PR

Xiaomi 13T ProとOPPO Reno10 Pro 5Gの違いを比較!

記事内に広告が含まれています。

シャオミのハイエンドSマホ Xiaomi 13T Pro

シャオミジャパンは、5G対応のAndroidスマートフォン「Xiaomi 13T Pro」を発表しました。5,000万画素の3眼カメラや144Hz駆動の有機ELディスプレイ、 Dimensity 9200+などを搭載し、120Wの超急速充電に対応ハイエンドモデル。オウガジャパンの最新ミドルハイモデル「OPPO Reno10 Pro 5G」とではどのように違うのかを比較します。

Xiaomi 13T ProとOPPO Reno10 Pro 5Gの比較

Xiaomi 13T ProとOPPO Reno10 Pro 5G

概要

Xiaomi 13T Pro (シャオミ サーティーンティー プロ) は、5,000万画素トリプルカメラ、2,000万画素インカメラ、144Hz駆動の6.67型 有機ELディスプレイ、ステレオスピーカー、Dimensity 9200 Plus、12GBメモリー、256GBストレージ、120W急速充電対応の5,000mAhバッテリーを搭載するほか、防水 (IP68)、おサイフケータイ (FeliCa) にも対応したハイエンドモデル。

Xiaomi 13T Pro (シャオミ サーティーンティー プロ)/レビュー
シャオミは5G対応のフラッグシップモデル「Xiaomi 13T Pro」を発表しました。5,000万画素トリプルカメラや144Hz駆動の有機ELディスプレイを搭載し、19分でフル充電の可能な"神ジューデン"スマホ。特徴、スペック、メリット、デメリット、キャンペーンやセール情報のほか、前世代モデル (Xiaomi 12T Pro) との違いなど、詳細をまとめて解説します。

OPPO Reno10 Pro 5G (オッポ リノテン プロ ファイブジー) は、5,000万画素のトリプルカメラ、3,200万画素のインカメラ、120Hz駆動の6.7型の有機ELディスプレイ、Snapdragon 778G 5G、8GBメモリー、256GBストレージ、80W急速充電対応の4,600mAhバッテリーを搭載し、生活防水 (IP54)、eSIM、おサイフケータイ (FeliCa) などに対応したミドルハイモデル。

OPPO Reno10 Pro 5G (オッポ リノテン プロ ファイブジー)/レビュー
オウガジャパンは5G対応のAndroidスマホ「OPPO Reno10 Pro 」を発表しました。5000万画素の3眼カメラや120Hz駆動の有機EL、80W急速充電対応の4600mAhバッテリーを搭載し、おサイフケータイも利用可能なミドルハイモデル。特徴、スペック、メリット、デメリット、キャンペーン情報のほか、OPPO Reno9 A との違いをまとめて解説します。

スペック表

スペック一覧
モデル Xiaomi 13T Pro OPPO Reno10 Pro 5G
メーカー Xiaomi OPPO
発売日 (国内) 2023年12月 2023年10月
販売価格 10万円台 (税込) ~ 8万円台 (税込) ~
カメラ 背面 50MP+50MP+12MP 50MP+32MP+8MP
前面 20MP 32MP
ディスプレイ 6.67″ AMOLED
(2712×1220)
6.7″ AMOLED
(2412×1080)
初期OS MIUI 14 (Android 13) ColorOS 13 (Android 13)
SoC Dimensity 9200+ Snapdragon 778G 5G
RAM 12GB 8GB
ROM 256GB 256GB
microSD
バッテリー 5000mAh 4600mAh
急速充電 120W Hyper Charge 80W SUPERVOOC
コネクタ USB Type-C USB Type-C
SIMカード nanoSIM, eSIM nanoSIM, eSIM
DSDS DSDV対応 DSDV対応
VoLTE
CA
対応通信
5G
4G
3G
Wi-Fi Wi-Fi 6E Wi-Fi 6
Bluetooth 5.4 5.2
テザリング
イヤホンジャック
スピーカー ステレオ モノラル
ハイレゾ
防水防塵 IP68 IP54
生体認証 顔, 指紋 顔, 指紋
おサイフケータイ
ワンセグ
本体サイズ 約162×76×8.5~8.6mm 約163×75×7.9mm
重量 約200~206g 約185g

主なスペックの違い

  • カメラ(背面/前面)
    »OPPO Reno10 Proは50MP+32MP+8MPトリプルカメラと32MPのフロントカメラを採用していますが、Xiaomi 13T Proでは50MP+50MP+12MPトリプルカメラと20MPのフロントカメラで8K動画撮影などにも対応しています。
  • ディスプレイ
    »画面サイズに大きな差はありませんが、Xiaomi 13T Proは解像度が2712×1220 (1.5K) になっているほか、最大144Hzのリフレッシュレートに対応しています。
  • チップセット(SoC)
    »Xiaomi 13T ProはMediaTekの「Dimensity 9200 Plus」ですが、OPPO Reno 10 Pro 5GはQualcommの「Snapdragon 778G 5G」を採用しています。
  • メインメモリ(RAM)
    »OPPO Reno10 Pro 5Gは8GBメモリー (LPDDR4X) ですが、Xiaomi 13T Proは12GBメモリー (LPDDR5X) を搭載しています。
  • ストレージ(RAM)
    »どちらも256GBストレージを搭載していますが、Xiaomi 13T Proは高速なUFS 4.0規格を採用しています。
  • バッテリー/急速充電
    »OPPO Reno10 Pro 5Gは80W急速充電対応の4,600mAhバッテリーですが、Xiaomi 13T Proは120W急速充電対応の5,000mAhバッテリーを搭載しています。
  • スピーカー
    »OPPO Reno10 Pro 5Gはモノラルスピーカーですが、Xiaomi 13T Proはステレオスピーカーを搭載しています。
  • 防水性能
    »OPPO Reno10 Pro 5G はIP54の生活防水ですが、Xiaomi 13T Pro はIP68相当の高い防水性能を備えています。
  • 重量
    »本体サイズに大きな違いはありませんが、OPPO Reno10 Pro 5Gの方が約15~20g軽量になっています。

どちらが安い?販売価格の違いを比較

シャオミの「Xiaomi 13T Pro」とオウガジャパンの「OPPO Reno10 Pro 5G」は、公式オンラインショップやECサイト、大手キャリア (MNO) ではソフトバンクが専売で取り扱いをしているほか、アイアイジェイミオやマイネオなどのMVNOでも順次発売し、SIMカードとセットで申し込む場合、Xiaomi 13T Proは「アイアイジェイミオ」が最安値7万3,800円 (税込)OPPO Reno10 Pro 5Gは「ソフトバンク」が最安値9,840円 (税込) から購入できるほか、ソフトバンクでは端末購入サポートプログラムが利用可能になっています。

販売価格一覧 (税込)
公式ストア Xiaomi 13T Pro 109,800円
OPPO Reno10 Pro 5G  86,800円
SoftBank Xiaomi 13T Pro 111,600円
OPPO Reno10 Pro 5G  80,640円
IIJmio Xiaomi 13T Pro 98,820円
OPPO Reno10 Pro 5G  66,500円
イオンモバイル
Xiaomi 13T Pro 109,780円
OPPO Reno10 Pro 5G 
mineo Xiaomi 13T Pro 101,376円
OPPO Reno10 Pro 5G  77,880円

Xiaomi 13T ProとOPPO Reno10 Pro 5G のどちらの方がオススメ?

シャオミの最新ハイエンドモデル「Xiaomi 13T Pro」とオウガジャパンのミドルハイモデル「OPPO Reno10 Pro 5G」を比較すると、どちらもおサイフケータイ(FeliCa)に対応した5Gスマートフォンですが、背面のカメラやディスプレイ、スピーカー、チップセット (SoC)、防水防塵など、基本的な性能は上回っているので、スペックを重視するなら「Xiaomi 13T Pro」価格を抑えてそこそこ性能のよいスマートフォンなら「OPPO Reno10 Pro 5G」がオススメ

 

※IIJmio公式サイトを必ず確認してから申込をお願いいたします。
※特典やキャンペーン内容はすべてIIJmio公式サイトの内容が正となります。

スペックの詳細を比較

Xiaomi 13T ProとOPPO Reno10 Pro 5Gの違い

カメラ

リアカメラは、OPPO Reno10 Pro 5Gが5,000万画素 (メイン) +3,200万画素 (望遠) +800万画素 (広角) となっているのに対して、Xiaomi 13T Proが5,000万画素 (メイン) +5,000万画素 (望遠) +1,200万画素 (広角)。どちらも高性能な5,000万画素のトリプルカメラを採用し、光学2倍相当のズームが可能となっているほか、光学式手ブレ補正 (OIS) に対応していますが、Xiaomi 13T Proは8K動画や10bit記録にも対応しています。

フロントカメラは、Xiaomi 13T Proが2,000万画素ですが、OPPO Reno10 Pro 5Gは3,200万画素となっていて、OPPO Reno10 Pro 5Gの方が画素数が高くなっているほか、オートフォーカス (AF) にも対応しています。

概要
Xiaomi
13T Pro
背面 画素数 50MP+50MP+12MP
AF PDAF
動画 8K 24fps, 4K 60/30fps
前面 画素数 20MP
AF
動画 FHD 30fp
OPPO
Reon10
Pro 5G
背面   画素数   50MP+32MP+8MP
AF PDAF
動画 4K 30fps, FHD 60/30fps
前面 画素数 8MP
AF PDAF
動画 FHD 30fps

本体ボディの比較

Xiaomi 13T ProとOPPO Reno10 Pro 5Gではサイズに大きな違いはありませんが、OPPO Reno10 Pro 5G の方が約15~21g軽量になっているほか、OPPO Reno10 Pro 5GがIP54相当の生活防水仕様であるのに対し、Xiaomi 13T ProはIP68相当の高い防水防塵性能を備えています。

概要
Xiaomi
13T Pro
防水性能 IPX8
防塵性能 IP6X
サイズ  縦幅     約162mm 
横幅 約76mm
厚さ 約8.5~8.6mm
重量 約200~206g
OPPO
Reon10
Pro 5G
防水性能 IPX4
防塵性能 IP5X
サイズ  縦幅     約163mm 
横幅 約75mm
厚さ 約7.9mm
重量 約185g

ディスプレイの比較

どちらも約6.7インチサイズの有機ELディスプレイを採用していますが、Xiaomi 13T Proは画面解像度が2,712×1,220ドットになっているほか、最大144Hzのリフレッシュレート、最大480Hzのタッチサンプリングレートに対応してます。

概要
Xiaomi
13T Pro 
サイズ  6.67インチ
パネル種類 AMOLED
画面解像度 2712×1220
画素密度 446ppi
リフレッシュレート 144Hz
タッチレート 480Hz
OPPO
Reon10
Pro 5G
サイズ  6.7インチ
パネル種類 AMOLED
画面解像度 2412×1080
画素密度 394ppi
リフレッシュレート 120Hz
タッチレート 240Hz

パフォーマンスの比較

OPPO Reno10 Pro 5G がミドルハイの「Snapdragon 778G 5G」を採用してるのに対し、Xiaomi 13T Proではハイエンド向けの「Dimensity 9200+」となっているほか、LPDDR5XメモリとUFS 4.0ストレージを搭載しています。

概要
Xiaomi 13T
Pro
SoC MediaTek Dimensity 9200+
RAM 12GB (LPDDR5x)
ROM 256GB (UFS 4.0)
microSD  非対応
OPPO Reno10
Pro 5G
SoC Qualcomm Snapdragon 778G 5G
RAM 8GB (LPDDR5x)
ROM 256GB (UFS 2.2)
microSD 非対応

バッテリーの比較

OPPO Reno10 Pro 5Gが4,600mAhバッテリーを搭載し、約29分で満充電の可能な80Wの急速充電に対応していますが、Xiaomi 13T Proの5,000mAhバッテリーは120W急速充電によって約19分で満充電が可能になっています。

バッテリー
Xiaomi 13T
Pro
容量 5,000mAh
急速充電  120W Xiaomi Hyper Charge
充電時間   約19分
ワイヤレス充電 非対応
OPPO Reno10
Pro 5G
容量 4,600mAh
急速充電 80W SUPERVOOC Flash Charge
充電時間 約28分
ワイヤレス充電 非対応

SoftBank (ソフトバンク)

SoftBankの概要

ソフトバンクのメインブランドでは、ライトユーザー向けプラン「ミニフィットプラン+」のほか、PayPayユーザー向けの「ペイトク」やシンプルな大容量の「メリハリ無制限+」といった料金プランが用意されており、データ容量が無制限の「ペイトク無制限」の基本料金は月額9,625円 (税込) ですが、PayPayカード割、おうち割 光セット、新みんな家族割といった割引サービスやポイント還元によって実質3,128円 (税込) から利用可能になっています

ペイトクプラン 料金表 (税込)
初期費用 0円 (オンラインストア)
月額料金
30GB 7,425円
50GB  8,525円
無制限 9,625円
セット割引 1,100円割引
家族割引 1,100円割引
通話定額 5分かけ放題 +500円
10分かけ放題 +700円
かけ放題 +1,400円
最低利用期間  なし 
契約解除料 0円

Xiaomi 13T Pro/OPPO Reno 10 Pro 5Gの価格比較

Xiaomi 13T Proの販売価格は111,600円 (税込) ですが、5歳~22歳以下または他社からの乗り換え (MNP) で21,984円割してくれるほか、端末購入サポートプログラム「新トクするサポート (バリュー)」を利用して13ヶ月目に返却すると実質12円 (税込) で購入可能

OPPO Reno10 Pro 5Gの販売価格は31,984円 (税込) 値下げされており、5歳~22歳以下または他社から乗り換え (MNP) で21,984円割してくれるほか、端末購入サポートプログラム「新トクするサポート (スタンダード)」を利用して25ヶ月目に返却すると実質24円 (税込) で購入できます

購入価格 (税込)
Xiaomi 13T
Pro
新規契約 一括払い 111,600円
24回払い 4,650円×24回
48回払い 1,833円×24回/2,489円×24回
のりかえ
(MNP)
一括払い 89,616円
24回払い 3,734円×24回
48回払い 1円×24回/2,489円×24回
OPPO Reno10
Pro 5G
新規契約 一括払い 31,824円
24回払い 1,326円×24回
48回払い 917円×24回/409円×24回
のりかえ
(MNP)
一括払い 9,840円
24回払い 410円×24回
48回払い 1円×24回/409円×24回

 

IIJmio (アイアイジェイミオ)

IIJの格安SIMサービス

IIJmioの概要

アイアイジェイミオは、インターネットイニシアティブ (IIJ) が提供する格安SIMサービス。ドコモ回線とau回線に対応し、音声通話SIM/音声eSIMの5GBプランが月額990円 (税込) で利用可能。光インターネット「IIJmioひかり」とのセット割も用意されており、2024年2月29日 (木) までは、音声通話SIMの月額料金が最大6ヶ月間 440円割引&かけ放題が6ヶ月間 410円割引 (税込) になるほか、人気モデルのスマホが110円 (税込) から購入できる期間限定セールを開催しています

音声通話プラン 料金表 (税込)
初期費用 SIM 3,733~3,746円
eSIM 3,520~3,733円
月額料金
2GB 850円
5GB 990円
10GB 1,500円
15GB  1,800円
20GB 2,000円
セット割引 660円割引
通話定額 5分かけ放題 +500円
10分かけ放題 +700円
かけ放題 +1,400円
最低利用期間  なし 
契約解除料 0円

Xiaomi 13T Pro/OPPO Reno 10 Pro 5Gの価格比較

Xiaomi 13T Proの販売価格は98,820円 (税込) ですが、他社からの乗り換え (MNP) で「ギガプラン」の音声通話SIM/eSIMとセットで申し込むと73,800円 (税込) で購入可能

2024年2月29日 (木) 21:59までOPPO Reno10 Pro 5Gを66,500円 (税込) で販売しているほか、他社から乗り換え (MNP) で「ギガプラン」の音声通話SIM/eSIMとセットで申し込むと37,800円 (税込) で購入できます

購入価格 (税込)
Xiaomi 13T
Pro
新規契約 一括払い 98,820円
24回払い 4,126円×24回
のりかえ
(MNP)
一括払い 73,800円
24回払い 3,076円×24回
OPPO Reno10
Pro 5G
新規契約 一括払い 66,500円
24回払い 2,772円×24回
のりかえ
(MNP)
一括払い 37,800円
24回払い 1,576円×24回

 

※IIJmio公式サイトを必ず確認してから申込をお願いいたします。
※特典やキャンペーン内容はすべてIIJmio公式サイトの内容が正となります。

IIJmio (アイアイジェイミオ)
老舗ISPのIIJが提供するマルチキャリアに対応した高品質な格安SIM/格安スマホ。eSIM (データ通信専用) が月額165円、音声通話SIMが月額850円から利用可能。口コミや評判、キャンペーン、おすすめ情報、メリット・デメリットなどをまとめて詳しく解説しています。

mineo (マイネオ)

関西電力グループの格安SIMサービス

mineoの概要

マイネオは、関西電力グループのオプテージが提供する格安SIMサービス。ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線のトリプルアクセルに対応し、通信速度で選ぶデータ無制限プラン「マイそく」では音声通話SIM/音声eSIMが月額250円 (税込) から利用できるほか、定額プラン「マイピタ」は音声通話SIM/音声eSIMの20GBプランが月額2,178円 (税込) で利用可能。光インターネット「eo光」とのセット割引も用意されており、2024年6月3日 (月) までは、マイピタの音声通話SIM/音声eSIMの全てのプランが最大6ヶ月間 月額990円 (税込) で利用できるキャンペーンを開催中

音声通話プラン 料金表 (税込)
初期費用 SIM 3,740円
eSIM 3,740円
月額料金
1GB 1,298円
5GB 1,518円
10GB 1,958円
20GB  2,178円
無制限 250~2,200円 (最大32kbps~3Mbps)
セット割引 330円割引
広告フリー +0円
夜間フリー +990円
通話定額 10分かけ放題 +550円
かけ放題 +1,210円
最低利用期間  なし 
契約解除料 0円

Xiaomi 13T Pro/OPPO Reno 10 Pro 5Gの価格比較

Xiaomi 13T Proの価格は101,376円 (税込) ですが、他社から乗り換え (MNP) で音声通話SIM/eSIMとセットで一括払いで申し込むと74,976円 (税込) で購入可能

OPPO Reno10 Pro 5Gの販売価格は77,880円 (税込) ですが、他社から乗り換え (MNP) で音声通話SIM/eSIMとセットで一括払いで申し込むと62,480円 (税込) で購入できます

購入価格 (税込)
Xiaomi 13T
Pro
新規契約 一括払い 101,376円
24回払い 4,224円×24回
36回払い 2,816円×36回
のりかえ
(MNP)
一括払い 74,976円
24回払い 4,224円×24回
36回払い 2,816円×36回
OPPO Reno10
Pro 5G
新規契約 一括払い 77,880円
24回払い 3,245円×24回
36回払い 2,156円×35回 (初月は2,420円)
のりかえ
(MNP)
一括払い 62,480円
24回払い 3,245円×24回
36回払い 2,156円×35回 (初月は2,420円)

 

 

mineo (マイネオ)
マイネオは、関西電力グループのオプテージが提供するトリプルキャリア対応の格安SIMサービス。使い放題プラン「マイそく」では音声通話SIMが月額250円から利用可能。メリットやデメリットのほか、特徴、評判、口コミ、キャンペーン、セール情報、料金プランなど詳細な情報をまとめて解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました