ZenFone 4 カスタマイズモデル レビュー

ZenFone4 カスタマイズモデル 詳細

概要

ASUS(エイスース)より、2017年9月23日に発売された「ZenFone 4 (ZE554KL)」にSnapdragon 630を搭載した「ZenFone 4 カスマタイズモデル」が、2017年11月22日にIIJmioやイオンモバイル、DMM mobileなどのMVNOにて発売されました。

“WE LOVE PHOTO” をコンセプトに、カメラに特化した「ZenFone 4」シリーズの標準モデルである「ZenFone 4 (ZE554KL)」と外観や機能はほとんど変らず、Qualcomm® Snapdragon™ 630に4GBメモリーを搭載しています。

同心円デザインと美しいダイヤモンドカットがアクセントになるメタルエッジ。約7.5mmの薄型ボディーとスリムベゼルで、5.5インチとは思えない程、コンパクト。両面が2.5D曲線「Corning® Gorilla® Glass (コーニング ゴリラガラス)」で覆われ、耐久性があり、傷にも強い仕上がりになっています。

アウトカメラは、1200万画素の標準レンズと800万画素の広角レンズを搭載したデュアルレンズ仕様。メインカメラには、SONY (ソニー) 製「IMX362」センサーを搭載し、一般的なスマホカメラの約5倍の光を取り込む事ができるので、薄暗い場所でも明るく鮮明に撮影可能。 広角レンズを搭載したセカンドカメラでは、約2倍のワイドアングルでの撮影が可能になっています。

インカメラは、800万画素。肌のキメやトーンなどを自由自在に調整できる「美人エフェクト」を、写真や動画、ライブ配信時に、ワンタッチで切り替えて簡単に使うことができます。

ディスプレイには、5.5型フルHD (1080×1920ドット) の「Super IPS+液晶」を採用。輝度は600nitsと明るく、ASUS Splendid技術の周囲光量センサーで、周囲の光に合わせてディスプレイの色温度を自動で調整し、いつでも自然で美しいスクリーンを快適に楽しめます。

OSは「Android 7.1.1 Nougat」をプリインストールし、「Android 8.0 Oreo」にアップデート予定。独自ユーザーインタフェース「ZenUI 4.0」には、2つのSNSアカウントに同時ログインできる「Twin Apps (ツインアプリ)」やインターネットサイトの閲覧を快適にする「ページマーカー」、素早く緊急連絡先に電話できるZenUI セーフガードの「SOS」といった便利な機能が盛り込まれています。

サウンドにおいては、デュアルスピーカーとマルチオーディオ技術で、高音質なエンターテイメントや音楽を楽しめます。ステレオスピーカーは広がりのあるサウンドを大音量でも流せます。マイクにはノイズキャンセル機能が2つ搭載され、録画時やストリーミング時には不要なノイズを除去し、高品質のクリアな音を作り出します。ハイレゾオーディオ認証により、24ビット/192kHz(CDの4倍の音質)のオーディオが再生可能。「DTS Headphone:X™」により、シアター品質の7.1チャンネルバーチャルサラウンドをヘッドフォンで楽しむことができます。

3,300mAhの大容量バッテリーは、「BoostMaster」テクノロジーにより、36分間で約50%まで急速充電が可能。その他、デュアルSIMデュアルスタンバイ (DSDS)、キャリアアグリゲーションに対応。docomo(ドコモ)・au(エーユー)・SoftBank(ソフトバンク)回線の周波数をカバーし、au VoLTEにも対応しています。

カメラ性能

アウトカメラ

メインカメラには、f1.8の大口径レンズ、1.4μmの画素ピッチを持つ1/2.55インチのSony(ソニー)「IMX362」センサーを搭載し、一般的なスマートフォンのカメラの約5倍の光を取り込む事ができるので、暗い場所でも明るく鮮明に撮影できます。セカンドカメラには、120°広角レンズを搭載し、ワンタッチで切り替えて、約2倍のワイドアングルでの撮影が可能になっています。

2,400万個の焦点検出センサーが搭載されたデュアルピクセルカメラには、約0.03秒で被写体へフォーカスする超高速の像面位相差AFと、動きのある被写体にピントを合わせ続けるコンティニュアスAFを搭載。高速かつ正確に、その瞬間をとらえます。

4軸光学式手ぶれ補正機能 (OIS) を搭載し、レンズが8方向に動くことで、手振れによる振動を相殺します。レンズを常に安定させることによって、シャープでブレのない写真を撮影可能にしています。また、光の弱い環境では、シャッター速度を約0.25秒まで遅くすることで、明るく鮮明で、ノイズの少ない写真を撮る事ができます。動画撮影では、電子式手ぶれ補正 (EIS) を採用し、3軸で振動と鋭い動きを検知し、自動で補正することで、滑らかで安定した動画を残せます。

一眼レフと同じように細かい設定が可能な「Pro Mode (プロモード)」、肖像写真に最適な浅い被写体深度エフェクトを自動で設定し、被写体を鮮明に保つ一方で背景を美しくぼかすことができる「Portrait Mode (ポートレートモード)」といった機能を搭載し、写真を「RAW」フォーマットで保存する事が可能。4K解像度での動画撮影にも対応しています。

インカメラ

自撮り専用アプリ「SelfieMaster (セルフィーマスター)」をプリインストール。「美人エフェクト」を使用し、エフェクトの効果を確認しながら自撮りができます。また、「美人エフェクトLIVE」を使えば、肌の色味を調整し、肌のキメやトーンを整えながら、Facebook、Youtube、Twitterなどのライブ配信に対応したアプリで、リアルタイムに動画配信をすることができます。

ZenUI 4.0 の機能

Twin Apps (ツインアプリ)

1つのSNSアプリに対して、2つのアカウントを設定し同時ログインする事ができます。

ZenUI セーフガード/SOS

電源ボタンを3回素早く押すと、110や119といった緊急番号や指定した電話番号に発信し、住所付きのSMSを送信します。

ZenUI セーフガード/位置情報の共有

いつでも家族や友人にリアルタイムで位置情報を共有できます。「SOS」機能と連携させることも可能。

ページマーカー

オフライン保存したWebページをネットに接続していない状態でも閲覧することが可能。

タッチジェスチャー

指で画面をなぞることによってアプリが起動します。(V:電話, C:リアカメラ, S:インカメラ, e:時計, W:天気など)

片手モード

ホームボタンを2回押しすると起動し、画面が一回り小さくなって、片手で操作がしやすくなる。

特徴・メリット

  • 広角撮影に対応したデュアルレンズカメラは、ワンタッチで約2倍のワイドアングルでの撮影が可能。
  • 2つのSNSアカウントに同時ログインができる。(Twin Apps/ZenUI 4.0)
  • 急速充電に対応したバッテリー(容量:3300mAh)は、36分間で約50%まで充電可能
  • 高音質音源「Hi-Res(ハイレゾ)」の再生をサポート。
  • 4G+3GのデュアルSIMデュアルスタンバイ (DSDS) に対応し、SIMカードをその都度切り替えることなく、2つの番号から同時に通話やSMSの待ち受けが可能。
  • キャリアアグリゲーション (2CA/3CA) に対応し、下り最大600Mbps/上り最大150Mbpsでの通信が可能。
  • docomo・au・SoftBank回線の周波数をカバーし、au VoLTEにも対応。

デメリット・注意点

  • 防水・防塵性能ではない。
  • ワンセグやおサイフケータイには対応していない。
  • nanoSIMカード(SIM2)とmicroSDカードは排他利用となるため、同時に使用することはできない。

標準モデルとカスタマイズモデルの比較

「ZenFone 4 (ZE554KL)」の標準モデルでは、SoCにSnapdragon 660、6GB RAMが搭載されているのに対して、カスマタイズモデルでは、Snapdragon 630、4GB RAMを搭載。その他の外観や機能はほとんど変わらず、Snapdragon 660とSnapdragon 630の性能においても大きな差はありません。販売価格は、標準モデルよりも1万2000円安い44,800円となっています。

スペック比較
モデル 標準 カスタマイズ
販売価格 44,800円 56,800円
メモリ(RAM) 4GB 6GB
ストレージ(ROM) 64GB 64GB
プロセッサ (SoC) SDM630 SDM660
画面 サイズ 5.5型(液晶) 5.5型(液晶)
解像度 1080×1920 1080×1920
リアカメラ 1nd 1200万画素 1200万画素
2nd 800万画素 800万画素
インカメラ 800万画素 800万画素
サイズ 高さ 155.4mm 155.4mm
横幅 75.2mm 75.2mm
厚さ 7.5mm 7.5mm
バッテリー 3300mAh 3300mAh
重量 165g 165g
docomo回線 対応 対応
SoftBank回線 対応 対応
au回線 対応 対応
SoCの仕様比較 (Snapdragon)
型番 660 630
CPU 名称 Kryo 260 Cortex A53
メーカー Qualcomm ARM
クロック 最大2.2GHz 最大2.2GHz
コア数 8コア 8コア
GPU Adreno 512 Adreno 508
LTEモデム X12 X12
カメラ画素数 最大24MP 最大24MP
画面解像度 WQXGA WUXGA
(2650×1600) (1900×1200)
メモリ (RAM) LPDDR4 (Dual Channel)
Bluetooth 5.0
WI-fi 802.11ac With MU-MIMO
充電 Quick Charge 4.0
製造プロセス 14nm

スペック(性能)

ZenFone4 カスタマイズモデル

端末 ZenFone 4
(Customize Model)
メーカー ASUS
発売日 2017年11月22日
販売価格 44,800円
画面 種類 Super IPS+液晶
Corning Gorilla Glass 3
解像度 1920×1080 (フルHD)
サイズ 5.5インチ
OS / UI Android 7.1.1 / ZenUI 4.0
SoC CPU Snapdragon 630
クロック 2.2GHz
コア数 オクタコア (8コア)
GPU Adreno 508
容量 RAM 4GB (LPDDR4)
ROM 64GB
カメラ メイン 1200万+800万画素
イン 800万画素
SIM SLOT nano SIM × 2 (DSDS)
速度 下り 最大600Mbps
上り 最大150Mbps
バンド FDD-LTE B1~3/5/7/8/18/19/28
TDD-LTE B38/39/40/41
W-CDMA B1/2/3/5/6/8/19
GSM 850/900/1800/1900MHz
CA 2CA/3CA
VoLTE
テザリング
USBポート Type-C
Wi-Fi a/b/g/n/ac
Bluetooth® 5.0
測位方式 (GPS) GLONASS/Beidou/Galileo
指紋認証センサー
ジャイロスコープ
センサー 加速度/RGB/光/近接/磁器
/電子コンパス
バッテリー 3300mAh (BoostMaster)
待受時間 (LTE) 約531.7時間
通話時間 (VoLTE) 約1740分
ワンセグ
おサイフケータイ
NFC
ハイレゾ
防水
防塵
サイズ(H×W×D) 155.4×75.2×7.5mm
重量 約165g
カラー ミッドナイトブラック
ムーンライトホワイト

ZenFone4 カスタマイズモデル セット販売(MVNO)

IIJmio (コミコミセット)

IIJmio
回線 docomo/au
初期費用 395円
データSIM
音声SIM 2,980円~
端末価格
端末代金を含む
★コミコミセットなら【データ通信量(3GB)+3分かけ放題+端末代金】がセットになって月額2,980円で利用可能!

IIJmio(アイアイジェイミオ)では、データ通信量(3GB)+3分かけ放題+端末代金】がセットのコミコミセットで「ZenFone 4 カスタマイズモデル」を販売中。月額2,980円(2年目は月額3,980円)で、追加の月額負担金なしに購入することができます。 ※2018年10月3日までは初期費用 (3,000円) が1円になります。

»IIJmio (コミコミセット) のメリット・デメリット

IIJmio (みおふぉん)

IIJmio
回線 docomo/au
初期費用 395円/407円
データSIM 900円~
音声SIM 1,300円~
端末価格 34,800円
1,500円×24回
★音声通話SIM(みおふぉん)との同時申込でAmazonギフト券5,000円分をプレゼント&初期費用が [3,000円 ⇒ 1円]&月額料金を [600円×6ヶ月間] 割引&通信量を [2倍×6ヶ月] 増量

IIJmio(アイアイジェイミオ)では、2018年10月3日まで “IIJmio夏祭り キャンペーン” を開催中。音声通話SIM(みおふぉん)の新規申込で、初期費用(3,000円)が1円&通信量が2倍(6ヵ月間)&月額料金が600円割引(6ヶ月間)。さらに、「ZenFone 4 カスタマイズモデル」とセットでの申込なら、Amazonギフト券を5,000円分プレゼントしてくれます。

»IIJmio の詳細・評判・口コミ

DMM mobile (DMMモバイル)

DMMモバイル
回線 docomo
初期費用 3,394円
データSIM 440円~
音声SIM 1,140円~
販売価格 40,800円
2,008円×24回
★業界最安値クラスの料金プランで月額440円から利用可能!

DMM.comが提供する格安SIM・格安スマホ「DMMmobile (DMMモバイル)」。業界最安値クラスの料金プランで月額440円から利用可能。LINE・Facebook・Twitter・InstagramといったSNSの通信量をカウントしない「SNSフリー」オプションも月額250円で利用できます

»DMM mobile の詳細・評判・口コミ

DMMmobile

イオンモバイル

aeon mobile

イオンモバイル
回線 docomo/au
初期費用 1円
データSIM 480円~
音声SIM 1,130円~
販売価格 44,800円
1,867円×24回
月額480円から利用可能なイオンの格安SIM・格安スマホ!

イオンのスマホ「AEON MOBILE (イオンモバイル)」は、docomo回線とau回線に対応し月額480円から利用する事が可能最低利用期間や契約解除料がないので、気に入らなければいつでも自由に解約する事ができます。 ※2018年9月3日までは初期費用 (3,000円) が1円になります。

»イオンモバイルの詳細・評判・口コミ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする