UQモバイルの新プラン『くりこしプラン』を徹底解説!!

KDDIと沖縄セルラーは、2021年1月13日 (水) にUQ mobileのスマホ向け新プラン「くりこしプラン」を発表しました。月間のデータ容量に応じて「くりこしプランS (3GB)」「くりこしプランM (15GB)」「くりこしプランL (25GB)」の3種類の料金プランが用意されており、月額基本料金はそれぞれ1,480円 (税別)、2,480円 (税別)、3,480円 (税別)。2021年2月1日 (月) より申込受付を開始する予定になっています。

※2021年2月に提供予定の「スマホプランV」は「くりこしプランL」に改められています。

»公式サイト: “格安スマホならUQモバイル

スマホ向け新プラン「くりこしプラン S/M/L」の概要

UQモバイルの「くりこしプラン」は1,480円 (税別) から利用できる音声通話プラン。2021年夏に5Gネットワークにも対応予定。基本料金は「くりこしプランS」が月額1,480円 (税別)、「くりこしプランM」が月額2,480円 (税別)、「くりこしプランL」が月額3,480円 (税別) になっています。

月々のデータ容量は「くりこしプランS」が3GBで超過後の通信速度は300kbps、「くりこしプランM」が15GBで超過後の通信速度は最大1Mbps、「くりこしプランL」が25GBで超過後の通信速度は最大1Mbps。音声通話 (国内) の料金は30秒20円 (税別) で、月に最大60分の国内通話が定額の「通話パック(60分/月)」のほか、1回10分以内の国内通話が無料になる「かけ放題 (10分/回)」や、10分を超える国内通話も無料になる「かけ放題 (24時間いつでも)」といった通話定額オプションも用意されています。

概要
運営会社 KDDI
回線 au
対応通信  5G回線 対応予定 (2021年夏)
4G回線 対応
3G回線
初期費用 3,000円 (税別)
月額料金 プランS 1,480円 (税別)
プランM 2,480円 (税別)
プランL 3,480円 (税別)
プラン  通信量  3GB/15GB/25GB 
SMS
音声通話 
通話パック (60分) +500円
かけ放題 10分 +700円 (税別)
制限なし  +1,700円 (税別)
データシェア
キャリアメール 〇 (+200円)
Wi-Fiスポット 〇 ‘(
テザリング
通信速度
(5G) 
受信時 最大4.1Gbps
送信時 最大481Mbps
通信速度
(4G) 
受信時 最大1.2Gbps
送信時 最大112.5Mbps
通信速度
(超過後)
プランS 最大300kbps
プランM 最大1Mbps
プランL 最大1Mbps
3日間制限 6GB以上/3日間
通信量の翌月繰越
高速/低速の切替
バースト転送機能
カウントフリー 節約モード
取り扱い 店舗/ウェブ
スマホセット販売 あり
契約条件 12歳以上
支払方法 クレカ/口座振替
最低利用期間 なし
契約解除料 0円

くりこしプランの7つの特徴やメリット (良い点)

  • データ容量が3GBの「くりこしプランS」が月額1,480円で利用できる。
  • くりこしプランM/Lならデータ容量の超過後も最大1Mbpsで通信可能である。
  • 高速通信と低速通信 (節約モード) の切り替えが可能である。
  • 低速通信 (節約モード) はデータ消費ゼロで利用できる。
  • 余ったデータ容量は翌月に繰り越して利用できる。 
  • UQ学割の対象プランとなっているので、18歳以下なら月額900円で利用できる。
  • 実店舗での申し込みや契約後のサポートに対応している。

1,480円から利用可能

UQモバイルの新プラン「くりこしプラン」にはWiMAX 2+とのセット割引や家族割引サービスなどは用意されていませんが、データ容量が3GBの「くりこしプランS」が月額1,480円 (税別)、15GBの「くりこしプランM」が月額2,480円 (税別)、25GBの「くりこしプランL」が月額3,480円 (税別) で利用可能。BIGLOBEモバイルやOCNモバイルONEなど格安SIM (MVNO) と比べてもかなり安い価格設定になっています。

超過後も最大1Mbpsで通信可能

「くりこしプランS」では超過後の通信速度が最大300kbps、「くりこしプランM」と「くりこしプランL」では超過後の通信速度が最大1Mbpsとなっているので、データ容量を使い切ってもネット検索やSNS、Googleマップ、音楽ストリーミングなどが問題なく利用できるほか、「くりこしプランM」と「くりこしプランL」ならYouTubeのSD画質の動画も視聴可能です。

高速/低速の切り替え&低速通信はデータ消費ゼロ

ワイモバイルのスマホ向けプラン「シンプル S/M/L」とは違い、UQモバイルの「くりこしプラン」では専用のポータルアプリで高速モード (高速通信) と節約モード (低速通信) の切り替えが可能。節約モードではデータ消費ゼロなので、通信量を気にせずにスマホを利用することができます。

データ容量の翌月繰越が可能

UQモバイルの「くりこしプラン」では、余ったデータ容量が翌月に繰り越しされるので、使いきれなかったデータ容量も無駄なく利用することができます。

UQ学割に対応

UQモバイルの新プラン「くりこしプラン」は、5~18歳のユーザーとその家族の月額基本料が最大1,000円割引 (8ヶ月間/12ヶ月間) になる「UQ学割」の対象プランとなっているので、18歳以下なら「くりこしプランS」が8ヶ月間 月額900円 (税別)、「くりこしプランM」が12ヶ月間 月額1,480円 (税別)、「くりこしプランL」が12ヶ月間 月額2,480円 (税別) で利用可能になります。

実店舗でのサポートにも対応

UQモバイルは全国に2,700以上の店舗を展開しており、新料金プラン「くりこしプラン」はオンラインショップだけでなく店頭での申し込みやサポートに対応しているので安心して利用することができます。

くりこしプランの4つの注意点やデメリット (欠点)

  • 直近3日間で6GB以上の通信を行うと、翌日まで通信速度が制限される場合がある。
  • WiMAXとのセット割引「ギガMAX月割」や「UQ家族割」の割引は適用されない。
  • スマホプランやおしゃべり/ぴったりプランからプラン変更した場合は戻せない。
  • データ通信量が3GB未満のライトユーザーは格安SIMの方がスマホ料金が安くなる。

3日間制限がある

UQモバイルの「くりこしプラン」は直近3日間のデータ通信量が6GBを超えると、ネットワーク混雑回避のために翌日にかけて通信速度が制限される場合があるので注意が必要です。

ネットとのセット割引や家族割引はない

UQモバイルの「くりこしプラン」は、指定のWiMAX 2+サービスまたはビッグローブ光とセットで利用すると月額料金が最大500円割引になる「ギガMAX月割」や、家族で利用すると2回線以降は月額料金が500円割引になる「UQ家族割」の割引は適用外になっています。

新プランから旧プランへは戻せない

UQモバイルの「スマホプラン」「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」などから新料金プラン「くりこしプラン」への変更は可能ですが、一度プラン変更すると旧プランに戻すことができないので注意が必要です。

※おしゃべり/ぴったりプラン、データ高速/無制限+音声通話プランから「くりこしプラン」にプラン変更をする場合、契約解除料はかかりませんが、マンスリー割、スマトク割、長期利用割引、継続利用割引は適用終了になります。

ライトユーザーは格安SIMの方が安い

UQモバイルの一番安い音声通話プランは、データ容量が3GBで月額基本料が1,480円 (税別) の「くりこしプランS」ですが、格安SIM (MVNO) では1GB以下の料金プランも用意されているので、スマホの使用頻度が低い方はIIJmioの「従量制プラン」やHISモバイルの「ビタッ! プラン」を利用する方が毎月の利用料金を安く抑えることができます。

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓

スポンサーリンク
レクタングル (大) 広告
レクタングル (大) 広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル (大) 広告