AQUOS zero SH-M10 (アクオスゼロ)/レビュー


Source: “SHARP

AQUOS zero SH-M10 詳細

SHARP (シャープ) は、2019年4月9日 (火) にSIMロックフリーのAndroidスマートフォン「AQUOS zero SH-M10 (アクオスゼロ)」を発売しました。スマートフォン「AQUOS (アクオス)」シリーズでは初となる、自社開発の有機ELディスプレイを搭載した薄型軽量のハイエンドモデル。販売価格は8~9万円前後で、家電量販店やECサイトのほか、楽天モバイル、IIJmio、BIGLOBEモバイルといったMVNO (格安SIM) からも順次発売されています。

特徴/メリット

<特徴・メリット>

  • 約6.2インチの大画面ながらも、厚さは約8.8mmと薄型で、重量は文庫本と同程度の約146gと軽量なボディ
  • 防水 (IPX5/IPX8) 防塵 (IP6X) に対応しているので、急な雨でも安心して使用できる
  • WQHD+解像度の高精細な有機ELディスプレイを搭載している
  • ディスプレイ中央に向かって緩やかに盛り上がる独自のラウンドフォルムを採用したことで、指の動きに合った自然なタッチ操作を行うことができる
  • AIオートによってAIが最適な撮影モードを自動で選択してくれるので、誰でも簡単に美しい写真が撮影できる
  • 光学式と電子式のW手ブレ補正を搭載しているので、ブレの無いシャープな写真や動画が撮影できる
  • セルフィー (自撮り) 撮影時には、「AQUOS beauty」で美肌や小顔などの補正をファインダーで確認しながら調整できる
  • ハイエンドチップセット「Snapdragon 845 (SDM845)」を搭載しているので、負荷の大きな3Dゲームでも快適にプレイすることができる
  • メインメモリ (RAM) が6GBと十分な容量になっているので、マルチタスク処理も快適に行うことがっできる
  • ストレージ (ROM) が128GBと大容量なので、microSDカードを使用しなくても十分な保存領域がある
  • バッテリーが急速充電 (USB PD) に対応し、バッテリーの劣化抑えるインテリジェントチャージ機能も搭載している
  • 充電時の発熱を抑えるパラレル充電を採用しているので、充電しながらでも存分にゲームや動画などを楽しむことができる
  • Dolby VisionDolby Atmosの両方に対応しているので、鮮やかな色合いと臨場感のあるサウンドで映像を楽しむことができる
  • ハイレゾ音源 (WAV/FLAC/DSD) の再生に対応しているので、スマホで高音質な音楽を楽しむことが出来る
  • 高音質コーデック「aptX HD」をサポートしているので、ワイヤレスでも高品質な音楽を楽しむことができる
  • シーンに応じてタイミング良く役立つ情報を教えてる、独自の音声アシスタント「エモパー 」を搭載している
  • スマホ初心者でも使いやすい「かんたんモード」を搭載している
  • 指紋認証に加えて顔認証にも対応している
  • おサイフケータイ (Felica) に対応している
  • docomo・au・Softbank (Y!mobile) 回線のSIMカード (格安SIMを含む) を問題なく利用できる

注意点/デメリット

<注意点・デメリット>

  • 他のハイエンドモデルと比べてカメラ性能は高くない
  • microSDカードスロットは搭載していない
  • 3.5mmイヤホンジャックは搭載していない
    (3.5mmイヤホン変換アダプタが同梱されている)
  • ワンセグ/フルセグには対応していない
  • DSDS/DSDVには対応していない

ボディ

外観/デザイン

上部にノッチ (切り欠き) を備えた、アスペクト比18.7:9のワイドディスプレイ。前面いっぱいに画面が広がるベゼルレス (狭額縁) なデザインで、6.2インチサイズの大画面を実現しています。フレキシブルOLED (有機EL) を採用し、側面から中央に向かって緩やかなカーブを描く独自のラウンドフォルム形状。カバーガラスは、曲面ディスプレイに対応する3D立体形状の「Gorilla Glass 5 (ゴリラガラス5)」を使用。液晶パネルからバックライトなどの不要なOLED (有機EL) パネルに変更することで、ディスプレイは「AQUOS R2」よりも約38%軽量化されています。

側面のフレームには、加工が難しいマグネシウム合金を採用。ダイカストから24の切削・加工工程を経て製造されたマグネシウムフレームは、一般的なアルミニウム製のフレームよりも強度や剛性が高く、フレームは「AQUOS R2」と比較して約41%軽量化されています。フレーム中央は凹んだ形状になっていて、指が掛かりやすく、安定したホールド感を得ることができます。

背面のパネルには軽量で強度の高いアラミド繊維「テクノーラ」を採用し、「AQUOS R2」のガラスパネルと比較して約29%軽量化を実現しています。熱伝導率が低いアラミド繊維の背面パネルは縦持ちで、側面の凹形状は横持ちで手に感じる熱を抑え、熱によるストレスを感じにくいデザインになっています。

また、本体はIP65/IP68準拠の防水・防塵に対応しているので、急な雨でも安心して使用することができます。

テクノーラブラック

「テクノーラ」とは、帝人が開発した共重合タイプのパラ系アラミド繊維。鉄の8倍の強度を持ち、耐衝撃性、耐切創性、耐熱性などにも優れています。AQUOS zero (アクオスゼロ) のバックパネルに採用された「テクノーラブラック」は、炭素素材によって着色されたもので、屋外での高い耐候性を備えています。

防水/防塵

あらゆる方向から勢いのある水流を当てても有害な影響がない「IPX5 (噴流水に対する保護)」、継続的 (30分間) に水没しても端末内部に水が浸入しない「IPX8 (水没に対する保護)」準拠の防水性能。そして、「IP6X (耐塵形)」準拠の防塵性能に対応した、粉塵が端末内部に侵入しない完全な防塵構造となっています。

ディスプレイ

ディスプレイ/表示

薄型軽量ボディに約6.2インチ (縦横比18.7:9) の大画面ディスプレイを搭載。ガラス基板の代わりにプラスチック基板を使用することで、フキシブルに曲げることができる有機EL (OLED) パネル。中央に向かって緩やかに盛り上がる独自のラウンドフォルムを形成し、指の動きに合った自然なタッチ操作が可能になっています。

3色 (RGB) 蒸着方式を採用した自社開発の有機ELディスプレイ。サブピクセル配置はペンタイル方式で、解像度は1,440×2,992ドット (WQHD+)、画素密度は536ppiになっています。1,000,000:1の高コントラスト、デジタルシネマ規格「DCI-P3」カバー率100%の広色域を実現し、有機ELの特性に合わせて最適化した「リッチカラーテクノロジーモバイル」は、滑らかな階調表現と豊かな色調で、リアルで色鮮やかな映像を映し出します。

そのほか、「VP9」「HDR 10」「Dolby Vision」「HLG」「YouTube HDR」といったフォーマットにも対応しているので、スマートフォンで高品質な映像を楽しむことができます。

リッチカラーテクノロジーモバイル

パネル性能・画質・調整技術の三位一体で実現するリッチカラーテクノロジーモバイル。中間色の色域は拡大せず忠実な色を再現し、原色に近い部分は自然でなめらかな見た目となるように色域を拡大。原色に近い部分と中間色を個別にコントロールすることで、自然でなめらかな色を再現しています。

VP9

Googleが開発するオープンソースかつロイヤリティフリー (RF) の動画圧縮コーデック。既存のコーデック (H.264等) の半分以下の帯域幅で伝送することが可能で、YouTubeで配信されている4K動画に採用されていてます。

HDR 10

PQ (Perceptual Quantizer) 方式の標準的なHDR規格。従来のSDRでは8bit (256階調) で表していたのに対して、HDR10では4倍の10bit (1024階調) で明暗差を表しています。最大輝度は1,000nits~10,000nits。

Dolby Vision

HDR10よりも高画質なPQ方式のHDR規格。最大輝度は10,000nitsで、色深度は12bit (4096階調) にまで拡張。フレームごとにメタデータを定めているので、シーンごとに輝度動的設定することができます。

HLG

NHKと英BBCによって開発された、テレビ放送向けのHDR規格。従来のSDRとも高い互換性を維持していているのが特徴です。

カメラ

アウトカメラ

背面のカメラは、2,260万画素のCMOSイメージセンサーと画角90°/焦点距離22mm相当 (35mmフィルム換算) の広角レンズ (f/1.9)。画像処理エンジン「ProPix (プロピクス)」を搭載し、暗所でもノイズを抑えたクリアな写真が撮影できます。像面位相差AFとコントラストAFによる「ハイスピードAF」は、動きのある被写体も素早いピント合わせが可能。手ブレ補正は、光学式手ブレ補正 (OIS) と電子式手ブレ補正 (EIS) をサポート。片手操作でもブレの無いシャープな写真や動画が撮影できます。

そのほか、AIがシーンや被写体に最適な撮影モードを自動で選択する「AIオート」や、被写体に近寄って撮影できる「接写 (マクロ撮影)」などの撮影機能を搭載し、4K動画撮影にも対応しています。

ProPix
ダイナミックレンジが広く、色再現性に優れた画像処理エンジン。高感度、低ノイズ性を実現し、薄暗いシーンでもノイズの少ないきれいな写真を撮影することができます。

ハイスピードAF
像面位相差AF (PDAF) とコントラストAFを組み合わせることによって、高速なオートフォーカスを実現しています。

AIオート
人、犬、猫、料理、花、夕景、花火など、9種類のシーンや被写体をAIが識別して、最適な撮影モードに自動で切り替えてくれます。

くっきり
コントラストと明瞭度を調整して、くっきりとして色鮮やかな写真が撮影できます。

ふんわり
コントラストと明瞭度を調整して、ふんわりした写真が撮影できます。

接写 (マクロ撮影)
被写体に近づいて迫力ある写真を撮影できます。

背景ぼかし
背景をぼかして被写体を際立たせた写真を撮影できます。

あとからキャプチャー
撮影した動画の中から静止画や動画を切り出して保存する事ができます。

インカメラ

前面のカメラは、800万画素のCMOSイメージセンサーと画角90°/焦点距離23mm相当 (35mmフィルム換算) の広角レンズ (f/2.2)。美肌や小顔などを調整できる「AQUOS beauty (アクオスビューティ)」は、ディスプレイで補正効果を確認しながらナチュラルで美しいセルフィー (自撮り) が可能。インカメラの背景ぼかしにも対応し、「セルフィーフラッシュ」や「アイキャッチセルフィー」といった自撮りに便利な機能も搭載しています。

AQUOS beauty
美肌・小顔・色合い・明るさ・目の大きさの5つの補正をファインダーで確認しながら調整できます。

セルフィーフラッシュ
撮影時に画面が発光するので、夜間でも人物を明るく撮影できます。

アイキャッチセルフィー
セルフタイマー使用時には、視線を集める表示で目線のズレを解消します。”OK Google, アイキャッチセルフィーで撮って” と声をかけて起動することも可能。

パフォーマンス

チップセット (SoC)

チップセット (SoC) には、Qualcomm社の「Snapdragon 845 (SDM845)」を採用しています。10nmプロセス (LPP) で製造され、CPUコアは ARM Cortex-A75ベースの「Kryo 385 Gold (4コア/2.8GHz)」と ARM Cortex-A55ベースの「Kryo 385 Silver (4コア/1.7GHz)」のオクタコア構成で、GPUコア「Adreno 630」、DSP「Hexagon 685」、ISP「Spectra 280」、LTEモデム「Snapdragon X20」などを統合。「AQUOS R」と比較して、CPU性能は30%向上、GPU性能は30%向上しています。

高性能なハイエンドチップと効率よく熱を逃がす独自の放熱設計によって、3Dゲームなどの高負荷なゲームアプリを長時間使用しても高いパフォーマンスを長時間維持します。熱伝導率が低い繊維で覆われた背面パネルや、凹形状のマグネシウムフレームなど、熱によるストレスを手に感じにくいデザイン。約146gの世界最軽量を実現したボディと、自然なタッチ操作が可能な湾曲ディスプレイで、長時間のゲームプレイや動画視聴も快適に楽しむことができます。

メインメモリ (RAM)

メインメモリ (RAM) は6GBと十分な容量になっているので、複数のアプリを開いて同時に実行するマルチタスク処理なども快適に行うことができます

ストレージ (ROM)

microSDカードスロットは搭載していませんが、内蔵ストレージ (ROM) は128GBと大容量になっています。

バッテリー

バッテリー仕様

3,130mAhバッテリーを搭載し、連続待受時間は最大で約635時間 (4G)、連続通話時間は最大で約2,230分 (VoLTE) になっています。長時間充電をできない場合は、「長エネスイッチ」をONにすることで、さらにバッテリーを長持ちさせることが可能になります。充電中の発熱を抑える「パラレル充電」によって、充電しながらでもゲームや動画視聴を快適に楽しむことができるほか、USB Power Delivery (USB PD) の急速充電に対応し、負担を軽減する充電制御でバッテリーの劣化を抑える「インテリジェントチャージ」も搭載しています。

バッテリー概要
容量 3130mAh
急速充電 USB PD対応
充電時間 約205分
(SH-AC04使用時)
連続通話 VoLTE 約2230分
3G 約1810分
GSM 約870分
連続待受 LTE 約555時間
3G 約635時間
GSM 約575時間

長エネスイッチ

外出中などの長時間充電できな場合でも、「長エネスイッチ」を [ON] にすることで、端末の動作や機能を一部制限してバッテリーを長持ちさせることができます。電池残量が少なくなった時に自動的に [ON] にすることも可能です。

パラレル充電

2基の充電ICを並列に搭載することで発熱を分散し、充電時の発熱を抑えます。

インテリジェントチャージ

急速充電を毎日使用しても、負担を軽減する充電制御でバッテリー劣化を抑えます。

サウンド

オーディオ

ステレオスピーカーを内蔵し、立体音響「Dolby Atmos (ドルビーアトモス)」や「ハイレゾ」の再生にも対応。高音質コーデック「aptX HD (アプトエックス エイチディー)」をサポートしているので、ワイヤレスでも高品質な音楽を楽しむことができます。イヤホンジャックは搭載していませんが、3.5mmイヤホン変換アダプタが付属しています。

Dolby Atmos

Dolby Laboratoryが開発したバーチャルサラウンド技術。ヘッドホンやイヤホンで映画館のように臨場感あふれる3Dサウンドを体験することができます。

Hi-Res

64kHz/16bit以上または44.1kHz/24bit以上で、WAV、FLAC、DSD (DSF/DSDIFF) のファイル形式が再生可能。DSD形式はリニアPCMに変換して再生します。

aptX HD

A2DP (Advanced Audio Distribution Profile) で利用可能な音声コーデック。高音質で低遅延な「aptX (アプトエックス)」を拡張して、Bluetooth規格内でハイレゾ相当の高音質な音源を伝送可能にしています。ビット深度/サンプリングレートの上限は24bit/48kHz。

ユーザーインターフェース

OS/UI

「Android 9 Pie」を搭載し、発売日から2年間 (最大2回) のOSバージョンアップに対応。ホーム画面は、アイコンサイズが統一されていて見やすくて使いやすい「AQUOS Home (アクオスホーム)」と、アイコンが大きく見やすい「AQUOS かんたんホーム」の2種類。SHARP独自の音声アシスタント「エモパー 9.0」を搭載し、振り向く充電台「ロボクル」にも対応。スマホが初めてでも使いやすい「かんたんモード」も利用可能です。

emopa 9.0 (エモパー9.0)

SHARPの家電製品が搭載する人工知能「ココロエンジン」をベースに、スマートフォン向けに開発されたエージェント機能。ニュース、天気、スケジュール、電車の遅延情報、バッテリー残量や通信量など、シーンに応じてタイミング良く役立つ情報を教えてくれます。バージョン9.0では、外出先でも特定のシーンで振動にてお知らせし、耳に当てると声でお話してくれる機能が追加されています。

ROBOQUL (ロボクル)

人の顔を検知してくるっと振り向く充電台「ロボクル (別売)」に対応。挿して充電しておけば、わざわざ本体を手に取らなくても、色々な情報をお知らせしてくれます。

シャープ 【シャープ純正】 ROBOQUL ロボクル 回る充電台 XN-T01

価格:5,159円
(2019/5/15 21:30時点)
感想(2件)

かんたんモード

大きなアイコンで見やすいホーム画面「かんたんホーム」、年齢による見え方の変化に合わせて画面の [輝度] [彩度] [コントラスト] を調整して見やすくする「はっきりビュー」、文字を大きく見やすくする「フォントサイズ (特大)」、見やすい文字入力キーボードになる「S-Shoin一括シンプル切り替え」といった機能が利用できる、シニアやスマホ初心者向けのUI (ユーザーインターフェース)。一括で機能を [ON] にすることも可能です。

生体認証

背面に指紋認証センサーを搭載し、顔認証にも対応。インカメラに顔を向けるだけでロック解除することができます。

位置情報

位置情報は、GPS (ジーピーエス)、GALILEO (ガリレオ)、GLONASS (グロナス)、BeiDou (バイドゥ) に加えて、日本版GPSとも呼ばれる準天頂衛星みちびき (QZSS) に対応。測位のスピードと精度が向上し、高層ビルの間などでも素早く正確な位置を測定する事ができます。

おサイフケータイ

電子マネーの決済やクレジットカード、ポイントカード、クーポンとして使えるなど、便利な「おサイフケータイ (Felica)」に対応しています。

その他の機能

Webページを自動でスクロールしてくれる「スクロールオート」や、画面の上の縁をなぞるだけでスクリーンショットを撮影できる「Clip Now (クリップナウ)」のほか、手袋をしたままタッチ操作が可能な「グローブモード」、ロック画面を表示する度に壁紙をランダムに切り替える「ロックフォトシャッフル」、端末を持ち上げたことを感知して自動で画面をONにする「持つと画面点灯」、端末を持っている間は画面が消えない「Bright Keep (ブライトキープ)」などの便利機能を搭載しています。

ネットワーク/対応キャリア

docomo回線

LTEバンドが [Band 1/3/19/28/42]、3Gバンド/W-CDMAが [Band 1] に対応し、VoLTEもサポートしています。ドコモ回線の主要な周波数帯 (バンド) をほとんど全てカバーしているので、”OCNモバイルONE” や “IIJmio (タイプD)” といった格安SIM (MVNO) を含むドコモ回線のSIMカードを問題なく利用できます。

au回線

LTEバンドが [Band 1/11/26/28/41/42] に対応。au回線の主要な周波数帯 (バンド) をほとんど全てカバーし、au VoLTEもサポートしています。”UQモバイル” や “BIGLOBEモバイル (タイプA)” などの格安SIM (MVNO) を含め、au回線のSIMカードを問題なく利用できるようになります。

SoftBank (Y!mobile) 回線

LTEバンドが [Band 1/3/8/11/28/42]、3Gバンド/W-CDMAが [Band 1/8] に対応し、VoLTEもサポートしています。ソフトバンク/ワイモバイルの主要な周波数帯 (バンド) をほとんど全てカバーしているので、”LINEモバイル” や “mineo (Sプラン)” “QTモバイル (Sタイプ)” といった格安SIM (MVNO) を含め、ソフトバンク (ワイモバイル) 回線のSIMカードを問題なく利用できます。

カラーバリエーション

本体カラーは「Advaned Black (アドバンスドブラック)」の一色のみになっています。

アドバンスドブラック

スペック (性能) 一覧

スペック表
モデル AQUOS zero SH-M10
メーカー SHARP
発売日 2019年4月9日 (火)
販売価格 8~9万円前後
画面 種類 有機EL
(3D Free Form Display)
解像度 1440×2992ドット
(WQHD+)
サイズ 約6.2インチ
(アスペクト比 18.7:9)
ガラス 3D強化ガラス
(Gorilla Glass 5)
OS Android 9 Pie
音声アシスタント エモパー ver 9.0
(ロボクル対応)
SoC 名称 Snapdragon 845
プロセス 10nm LPP FinFET
CPU Kryo 385
コア数 オクタコア
クロック 2.8GHz×4 + 1.7GHZ×4
DSP Hexagon 685 DSP
GPU Adreno 630 GPU
モデム Snapdragon X20 LTE
RAM 6GB
ROM 128GB
microSD
カメラ アウト 2260万画素 (f/1.9)
イン 800万画素 (f/2.2)
バッテリー 3130mAh
急速充電 QC 3.0/USB PD
コネクタ USB Type-C
イヤホンジャック 非搭載
SIMカード nanoSIM
DSDS/DSDV
CA
Band FDD-LTE B1/2/3/4/8/11/12/17/19
/26/28
TD-LTE B41/42
W-CDMA B1/2/4/8/19
GSM 850/900/1800/1900MHz
VoLTE
テザリング Wi-Fi: 10台
Bluetooth: 4台
USB: 1台
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz帯/5GHz帯)
Bluetooth Bluetooth® 5.0
(aptX HD対応)
測位方式 GPS
A-GPS
GLONASS
GALILEO
BeiDou
QZSS (みちびき)
センサー類 NFC/Felica
指紋センサー
加速度計
電子コンパス
照度センサー
近接センサー
ジャイロセンサー
文字入力 S-Shoin 2.4
生体認証 顔認証/指紋認証
簡易留守録
Jアラート
ハイレゾ再生
ワンセグ ×
おサイフケータイ
ジャイロスコープ
防水 IPX5/IPX8
防塵 IP6X
カラー アドバンスドブラック
サイズ 154×73×8.8mm
(高さ×横幅×厚さ)
重量 約146g

AQUOS zero SH-M10 販売 (MVNO)

SHARPのAndroid搭載SIMフリースマホ「AQUOS zero SH-M10」。AQUOSシリーズとしては初めて、自社製の有機ELディスプレイを搭載した薄型軽量のハイエンドモデル。家電量販店やECサイトのほか、楽天モバイル、OCNモバイルONE、IIJmio (アイアイジェイミオ) といったMVNO (格安SIM) からも順次発売されており、7万円台から購入可能になっています。

販売価格一覧 (MVNO)
MVNO 月額料金 一括払い 分割払い
OCNモバイルONE 900円~ 77,800円
IIJmio 900円~ 79,800円 3,350円
楽天モバイル 525円~ 89,980円 3,749円
DMMモバイル 440円~ 89,800円 4,418円
mineo (マイネオ) 700円~ 96,000円 4,000円

※全て税抜価格で表示しています。

キャンペーン/セール情報

<キャンペーン・セール情報>

  • IIJmio (~2019/9/30):音声通話SIMとセットの申し込みで端末代金が69,800円 (10,000円OFF)/初期費用が3,000円 ⇒1円/月額料金を1,000円割引 (3ヶ月)
    »IIJmioのキャンペーン情報
  • OCNモバイルONE (終了日未定):スマホセット (端末+音声通話SIM) の申込時に指定のオプション加入で端末代金が最大3,000円OFF (74,800円) になります。
    »OCNモバイルONEのキャンペーン情報
  • 楽天モバイル (~2019/9/30 21:59):音声通話SIM (スーパーホーダイ含む) とセットの申し込みで端末代金が10,300円OFF (79,680円) になります。
    »楽天モバイルのキャンペーン情報

IIJmio (アイアイジェイミオ)

IIJmio (アイアイジェイミオ) は、docomo回線とau回線のマルチキャリアに対応する格安SIM・格安スマホ。2019年9月30日までの期間限定 (数量限定) 夏トク! 第二弾 スマホ大幅割引キャンペーン を実施中で、音声通話SIMとセットなら「AQUOS zero SH-M10」を69,800円 (分割: 2,930円×24回) で購入することができます。さらに、新規申込で初期費用が3,000円⇒1円&月額料金が1,000円割引(3ヶ月) になる “夏トク! キャンペーン も同時開催しているので、今ならお得に最新スマホ/人気スマホを利用し始めることができます。

※IIJmio公式サイトを必ず確認してから申込をお願いいたします。
※特典やキャンペーン内容はすべてIIJmio公式サイトの内容が正となります。

»IIJmio (アイアイジェイミオ) の詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓
IIJmio(みおふぉん)

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、AWAやSpotify、Amazon Musicなどの音楽定額配信サービスがカウントフリー (高速データ通信量を消費しない) になる “MUSICカウントフリーオプション” が追加料金なしで利用できるのが大きな魅力。音声対応SIMとセット (スマホセット) の申し込みなら「AQUOS zero SH-M10」が77,800円で購入可能。指定のオプション (あんしんモバイルパック or 10分かけ放題&マイセキュア) に同時に加入すると、端末代金が最大3,000円OFF (74,800円) になります。

カウントフリー対象

音楽配信サービス:Amazon Music (Amazon Music Unlimited/Amazon Prime Music),  ANiUTa, AWA, dヒッツ, Google Play Music, LINE MUSIC, RecMusic(レコチョクBest), Spotify, ひかりTV ミュージック,

»OCNモバイルONEの詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓

楽天モバイル

楽天モバイルでは、通話SIMに10分かけ放題がついて、高速通信量を使い切っても通信速度1Mbpsのデータ通信が使い放題のお得なセットプラン「スーパーホーダイ」が月額1,480円 (2年間) から利用可能になっています。今なら、組み合わせプラン (通話SIM) またはスーパーホーダイとセットで申し込むことで「AQUOS zero SH-M10」が79,680円 (分割:3,585円×24回) で購入できる “SPECIAL SALE!早秋のスマホ割引キャンペーン を開催中!!

※楽天のダイヤモンド会員なら、「スーパーホーダイ」が月額980円から利用可能になります。

»楽天モバイルの詳細・評判・口コミ

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする