HUAWEI Mate 10 lite レビュー

出典:”Huawei Japan

HUAWEI Mate 10 lite 詳細

概要

2017年12月8日(金)に、Huawei Japan (ファーウェイ・ジャパン) から、Android搭載SIMフリースマホ「Mate10 (メイト10)」シリーズの下位モデルである「HUAWEI Mate10 lite (ファーウェイ メイト10 ライト)」を42,800円で発売します。

前面には2.5D曲面ガラスを採用し、メタルユニボディーのシンメトリー (左右対称) なデザインは、デザイン性と持ちやすさを両立。ディスプレイは5.9型 フルHD+ IPS液晶 (18:9,1080×2160ドット)。ベゼルレスなデザインは5.9インチのワイドディスプレイを搭載しながらも5.5インチクラスのスマホと同等のサイズ感を実現しています。

カメラは、前面が1300万画素+200万画素、背面が1600万画素+200万画素の両面ダブルレンズ仕様。高解像度レンズで画像を生成し、200万画素のレンズは被写界深度情報を収集。2つのレンズを組み合わせることによって、自然かつ正確にボケ味をいれることが可能になっています。

SoCには「Kirin 659」を採用し、4GBメモリ、64GBストレージを搭載。その他、OSは「Android 7.0 Nougat」に、独自ユーザーインタフェース「Emotion UI 5.1 (EMUI 5.1)」、背面に指紋認証センサーを搭載し、バッテリー容量は3,340mAhとなっています。

アップデート

<更新情報>

  • 2018年3月9日のソフトウェアアップデートで「顔認証機能」と「ARレンズ機能」が追加。

特徴・メリット

<特徴・メリット>

  • 前面・背面の両面にダブルレンズカメラを搭載。
  • 狭額縁な “FullView Display” を採用し、5.9インチの大画面ながらも5.5インチのディスプレイを搭載したスマホと同等のサイズ感を実現。
  • docomo回線SoftBank (Y!mobile) 回線のSIMで利用可能。
  • 3/9もソフトウェアアップデートで顔認証に対応。

ディスプレイ・ボディー

デザイン

表面はエッジをなめらかにした2.5Dの曲面ガラス、メタル素材を採用した継ぎ目のないユニボディは、デザイン性と持ちやすさを両立。ベゼルレスな “FullView Display” を搭載し、5.9インチのワイドディスプレイながら、5.5インチのディスプレイを搭載したスマホと同程度のサイズ感を実現しています。

FullView Display

画面占有率83%の5.9インチ “FullView Display” は、解像度 1080×2160ドット (フルHD+) の高画質。ネット閲覧、SNS、ゲームに最適な18:9のアスペクト比を提供し、画面分割により同時に2つのアプリを実行可能にしています。

カメラ (前面)

ダブルレンズカメラ

F値2.0の明るく高解像度な1300万画素レンズを主に使用しながら、200万画素のレンズで被写界深度 (DOF) 情報を収集。2つのレンズを組み合わせることによって、正確に背景をぼかすことが可能になり、シングルカメラでできなかった描写を可能にします。

ソフトライトLEDフラッシュ

セルフィー (自撮り) 時に柔らかい光が120度の広範囲を照らすので、暗い環境でもナチュラルな顔のトーンを表現。高い位置から被写体を照らす “バタフライ ライティング” によりプロカメラマンのようなポートレート写真の撮影が可能です。

Beauty 4.0

HUAWEI (ファーウェイ) の「Beauty 4.0」アルゴリズムは、細部まで正確な美顔補正をmmレベルで調整できます。

ポートレートモード

繊細なディテールと美しいぼかし効果により、被写体をより際立たせます。ファインダー上の任意の場所をタップするだけで、フォーカスを割り当てたり、背景をぼかすことが可能。

カメラ (背面)

ダブルレンズカメラ

1600万画素のレンズで画像を生成し、200万画素のレンズは被写界深度情報を収集。2つのレンズを組み合わせることで、より美しい自然なボケがうまれ、立体感に富んだ写真が撮れます。

ワイドアパーチャ

撮影後にフォーカスを再調整しながら、様々なボケ効果を選択できます。

ポートレートモード

顔を自然に美しくして、被写体の背景にボケ味を残せます。

アニメーション写真

「アニメーション写真」モードでは、静止画像だけでなく、動的な2秒間のミニムービーも同時に撮影します。

チップセット (SoC)・パフォーマンス

Kirin 659

オクタコアCPUの「Kirin 659」は、最大2.36GHzの高クロック。4GBメモリー・64GBストレージとともに複数のタスクを効率的に実行できます。

Emotion UI 5.1 (EMUI 5.1)

独自UI「EMUI 5.1」を搭載し、個々のユーザーの使い方にあわせてメモリを最適化する「Huawei Ultra Memory」アルゴリズムによって、高速で快適な操作性を継続させます。

デメリット・注意点

  • SIMスロット2はGSMのみで、国内での4G+3GのDSDS (デュアルSIMデュアルスタンバイ) に対応していない。
  • 防水・防塵性能ではない。
  • ワンセグ・おサイフケータイに対応していない。
  • au回線のSIMでは利用できない。

カラー

Graphite Black (グラファイトブラック)

Aurora Blue (オーロラブルー)

スペック(性能)

HUAWEI Mate10 lite

端末 HUAWEI Mate 10 lite
メーカー HUAWEI (ファーウェイ)
発売日 2017年12月8日
販売価格 42,800円
ボディ メタルユニボディ
画面 種類 IPS液晶
解像度 1080×2160 (FHD+)
画素密度 407ppi
NTSC比
HDR表示
サイズ 5.9インチ (18:9)
OS / UI Android 7.0 / EMUI 5.1
SoC 名称 Kirin 659
CPU ARM Cortex-A53
クロック 2.36×4 + 1.7GHz×4
コア数  オクタコア (8コア)
GPU ARM Mali-T830 MP2
容量 RAM 4GB
ROM 64GB
microSD 最大256GB
カメラ アウト 1600万画素+200万画素
イン 1300万画素+200万画素
SIM SLOT nanoSIM×2 (Dual SIM)
速度 下り 最大150Mbps
上り 最大50Mbps
バンド FDD-LTE B1/3/5/7/8/19/28
TD-LTE B38/40/41
W-CDMA B1/5/6/8/19
GSM 850/900/1800/1900MHz
VoLTE対応 SoftBank (Y!mobile)
docomo回線 対応
au回線
SoftBank回線 対応
通信技術
テザリング
USBポート microUSB (USB 2.0/OTG)
Wi-Fi IEEE802.11 b/g/n
Bluetooth® 4.2 with BLE
測位方式 GPS/Glonass/BDS
指紋認証 ○ (背面)
顔認証
ジャイロセンサ 未確認
その他センサ 加速度/電子コンパス/近接/
環境光/
バッテリー 3,340mAh
防水・防塵
ワンセグ
おサイフケータイ
サイズ/H×W×D 156.2×75.2×7.5mm
重量 164g
カラー グラファイトブラック
オーロラブルー

HUAWEI Mate 10 lite セット販売

Y!mobile (ワイモバイル)

Y!mobile (ワイモバイル)

「Y!mobile (ワイモバイル)」は、ソフトバンクのサブブランドということもあり、通信速度・通信品質が他の格安SIM・格安スマホと比較して格段に安定しています。割引や特典なども充実していて、高速データ通信と10分かけ放題がセットで月額1,980円から利用可能な「スマホプラン」では、Yahoo!プレミアム会員の月額料が無料。「Yahoo!ショッピング」や「LOHACO (ロハコ)」でのショッピングで、Tポイントが最大12倍貯まります。

»Y!mobile (ワイモバイル) のメリット・デメリット

スマホプランとセットで申し込むと、月額料金を2年間800円割引

【高速データ通信+音声通話+10分かけ放題+Yahoo!プレミアム】がセットになった「スマホプラン S/M/L」と「HUAWEI mate10 lite」をセットで契約すると、24ヵ月間400~800円割引してくれます。

スマホプランとセットの場合
頭金  20,000円 (税抜)
プラン プランS プランM プランL
通信量 2GB 6GB 14GB
月額基本料 1,980円 2,980円 4,980円
端末代金 950円 950円 950円
月額割引 -400円 -800円 -800円
負担額 2,530円 3,130円 5,130円
(2年目) 3,530円 4,130円 6,130円
(3年目) 2,980円 3,980円 5,980円
かけ放題 10分かけ放題付き
特典 Yahoo!プレミアムが無料
契約期間 2年 (自動更新)
解約金 9,500円

Y!mobile (ワイモバイル) 公式オンラインストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする