TCL PLEX (ティーシーエル プレックス)/レビュー


Source: “TCL“

TCL PLEX/詳細

TCLコミュニケーションの正規代理店であるFOXは、2019年12月28日 (土) にSIMロックフリーのAndroidスマートフォン「TCL PLEX」を発売しました。販売価格は29,800円 (税込) で、FOX直営店、公式オンラインストア、ECサイトや家電量販店のほか、NTTレゾナントが運営するスマホ販売サイト「goo simseller」でも取り扱いをしており、OCNモバイルONEの音声対応SIMカードとセットなら1万円台で購入可能になっています。

»TCL PLEXのセール情報はこちら

概要

Alcatel (アルカテル)、BlackBerry (ブラックベリー)、Palm (パーム) といったブランドでスマートフォンを展開してきたTCLコミュニケーション。初の自社ブランドとなる「TCL PLEX」では、6.53インチ (19.5:9) のパンチホールディスプレイ、4,800万画素 (標準) +1,600万画素 (広角) +200万画素 (低照度) の3眼カメラ、2,400万画素のインカメラ、Snapdragon 675 (オクタコア)、6GBメモリー、128GBストレージ、3,820mAhバッテリーを搭載し、ミドルレンジモデルの中でも上位のスペックになっています。

特徴・メリット (長所)

<特徴/メリット>

  • 2万円台で購入可能とコスパが非常に優れている
  • 背面にトリプルレンズカメラを搭載している。
  • パンチホール式のディスプレイを採用し、画面が大きくて見やすい。
  • 生体認証が指紋認証と顔認証に対応している。
  • DSDS (デュアルSIMデュアルスタンバイ) に対応し、2枚のSIMカードで4G+3Gの同時待受が可能になっている

注意点・デメリット (欠点)

<注意点・デメリット>

  • 本体が少し重い (192g)。
  • 防水/防塵には対応していない。
  • ワンセグ/フルセグには対応していない。
  • おサイフケータイ (Felica) に対応していない。
  • au回線のSIMカードではほとんど利用できない。
  • VoLTEには対応してないので、音声通話は3G回線を使用する。

カメラ

アウトカメラ (背面)

背面のカメラは、4,800万画素 (標準) +1,600万画素 (広角) +200万画素 (低照度)トリプルレンズ。48MPのメインカメラには、SONY製のCMOSイメージセンサー「IMX582」を採用し、AIによるシーン認識機能に対応しています。16MPのカメラは画角123°の超広角撮影が可能。2MPのカメラは画素サイズが2.9μmと大型な暗所撮影用カメラで、夜間撮影モードでは通常の3倍の明るさを実現し、暗い場所でも鮮明な写真や動画を撮影できます。

AIが自動で被写体を追尾してズーム処理をする「オートズーム・自動追随機能」を搭載するほか、スタビライザー (手ブレ補正) 機能によって安定した動画撮影が可能。4K動画の撮影や、960fpsのスローモーション動画の撮影にも対応しています。

概要
Primary
Camera
有効画素数   約4,800万画素  
センサー 1/2″ IMX582
画素サイズ  0.8μm
画角 79°
絞り値 f/1.8
2ndary
Camera
有効画素数   約1,600万画素  
センサー 1/3″ S5K3P9
画素サイズ 1.0μm
画角 123°
絞り値 F2.4
3rdary
Camera
有効画素数 約200万画素
センサー 1/2.8″ OV02K
画素サイズ 2.9μm
画角 77°
絞り値 F1.8
フラッシュ Dual LED Flash

インカメラ (前面)

前面のカメラは2,400万画素のシングルレンズカメラで、背景ぼかし美顔補正にも対応しています。

概要
Primary
Camera
有効画素数   約2,400万画素  
センサー 1/2.8″ OV24B
画素サイズ  0.9μm
画角 78.2°
絞り値 F2.0
フラッシュ LCD Flash

ボディ

外観/デザイン

ディスプレイのサイズは約6.53インチ (アスペクト比 19.5:9)、画面左上のフロントカメラ部分にはノッチ (切り欠き) ではなくパンチホールを採用し、90%の画面占有率を実現しています。

3Dホログラフィック仕上げのガラスボディは、角度によって光の反射が変化する、高級感のあるデザイン。本体カラーは「Obsidian Black (オブシディアンブラック)」「Opal White (オパールホワイト)」の2色を展開しています。

概要
本体カラー Black, White
防水
防塵
サイズ  縦幅  約162.2mm
横幅 約76.56mm
厚さ 約7.99mm
重量    約192g   

ディスプレイ

画面/表示

約6.53インチ (19.5:9)IPS液晶ディスプレイを採用し、解像度は2,340×1,080ドット (フルHD+)。TCL独自の映像技術「NXTVISION」によって、色差ΔEが1以下の精度でリアルな色を再現する事が可能になっています。

通常のSDRコンテンツをHDR相当へとコンバートして表示する「SDR-to-HDR機能」を搭載するほか、標準的なHDR規格である「HDR10」をサポートしているので、Netflix、Amazon Prime Video、YouTubeなどの動画配信サービスのHDR対応コンテンツも楽しむことができます。

周囲の環境に合わせて色と明るさを自動的に調整する「色調調整」や、目に優しく読書に最適な「読書モード」、ブルーライトを大幅にカットする「66%ブルーライト削減」にも対応。

概要
画面サイズ     約6.53インチ  
画面比率 19.5:9
パネル種類 IPS LCD
解像度 FHD+ 
画素密度 395ppi

パフォーマンス

チップセット

チップセット (SoC) には、Qualcomm社の「Snapdragon 675 (SM6150)」を採用しています。11nmプロセスルールで製造を行い、CPUコアはCortex-A76ベースの「Kryo 460 Gold (2.0GHz/2コア)」とCortex-A55ベース「Kryo 460 Silver (1.7GHz/6コア)」のオクタコア構成で、GPUコアに「Adreno 612」を採用するほか、DSP「Hexagon 685」、ISP「Spectra 250L」、LTEモデム「Snapdragon X12 LTE」などを統合したミドルレンジモデル向けの高性能なチップセット。3Dゲームもある程度は快適にプレイできる性能を備えています。

概要
SoC  メーカー  Qualcomm
モデル Snapdragon 675
プロセス 11nm FinFET LPP
CPU Kryo 460
コア数 オクタコア (8コア)
クロック 最大2.0GHz
ISP Spectra 250L
DSP Hexagon 685
GPU Adreno 612
モデム Snapdragon X12 LTE

メインメモリー

メインメモリ (RAM) にはLPDDR4x規格を採用し、容量は6GBとなっているので、複数のアプリを開いて同時に実行するマルチタスクなどの動作も快適です。

概要
RAM  容量  6GB
規格    LPDDR4X  

ストレージ

内蔵ストレージ (ROM) は128GB、外部ストレージは最大256GBのmicroSDXCカードに対応しています。

RAM/ROM/microSD
ROM  容量 128GB
規格 UFS 2.1
microSD  容量  最大256GB
規格  SD/SDHC/SDXC 

バッテリー

バッテリー仕様

バッテリー容量は3,820mAhで、急速充電は「Quick Charge 3.0 (QC 3.0)」をサポート。わずか32分で50%の充電が可能になっています。

バッテリー仕様
容量   3,820mAh  
急速充電 9V/2A (QC 3.0)
充電時間 105分
連続待受時間 約396時間
連続通話 LTE   約16.5時間
3G 約25時間
GSM 約12時間
ワイヤレス充電  非対応

ユーザーインターフェイス

OS/UI

出荷時のOSは「Android 9 Pie」で、TCL独自のカスタムUI「TCL PLEX UI」を採用しています。本体側面には「カスタムキー」を搭載し、各種アプリの起動などを設定可能。

音楽再生時には「スーパーBluetooth」によって、最大4つのスピーカーと接続して、臨場感のあるステレオサウンドを楽しむことができるほか、3.5mmイヤホンジャックも搭載しています。

生体認証は、背面に設置されたセンサーによる「指紋認証」と、フロントカメラによる「顔認証」に対応。

Felicaポートは搭載しておらず、おサイフケータイは非対応になっています。

ネットワーク (対応キャリア)

docomo回線

LTEバンドが [Band 1/3/19/28]、3Gバンド (W-CDMA) が [Band 1/6] に対応し、主要な周波数帯 (バンド) をほとんど全てカバーしているので、格安SIM (MVNO) を含むドコモ回線のSIMカードを問題なく利用できます。

対応バンド (docomo)
4G LTE Band 1      〇    
Band 3
Band 19
Band 21
Band 28 
Band 42 
3G
(WCDMA) 
Band 1 
Band 6
VoLTE

au回線

LTEバンドが [Band 1/28] に対応していますが、「au VoLTE」をサポートおらず、音声通話が利用できないので、au回線のSIMカードでの利用には不向きです。

対応バンド (au)
4G LTE  Band 1      〇    
Band 11
Band 18
Band 26
Band 28
Band 41
Band 42  
VoLTE

SoftBank/Y!mobile回線

LTEバンドが [Band 1/3/8/28]、3Gバンド/W-CDMAが [Band 1/8] に対応し、主要な周波数帯をほとんど全てカバーしているので、格安SIMを含めたソフトバンク (ワイモバイル) 回線のSIMカードを問題なく利用できます。

対応バンド (SoftBank/Y!mobile)
4G LTE Band 1      〇    
Band 3
Band 8
Band 9
Band 11
Band 28
Band 41
Band 42 
3G
(WCDMA) 
Band 1 
Band 8
VoLTE

DSDS/DSDV

DSDS (デュアルSIMデュアルスタンバイ) に対応しているので、2枚のSIMカードで4G+3G同時待受けが可能です。

※2枚目のSIMカードスロットとmicroSDカードスロットは排他利用となっているので、microSDカードを使用している場合はDSDSを利用できません。

カラーバリエーション

本体カラーは「Obsidian Black (オブシディアンブラック)」と「Opal White (オパールホワイト)」の2色展開となっています。

Obsidian Black

Opal White

スペック (性能) 一覧

スペック表
メーカー TCL Communication
モデル TCL PLEX
型番 T780H-2ALCJP12
発売日 2019年12月28日 (土)
販売価格 29,800円 (税込)
ディスプレイ 6.53型 IPS液晶 (FHD+)
OS Android 9.0 Pie
UI TCL PLEX UI
チップセット Snapdragon 675
RAM 6GB
ROM 128GB
microSD 最大256GB
カメラ 背面 48MP+16MP+2MP
前面 24MP
バッテリー 3,820mAh
急速充電 QC 3.0
コネクタ USB Type-C (USB 2.0)
イヤホンジャック 搭載
SIMカード nanoSIM×2
DSDS/DSDV DSDS対応
通信速度 最大150Mbps (DL)
最大50Mbps (UL)
Band FDD-LTE
B1/3/5/7/8/19/20/28
D-LTE
B38/40
W-CDMA
B1/2/5/6/8/9/19
GSM/EDGE
B2/3/5/8
VoLTE
テザリング 〇 (最大10台)
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
(2.4GHz帯/5GHz帯)
Bluetooth Bluetooth® 4.2
測位方式 GPS, A-GPS
NFC
Felica
センサー類 指紋センサー
Gセンサー (加速度計)
電子コンパス
近接センサー
RGB照度センサー
ジャイロセンサー
生体認証 顔認証/指紋認証
ハイレゾ再生 (確認中)
ワンセグ
おサイフケータイ 
防水/防塵
耐衝撃
カラー オパールホワイト
オブシディアンブラック
サイズ 162.2×76.56×7.99mm
重量 約192g

TCL PLEX/セット販売 (MVNO)

FOXは、TCLのAndroidスマホ「TCL PLEX」を2019年12月28日 (土) に発売しました。6.53インチサイズのパンチホールディスプレイ、48MP+16MP+2MPトリプルカメラ、24MPフロントカメラ、Snapdragon 675、6GBメモリ (RAM)、128GBストレージ (ROM)、急速充電 (QC 3.0) 対応の3,820mAhバッテリーを搭載したミドルレンジモデル。OCNモバイルONEの音声対応SIMカードとセットなら1万円台でも購入可能になっています

キャンペーン・セール情報

<キャンペーン・セール情報>

  • OCNモバイルONE (終了日未定):スマホセットの販売価格は20,100円で、対象オプションの加入で端末代金が3,000円OFF、他社からの乗り換え (MNP) なら端末代金が5,000円OFF (最大8,000円OFF) になります
    »OCNモバイルONEのキャンペーン情報

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、NTTコミュニケーションズが提供する格安SIM/格安スマホ。AWA、Amazon Music、LINE MUSIC、Spotifyなど、人気の定額制音楽配信サービスがカウントフリーになる「MUSICカウントフリーオプション」を追加料金なしで利用できるほか、メールアドレスや公衆無線LANサービス (Wi-Fiスポット) が無料、光インターネット「OCN光」とのセット利用で毎月200円割引になるなど非常に充実したサービス内容。最低利用期間や違約金のない新料金コースを2019年11月20日 (水) より提供開始しており、OCN光とセットなら音声対応SIMの1GBコースが月額980円で利用可能になっています。

2020年2月21日 (金) 11:00 より「TCL PLEX」を販売開始し、スマホセット (スマホ本体+音声対応SIM) の販売価格が20,100円 (税別) になっているほか、対象オプション (あんしんモバイルパック: 月額640円) の加入で端末代金を3,000円割引、他社からの乗り換え (MNP) なら端末代金を5,000円割引 (合計で最大8,000円割引) をしてくれます

概要
回線    docomo   
初期費用 3,394円
月額料金 データ 880円~
音声 1,180円~
端末代金
一括払い  販売終了 
分割払い

»OCNモバイルONEの詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする