Essential Phone (PH-1) レビュー

Essential Phone (エッセンシャルフォン) 詳細

概要

“Androidの父”アンディールービン氏が手掛ける新スマートフォン「Essential Phone (PH-1)」。

ベゼル(額縁)がほとんどないディスプレイは、5.71インチ2560 x 1312と解像度も高く、縦横比は19:10となっています。「Corning® Gorilla® Glass 5 (ゴリラガラス5)」をカバーガラスに採用し、落としても傷がつきにくいチタンフレーム。

背面に近接無線データ通信コネクタと電源供給ピンを備え、独自の磁石式マウントでアクセサリを合体させて機能を追加できます。本体と同時に、小型の360度カメラユニットを発売します。

プロセッサはSnapdragon 835を搭載。RAM4GB、ストレージ128GB、モノクロ+RGBのデュアルカメラ、F1.85レンズ、指紋認証などハイエンドな仕様になっています。

»Essential Phone PH-1の最新レビューはこちら

特徴

端から端まで広がる、Essential Phone のFull Display

2,560×1,312ピクセルの5.71インチディスプレイ(19:10)で、端から端までベゼル(額縁)がほとんどないデザインになっています。ディスプレイ技術はCGシリコン/低温ポリシリコン。上部の切り込みには800万画素の前面カメラが埋めこまれていて、4K動画を撮ることも可能です。

磁器アタッチメントシステム

背面のコネクタ経由(磁気アタッチメント)で、モジュラー式のいろいろなアクセサリを付けられます。ニーズに応じていろんなアクセサリを付け替えられる事が可能。ただし、現在のところ、発表されているモジュールは360度カメラのみとなっています。

カメラ

世界最薄の携帯電話内蔵デュアルシステムカメラ。カラーセンサー・モノクロセンサーの両方を使って、従来型のスマホカメラよりも200%も多く光をとらえることができます。これにより、たとえ光の入りにくい場所でも、色彩と細部を豊かに表現した美しい写真を撮れます。また、本物の「モノクロ/単色」モードも使えます。

メリット

  • 頑丈なチタンフレーム&セラミックの背面プレートの質感。
  • ベゼルレスでミニマルなデザイン。
  • CPUはSnapdragon 835を搭載し、RAM4GB、ストレージ128GB、モノクロ+RGBのデュアルカメラ、F1.85レンズ、指紋認証などハイエンドな仕様。
  • docomo(ドコモ)/au(エーユー)/SoftBank(ソフトバンク)回線の周波数をカバーし、au VoLTEに対応している。

デメリット・注意点

  • 時にはきれいな写真もとれるが、明るすぎたり、ノイズがのっていたり、フォーカスが甘かったりすることがあり、カメラの評判がイマイチである。シャッタースピードは遅く、オプション設定も少ない。 ※ソフトウェアアップデートにより改善されています
  • 現在、発売されているモジュールは360度カメラのみである。
  • ワイヤレス充電に対応していない。

Color(カラー)

全4色:Black Moon(ブラックムーン)/Stellar Grey(ステラーグレイ)/Pure White(ピュアホワイト)/Ocean Depths(オーシャンデプス)

スペック(性能)

端末(モデル名) Essential PH-1
メーカー Essential
材質 チタン/セラミック
販売(MVNO)
発売日

国内未発売

※2018年4月27日より日本
への発送に対応

端末価格 499ドル/599ドル
360度カメラ 199ドル
画面 種類 LCD(液晶)
素材 Corning Gorilla Glass 5
解像度 2560 × 1312 (QHD)
サイズ 5.71インチ
OS Android 7.1
SoC 名称 Snapdragon 835
クロック 2.45GHz+1.9GHz
コア数 オクタコア (8コア)
GPU Adreno 540
容量 RAM 4GB
ROM 128GB
microSD
カメラ メイン 1300万画素(RGB)×2
イン 800万画素
SIM SLOT nano SIM
通信 FDD-LTE 1~5/7/8/11~13/17/20/
21/25/26/28~30/66
TD-LTE 38/39/40/41/42/43
W-CDMA 1/2/4/5/6/8
GSM 850/900/1800/1900MHz
docomo回線 対応
au回線 対応
SoftBank回線 対応
au VoLTE
Wi-Fi 802.11 b/g/n/ac
Bluetooth® 5.0LE
測位方式 GPS/GLONASS
指紋認証 ○ (背面)
ジャイロセンサ
その他センサー 加速度/環境光/近接/気圧/
磁力計
バッテリー 3040mAh
NFC
サイズ(H×W×D) 141.5×71.1×7.8mm
重量 185g

Essential Phone PH-1  販売 (MVNO)

販売価格一覧
MVNO 販売価格
IIJmio
(本体のみ)
一括:46,000円
分割:1,950円×24回
IIJmio
(360°カメラセット)
一括:54,640円
分割:2,310円×24回
楽天モバイル
(本体のみ)
一括:49,800円
分割:2,075×24回

キャンペーン/セール情報

<キャンペーン・セール情報>

  • IIJmio (~2018/10/3):音声通話SIM (みおふぉん) とセットで申し込むと10,000円分のAmazonギフト券をプレゼント/初期費用 [3,000円 ⇒ 1,000円] & 月額料金 [600円割引 (6ヶ月)] & 通信量 [2倍 (6ヶ月)]
    »IIJmioのキャンペーン情報

IIJmio (みおふぉん)

IIJmio (アイアイジェイミオ) では、2018年10月3日までの期間限定で “IIJmio夏祭り 容量2倍キャンペーン” を開催中。音声通話SIM(みおふぉん)の新規申込で、初期費用が3,000円⇒1円&通信量が2倍×6ヵ月間&月額料金が600円割引×6ヶ月間になります。さらに、「Essential Phone PH-1」とセットの申し込みなら10,000円分のAmazonギフト券をプレゼントしてくれます。

»IIJmio (みおふぉん) の詳細・評判・口コミ

»公式サイト/IIJmio

02.楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルでは、高速通信容量を使い切っても通信速度1Mbpsのデータ通信が使い放題で10分かけ放題がセットになった”スーパーホーダイ ” を3年契約 (自動更新なし) で申し込むと、月額1,480円 (2年間) から利用可能。楽天のダイヤモンド会員なら、500円割引 (12ヵ月) になるので、月額980円から利用できます。他社にはない、かけ放題やネット使い放題が全てコミコミのおトクなセットプランを格安で利用する事ができます。

»楽天モバイルの詳細・評判・口コミ

»公式サイト/楽天モバイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする