モトローラのエントリーモデル『moto e7』と『moto e7 power』の違いを比較!

モトローラ・モビリティ・ジャパンは、4G対応のAndroidスマホ「moto e7」「moto e7 power」を2021年2月18日 (木) に発表しました。moto eシリーズの最新モデル「moto e7」と「moto e7 power」とではどのように違うのかを比較します。

MVNO各社の販売価格を比較

moto e7シリーズのベースモデル「moto e7」は、IIJmio、mineo、BIGLOBEモバイル、QTモバイルなどのMVNOで取り扱いをしており、格安SIMとセットなら実質0円から購入可能。大容量バッテリーモデル「moto e7 power」は、IIJmioやnuroモバイルなどのMVNOで取り扱いをしており、格安SIMとセットなら110円 (税込) から購入可能になっています。

IIJmio (アイアイジェイミオ)

IIJmioは、インターネットイニシアティブ (IIJ) が提供する老舗の格安SIMサービス。au回線に対応した従量課金制の「従量制プラン」が月額528円 (税込) から利用できるほか、2021年4月1日 (木) より開始した新プラン「ギガプラン」では、eSIM (データ通信のみ) の2GBプランが月額440円 (税込)、音声通話SIMの2GBプランが月額税込858円 (税込) で利用可能。

2021年10月31日 (火) 23:59 までは新プラン「ギガプラン」の新規契約時の事務手数料 3,300円 (税込) が1円、データ容量が3ヶ月間 1GB増量MNP (のりかえ) 特典で人気モデルのスマホが110円 (税込)から購入できるなどの特典の期間限定キャンペーンを実施中です

概要 (税込)
回線  docomo/au  
初期費用221円~
月額料金eSIM2GB: 440円~
データ1GB: 528円~
音声通話 2GB: 858円~
+かけ放題3分: +660円~
+5Gオプション無料
契約期間 データ なし 
音声通話なし (ギガプラン)
解約金データ0円
音声通話0円 (ギガプラン)
IIJmio (アイアイジェイミオ)
老舗ISPのIIJが提供する、docomoとauのマルチキャリアに対応した高品質な格安SIM・格安スマホ「IIJmio (アイアイジェイミオ)」。口コミや評判、キャンペーン、おすすめ情報、メリット・デメリットなどをまとめて詳しく解説しています。

「moto e7」の販売価格

IIJmioサプライサービスでの販売価格は一括: 12,800円 (税込)/分割: 537円 (税込) ×24回ですが、新規番号を取得して「ギガプラン」の音声通話SIMとセットで購入すると2,000円分のGoogle Playギフトコードをプレゼントしてくれるほか、他社から乗り換え (MNP) で「ギガプラン」とセットで申し込むと一括: 3,990円 (税込)/分割: 170円 (税込) ×24回で購入できます。

価格表 (税込)
対象端末 moto e7
価格/特典通常価格 (新規番号)
一括: 12,800円
分割: 537円×24回
ギフト券: 2,000円分 
MNP価格
一括: 12,800円
⇒ 3,990円    
分割: 537円×24回
⇒ 170円×24回
ギフト券: なし    

「moto e7 power」の販売価格

IIJmioサプライサービスでの販売価格は一括: 9,980円 (税込)/分割: 421円 (税込) ×24回ですが、新規番号を取得して「ギガプラン」の音声通話SIMとセットで購入すると1,000円分のGoogle Playギフトコードをプレゼントしてくれるほか、他社から乗り換え (MNP) で「ギガプラン」とセットで申し込むと一括: 110円 (税込)/分割: 5円 (税込) ×24回で購入できます。

価格表 (税込)
対象端末 moto e7 power
価格/特典通常価格 (新規番号)
一括: 9,980円
分割: 421円×24回
ギフト券: 1,000円分 
MNP価格
一括: 9,980円
⇒ 110円    
分割: 421円×24回
⇒ 5円×24回
ギフト券: なし

 

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓
IIJmio(みおふぉん)

※IIJmio公式サイトを必ず確認してから申込をお願いいたします。
※特典やキャンペーン内容はすべてIIJmio公式サイトの内容が正となります。

BIGLOBE mobile (ビッグローブモバイル)

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは、老舗プロバイダ「BIGLOBE (ビッグローブ)」が提供する格安SIMサービス。2021年2月19日 (金) より受付開始した新料金プランでは、データ通信SIMの3GBプランが月額990円 (税込)、音声通話SIMの1GBプランが月額税込1,078円 (税込) で利用できるほか、YouTubeやABEMAといった動画配信サービス、Apple MusicやYouTube Musicといった音楽配信サービス、電子書籍配信サービスなど、対象のコンテンツがデータ消費ゼロになる「エンタメフリー・オプション」が音声通話SIMなら月額308円 (税込)で利用可能になっています

現在実施中の期間限定キャンペーンでは、対象スマホの購入で最大20,000円相当のポイント還元をしてくれるほか、音声通話SIMの3GBプランが1年間 770円 (税込)で利用できる、エンタメフリー・オプションが半年間 無料になるといった特典の期間限定キャンペーンを実施中です。

概要 (税込)
回線  docomo/au  
初期費用3,733円
月額料金データ3GB: 990円~
音声通話 1GB: 1,078円~
+エンタメフリー+308円~
+かけ放題3分: +660円~
+5Gオプション
契約期間 データなし
音声通話12ヶ月
違約金データ0円
音声通話1,100円
BIGLOBE mobile(ビッグローブモバイル)
BIGLOBEモバイルは、動画や音楽の通信量をカウントしない「エンタメフリーオプション」や高額キャッシュバックなどの期間限定キャンペーンが魅力の格安SIMサービス。データSIMが月額990円 (税込)、音声通話SIMが月額1,078円 (税込) から利用可能。

「moto e7」の販売価格

BIGLOBEモバイルの公式オンラインショップでの価格は778円 (税込) ×24回/支払総額: 18,691円 (税込) ですが、音声通話SIMとセットで申し込むと16,992円相当のGポイントサービス開始月の翌月末までにもらえるので端末代金が実質0円になります。

価格表 (税込)
対象端末 moto e7
価格/特典販売価格
総額: 18,691円
分割: 778円×24回   
購入特典
Gポイント 16,992円分
⇒ 実質0円

「moto e7 power」の販売価格

 

(取り扱いなし)

 

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓

nuro mobile (ニューロモバイル)

nuroモバイルは、ソニーネットワークコミュニケーションズが提供する格安SIMサービス。2021年4月1日 (木) より開始した新料金プラン「バリュープラス」では、データSIMの3GBプランが月額627円 (税込)、音声通話SIMの3GBプランが月額792円 (税込) で利用可能。

概要 (税込)
回線  docomo/au  
初期費用3,740円
月額料金データ3GB: 627円~
音声通話 3GB: 792円~
+かけ放題10分: +880円
+5Gオプション
契約期間 データなし
音声通話なし
解約金データ0円
音声通話0円
NURO Mobile(ニューロモバイル)
ソニーグループの格安SIMサービス「NURO Mobile (ニューロモバイル)」の口コミや評判、特徴、メリット、デメリット、キャンペーン、など、詳細な情報をまとめて詳しく解説しています。

「moto e7」の販売価格

 

(取り扱いなし)

 

「moto e7 power」の販売価格

nuroモバイルの公式オンラインショップでの価格は一括; 15,950円 (税込)/分割700円 (税込) ×24回になっています。

価格表 (税込)
対象端末moto e7 power
価格/特典販売価格
一括: 15,950円
分割: 700円×24回   
(初回のみ1,014円)
購入特典
キャンペーンなし

 

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓

QTmobile (QTモバイル)

QTモバイルは、九州電力グループの「QTnet」が提供する格安SIMサービス。2021年3月1日 (月) よりドコモ回線 (Dタイプ) の料金プランを全面改定し、データSIMの2GBプランが月額770円 (税込)、音声通話SIMの2GBプランが月額1,100円 (税込) で利用可能。

概要 (税込)
回線  3キャリア対応  
初期費用3,553~3,675円
月額料金データ2GB: 770円~
音声通話 2GB: 1,100円~
+かけ放題10分: +935円~
+5Gオプション
契約期間 データ なし 
音声通話12ヶ月
解約金データ0円
音声通話0~13,200円 (D)
QTmobile by BBIQ
九州電力グループの格安SIMサービス「QTmobile (キューティーモバイル)」のメリットやデメリット、口コミ。評判、キャンペーンなど、詳細な情報をまとめてわかりやすく解説しています。

「moto e7」の販売価格

QTモバイルの公式オンラインショップでの価格は一括; 18,480円 (税込)/分割770円 (税込) ×24回になっています。

価格表 (税込)
対象端末 moto e7
価格/特典販売価格
一括: 18,480円
分割: 770円×24回
購入特典
キャンペーンなし

「moto e7 power」の販売価格

 

(取り扱いなし)

 

↓↓↓キャンペーンサイト↓↓↓
【QTモバイル】(株式会社QTnet)

スペックを比較

moto e7 (モト イーセブン) は、2021年2月26日 (金) に発売された4G対応のAndroidスマホ。moto eファミリー (第7世代) のベースモデルで、約6.5インチのMax Visionディスプレイ、4,800万画素のデュアルカメラ、500万画素フロントカメラ、Mediatek Helio G25、4GBメモリー、64GBストレージ、4,000mAhバッテリーなどを搭載し、公式オンラインストアでの販売価格は18,800円 (税込) になっています。

moto e7 (モト イーセブン)/レビュー
モトローラは、4G対応のSIMフリースマホ「moto e7」を2021年2月26日に発売しました。特徴、スペック、メリット、デメリット、おトクに購入できるキャンペーンやセールなど詳細情報をまとめて解説しています

moto e7 power (モト イーセブン パワー) は、2021年2月26日 (金) にモトローラから発売された4G対応のAndroidスマホ。moto eファミリー (第7世代) の大容量バッテリーモデルで、約6.5インチのMax Visionディスプレイ、マクロ撮影に対応したデュアルカメラ、500万画素のフロントカメラ、Mediatek Helio G25、2GBメモリー、32GBストレージ、5,000mAhバッテリーなどを搭載し、公式オンラインストアの販売価格は16,800円 (税込) になっています。

moto e7 power (モト イーセブン パワー)/レビュー
モトローラは、4G対応のSIMフリースマホ「moto e7 power」を2021年2月26日に発売しました。6.5インチの大画面ディスプレイと大容量バッテリーを搭載したエントリーモデル。特徴、スペック、メリット、デメリット、おトクに購入できるキャンペーンやセールなど詳細情報をまとめて解説します。

スペック表

スペック一覧
モデルmotoe7motoe7 power
発売日2021/2/262021/2/26
価格 (税込)18,800円16,800円
OSAndroid 10Android 10
SoCHelio G25Helio G25
RAM4GB2GB
ROM64GB32GB
外部メモリ最大512GB最大512GB
画面サイズ6.5型 (20:9)6.5型 (20:9)
パネル種類IPS液晶IPS液晶
画面解像度HD+HD+
背面カメラ4,800万画素1,300万画素
200万画素200万画素
前面カメラ500万画素500万画素
バッテリー4,000mAh5,000mAh
急速充電(5W)10W
コネクタType-CType-C
SIMカードnanoSIM×2nanoSIM×2
DSDSDSDV対応DSDV対応
VoLTE
Wi-Fib/g/n (2.4GHz)b/g/n (2.4GHz)
Bluetooth5.05.0
テザリング対応対応
ハイレゾ
FMラジオ
防水/防塵IP52
指紋認証
顔認証
Felica
ワンセグ
サイズ
(H×W×D)
164.93mm165.06mm
75.73mm75.86mm
8.89mm9.2mm
重量約180g約200g

「moto e7」と「moto e7 power」の共通する点

<主な共通点>

  • 発売日
    »2021年2月26日に日本国内で販売開始しています。
  • フロントカメラ
    »前面のカメラは500万画素となっています。
  • ディスプレイ
    »6.5インチ (20:9) のIPS液晶を採用し、解像度はHD+ (720×1,600)。
  • チップセット (SoC)
    »Mediatekの「Helio G25」を採用しています。
  • OS/UI
    »初期OSはAndroid 10になっています。
  • Wi-Fi, Bluetooth
    »IEEE 802.11 b/g/n (2.4GHz帯) とBluetooth 5.0に対応しています。
  • イヤホンジャック
    »3.5mmイヤホンジャックを搭載しています。
  • 生体認証
    »生体認証は「指紋認証」に対応しています。
  • NFC/FeliCa
    »NFCやFeliCa (おサイフケータイ) には対応していません。
  • DSDS/DSDV
    »DSDVに対応しているので、2枚のSIMで4G+4G同時待受けが可能です。
  • 対応キャリア
    »docomo回線、au回線、SoftBank回線に対応しています。

「moto e7」と「moto e7 power」の違う点

<主な違い>

  • 販売価格
    »moto e7: 公式オンラインストアでは18,800円 (税込) になっています。
    »moto e7 power: 公式オンラインストアでは16,800円 (税込) になっています。
  • リアカメラ
    »moto e7: 48MP+2MPのデュアルカメラシステム。
    »moto e7 power: 13MP+2MPのデュアルカメラシステム。
  • メインメモリー (RAM)/ストレージ (ROM)
    »moto e7: メインメモリーの容量は4GB、内蔵ストレージの容量は64GB。
    »moto e7 power: メインメモリーの容量は2GB、内蔵ストレージの容量は32GB。
  • 防水/防塵
    »moto e7: 防水や防塵には対応していません。
    »moto e7 power: IPX2の防滴性能、IP5Xの防塵性能を備えています。
  • カラーバリエーション
    »moto e7: ミネラルグレイとサテンコーラルの2色になっています。
    »moto e7 power: コーラルレッドタヒチブルーの2色になっています。
  • 本体サイズ, 重量
    »moto e7: H164.93×W75.73×D8.89mm/約180g。
    »moto e7 power H165.21×W75.73×D9.18mm/約200g。

カメラ

リアカメラ (背面)

「moto e7 power」が1,300万画素 (メイン) +200万画素 (マクロ) のデュアルカメラを採用しているのに対して、「moto e7」は4,800万画素 (メイン) +200万画素 (マクロ) のデュアルカメラで、メインカメラでは暗所でも鮮明な写真が撮影できるなど、背面カメラの性能は「moto e7」の方が優れています。

リアカメラ
moto 
e7
画素数  48MP+2MP 
撮像素子CMOS
絞り値F1.7, F2.4
AFPDAF
動画1080p@30fps
moto
e7
power
画素数13MP+2MP
撮像素子CMOS
絞り値F1.7, F2.4
AFPDAF
動画1080p@30fps

フロントカメラ (前面)

「moto e7」と「moto e7 power」のどちらも前面のカメラは500万画素となっていて、ポートレートモードや美顔補正を搭載しています。

フロントカメラ
moto 
e7
画素数 5MP
撮像素子CMOS
絞り値F2.2
AF
動画  1080p@30fps  
moto
e7
power
画素数5MP
撮像素子CMOS
絞り値F2.2
AF
動画1080p@30fps

ボディの比較

サイズ/重量

「moto e7」は本体のサイズが164.93mm (高さ) ×75.73mm (横幅) ×8.89mm (厚さ)/重量が約180gであるのに対して、「moto e7 power」では本体のサイズが165.06mm (高さ) ×75.86mm (横幅) ×9.2mm (厚さ)/重量が約200gと多少厚くて重くなっているほか、IP5X (防塵形) の防塵、IPX2 (防滴II形) の防滴性能を備えています。

ボディ
moto 
e7
本体カラーミネラルグレー
サテンコーラル
防水性能
防塵性能
サイズ 縦幅  約164.93mm 
横幅約75.73mm
厚さ約8.89mm
重量約180g
moto
e7
power
本体カラータヒチブルー
コーラルレッド
防水性能△ (IPX2)
防塵性能〇 (IP5X)
サイズ 縦幅 約165.06mm
横幅約75.86mm
厚さ約9.2mm
重量約200g

ディスプレイの比較

画面/表示

「moto e7」と「moto e7 power」のどちらも、中央のインカメラ部分に水滴型ノッチ (切り欠き)を備えた6.5インチ/アスペクト比 20:9のIPS液晶ディスプレイを採用し、画面解像度は1,600×720ドット (HD+) となっています。

ディスプレイ
moto 
e7
画面サイズ     約6.5インチ   
画面比率20:9 
カメラ部分水滴型ノッチ
画面占有率87%
パネル種類IPS LCD
画面解像度HD+
画素密度269ppi
moto
e7
power
画面サイズ約6.5インチ
画面比率20:9  
カメラ部分水滴型ノッチ
画面占有率85%
パネル種類IPS LCD
画面解像度HD+
画素密度269ppi

パフォーマンスの比較

チップセット (SoC)

「moto e7」と「moto e7 power」のどちらも、エントリークラスのゲーミングSoC「Helio 25」を採用しています。

チップセット (SoC)
moto  
e7
メーカー Mediatek
モデルHelio G25
プロセス12nm
CPUCortex-A53
コア数オクタコア
クロック2.0GHz+1.5GHz
GPUPowerVR GE8320
moto
e7
power
メーカー Mediatek
モデルHelio G25
プロセス12nm
CPUCortex-A53
コア数オクタコア
クロック2.0GHz+1.5GHz
GPUPowerVR GE8320

メインメモリー

「moto e7 power」のメインメモリ (RAM) の容量は2GBですが、「moto e7」では2倍の4GBになっています。

メインメモリー (RAM)
moto e7容量 4GB
規格LPDDR4X
moto e7 power容量2GB
規格   LPDDR4X  

ストレージ

「moto e7 power」の内蔵ストレージ (RAM) の容量は32GBですが、「moto e7」では2倍の64GBになっています。

内蔵ストレージ (ROM)
moto e7容量64GB
規格 eMMC 5.1
moto e7 power容量32GB
規格eMMC 5.1
外部ストレージ (microSD)
moto e7容量最大512GB
規格 SD/SDHC/SDXC 
moto e7 power容量最大512GB
規格SD/SDHC/SDXC

バッテリーの比較

バッテリー容量/急速充電

「moto e7」が4,000mAhのバッテリーを搭載しているのに対し、「moto e7 power」は最大で約2日間の駆動が可能な5,000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

バッテリー
moto 
e7
容量  4,000mAh  
急速充電(5W)
連続通話未確認
連続待受未確認
ワイヤレス 非対応
moto
e7
power
容量 5,000mAh 
充電規格10W
連続通話 未確認
連続待受未確認
ワイヤレス非対応

その他

生体認証

「moto e7」と「moto e7 power」のどちらも背面のロゴ部分に指紋認証センサーを搭載しています。

おサイフケータイ (FeliCa)

「moto e7」と「moto e7 power」のどちらもFeliCa非搭載で、おサイフケータイ機能は利用できません。

ワンセグ/フルセグ

「moto e7」と「moto e7 power」のどちらもワンセグやフルセグには対応していません。

対応キャリア

「moto e7」と「moto e7 power」のどちらも、ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線の3キャリアに対応しています。

DSDS/DSDV

「moto e7」と「moto e7 power」のどちらも、SIMスロットを2基搭載し、DSDV (デュアルSIMデュアルVoLTE) に対応しています。

※2枚目のSIMスロットとmicroSDスロットは排他利用となっているので、microSDカード使用時はDSDVが利用できません。

まとめ

「moto e7」と「moto e7 power」のどちらがオススメ?

moto eシリーズの最新モデルである「moto e7」と「moto e7 power」を比較すると、どちらもディスプレイやチップセット (SoC) は同じですが、「moto e7 power」はメインメモリ (RAM) の容量が2GB、ストレージ (ROM) の容量が32GBで、エントリーモデルもでるとしても少し物足りないスペックとなっているので、新規で購入するのなら「moto e7」の方がオススメです。

moto e7 (モト イーセブン)/レビュー
モトローラは、4G対応のSIMフリースマホ「moto e7」を2021年2月26日に発売しました。特徴、スペック、メリット、デメリット、おトクに購入できるキャンペーンやセールなど詳細情報をまとめて解説しています
moto e7 power (モト イーセブン パワー)/レビュー
モトローラは、4G対応のSIMフリースマホ「moto e7 power」を2021年2月26日に発売しました。6.5インチの大画面ディスプレイと大容量バッテリーを搭載したエントリーモデル。特徴、スペック、メリット、デメリット、おトクに購入できるキャンペーンやセールなど詳細情報をまとめて解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました