,661円 (税込) ×24回
⇒ 993円 (税込) ×24回

 

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓
IIJmio(みおふぉん)

※IIJmio公式サイトを必ず確認してから申込をお願いいたします。
※特典やキャンペーン内容はすべてIIJmio公式サイトの内容が正となります。

スペックの比較

Mi 11 Lite 5Gは、大画面の有機ELディスプレイやAI3眼カメラ、Snapdragon 780G、6GBメモリー、128GBストレージ、4,250mAhバッテリーを搭載し、おサイフケータイも利用可能なミドルハイクラスの5Gスマホ。格安SIMとセットなら2万円台でも購入可能です。

Xiaomi Mi 11 Lite 5G (シャオミ ミーイレブン ライト ファイブジー)/レビュー
シャオミはSIMフリーの5Gスマホ「Mi 11 Lite 5G」を2021年7月2日に発売しました。薄型軽量ボディに大画面ディスプレイを搭載し、FeliCaにも対応したミドルハイモデル。特徴、スペック、メリット、デメリット、おトクに購入できるキャンペーンやセール情報などをまとめて詳しく解説しています。

OPPO Reno5 Aは、6.5インチサイズの大画面ディスプレイや4眼カメラ、Snapdragon 765G、6GBメモリー、128GBストレージ、4,000mAhバッテリーを搭載し、防水、防塵、おサイフケータイ、eSIMなどに対応したOPPO Reno Aシリーズの5G対応モデル。格安SIMとセットなら2~4万円台で購入可能になっています。

OPPO Reno5 A (オッポ リノ ファイブ エー)/レビュー
オウガジャパンは5G対応のAndroidスマホ「OPPO Reno5 A」を発表しました。6,400万画素の4眼カメラや90Hz駆動の大画面ディスプレイを搭載し、おサイフケータイや防水性能にも対応した高コスパなミドルレンジモデル。特徴、スペック、メリット、デメリット、おトクに購入できるキャンペーンやセール情報などをまとめて詳しく解説しています。

AQUOS sense5Gは、5.8インチのIGZOディスプレイや3眼カメラ、Snapdragon 690 5G、4GBメモリー、64GBストレージ、4,570mAhバッテリーを搭載し、防水、防塵、おサイフケータイ (FeliCa) などに対応した人気スタンダードシリーズ「AQUOS sense」の5G対応モデル。格安SIMとセットなら1~4万円台で購入可能になっています。

AQUOS sense5G SH-M17 (アクオス センスファイブジー)/レビュー
SHARPから5G対応のSIMフリースマホ「AQUOS sense5G SH-M17 (アクオスセンスファイブジー)」が2021年3月12日 (金) に発売されました。特徴、スペック、メリット、デメリット、おトクに購入できるキャンペーンやセール情報などをまとめて詳しく解説しています。

「AQUOS sense5G」「Mi 11 Lite 5G」「OPPO Reno5 A」の主な共通点

  • 生体認証
    »生体認証は「指紋認証」と「顔認証」に対応しています。
  • おサイフケータイ
    »FeliCaを搭載しているので、おサイフケータイが利用可能です。
  • DSDS/DSDV
    »SIMフリー版はDSDV (デュアルSIMデュアルVoLTE) に対応しています。
  • 対応通信
    »国内の5Gネットワーク (Sub6) に対応しています 。

「AQUOS sense5G」「Mi 11 Lite 5G」「OPPO Reno5 A」の主な相違点

<主な違い>

  • アウトカメラ
    »AQUOS sense5G: 12MP+12MP+8MPの3眼カメラを搭載しています。
    »Mi 11 Lite 5G: 64MP+8MP+5MPの3眼カメラを搭載しています。
    »OPPO Reno5 A: 64MP+8MP+2MP+2MPの4眼カメラを搭載しています。
  • インカメラ
    »AQUOS sense5G: 中央のノッチ部分に8MPのカメラを搭載しています。
    »Mi 11 Lite 5G: パンチホール部分に20MPのカメラを搭載しています。
    »OPPO Reno5 A: パンチホール部分に16MPのカメラを搭載しています。
  • ディスプレイ
    »AQUOS sense5G: 5.8インチ (縦横比: 19:9) のIGZO液晶を採用しています。
    »Mi 11 Lite 5G: 6.55インチ (縦横比 20:9) の有機ELを採用しています。
    »OPPO Reno5 A: 6.5インチ (縦横比 20:9) のTFT液晶を採用しています。
  • チップセット (SoC)
    »AQUOS sense5G: 600シリーズの「Snapdragon 690」を採用しています。
    »Mi 11 Lite 5G: 700シリーズの「Snapdragon 780G」を採用しています。
    »OPPO Reno5 A: 700シリーズの「Snapdragon 765G」を採用しています。
  • メインメモリ (RAM)/ストレージ (ROM)
    »AQUOS sense5G: メインメモリーは4GB、内臓ストレージは64GBとなっています。
    »Mi 11 Lite 5G: メインメモリーは6GB、内臓ストレージは128GBとなっています。
    »OPPO Reno5 A: メインメモリーは6GB、内臓ストレージは128GBとなっています。
  • バッテリー
    »AQUOS sense5G: バッテリーの容量は4,570mAhになっています。
    »Mi 11 Lite 5G: バッテリーの容量は4,250mAhになっています。
    »OPPO Reno5 A: バッテリーの容量は4,000mAhとなっています。
  • 防水性能/防塵性能
    »AQUOS sense5G: IPX5およびIPX8の防水性能、IP6Xの防塵性能を備えています
    »Mi 11 Lite 5G: IPX3の防滴性能、IP5Xの防塵性能を備えています。
    »OPPO Reno5 A: IPX8の防水性能、IP6Xの防塵性能を備えています。
  • イヤホンジャック
    »AQUOS sense5G: 3.5mmイヤホンジャックを搭載しています。
    »Mi 11 Lite 5G: イヤホンジャックは非搭載 (変換アダプタが同梱) です。
    »OPPO Reno5 A: 3.5mmイヤホンジャックを搭載しています。
  • Wi-Fi
    »AQUOS sense5G: Wi-Fi 4 (802.11n) とWi-Fi 5 (802.11ac) に対応しています。
    »Mi 11 Lite 5G: Wi-Fi 4 (802.11n)、Wi-Fi 5 (802.11ac)、Wi-Fi 6 (802.11ax) に対応。
    »OPPO Reno5 A: Wi-Fi 4 (802.11n) とWi-Fi 5 (802.11ac) に対応しています。
  • SIMカード (eSIM)
    »AQUOS sense5G: 物理SIM (nanoSIM) のみで、eSIMには対応していません。
    »Mi 11 Lite 5G: 物理SIM (nanoSIM) のみで、eSIMには対応していません。
    »OPPO Reno5 A: 物理SIM (nanoSIM) に加えてeSIMにも対応しています。
  • サイズ
    »AQUOS sense5G: 本体サイズはH148×W71×D8.9mmになっています。
    »Mi 11 Lite 5G: 本体サイズはH160.53×W75.73×D6.81mmになっています。
    »OPPO Reno5 A: 本体サイズはH162.0×W74.6×D8.2mmになっています。
  • 重量
    »AQUOS sense5G: 本体の重量は約178gになっています。
    »Mi 11 Lite 5G: 本体の重量は約159gになっています。
    »OPPO Reno5 A: 本体の重量は約182gになっています。
  • カラーバリエーション
    »AQUOS sense5G: SIMフリー版は、ライトカッパー、ブラック、オリーブシルバーの3色。
    »Mi 11 Lite 5G: ミントグリーン、トリュフブラック、シトラスイエローの3色。
    »OPPO Reno5 A: アイスブルーとシルバーブラックの2色になっています。

カメラ

カメラ (背面)

カメラの構成は、「AQUOS sense5G」がメイン+広角+望遠のトリプルカメラ、「Mi 11 Lite 5G」がメイン+広角+テレマクロのトリプルカメラ、「OPPO Reno5 A」がメイン+広角+マクロ+モノクロのクアッドカメラとなっており、「Mi 11 Lite 5G」と「OPPO Reno5 A」では性能に大きな差はなく、メインカメラの画素数は、6,400万画素の「Mi 11 Lite 5G」と「OPPO Reno5 A」が、1,200万画素の「AQUOS sense5G」よりも上回っています。

概要
AQUOS
sense5G 
カメラ11,200万画素 (メイン/83°広角)
カメラ21,200万画素 (121°広角)
カメラ3800万画素 (望遠)
カメラ4
動画撮影4K 30fps, FHD 60fps, gyro-EIS
Mi 11
Lite 5G
カメラ16,400万画素 (メイン)
カメラ2800万画素 (119°広角)
カメラ3500万画素 (テレマクロ)
カメラ4
動画撮影4K 30fps, FHD 60fps, gyro-EIS
OPPO
Reno5 A
カメラ16,400万画素 (メイン)
カメラ2800万画素 (119°広角)
カメラ3200万画素 (マクロ)
カメラ4200万画素 (モノクロ)
動画撮影4K 30fps, FHD 60fps, gyro-EIS

カメラ (前面)

「AQUOS sense 5G」は上部中央のノッチ (切り欠き) に800万画素のカメラ、「Mi 11 Lite 5G」はパンチホールに2,000万画素のカメラ、「OPPO Reno5 A」はパンチホールに1,600万画素のカメラを搭載し、インカメラの画素数は「AQUOS sense 5G」や「OPPO Reno5 A」よりも「Mi 11 Lite 5G」の方が上回っています。

概要
AQUOS
sense5G 
カメラ1800万画素
カメラ2 ー
カメラ3
動画撮影FHD 30fps
Mi 11
Lite 5G
カメラ12,000万画素
カメラ2 ー
カメラ3
動画撮影FHD 30fps
OPPO
Reno5 A
カメラ11,600万画素
カメラ2
カメラ3
動画撮影FHD 30fps

本体ボディの比較

サイズ/重量/耐久性能

「AQUOS sense5G」は本体サイズが約148mm (H) ×約71mm (W) ×約8.9mm (D)、「Mi 11 Lite 5G」は本体サイズが約160.53mm (H) ×約75.73mm (W) ×約6.51mm (D)、「OPPO Reno5 A」は本体サイズが162mm (H) ×約74.6mm (W) ×約8.2mm (D) となっていて、「AQUOS sense5G」が最もコンパクトなサイズ感ですが、最も本体が薄いのは「Mi 11 Lite 5G」になっています。

「AQUOS」の本体の重量は約178g、「Mi 11 Lite 5G」の重量は約151g、「OPPO Reno5 A」の重量は約182gで、「Mi 11 Lite 5G」が最も軽量になっています。

「Mi 11 Lite 5G」は防滴 (IPX3) と防塵 (IP5X)、「OPPO Reno5 A」は防水 (IPX8) と防塵 (IP6X) に対応していますが、「AQUOS sense5G」は防水 (IPX5およびIPX8) と防塵 (IP6X) のほか、MIL規格に準拠した高い耐衝撃性能を備えています。

概要
AQUOS
sense5G 
防水IPX5 (防噴流形)/IPX8 (水中形)
防塵IP6X (耐塵形)
サイズ 高さ約148mm
横幅約71mm
厚さ約8.9mm
重量約178g
Mi 11
Lite 5G
防水IPX3 (防雨形)
防塵IP5X (防塵形)
サイズ 高さ約160.53mm
横幅約75.73mm
厚さ約6.51mm
重量約159g
OPPO
Reno5 A
防水IPX8 (水中形)
防塵IP6X (耐塵形)
サイズ 高さ約162.0mm
横幅約74.6mm
厚さ約8.2mm
重量約182g

ディスプレイの比較

画面/表示

「AQUOS sense5G」が約5.8インチ (アスペクト比 19:9) のIGZO液晶、「OPPO Reno5 A」が約6.5インチ (アスペクト比 20:9) のTFT液晶、「Mi 11 Lite 5G」は約6.55インチ (アスペクト比 20:9) の有機ELディスプレイを採用し、色鮮やかな表示が可能になっているほか、最大90Hzのリフレッシュレート、最大240Hzのタッチサンプリングレートに対応しています。

概要
AQUOS
sense5G 
画面サイズ5.8インチ (19:9)
パネル種類IGZO LCD
画面解像度2,280×1,080 (FHD+)
画素密度435ppi
RR60Hz
TSR120Hz
Mi 11
Lite 5G
画面サイズ6.55インチ (20:9)
パネル種類POLED
画面解像度2,400×1,080 (FHD+)
画素密度402ppi
RR90Hz
TSR240Hz
OPPO
Reno5 A
画面サイズ  6.5インチ (20:9)  
パネル種類LTPS TFT LCD
画面解像度2,400×1,080 (FHD+)
画素密度405ppi
RR90Hz
TSR180Hz

パフォーマンスの比較

チップセット/メインメモリー/ストレージ

「AQUOS sense5G」が8nmプロセスの「Snapdragon 690 5G」、「Mi 11 Lite 5G」が5nmプロセスの「Snapdragon 780G 5G」、「OPPO Reno5 A」が7nmプロセスの「Snapdragon 765G 5G」を採用し、チップセット (SoC) の性能は「Mi 11 Lite 5G」が最も優れています。

メインメモリ (RAM) は「AQUOS sense5G」が4GBですが、「Mi 11 Lite 5G」と「OPPO Reno5 A」では6GBとなっているほか、内蔵ストレージ (ROM) の容量は「AQUOS sense5G」が64GBであるのに対して、「Mi 11 Lite 5G」と「OPPO Reno5 A」は2倍の128GBで、「Mi 11 Lite 5G」にはUFS 2.2を採用しています。

概要
AQUOS
sense5G
SoCSnapdragon 690G
RAM4GB (LPDDR4x)
ROM64GB (UFS 2.1)
microSD最大1TB (microSDXC)
Mi 11
Lite 5G
SoCSnapdragon 780G
RAM6GB (LPDDR4x)
ROM128GB (UFS 2.2)
microSD最大1TB (microSDXC)
OPPO
Reno5 A
SoCSnapdragon 765G
RAM6GB (LPDDR4x)
ROM128GB (UFS 2.1)
microSD最大1TB (microSDXC)

バッテリーの比較

バッテリー/充電

「AQUOS sense5G」はUSB PD 3.0 (27W) 対応の4,570mAhバッテリー、「OPPO Reno5 A」はQC 2.0 (18W)/USB PD 2.0 (18W) 対応の4,000mAhバッテリー、「Mi 11 Lite 5G」はMi Turbo Charge (33W) 対応の4,250mAhバッテリーを搭載し、電池持ちは「AQUOS sense5G」が最もよくなっています。

概要
AQUOS
sense5G
容量4,570mAh
急速充電27W
充電時間約150分
連続通話約52時間 (4G)
連続待受約930時間 (4G)
Mi 11
LIte 5G
容量4,250mAh
急速充電33W
充電時間約63分
連続通話約21時間 (4G)
連続待受約470時間 (4G)
OPPO
Reno5 A
容量4,000mAh
急速充電18W
充電時間約130分
連続通話約24時間 (4G)
連続待受 約350時間 (4G) 

その他

OS/UI

「AQUOS sense5G」の初期OSはAndroid 11、「Mi 11 Lite 5G」はAndroid 11ベースのMIUI 12、「OPPO Reno5 A」はAndroid 11ベースのColorOS 11を採用しています。

概要
AQUOS
sense5G
Android 11
Mi 11
LIte 5G
MIUI 12
(Android 11ベース)
OPPO
Reno5 A
ColorOS 11
(Android 11ベース)

おサイフケータイ

「AQUOS sense5G」「Mi 11 Lite 5G」「OPPO Reno5 A」の3機種ともFeliCaポートを搭載しているので、おサイフケータイやGoogle Payといった機能が利用可能です。

概要
AQUOS
sense5G
NFC対応
FeliCa対応
Mi 11
LIte 5G
NFC対応
FeliCa対応
OPPO
Reno5 A
NFC対応
FeliCa対応

生体認証

「AQUOS sense5G」「Mi 11 Lite 5G」「OPPO Reno5 A」の3機種とも生体認証は指紋認証と顔認証に対応していますが、指紋センサーの位置は異なっています。

概要
AQUOS
sense5G
指紋認証対応 (前面)
顔認証対応
Mi 11
LIte 5G
指紋認証対応 (側面)
顔認証対応
OPPO
Reno5 A
指紋認証対応 (背面)
顔認証対応

Wi-Fi

「AQUOS sense5G」と「OPPO Reno5 A」はIEEE 802.11n (Wi-Fi 4) とIEEE 802.11ac (Wi-Fi 5) のみですが、「Mi 11 Lite 5G」はIEEE 802.11ax (Wi-Fi 6) にも対応しています。

概要
AQUOS
sense5G
Wi-Fi 4対応
Wi-Fi 5対応
Wi-Fi 6
Mi 11
LIte 5G
Wi-Fi 4対応
Wi-Fi 5対応
Wi-Fi 6対応
OPPO
Reno5 A
Wi-Fi 4対応
Wi-Fi 5対応
Wi-Fi 6

eSIM/DSDS

「AQUOS sense5G」「Mi 11 Lite 5G」「OPPO Reno5 A」の3機種ともSIMフリー版はDSDVに対応しており、2枚のSIMカードで同時待ち受けが可能になっているほか、「AQUOS sense5G」と「Mi 11 Lite 5G」は物理SIMのみですが、「OPPO Reno5 A」はeSIMにも対応しています。

概要
AQUOS
sense5G
SIMnanoSIM ×2
DSDSDSDV対応
Mi 11
LIte 5G
SIMnanoSIM ×2
DSDSDSDV対応
OPPO
Reno5 A
SIMnanoSIM ×2, eSIM
DSDSDSDV対応

対応キャリア

「AQUOS sense5G」「Mi 11 Lite 5G」「OPPO Reno5 A」の3機種とも4キャリアのSIMカードで利用可能ですが、「Mi 11 Lite 5G」「OPPO Reno5 A」はドコモの5Gで4.5GHz帯 (n79) には対応していません。

概要
AQUOS
sense5G
docomo対応
au対応
SoftBank対応
Rakuten対応
Mi 11
LIte 5G
docomo対応
au対応
SoftBank対応
Rakuten(対応)
OPPO
Reno5 A
docomo対応
au対応
SoftBank対応
Rakuten対応

まとめ

「AQUOS sense 5G」「Mi 11 Lite 5G」「OPPO Reno5 A」のどれがオススメ?

5Gスマートフォンの人気機種である「AQUOS sense5G」「Mi 11 Lite 5G」「OPPO Reno5 A」を比較すると、3機種ともに販売価格に大きな差はなく、おサイフケータイ (FeliCa) が利用可能になっていますが、基本スペックや薄型軽量のデザインで選ぶなら「Mi 11 Lite 5G」、eSIMに対応してる点などを重視するなら「OPPO Reno5 A」、本体の耐久性や日本製で選ぶのなら「AQUOS sense5G」がオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました