moto g7 plus (モト ジーセブン プラス)/レビュー


Source: “Motorola

moto g7 plus/詳細

Motorola Mobility Japan (モトローラ・モビリティ・ジャパン) は、2019年6月7日 (金) にSIMロックフリーのAndroidスマートフォン「moto g7 plus」を発売しました。人気シリーズ「moto g」ファミリー (第7世代) の最上位モデルで、6.24インチ (19:9) の大画面ディスプレイ、光学式手振れ補正 (OIS) 対応のデュアルカメラなどを搭載した、コスパの高いミドルレンジモデルのスマートフォン。販売価格は38,800円 (税別) で、公式オンラインストアやECサイトのほか、OCNモバイルONE、LINEモバイル、DMMモバイル、IIJmio (アイアイジェイミオ) などのMVNO (格安SIM) でも販売開始しています。

特徴・メリット

<特徴/メリット>

  • 3万円台から購入可能となっていて、コストパフォーマンスが高い
  • スタイリッシュな3Dガラスデザインのボディ
  • 撥水コーティングが施されているので、少々の水ならはじいてくれる
  • 持ちやすい本体サイズながらも6.24インチ (縦横比19:9) の大画面を搭載している
  • 光学式手ブレ補正 (OIS) に対応したデュアルカメラを搭載している
  • 同梱のTurboPower (27W) 充電器を使用すれば、わずか15分の充電で最長12時間の利用が可能になる
  • 2枚のSIMカードで4G+4Gの同時待受が可能なDSDVに対応している
  • トリプルスロット仕様なので、microSDとDSDSが同時に利用できる
  • 3大キャリア (docomo/au/SoftBank) のSIMカード (格安SIMを含む) を問題なく利用できる

デメリット・注意点

<注意点/デメリット>

  • おサイフケータイ (Felica) には対応していない
  • ワンセグ/フルセグには対応していない
  • 撥水コーティングが施されてるが、防水/防塵ではない
    (浸漬、高圧の水、その他の液体に対する保護機能はない)

ボディ

外観/デザイン

画面の上部中央にティアドロップ型 (水滴型) のノッチを備える「Max Visionディスプレイ」は、ベゼルレス (狭額縁) なデザインで画面占有率は81.4%に達し、約6.24インチ (縦横比19:9) の大画面ながらも約157 (高さ) ×75.3 (幅) ×8.27 (厚さ) mm の持ちやすい本体サイズになっています。

moto g7」と同様に前面と背面がCorning社の強化ガラス「Gorilla Glass 3 (ゴリラガラス3)」で覆われた高級感のある3Dガラスデザイン。P2iのナノコーティング技術による撥水加工が施されており、誤ってこぼした水やはねた水、少量の雨などから端末を保護します。

ボディ
素材 前面 Gorilla Glass 3
背面  Gorilla Glass 3
防水/防塵 P2iナノコーティング
(撥水対応)
本体カラー ビバレッド
ディープインディゴ
サイズ  縦幅 157mm
横幅 75.3mm
厚さ 8.27mm (最薄部)
重量 約172g

ディスプレイ

画面/表示

フルHD+ (1,080×2,270ドット) 解像度のIPS液晶ディスプレイを採用し、ディスプレイサイズは約6.24インチ (19:9)。従来モデル「Moto G6 Plus」の5.9インチ (18:9) ディスプレイよりも縦長で、一画面に表示できる情報量も多くなっています。

ディスプレイ
サイズ  約6.24インチ
アスペクト比  19:9
パネル種類 LTPS IPS LCD
解像度 フルHD+
 (1,080×2,270ドット) 
画素密度 403ppi

カメラ

リアカメラ

背面のカメラは1,600万画素 (f/1.7) +500万画素 (深度測定用) のデュアルレンズ仕様、デュアル相関色温度 (CCT) LEDフラッシュを搭載。光学式手振れ補正 (OIS) によって、ブレの無いシャープな写真や動画が撮影できます。

画像の劣化を抑えて鮮明にズーム撮影ができる「4倍ハイレゾズーム」、一眼レフのように背景をぼかして被写体を際立たせた写真を撮影できる「ポートレートモード」、選択した色以外が全てモノクロになる「スポットカラー」、被写体を切り抜いて背景を合成する「カットアウト」、画像の一部が動くGIFアニメーションを作成できる「シネマグラフ」のほか、AIがオススメの構図写真を自動生成してくれる機能やRAWフォーマットにも対応しています。

リアカメラ
画素数 1,600万画素+500万画素
画素ピッチ  1.2μm
F値 1.7
動画撮影 フルHD (30fps)

フロントカメラ

前面のカメラは1,200万画素 (f/2.0) で、像面位相差オートフォーカス (PDAF) と TOF (Time of Flight) カメラを搭載しています。AIがフレーム内の全員の笑顔を検出して自動的に撮影する「自動スマイルキャプチャ」のほか、「ビューティーモード」や「ポートレートモード」といった機能が利用可能です。

フロントカメラ
画素数 1,200万画素+TOF
画素ピッチ  1.25μm
F値 2.0
動画撮影  フルHD (30fps) 

パフォーマンス

チップセット (SoC)

クアルコムの「Snapdragon 636 (SDM636)」を採用しています。14nmプロセス (LPP) で製造され、CPUコアはARM Cortex-A73ベースの「Kryo 260 Gold (4コア/1.8GHz)」とARM Cortex-A53ベースの「Kryo 260 Silver (4コア/1.8GHz)」のオクタコア構成で、GPUコア「Adreno 509」、DSP「Hexagon 680」、ISP「Spectra 160」、LTEモデム「Snapdragon X12 LTE」などを統合したミドルレンジモデル向けのチップセット (SoC)。軽い3Dゲームや普段使いであれば、快適に動作する処理能力を備えています。

SoC
メーカー   Qualcomm
モデル Snapdragon 636
プロセス 14nm FinFET LPP
CPU Kryo 260
コア数 オクタコア (8コア)
クロック 最大1.8GHz
ISP Spectra 160
DSP Hexagon 680
GPU Adreno 509
モデム Snapdragon X12 LTE

メインメモリ (RAM)/ストレージ (ROM)

メインメモリは4GB、内蔵ストレージは64GB、外部ストレージは最大512GBのmicroSDXCカードに対応しています。

RAM/ROM/microSD
RAM 容量 4GB
規格    LPDDR3  
ROM  容量 64GB
規格 eMMC?
microSD 容量 最大512GB
規格  SD/SDHC/SDXC

バッテリー

moto_g7plus_battery

容量/急速充電

終日駆動が可能な3,000mAhバッテリーを搭載し、急速充電は「27W TurboPower (ターボパワー)」「Quick Charge 4 (QC4)」「USB Power Delivery 3.0 (USB PD)」の規格に対応。同梱されているUSB充電器 (27W) を使用すれば、わずか15分の充電で最長12時間の利用が可能になります。

バッテリー仕様
容量   3,000mAh  
急速充電 27W TurboPower
Quick Charge 4
USB Power Delivery
連続通話  LTE  
3G
連続待受 LTE
3G

サウンド

オーディオ

「Dolby Audio (ドルビーオーディオ)」対応のステレオスピーカーを搭載し、クリアで臨場感のあるサラウンドサウンドを楽しむことができます。

ユーザーインターフェイス

OS/UI

ほとんどカスタマイズされていない「Pure Android」を採用し、「Android 9 Pie」をプリインストール。画面の表示や通知に関する「Motoディスプレイ」や、簡単なジェスチャーで端末を操作できる「Motoアクション」にも対応しています。

»Motoディスプレイ
画面OFFの時に通知がフェードイン/フェードアウトする機能や、画面を見ている間は画面OFFにならない「親切ディスプレイ」といった機能を利用できます。

»Motoアクション
指紋センサーのフリック操作でナビゲーション機能を使用できる「ワンボタンナビ」や、3本の指で長押しするとスクリーンショットを撮影する「クイックスクリーンショット」のほか、端末を持ち上げると着信音がバイブに切り替わる「持ち上げて着信音停止」、画面を下に向けて置くと着信音と通知が無音になる「下向きで無音化」、端末を持ち上げて画面をみるとロック解除される「持ち上げてロック解除」、端末を2回振り下ろすとLEDライトが点灯する「フラッシュライト操作」、手首を素早く2回ひねってカメラを起動する「手首をひねってQuick Capture」といった機能が利用できます。

生体認証

背面のロゴ部分に指紋認証センサーを搭載し、フロントカメラによる顔認証にも対応しています。

ネットワーク・対応キャリア

docomo回線

LTEバンドが [Band 1/3/19/28]、3Gバンド/W-CDMAが [Band 1/6] に対応し、ドコモの主要な周波数帯 (バンド) をほとんど全てカバーしているので、格安SIM (MVNO) を含むドコモ回線のSIMカードを問題なく利用できます。

au回線

LTEバンドは [Band 1/18/26/28/41] に対応し、「au VoLTE」もサポートしているので格安SIM (MVNO) を含むau回線のSIMカードを問題なく利用できます。

SoftBank (Y!mobile) 回線

LTEバンドが [Band 1/3/8/28]、3Gバンド/W-CDMAが [Band 1/8] に対応し、ソフトバンク/ワイモバイルの主要な周波数帯 (バンド) をほとんど全てカバーしているので、格安SIM (MVNO) を含め、ソフトバンク (ワイモバイル) 回線のSIMカードを問題なく利用できます。

DSDS/DSDV

DSDV (デュアルSIMデュアルVoLTE) に対応し、2枚のSIMカードで4G+4Gの同時待受けが可能。microSDカードスロットが独立したトリプルスロット仕様になっているので、DSDSとmicroSDカードが同時に利用できます。

カラーバリエーション

本体カラーは、「Viva Red (ビバレッド」と「Deep Indigo (ディープインディゴ)」の2色を展開しています。

ビバレッド

ディープインディゴ

スペック (性能) 一覧

スペック表
メーカー Motorola Mobility
モデル moto g7 plus
発売日 2019年6月7日 (金)
販売価格 38,800円 (税別)
ディスプレイ IPS液晶
約6.24インチ (19:9)
2270×1080ドット (FHD+)
Corning Gorilla Glass 3
OS Android 9.0 Pie
チップセット Snapdragon 636
RAM 4GB
ROM 64GB
microSD 最大512GB
カメラ 背面 1600万画素+500万画素
前面 1200万画素+TOFカメラ
バッテリー 3000mAh
急速充電 TurboPower (27W)
Quick Charge 4
USB PD 3.0
コネクタ USB Type-C
イヤホンジャック 搭載
SIMカード nanoSIM×2
DSDS/DSDV DSDV対応
CA (国内モデルは確認中)
Band FDD-LTE
B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20
/26/28
TD-LTE
B38/40/41
W-CDMA
B1/2/5/6/8/19
GSM
850/900/1800/1900MHz
VoLTE
テザリング
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz帯/5GHz帯)
Bluetooth Bluetooth® 5.0
(aptX対応)
測位方式 GPS
A-GPS
GLONASS
GALILEO
センサー類 NFC
指紋センサー
加速度計
電子コンパス
環境照度センサー
近接センサー
ジャイロセンサー
生体認証 顔認証/指紋認証
ハイレゾ再生
ワンセグ
FMラジオ
おサイフケータイ
ジャイロスコープ
防水/防塵 △ (防滴)
カラー ビバレッド
ディープインディゴ
サイズ 157×75.3×8.27mm
(高さ×横幅×厚さ)
重量 約172g

moto g7 plus/販売 (MVNO)

Motorola (モトローラ) は、2019年6月7日 (金) にSIMフリースマホ「moto g7 plus (モトジーセブンプラス)」を発売しました。人気シリーズ「moto g」ファミリー (第7世代) の最上位モデルで、6.24インチ (19:9) の大画面ディスプレイ、光学式手振れ補正 (OIS) 対応のデュアルカメラなどを搭載したコスパの高いミドルレンジモデル。公式オンラインストアやECサイトのほか、OCNモバイルONE、LINEモバイル、DMMモバイル、IIJmio (アイアイジェイミオ) などのMVNO (格安SIM) でも取り扱いをしていて、OCNモバイルONEなら1万円以下で購入可能になっています

キャンペーン/セール情報

<キャンペーン・セール情報>

  • OCNモバイルONE/goo Simseller (~2020/8/17 11:00):スマホセットがセール特価で1,200円 (15,000円OFF) になっています。
    »OCNモバイルONEのキャンペーン情報
  • IIJmio (~2020/8/31 23:59):初期費用 (3,000円) が1円になる、のりかえ (MNP) なら1回線につき3,000円キャッシュバック、au回線の音声通話SIMなら6ヶ月間700円割引、10分かけ放題 (月額830円) が最大4ヶ月0円で利用可能になっています。
    »IIJmioのキャンペーン情報
  • LIBMO (終了日未定):音声通話SIMの新規契約 (MNP含む) で月額基本料が6ヶ月間1,000円割引 (データSIMは6ヶ月間400円割引) になります。
    »LIBMO (リブモ) のキャンペーン情報
  • QTモバイル (終了日未定):データSIM/音声通話SIMの新規申込で月額基本料が利用開始月から最大560円割引 (6ヵ月間) になります。
    »QTモバイルのキャンペーン情報
  • LINEモバイル (終了日未定):公ベーシックプラン (3GB以上) を音声通話SIMで新規契約すると初月の月額基本料が無料&翌月の月額基本料が1,480円割引、キャンペーンコード入力でLINE Pay残高 最大7,000円相当またはLINEポイント 最大7,000円分プレゼントしてくれます。
    »LINE MOBILEのキャンペーン情報

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、AWAやSpotify、Amazon Musicなどの音楽定額配信サービスがカウントフリー (高速データ通信量を消費しない) になる「MUSICカウントフリーオプション」が追加料金なしで利用できるのが大きな魅力。最低利用期間や解約違約金のない新料金コースを2019年11月20日 (水) より提供開始し、音声対応SIMの1GBコースが月額1,180円 (OCN光とセットなら月額980円) で利用可能。2020年8月17日 (月) 11:00まで実施中の期間限定セール「真夏のスマホ大特価セール」では、音声対応SIMとセット (スマホセット) で申し込むと「moto g7 plus」を1,200円 (税別) で購入することができます

概要
回線 docomo
初期費用 3,394円
月額料金 データ 900円~
音声 1,600円~
端末代金 一括払い  1,200円 (税別) 
分割目安  50円 (税別) ×24回 

カウントフリー対象

音楽配信サービス:Amazon Music (Amazon Music Unlimited, Amazon Prime Music), ANiUTa, AWA, dヒッツ, Google Play Music, LINE MUSIC, RecMusic (レコチョクBest), Spotify, ひかりTV ミュージック,

»OCNモバイルONEの詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓

IIJmio (アイアイジェイミオ)  ※販売終了

IIJmio (アイアイジェイミオ) は、docomoとauのマルチキャリアに対応する格安SIMサービス。独自のSIMを発行できる「フルMVNO」であり、個人向けのeSIM対応データ通信サービス「eSIMプラン (ベータ版)」や、IoT向けのSIMサービス「IIJmio IoTサービス」など、多様な通信サービスを提供しています。

概要
回線 docomo/au
初期費用 395円/407円
月額料金 データ 900円~
音声 1,600円~
端末代金 支払総額  35,800円 (税別) 
分割払い 1,500円 (税別) ×24回

»IIJmio (アイアイジェイミオ) の詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓
IIJmio(みおふぉん)

※IIJmio公式サイトを必ず確認してから申込をお願いいたします。
※特典やキャンペーン内容はすべてIIJmio公式サイトの内容が正となります。

LIBMO

LIBMO (リブモ)

LIBMO (リブモ) は、TOKAIコミュニケーションズが提供する格安SIM/格安スマホ。音声通話SIMの新規申込で6ヶ月間1,000円割引になる “音声サポートプログラム&限定キャンペーン” を実施中!! 音声通話プランが業界最安値の月額180円 (データプランは月額80円) から利用可能。10分かけ放題を追加しても月額1,030円から利用する事ができます。

概要
回線 docomo
初期費用 3,000円
月額料金 データ 80円 (6ヶ月) ~
音声 180円 (6ヶ月) ~
端末代金 支払総額  27,600円 (税別) 
分割払い 1,150円 (税別) ×24回

»LIBMO (リブモ) の詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓
LIBMO

QTmobile (QTモバイル)

九州電力グループのQTnetが提供する格安SIM/格安スマホ「QTmobile (QTモバイル)」。docomo・au・SoftBankの3大キャリアに全て対応のMVNOになります。新規契約で月額料金を6ヵ月間100~560円割引きしてくれるので、音声通話SIM 3GBプラン (docomo回線/au回線) が 月額990円 (6ヶ月間) で利用可能になっています。

概要
回線 docomo/au/SoftBank
初期費用 3,230円~
月額料金 データ 700円 (12ヶ月) ~
音声 890円 (12ヶ月) ~
端末代金 支払総額  36,000円 (税別) 
分割払い 1,500円 (税別) ×24回

»QTモバイルの詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓
【QTモバイル】(株式会社QTnet)

LINE MOBILE (ラインモバイル)


「LINE MOBILE (ラインモバイル)」は、ソフトバンクグループのトリプルキャリアに対応した格安SIM/格安スマホ。2020年2月19日 (水) より新料金プラン「ベーシックプラン」を提供開始し、SNSアプリ「LINE」がデータフリー (通信量にカウントしない) になる「LINEデータフリー」を追加料金0円で利用できるほか、主要SNS (LINE, Twitter, Facebook) がデータフリーになる「SNSデータフリー」や、SNS (LINE, Twitter, Facebook, Inastgram) と音楽 (LINE MUSIC) がデータフリーになる「SNS音楽データフリー (+月額480円)」といったデータフリーオプションも選択可能。

音声通話SIMで「ベーシックプラン (3GB以上)」を新規契約すると利用開始月の月額基本料が無料&利用開始翌月の月額基本料が1,480円割引になる、キャンペーンコードの入力でLINE Pay残高/LINEポイント 最大7,000円相当が貰えるといった期間限定キャンペーンを実施中。

概要
回線 docomo/au/SoftBank
初期費用 3,400円
月額料金 データ 600円~
音声 1,100円~
端末代金 支払総額  販売終了 
分割払い

カウントフリー対象

LINEデータフリー (+月額0円):LINE
SNSデータフリー (+月額280円):LINE, Twitter, Facebook
SNS音楽データフリー (+月額480円):LINE, Twitter, Facebook, Instagram, LINE MUSIC

»LINEモバイルの詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする